30年ぶりに戻ったら (70) — 暖かいから雪が降る

おどおどせずに外国人と仕事をするためのビジネス英語トレーニングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【”寒い”よりもっと”寒い”を何と言うか知っていますか?】

これも日本の寒さの話🤔

朝のニュースで名古屋で雪が降ったと聴いたある母子の会話である:

母「名古屋は寒いんやね」
私「あったかいから雪が降るねん。晴れた日は寒いよ。」
母「雪が降ると寒いのよ。私は雪の深い北陸で育ったから知ってるんよ」
私「私は気温が零下20度になるトロントで二回冬を越したんよ。晴れた日は放射冷却で地上の暖かい空気が全部空に上るから、地上は凍てつくねん。空気中の水分が凍るから雪は降らないし。雪の降る日は雲が低くて地上の空気にフタをするから、気温は上がるんよ」

話は噛み合わないままで終わった。

私はカナダとスイスで、「寒い」を上回る寒さの表現を二つ知った。「凍てつく」と「痛い」である。零下16度以下になると本当に皮膚が痛いのだ。😲

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

2016_HEL郊外
川の凍るヘルシンキ郊外、3月。晴れた日の方が気温が低い。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: あなたの「寒い」は、誰かにとっての「暖い」かも知れない。今日はそんな人を捜して、思い込みをまた一つ外す快感を楽しもう。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【今年も目を離せない地球市民塾】
1月18日 金曜日 20時半から セミナー
なぜ外から日本を見ないと危ないのか?–
     エネルギーという窓から
ゲスト 田中伸夫さん、元IEA, IAEA 事務局長
プログラムとお申し込みはこちらからどうぞ
↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DtEK2q

1月25日 21〜22時 地球市民塾のお年賀 (参加費無料)
集まってお話ししましょう!
落合良さん(元SONY 国際部)をお招きしています

2月15日 金曜日 20時半から セミナー
損をしないための国際マナー
ゲスト 松平恒和さん、ICB 理事長

3月16日 土曜日 18時から セミナー
何もないところから切り拓く志、舞台はインド
ゲスト 柳 邦明 さん、いろは社長 (インド)

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

広告