知性を鍛える他流試合

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【ダイバーティ(多様性)なのです、知性を生き生きさせる元は】

ローザンヌ連邦工科大学 (EPFL) のローレックス ラーニングセンター(総合図書館)はその建築としての斬新さで有名になりました。設計したのが2人の日本人建築家で、うちお1人は妹島和世(せじまかずよ)さんという女性というところも嬉しい。

けれども私が凄い!と思ったのは、その図書館としてのあり方でした。

ここの図書館は、11ある学部がそれぞれ持っていた図書館をすべて一カ所に集めたというのです。そうすることで、学際領域の研究や、専門分野の違う人々が協働し新しい価値を生み出すことが奨励されているというのです。

専門家が自分の殻に閉じこもらない仕組みがここにはある!

スイスはイノベーション指数で毎年世界1位です。中でも、ローザンヌ連邦工科大学は医学と工学を結び付けた研究をリードするなど、ユニークな学際分野の研究を進めることで世界的に有名です。こういう大学には世界中から優秀な研究者が集まってきます。

ローレックス ラーニングセンターを訪れてそのような実績を支える仕組みを目に見る思いがしました。

**********
次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」はいよいよ今週の土曜日です。

ゲストは広瀬晴子さん。
UNESCO, UNIDOという国連機関の要職はすべて自力で取られたポストという、日本人としては数少ないご経歴の持ち主です。

国連の後はモロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

こんな生き方もあるということをじかに知ってみませんか?
未知の世界を知りたい人たちと、オンラインで出会ってみませんか?
きっとあなたの生き方のヒントが見つかります。

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

IMG_0258
ローザンヌ工科大学 (EPFL) のローレックス ラーニングセンター(総合図書館)入り口

 

***************************

 

広告

イノベーションを産み出す仕組み、スイスの産学協働

あなたの外国とのコミュニケーションのズレを直し、価値に変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください。

*****************************

【あの小さいスイスがイノベーション大国?なぜ?】

スイスの国土は九州ぐらいのミニサイズ、人口も日本の16%しかない。なのに世界一のイノベーション大国。WIPOの毎年発行する「イノベーション・イノベーションインデックス」で、2010年以来ずっと一位です。

私はイノベーションの産まれる理由にとても興味があります。イノベーションは発想がカギです。科学技術だけでなく日々の暮らしにも仕事にも新鮮な視点は色々な場所で役に立つことは、皆さんもご経験しておられることと思います。

そんなわけで、私の住むスイスがなぜイノベーション世界一が6年も続くのか、どういう背景があるのか、とても興味をもって取材しています。ご一緒にスイスのイノベーション誕生の場所を訪ねませんか?

”イノベーションのメッカ、EPFLに見る産学協働” (記事の全文は、ページ右上「ダウンロード」をクリックすると読めます。)

http://www.s-ge.com/japan/invest/ja/blog/日本企業からみたepflの産学協同

===================

東京のスイス大使館に「スイス・グローバル・エンタプライズ」という組織があります。主な仕事は日本からスイスへの企業進出を奨励することです。

この記事はそのウェブサイトに掲載されました。

img_epfl-innovation-park
イノベーションのメッカ、ローザンヌ連邦工科大学(EPFL) 構内にあるイノベーションパーク。セキュラブ社もここに研究部門を置いています。(写真:EPFLウェブサイトから)

 

********************************

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスはヨーロッパで執筆や取材を致します。–> こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。