手作りオルゴール ー ディジタル時代に際だつ職人技、欧州ICT社会読み説き術 (20)

スイスはオルゴール発祥の地である。オルゴールの元祖は、14世紀から始まったという、カリヨン(時計塔に組み込まれた鐘)だった。その後、19世紀末に音の部分が時計から独立し、現在のようなオルゴールが誕生した。スイス製のオルゴールは、今もすべて手り。その心に響く音色は、世界中の人に愛され続けている。

ディジタル機器、ディジタル音楽全盛の時代に、伝統技術の粋、オルゴールは、どういうありかたを見せているのか?筆者は、世界最古のオルゴールメーカー、リュージュ社(スイス)の社長、クッパーさんにお話しを伺った。

世界最古のオルゴールメーカー

現在、オルゴールを生産する会社は、世界に三社だけ。中でも、スイスのリュージュ社は、150年という最古の伝統を持ち、スイスのみならず、欧州唯一のオルゴールメーカーでもある(他の2社は日本と中国)。オルゴール技術の発祥したジュラ山中にある、本社を兼ねた製造工場では、熟練の職人たちが、小さくて精密な個々の部品製造から、オルゴール組み立ててまでを行なっている。音の調整も、人の耳で行なう。

このディジタル音楽全盛時代に、なぜ今も機械式音楽なのか?多くの産業の製造ラインがコンピュータ制御で行なわれる時代に、なぜ、人手による生産なのか?リュージュ社にとりイノベーションとは何なのか?リュージュ社の社長、クッパ-さんにお話しを伺った。

伝統と新しい技術の架け橋

栗崎:リュージュ社のオルゴール製作に、ICTは使われていますか?

ク氏:リュージュ社は、伝統技術と新技術の架け橋でありたいと思っています。例えば、お客様に、ご注文されたオルゴールの音を確かめて頂くためにMP3を、オルゴール箱のデザインには、3Dデザインシステムを使っています。また、人の耳には聞き分けられない微細な音の調律にも、ICTシステムを使っています。

けれども、オルゴールの心臓とも言えるムーブメント制作工程に、ICTは一切使っていません。

オルゴールの生み出すのは、芸術と感情の接点です。お客様に喜んで頂ける最良のオルゴールを作るために、私たちは、伝統技術と新技術との最適なバランスを、常に見つけて行かなければなりません。

伝統にこだわる理由

栗崎:製造業にもICT導入が進む時代に、なぜリュージュ社は、伝統的な生産工程を続ける道を選んだのでしょう?

ク氏:食事に例えてみましょう。

宇宙船内での食事のために開発された宇宙食でも、必要な栄養は摂取できます。けれども、宇宙船内では仕方がないとはいえ、そのような食事で心の楽しさは満たされるでしょうか?

反対に、私たちが家族や友人たちと楽しく食事をする場面はどうでしょう?そこには、美味しい味付け、美しい盛りつけ、心の籠もったサービス、そして楽しい会話があります。栄養価だけではなく、その他の要素が揃って初めて、喜びが生まれます。それは、感情の伴った食事なのです。

音楽を聴く喜びも、同じです。音にも質と感情が伴わなければいけません。そのような音は、熟練の職人の手を経た工程を通して初めて、生み出すことが出来るのです。コンピュータの作る音楽には、30秒間で人の心を打つことは出来ません。

写真1 ある英国の貴人の婚礼に贈られた、つがいの歌う小鳥。オルゴール技術の粋!
写真1 ある英国の貴人の婚礼に贈られた、つがいの歌う小鳥。オルゴール技術の粋!

イノベーションはお客様の声から

栗崎:生産過程へのICT導入を考えたことはありますか?

ク氏:以前に試したことがあります。けれども、結果は散々でした。お客様からも不評を買いました。その経験から、オルゴールの音楽は、コンピュータの手に負えないことがよくわかりました。技術は目的達成の手段であっても、技術自体が目的であってはならないのです。

栗崎:リュージュ社にとってイノベーションとは何ですか?

ク氏:お客様の声をよく聞くこと、目と耳を大きく開けて、世の中を見ることに尽きます。イノベーションは、そこから自ずと生まれます。

現代は、技術発達が急速に進む反面、製品やサービスを提供する側の人々が、お客様の声を、充分に聴かなくなっていますね。技術が先走り、技術愛好者はともかく、そうでない大勢の人々のニーズを忘れていると思います。

リュージュ社は150年前に設立された古い会社です。けれども、私たちは伝統に縛られてはいません。これからも、常に新しい時代の要素を取り入れながら、伝統技術に培われたオルゴールに、新しい生命を吹き込み続けて行きたいと思います。

筆者:ありがとうございました。

写真2 iREUGE iPhone充電器を組み込んだ。電話が着信すると、オルゴール音楽が始まる、この優雅さ!

インタビューを終えて、リュージュ社は、人の心に響く音を提供するという使命を、見事に捉えてブレがないと思った。生産工程は伝統技術に支えられているが、ICTを排除してはいない。そこで問われるのは、手作業か、機械化かという二者択一ではない。リュージュ社の使命にとり、最善の技術を選ぶということだ。そう考えると、同社が決して守りの姿勢にないことにも合点がいく。

クッパ-さんは、イノベーションはお客様の声の中にある、という。ここに技術を生かすための、発想の基本があると思った。

伝統技術の生み出す音色を、リュージュ社のサイトから聴くことが出来ます。画面を右にスクロールして曲目リストに行ってください。

掲載稿はこちら→ 2013 欧州ICT社会 読み解き術 第二十回、NTTユニオン機関誌「あけぼの」2013年 10月号に掲載

広告

これは便利!高級時計の情報サイト ー 欧州ICT社会読み説き術 (15)

前回紹介したセルシウス社の、携帯電話機と機械式時計が一体になった製品を、情報化社会へのハードウエアからのアプローチと読み解くとしたら、ウォッチオニスタ・ドット・コム(watchonista.com)社(以下、W社)は、情報からのアプローチを見せてくれた。

W社は時計メーカーではない。情報アグリゲータ(情報集合サイト)として、ブランド、メディア、時計コレクター、時計専門店など、時計を取り巻く様々な集団(コミュニティー)を繋ぎ、そのコミュニティー相互の情報交換の橋渡しをビジネスとする。

W社創設者の二人、フリードマン氏とガベラ氏は、どちらも時計コレクターであり、時計ジャーナリストでもある。常に時計について様々な情報を探し、多様な時計コミュニティーの人々に会っている二人の、「こんなサイトがあればいいなあ」という思いを形にしたという。

高級時計は、ブランドごとにウェブサイトがあるが、今までそれらが一堂に会するウェブサイトは無かった。ブランドをまたがって情報収集するためには、そして時計愛好家はたいていそうしているのだが、個々別々のブランドのサイトを調べるほか無かった。しかし、愛好家やジャーナリストは、ブランドや製品の動きに敏感な人々である。時計に関する最新情報をいち早く知りたい。有識者の意見も知りたい。そういう人々にとっては、数多いブランドを横並びにして一度に見られる情報サイトが待たれていると、二人は考えた。

 Watchnista ポータル

彼らはまた、時計に関する具体的な情報も愛好家に提供したいと思った。

高級時計メーカーのサイトは、消費者にイメージをアピールすることに主眼が置かれたものが多い。グラフィックに凝った美しいサイトが多い反面、メーカーのポリシーや、個々の製品についての具体的な記述が非常に少ない。けれども、ジャーナリストや愛好家にとってはそれでは物足りない。

ブランドなど製造に携わる人々の時計にかけるパッション(情熱)には素晴らしいものがあるのに、ブランドのウェブサイトがそういう作り手の気持ちを充分に伝え切れていないことも、残念に思った。イメージよりも、そういうことを知りたい人々が大勢いることを、彼らは経験から知っていた。

ウォッチオニスタ・ドット・コムは時計メーカーに対しては会員制を取る。メーカーはW社に情報を提供する。こうして、メーカーは、時計専門メディア、高級時計コレクターなど、時計を取り巻く様々な人々とウェブサイトを通じて繋がることが出来る。

メディアと愛好家にとっては、ウォッチオニスタ・ドット・コムは、ワンストップ情報閲覧サイトであり、時計好きが情報交換するブログであり、またオンラインショッピングもできる。

このような、高級機械式時計に特化したウェブサイトが可能になる背景には、スイス時計産業の膨大な厚みがある。スイスには高級時計に専門のジャーナリスト、ライター、写真家が大勢おり、そういった人々が活躍する雑誌が多数あるのだ。そして、購買層として、世界中にコレクターがいる。

二人は起業までに3年かけたという。もともと高級時計についての人脈、知識の豊富な人たちが、それを資源に立ち上げたビジネスだが、それでも、起業までのエネルギーは半端ではないはずだ。何度も試行を繰り返し、失敗から学んできたという。

W社の事業には革命的な意義があると思う。ウェブを活用した横断的情報提供により、時計メーカー相互の情報の壁を越えようとしているからだ。

時計メーカーの哲学、個々の製品のコンセプトや仕様など、具体的な情報を提供すること自体、販売促進をイメージ情報に頼ってきた時計業界の中では斬新な発想である。時計愛好家やメディアは、このサイトから、今まで個々のブランドやメーカーごとのサイトでは得られなかった知識を得ることが出来るようになるだろう。それが、時計愛好家を引きつけ、ひいてはウェブをフォーラムとしたコミュニティーを作り上げていくだろう。

現にW社は、時計愛好者コミュニティーを作るために、フェースブック、ツイッターなどのSNSを活用している。それがまた、ウェブサイトの付加価値を高め、メーカーが情報を提供するメリットを高めることになる。

フリードマン氏は、将来は、このサイトに集まる情報を資源に、時計メーカーにディジタル戦略を提案していきたいと語った。伝統あるスイス時計産業界にあっても、情報の流れの変化が起きつつある。

スイスの時計産業は、機械の精密さを身上とする、いわば究極のハードウェアの世界である。それが、情報技術の大衆化と、インターネットを基盤にした情報流通の爆発的な増大という環境変化の中で、ハードとソフト(情報)との二通りの対応を見せているところが興味深い。

機械時計の心臓である精密な技術は、これからも受け継がれ、磨きをかけられていくことだろう。その過程で、セルシウス社の製品に見られるように、情報を扱うツール(機械)と合体させた製品も、姿を変えて登場するにちがいない。それは、ICT機器を、機械技術のセンスで扱うという方向である。

一方、情報をテコにしたW社のビジネスに見られるように、時計にまつわる情報がメーカーの壁を越えて流布し始めたことは、変化への萌芽として注目に値しよう。ますます便利になるICTに後押しされ、時計に関する多様な情報がそのコミュニティーに集う人々の間を、縦横無尽に行き交うようになる。このような動きは、高級時計メーカーの顧客への情報提供のあり方、ひいては販売戦略に根本的な変化を促すかもしれない。

1970年代のこと、スイスの機械時計産業は、安価なアジア産クオーツ時計に壊滅的な打撃を被った。そこから経営刷新、新たな購買層に向けたスウォッチ(Swatch)のような新製品の開発、機械式高級時計としての付加価値に磨きをかけて、立ち直った歴史がある。

現代の情報化社会の流れの中にあっても、スイスの時計産業界はそれを取り入れ、利用して、変化を遂げていくだろう。

他方、ICT産業界にとっても、スイスの時計産業の行き方に注目すべき点があるのではないだろうか。

それは、基本に忠実、ということである。スマホもタブレットも、日々高機能化し、新たなアプリが開発され、機器のデザインも多様化の一途を辿る。そういう高速の変化があたりまえになっている。技術の恩恵が、幅広い層の人々に行き渡り、利用者にとって便利なものが増えることは、社会にとって良いことだ。けれども、その反面、情報機器を使い捨てにする、または、そうせざるを得ない習慣が、利用者の身につき始めているのも事実ではないだろうか。

数世紀を超えて生き続ける、小さな文字盤の背後に整然と詰まった無数の部品の、芸術品のような姿を目にするとき、1年で古くなるスマホは、モノ作りをする人が使う人に届けるモノとして、それでいいのかと筆者はつい考え込むのだ。

掲載: NTTユニオン機関誌「あけぼの」2013年4月号

掲載原稿はこちら→ 2013_あけぼの_ICT_第十五回

高級時計メーカーの携帯電話って?ー 欧州ICT社会読み説き術 (14)

スイスの時計産業

スイスの時計産業は、17世紀頃にジュラ地方で起きた家内制精密機械工業に端を発し、現在に至るまでスイスの主要産業の座を占めてきた。過去何十年もの間、スイスの時計生産量は、世界中で生産される時計の総数のほぼ半分を占めていたほどである。近年の世界的な不況にも拘わらず、スイスからの時計輸出額は過去2年間で32%増加、2011年だけでも輸出額は193億スイスフラン(約2兆円)にのぼる(資料:スイス時計協会)。

ジュネーブはスイス時計産業最大のビジネスの場だ。毎年1月に開かれる、国際高級時計見本市 (SIHH)はその象徴である。SIHHはジュネーブ空港に近い見本市会場で行なわれる大規模なもので、世界中からバイヤーなど時計関係者が集まる。時計に興味のある人なら誰もが知るような、ロレックスやオメガなどの有名ブランドがズラリと出展し、集まる人々は商談に励み、また今年の流行の行方に目を光らせるという。入場は関係者のみの招待制だ。

SIHHと同じ時期に、ジュネーブではもう一つの時計見本市、ジュネーブ タイム エグジビション(GTE)が開かれる。こちらは、SIHHよりも遥かに小規模で、また誰でも入場できる、開かれた展示会だ。ここに出展するのは、いわば保守本流を行く大ブランドとは一線を画した、ユニークなメーカーが多い。

この伝統ある時計産業に、情報化社会は、どのような表われ方をしているのだろうか?筆者はGTEを訪問し、その様子を垣間見てみた。

今どきではない携帯電話

まずここにある2枚の写真をご覧ください。

携帯一体型の時計、写真:セルシウス社
携帯一体型の時計、写真:セルシウス社

精密機械部品のギッシリ詰まった高級時計が、開閉式携帯電話機の蓋の外側に組み込まれている。近年大流行の、軽やかで薄型のスマホを見慣れた筆者の目には、この電話機はいかにも大型で重そうに見えた。そのうえ、携帯電話機の形態は、もうはやらなくなった開閉式。第一、電話機はスマホでもない。なぜだろう?

製造したセルシウス社(本社フランス)の共同設立者でCEOのアンドレ氏に話を聞いた。

「携帯電話機部分は、フランスの軍事機器メーカー、サジェム社製。軍事機器を製造する技術で作られた携帯電話だから、丈夫で長持ちする。」

「開閉式にしたのは、時計のねじを巻く力をシェルの開閉から与えるため。この技術で、セルシウス社は特許を取った。シェルを一度開閉するごとに、時計に2時間分動く力をチャージすることが出来る。」

欧州ICT社会 第十四回 写真2 06 Celsius X VI II - LeDIX Origine Open
Celsius X VI II – LeDIX Origine、電話機部分、写真:セルシウス社

「携帯電話はあえてスマホにせず、電話をかける、主要電話番号を登録するなどの、電話としての基本機能のみに絞った。時計技術には何世紀もの伝統がある。このように長続きしているのは、時計の基本技術が確立しているからだ。携帯電話も同じだ。しっかりした基本技術があれば、それは長く使われ、機械としても長い生命を保つことができる。アプリは古くなるかも知れないが、電話をかけるという基本機能は不変だ。」

「実用向けとしては重いかも知れないが、本来、この製品は機械式時計を愛好するコレクター向け。だから、重さは問題ではない。」

これはまさに、何世紀にも亘って磨き上げてきた機械式時計という、モノ作りの世界からの発想だ。セルシウス社の目に叶う携帯電話とは、何世紀にも亘って使われる時計と共に生きていくものでなければならない。携帯電話機と合体させてはいても、その電話機部分は時計産業の基本に忠実に作られているのだ。伝統ある高級時計に、情報化社会の申し子である携帯電話を合体させるという遊びの精神と、機械式時計の基本精神との見事な共生。まさに、高級時計の面目約如ではないか。

伝統とは進化し続けること

スイスの機械式高級時計のコンセプトには、時代と共に進化するということも含まれている。高級時計財団(所在地ジュネーブ)という、高級時計の産業団体のマニフェストにはこう謳う:

「高級時計」とは、知識やノウハウという「文化」そのものです。 高級時計技術は長年の伝統の産物ですが、伝統に囚われることなく、未来に向けて進化し続けなければなりません。

伝統とは、常に進化し続けることでもある、という精神に注目したい。それこそが、スイスの機械式時計が危機を乗り越えて、パームトップコンピューティングの世の中になっても愛され、生き続ける続ける一つの理由ではないだろうか。

翻って、ICT産業を考えると、どうだろう。ICTは、産業自体が、機械式時計に比べると遙かに若いので、伝統の部分はまだ弱く、未来に向かって進化する方向のみが非常に強いのは当然だろう。だから、携帯電話機に対するセルシウス社のような発想は、ICTの世界からはなかなか出にくいのもうなづける。しかし、世界の何処かには、こんな哲学のもとに、高度な技術を駆使してモノ作りを続けている産業があると知っておくことも必要ではないだろうか。

掲載: NTTユニオン機関誌「あけぼの」2013年3月号

掲載原稿はこちら→ 2013_あけぼの_ICT_第十四回