私が不法移民の一歩手前までいった話

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【なによりも怖かったのはこの国に居続ける法的資格を失うこと、つまり不法移民になることでした。】

平和に会社員ぐらしを続けて来た私のポストが削られた最初の体験は、2003年秋でした。当時もジュネーブに住んでいました。社内の他の部署を片端から当たりましたが、仕事は見つかりません。

その時に一番怖かったのは何だと思いますか?

失業することではなく、まして暮らしに困ることでもありません。この国に居続ける資格を失うこと、つまり不法移民になることでした。

その当時、私の労働ビザは1年毎に更改するもので、会社がその更新手続きをしていました。その会社がもう私の後ろ盾にならなくなったのです!私の当時持っていたビザは数ヶ月後に失効します。その後は3ヶ月スイスに滞在できますが、それは一時滞在の観光客のような身分です。

そしてその先は?居住する資格がないままスイスに居続ければ、それは不法移民です。

私は必死で仕事を探しました。ビザのない人を雇う会社はまずないので(コストがかかりますから)、当時の会社の中と国連機関の知人を当たりました。国連はスイスでは特別な地位を持っていて、国連で働く人のビザは認められるのです。

自分のその国に住む法的権利が無くなってしまうーー仕事がないよりもそちらの方が恐怖でした。

7ヶ月間必死で仕事を探して年が変わった翌年、幸運にも同じ会社内でポストを得ました。
この経験で、外国に住むためにはなにはなくても労働ビザが必要と骨の髄までわかりました。
今世界中に、外国に住む必要があるのにビザのない人々が何百万人もいます。戦闘地域となった故郷を離れ他国に来た難民と総称される人々です。

11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回では難民を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」
インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さん。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
長坂さんはそんなドイツの人々をインタビューし「難民と生きる」という本に纏めました。

取材を通じて長坂さん御自身も変化したとおっしゃいます。それはどういう変化だったんでしょうか?

私たちも長坂さんとお話ししながら体験してみませんか?

難民は日本人にとってもよその出来事ではありません。私たちはこの課題にどう取り組めばいんでしょう?
ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。
よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になってみて下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんと対話しましょう。
定員20名ですが続々とお席が埋まっています。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

IMG_0856

************************************

広告

自分が動けば周りが動く

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

***************************

【自分が動けば周りが動く】

地球市民塾9月のゲストスピーカ、広瀬晴子さんのこの言葉に力を得た方は多かったようです。私もその一人でした。

私はジュネーブで”Atelier 50+”(アトリエ50+)という小さなワークショップを毎月開いています。これは仕事を探す50代以上の女性が集まり、経験や情報を交換したり、ネットワーキングのコツなど仕事探しを支えるスキルや知識を学んだりする集まりです。

Atelier 50+は私の失業体験から生まれたアイデアでした。

私が53歳でスイスで失業したとき、いろいろな支援プログラムはありました。それらは専門家の作ったもので工夫されてはいます。けれども一般的なプログラムで、50歳以上の女性にピタリと合ったものではありませんでした。

スイスでは転職は日本よりは一般的ですが、それでも45歳を過ぎると仕事探しが急に難しくなります。その上女性の場合は、給料が低く抑えられるというデータがありました。

その上、そういう女性たちは励ましに隠れた攻撃の矢をあちこちから受けます;あなたは年をとっている、だから給料が高い、そういう人は会社は雇いたがらない、など。

自分の不安に的中するようなことを家族や友人に言われて,元気のでるはずがありません。

私は失業中の経験から、自分がひとりぼっちじゃないと思えること、似た境遇の人と情報交換するのがどんなに励みになるか、よく知っていました。人間、この困難は自分だけじゃないと思えるとそれだけで力が出るのです。

そこで私は自分が再就職したとき、50歳を越えて仕事を探す女性たちが集まって、情報や経験を好感する場を作ろうと思いました。これは恩送り、つまり私を支えてくれた人たちへのお礼でもありました。

ところが、どうやってそんな女性に出会えばいいのか、サッパリわからない。どこに50歳を越えて失業し、ひとりぼっちと思っている女性がいるのか?雲を掴むようでした。

そこで思い切って名前を付けました。自分のつくりたい場に”Atelier 50+”(アトリエ50+)という名前を付けました。言ってみれば、”Atelier 50+”という名の空っぽの箱を作ったのです。

それからは会う人ごとに、「私はAtelier 50+を主宰しています。Atelier 50+とは、、、」と紹介しました。50歳、失業、女性というキーワードは多くの人に「え、なになに?」と思って貰う効果があったようです。

程なく、口伝えで聞いたという女性たちから問い合わせを貰うようになりました。
ワークショップを開く場所を提供してくれる人にも出会いました。

Atelier 50+は参加者5人までの小さな場ですが、今に至るまで6年半続いています。

その間、私は再就職先でリストラに遭い再び失業したので、自分がAtelier 50+の主宰者であり受益者になるという変な立場に!

今も毎月一度、自分の開くこの会で、色々な女性たちに出会い、私も勇気を貰っています。
あなたも自分から動いて見ませんか?
——————————–
スイスから日本と世界を繋いでお送りするオンラインセミナー地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」第4回は落合良さんをゲストスピーカに迎えます。

落合さんこそが、「自分が動けば周りが動く」を実行してこられた方でした。会社勤めのお仕事の傍ら、個人のプロジェクトとして、それも30年間にも亘って!

日本から発信される世界に通じる文化を育てたい、という強いお気持ちがそこにはありました。
落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?
Made in Japan のオペラを世界へ!ーー 30年続く活動を支えた「思い」とは?

10月6日 金曜日
日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
定員20名です。お早めにお申し込み下さい。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/QAgHsS

Atelier 50+ Logo_Small

************************************