スイスにお正月はない?

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【あるといえばある】

あるといえばあると言えます。新しい年の最初の日はあります。

けれどもそれは日本のお正月のような晴れやかで福々しい日ではありません。普通の月初めの日と違うところは、スイスでも全国的に祝日になっていることです。

世の中は2日から平常営業です。クリスマス休暇中の人も多いので、街は普段より静かですが、でも違いと言えばそれぐらいかな。とまあ、さっぱりしたもの。

日本のお正月はその年の神様を迎える行事ですから、神聖な気分にもなりますし、初詣に出るのもなにやら有り難い気分になるものですよね。でもそういうしきたりのない国では、1月1日に特別な感慨はないのでしょう。

まだ会社に勤めていた頃のこと、私は一度だけ、1月2日から出勤したことがありました。ところがどうしても仕事に手が着かないのです。気が乗らない。ヨーロッパに住んで何年も経つのに!自分で驚きました。それ以来、私は三が日は休暇を取ることにしました。1年の最初の3日間、自分の周りは平常営業でも、私はそれなりに新年を祝う気持ちで仕事を休まないと体が動かないのです。これは不思議ですねえ。

お正月は淋しいですが、こういう機会には自分が何を大切にしているか、何を当たり前と思っているのか、ハッと気がつくものです。

思い込みは誰にでもある。外国に行けば、あなたの常識はその土地の常識ではない。けれどもそれがあなたの全く想像もできないような方向に違うとしたら?

これがビジネスなら、笑い話で済まされません。日本人上司と現地人社員の意識のすれ違い、合併相手の企業文化との不和などの原因は、大抵はこういう互いの「これが常識でしょ!」の食い違いに起因するのです。

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人のための国際交渉術、国際センスの学び方、ヨーロッパで仕事をする苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けませんよ!

用意ができたら直ぐにお知らせしますので、どうぞご登録を!

IMG_0398
2018年の干支、戌年にちなんで東京の郷土玩具 張り子の犬がデパートの入り口に

*************************

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。約30年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日本発グローバル人材を育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中