”私はフランス語を話します”とあなたも言いましょう

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

**************************

【ものごとの物差しは自分の中にある】

IMG_0742

カナダの国語は英仏語の両方ですが、言語圏は地域によってかなりハッキリ分かれています。
私の住んだトロントはほとんどの人が英語だけを話す街でした。それでもよく、「私はフランス語を話します」という英語人に出会いました。

ところがよく話してみると、「こんにちは」と言える程度ということが珍しくないのです。
なーんだ、大袈裟な、と初め私は思いました。単語を一つ知ってるだけじゃないの。それで話すと言えるの?

ところがカナダ社会をわかるにつれ、そういう考え方自体が私の思い込みだったと気がつきました。私は無意識のうちに上手なフランス語が話せなければ、人は「私はフランス語を話します」と言うはずがないと思っていました。

カナダでは違います。言葉であれなんであれ、物事の評価は自分が自分の物差しで測ればいいのです。自分が、「私は”こんにちは”とフランス語で言えるんだから、フランス語を話す」と思っているなら、そう言っていいんです。

その人がどれほどフランス語を話すかを確かめるのは、あなたです。

ものごとの物差しは自分の中にあるーー私にとっては天地が逆転するほどの発見でした。それまでの私は、基準をいつも自分の外に探していたんですから。

だからね、”私はフランス語を話します”とあなたは言っていいんです。自分の基準でそう思えれば。大事なのは、自分の基準を持つことです。

***************************
Made in Japan のオペラを世界へ!ーー 30年続く活動を支えた「思い」とは?
スイスから日本と世界を繋いでお送りするオンラインセミナー地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」第4回は今週の金曜日です。

落合良さんはSONYでの多忙なお仕事の傍ら、個人のプロジェクトとして、日本の古典や歴史にテーマとして日本で作曲されたオペラを世界に紹介して来られました。それも30年間にも亘って!

落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?
外国のオペラ歌手の演じる光源氏のでる舞台ってどんな?
どうぞビデオクリップもご覧ください。

10月6日 金曜日
日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
定員20名です。今、お席がどんどん埋まっています。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへ
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

************************************

広告

紙の神様をあの場に呼び寄せた会話のエネルギー

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

***************************

【会話の力が紙の神様まで引き寄せた?】

9月の地球市民塾は、インスピレーショントークを広瀬晴子さんにお願いしました(写真)。広瀬さんは、UNESCO, UNIDOと国連機関の要職を務められた後、モロッコ大使に。それがきっかけで、今では日本の高知県で廃れかけている和紙を、古文書修復のためにモロッコに寄付する活動をするようになりました。

A000543855_01

今日も会話は和紙から、国際機関のキャリアから、縦横に勢いよく展開。その会話の勢いが巡り巡って宇宙に届いたんでしょうか?気がつくと会話の波の中から三つものアイデアの芽が!
面白い事にそのどれもが、和紙を巡るプロジェクトです。

まず、姫路の廣峯(ひろみね)神社の紙漉の信じ復活と紙守財団とを繋ぐアイデア。

二つめは丹波の黒谷和紙再生復興を支援する森下あや子さんが、広瀬さんの活動を知り一歩歩を進めました。

そして三つめは最後に発言されたはるさんの神戸に茶室を造り世界の人々の集う場にする計画に、紙漉のイベントを加えてはどうかというアイデア!

こうして地球市民塾は皆さんに気づきを学びを得て頂く場になったばかりか、今日のように人と人とを繋ぎ、その力と持っている気持ちが合わさって新しい動きを生む触媒にもなったようです。こういうことは私たちにとっては望外の喜びです!

参加された皆さんのお気持ちとエネルギーが、紙の神様をあの場に呼び寄せたんでしょうか?

(写真はChancy村から見るジュラの夕暮れ。私の瞑想の道でもあります。)

IMG_0280

***************************

このメール、あなたならわかりますか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【このメール、あなたならわかりますか?】

あなたはある日こんな内容のメールを受け取りました。

「○○さん、
XXXという良い提案をありがとうございます。
ただどうも、YYYの方が良いように感じるのですが、どんなもんでしょうね?」

日本人ならこれで会話が続きます。

ところが、こういう言い方に多くのヨーロッパの人々は困り果てるのです。

「この人は、私のXXXという提案に対して、賛成(Yes)なの、反対(No)なの?」

たとえあなたがYYYを提案するにしても、「No, 私はXXXには反対です」と一旦はNOと言い、続けてYYYを提案する方がヨーロッパの人々にははるかに分かり易いのです。

そんな文化の中でもまれて30年、今の私のチャレンジは日本語でメールを書くとき、(日本標準でみると)ものをハッキリ言いすぎて受取る相手に無用なショックを与えないよう、毎回充分気を付けることです。

え?まだ修行が足りないですか?

まことに同時に二つの文化圏の中で生きるとは、二つの帽子を持ち、臨機応変に頭に載せる帽子をスイッチするようなものです。

**********
次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」はいよいよ今週の土曜日です。

ゲストは広瀬晴子さん。
UNESCO, UNIDOという国連機関の要職はすべて自力で取られたポストという、日本人としては数少ないご経歴の持ち主です。

国連の後はモロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

こんな生き方もあるということをじかに知ってみませんか?
未知の世界を知りたい人たちと、オンラインで出会ってみませんか?
きっとあなたの生き方のヒントが見つかります。

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

**************************

IMG_0854

「きみたち、外国で英語を使って日本史を講義できる人になりなさい」

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【自分が英語を学ぶ理由を発見した日】

大学時代のこと、国際関係論の授業の中でした。教授のこの言葉が胸に刺さりました。

「きみたち、外国で英語を使って日本史を講義できる人になりなさい」

英語はそうやって使うんだ!

強烈な気づきでした。

自分もそういう人間になりたいと思いました。

私のような立場で仕事をされてきた方を、もうお一人知っています。その方が、次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」のゲスト、広瀬晴子さんです。UNESCO, UNIDOという国連機関の要職を務めた後、モロッコの大使に。

ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。なぜ?どんな御縁で?

オンラインセミナー地球市民塾、世界と関わった人と話そう、次回9月16日土曜日をお楽しみに!次回も明るいエネルギーに満ちています。

プログラム↓↓ お申込み開始しました。
https://goo.gl/QAgHsS

***************************

 

Ecole du ski! — わかって貰えた!

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【今も耳に残る”Ecole du ski!”】

皆さんにもきっと、誰かに自分をわかって貰えた!と思う瞬間があると思います。
そういうとき、とても嬉しくありませんか?

私にとって忘れられないその瞬間は、
“Ecole du ski!” “Ecole du ski!”(スキーがっこう!)
と口々に答える子供たちの声でした。

大学卒業前の春休み、父のお下がりの布製のリュックを背負い、ヨーロッパに一人旅に出ました。

スイスのアデルボーデンという村のスキー場に着いたときのこと、そこがどこだかは忘れましたが、周りに子供たちが大勢いて、フランス語で話していました。村の子ではなく、どこかから団体で来たような風情でした。

この村に来るまでの間、日本で習った標準ドイツ語の全く役立たないスイスのドイツ語圏で苦労してきたばかりだった私、自分の知っている言葉が聞こえて嬉しくなり、東京のアテネフランセで習った単語を総動員して話しかけてみました。

“Vous êtes en vacances d’hiver?”(あなたたち冬休み?)

そのときに返ってきたのが”Ecole du ski!”(スキーがっこう!)!

ああ、通じた!
私の言うことをわかってくれたのね!
スキー学校のことをフランス語でEcole du skiというのね!

*********************

オンラインセミナー地球市民塾 ーー 世界と関わってきた人たちと話そう
「国際会議で活躍したい人へ」
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/h34Bvd

オックスフォード緊急報告会 by 西山哲郎さん
8月28日 月曜日 日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/hTLCHB

***********************

 

IMG_2837

“I don’t know”は息をつく言葉

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【あーーなんて気楽なんだろう!】

トロント(カナダ)に留学して間もない頃の事です。

私にとって人と話していて”ノー”と言えると知ったのと同じぐらい驚いたのは、”I don’t know”でした。

人と英語で話していて、時々こんなことを言うのです。
ー (私)あなた、今言ったそれ、どういう意味?
ー(友人)I don’t know.

それを聞いた初めはビックリしました!

だってあなた、自分が言ったことでしょう?それを”I don’t know”て、そりゃないでしょうが。

けれども、相手の感じ方は違うのです。聞かれたことに即答できなければ、I don’t knowと言っていいのです。

あーーなんて気楽なんだろう!

それまでは何かを尋ねられたら、生真面目に答えをウンウンいって探していたわたし。

そういうときに「わかりません」「答えられません」と言えたら、ホッと息をつけるではありませんか。

今では私も”I don’t know”を便利に使って、ひょいひょい会話のサーフィンを楽しむようになりました。

*********************
オンラインセミナー地球市民塾、世界と関わってきた人たちと話そうシリーズ

「これから国際会議で活躍したい方へ」
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30

グローバルビジネスの会議はすべて国際会議。違う国の人々が二つ以上参加すれば、それはもう国際会議です。

そういう場所で、どうやって仕事を進めていくの?
利害対立はどうやって乗り越えて行くの?
そういう場所で仕事をする日本人にはどんなことが必要なの?
どれほど英語ができればいいの?

ゲストの津川 清一さん から学んでみませんか。
オンラインですから、ネットがあればどこからでも参加できます。
ログインなど面倒な手続きは不要、安全で簡単です。

詳しい内容はこちらからどうぞ お申し込みもできます。

***********************

 

IMG_0742
ジュネーブで祝うカナダ・デー

気遣いや気兼ねなく人と話が出来たら、どんなに気楽だろう!

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【オンライン対話の凄い可能性】

今年に入って急にオンラインミーティングシステムと御縁が深くなりました。

初めは、オンラインで催されるセミナーや対談など、色々な集まり(場)に参加者として体験して。

次には、もっと主体的に自分が自分がオンラインで人が集う場を作る、主宰者として。それが7月に始めた「地球市民塾」です。

大雑把な言い方ですが、ワークショップを行っていると日本人はヨーロッパの人々に比べて温和しいというか、自分の意見を言わない。発言を大きくためらう人が多いと思います。

ところがオンラインだとどうも違うと気がつきました。

初めは互いに遠慮があるのか、やはり最初に会話の口火を切ることにためらう方は大勢おられます。

ところが、一旦会話が始まると、初めの遠慮やためらいがみるみる消えて、皆さんの表情が生き生きしてくるんです。会話自体がまるでエネルギーを得たように盛り上がり、予想も出来なかった展開となって広がり、その過程で新しい知恵やアイデアが生まれてきます。

こういうプロセスって凄い!

「オンラインの会話は日本人の心を自由にする」ーーと言いたいですが、そこまで言えるかどうかはまだわかりません。でもそこには凄い可能性があるようで、楽しみです。自分もオンラインの場を作りながら、また場に参加者として集まる立場から。その過程で、新しいことを試しながら、失敗しながら、そこから学んでいくのが面白い!

こんなオンラインの可能性にご興味ありますか?

こんなイベントに、お家のパソコンから(スマホ、iPadもOK) 参加してみませんか?

オンラインフェス 2017 SUMMER
8月5日土曜日です。

主催は田原真人さん。彼のこの言葉が、オンラインの可能性を端的に言い表していると思うので、ここに引用します;

通常のオンライン講座などとは違い、参加者同士が縦横無尽に繋がり合う一日になると思います。

オンラインでも出会える

という衝撃を、まずは、感じていただければと思います。
オンラインフェス2017SUMMERのページはこちら

私も参加します!オンラインでお目にかかりましょう。
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)

**************************