人は頑強であるより、回復力を備えている方がいいようです

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【人生も国際会議もレジリエンスです】

レジリエンスとは「回復力」のことなんですね!

働く女性の健康をミッションとするお医者様、海原純子先生。私の生きて来た軌跡を「レジリエンス」という観点からインタビューされるとは!

さすがはお者様、本人が一番驚きました。私ってそういう素材にもなるのかと妙に感心もしました。

よろしかったら海原先生の記事をご覧ください

*****************
レジリエンスなら、国際会議の議長にも大いに必要な資質ではないでしょうか?

12月のスイス発オンラインセミナー地球市民塾は技術の国際標準化を取り上げます。

未来の携帯電話に必要な技術条件、人類の有限な資源である周波数の世界的な割り当てルールなど、情報化社会がちゃんと機能するために、ネットが理屈の上だけでなく本当に国境を越えても繋がるために必要なのは国際ルールです。

ところが私たちにはその仕事を知る機会が滅多にありません。

それは厖大で、技術革新に伴って次々に新しい課題が生まれて、そこに各国の利害の絡む、その上終わりのない仕事です。

えーー?!誰がそんな仕事をしているの?

そう思うのも無理はありませんよね。

そのようなお仕事をとりまとめていく役目を担うのが標準化会議の議長です。それはきっと大変なレジリエンスの必要なお仕事ではないでしょうか?。

12月14日、その方から直接にお話しをうかがいませんか?

”情報化社会を支える国際交渉”
12月14日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /スイス 12:00 – 13:30

橋本 明さん(NTT ドコモ社)は、35年以上にわたり国際電気通信連合(ITU)の会議に日本代表として参加し、2007年からは8年間にわたり携帯電話技術の標準化委員会の議長を務めてこられました。

標準化とはどんな仕事?
技術専門家にとっての国際会議・国際交渉とはどんなもの?
議長として利害の食い違う国、業界・企業の人々をまとめていくために心がけたことは何か?
などを語って頂こうと思います。

技術系のお仕事を目指す方、現在そういう仕事についている方、今まで知らなかった世界のしくみを知ってみたい方、利害の異なる人々をまとめるお仕事をされている方、またそのほかのことに関心のある方、どうぞいらしてください。
プログラムとお申し込みはこちらからどうぞ

橋本さん ①

************************************

広告