30年ぶりに戻ったら (44) — メールに大量のCC

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【”これはだれからのメッセージだろう?”】

ジュネーブでこんな調査をしたことがある。

「日本人と仕事していて、困ることはなんですか?」

答えは大きく二つに集約された。

”返事がYes か No かわからない”
”なぜメールのCC欄に大勢の人を入れるのかわからない。誰が意志決定しているのか?”

今日、市役所からメールを受け取って思わず「これが日本だ!」と思ってしまった😲。簡単な返事に7人の人がCC欄に並ぶ。そのうち3人にはナニナニ課長、コレコレ係長という風に肩書きまでついている。

うーーん、一体私は誰から返事を貰ったんだろうか?

この返事は、この中の誰からのものだろう?メールを出した本人?またはCCの中の誰かがものを決め、部下であるメールを出したその人に、私に充てたメールを○○の内容で書きなさいと指示した?

私の住んだフランスでもスイスでも、役所からレターは何度も貰ったけれど、いつも差し出し人、つまりその件の担当者は一人だけだった。問い合わせもその人にすればよかった。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:日本とヨーロッパとでは仕事の運び方が大きく違う。それはわかるが、メールを受け取る身になれば、大量のCCはメールを出した人の都合でしかないんですよね。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告