手作りオルゴール ー ディジタル時代に際だつ職人技、欧州ICT社会読み説き術 (20)

スイスはオルゴール発祥の地である。オルゴールの元祖は、14世紀から始まったという、カリヨン(時計塔に組み込まれた鐘)だった。その後、19世紀末に音の部分が時計から独立し、現在のようなオルゴールが誕生した。スイス製のオルゴールは、今もすべて手り。その心に響く音色は、世界中の人に愛され続けている。

ディジタル機器、ディジタル音楽全盛の時代に、伝統技術の粋、オルゴールは、どういうありかたを見せているのか?筆者は、世界最古のオルゴールメーカー、リュージュ社(スイス)の社長、クッパーさんにお話しを伺った。

世界最古のオルゴールメーカー

現在、オルゴールを生産する会社は、世界に三社だけ。中でも、スイスのリュージュ社は、150年という最古の伝統を持ち、スイスのみならず、欧州唯一のオルゴールメーカーでもある(他の2社は日本と中国)。オルゴール技術の発祥したジュラ山中にある、本社を兼ねた製造工場では、熟練の職人たちが、小さくて精密な個々の部品製造から、オルゴール組み立ててまでを行なっている。音の調整も、人の耳で行なう。

このディジタル音楽全盛時代に、なぜ今も機械式音楽なのか?多くの産業の製造ラインがコンピュータ制御で行なわれる時代に、なぜ、人手による生産なのか?リュージュ社にとりイノベーションとは何なのか?リュージュ社の社長、クッパ-さんにお話しを伺った。

伝統と新しい技術の架け橋

栗崎:リュージュ社のオルゴール製作に、ICTは使われていますか?

ク氏:リュージュ社は、伝統技術と新技術の架け橋でありたいと思っています。例えば、お客様に、ご注文されたオルゴールの音を確かめて頂くためにMP3を、オルゴール箱のデザインには、3Dデザインシステムを使っています。また、人の耳には聞き分けられない微細な音の調律にも、ICTシステムを使っています。

けれども、オルゴールの心臓とも言えるムーブメント制作工程に、ICTは一切使っていません。

オルゴールの生み出すのは、芸術と感情の接点です。お客様に喜んで頂ける最良のオルゴールを作るために、私たちは、伝統技術と新技術との最適なバランスを、常に見つけて行かなければなりません。

伝統にこだわる理由

栗崎:製造業にもICT導入が進む時代に、なぜリュージュ社は、伝統的な生産工程を続ける道を選んだのでしょう?

ク氏:食事に例えてみましょう。

宇宙船内での食事のために開発された宇宙食でも、必要な栄養は摂取できます。けれども、宇宙船内では仕方がないとはいえ、そのような食事で心の楽しさは満たされるでしょうか?

反対に、私たちが家族や友人たちと楽しく食事をする場面はどうでしょう?そこには、美味しい味付け、美しい盛りつけ、心の籠もったサービス、そして楽しい会話があります。栄養価だけではなく、その他の要素が揃って初めて、喜びが生まれます。それは、感情の伴った食事なのです。

音楽を聴く喜びも、同じです。音にも質と感情が伴わなければいけません。そのような音は、熟練の職人の手を経た工程を通して初めて、生み出すことが出来るのです。コンピュータの作る音楽には、30秒間で人の心を打つことは出来ません。

写真1 ある英国の貴人の婚礼に贈られた、つがいの歌う小鳥。オルゴール技術の粋!
写真1 ある英国の貴人の婚礼に贈られた、つがいの歌う小鳥。オルゴール技術の粋!

イノベーションはお客様の声から

栗崎:生産過程へのICT導入を考えたことはありますか?

ク氏:以前に試したことがあります。けれども、結果は散々でした。お客様からも不評を買いました。その経験から、オルゴールの音楽は、コンピュータの手に負えないことがよくわかりました。技術は目的達成の手段であっても、技術自体が目的であってはならないのです。

栗崎:リュージュ社にとってイノベーションとは何ですか?

ク氏:お客様の声をよく聞くこと、目と耳を大きく開けて、世の中を見ることに尽きます。イノベーションは、そこから自ずと生まれます。

現代は、技術発達が急速に進む反面、製品やサービスを提供する側の人々が、お客様の声を、充分に聴かなくなっていますね。技術が先走り、技術愛好者はともかく、そうでない大勢の人々のニーズを忘れていると思います。

リュージュ社は150年前に設立された古い会社です。けれども、私たちは伝統に縛られてはいません。これからも、常に新しい時代の要素を取り入れながら、伝統技術に培われたオルゴールに、新しい生命を吹き込み続けて行きたいと思います。

筆者:ありがとうございました。

写真2 iREUGE iPhone充電器を組み込んだ。電話が着信すると、オルゴール音楽が始まる、この優雅さ!

インタビューを終えて、リュージュ社は、人の心に響く音を提供するという使命を、見事に捉えてブレがないと思った。生産工程は伝統技術に支えられているが、ICTを排除してはいない。そこで問われるのは、手作業か、機械化かという二者択一ではない。リュージュ社の使命にとり、最善の技術を選ぶということだ。そう考えると、同社が決して守りの姿勢にないことにも合点がいく。

クッパ-さんは、イノベーションはお客様の声の中にある、という。ここに技術を生かすための、発想の基本があると思った。

伝統技術の生み出す音色を、リュージュ社のサイトから聴くことが出来ます。画面を右にスクロールして曲目リストに行ってください。

掲載稿はこちら→ 2013 欧州ICT社会 読み解き術 第二十回、NTTユニオン機関誌「あけぼの」2013年 10月号に掲載

広告

ソーシャルメディア時代のラジオ、これがスイスインフォの選んだ道 ー 欧州ICT社会読み説き術 (19)

スイスインフォはスイス公共放送協会(SRG)の国際サービスの名称だ。スイスインフォは、外国在住スイス人向けのラジオ放送として始まった。それが、今日では、ラジオを離れ、ウェブ上のメディア プラットフォームに進化を遂げた。しかも世界に向けた情報提供というサービスの核心を変えないまま。これはメディアとして180度の方向転換だ。ラジオというマスメディアであり、プッシュメディア(利用者が自ら行動を起こさなくても、情報を与えられるメディア)という存在から、ウェブサイトという、個人がアクセスする、プルメディア(利用者が自ら行動を起こして、情報を取りに行くメディア。)への変化だからだ。現在のスイスインフォは、マスメディアと個人メディアの中間ともいうべきソシアルメディアの利用にも、積極的に取り組んでいる。

情報化時代に、ラジオはどう変化していくのか?そのひとつのあり方が、スイスインフォに見られるのではないか。スイスインフォの、企画担当、クリストフ・ブルッタン氏に、詳しいお話しを伺った。

スイスインフォの歴史

スイスインフォは、国際短波放送として始まった。1935年8月1日、スイス建国記念の日に、当時の大統領の声をアメリカに放送したのが正式な開始とされている。

国際的には、1920年代から、短波ラジオ放送局が多くの国に誕生した。また時期を同じくして、国際政治の舞台ではジュネーブに国際連盟が設置された(1919年)。そこで、世界平和の中心地として広く世界に、また国外に住むスイス人に向けて情報を発信するためのラジオ局ができたのである。当時は、ラジオノスタルジアというニックネームで呼ばれた。

スイス発の国際ラジオ放送は、第二次大戦中と、それに続く冷戦期には、 世界中のリスナーから信頼を得た。中立国スイスのラジオは、どの陣営にも属さない、唯一の公正な情報源だったのである。こうして、スイスの国際ラジオ放送は、在外スイス人には国内情報提供を行なう、また国際的にはスイスの中立を支えるメディアとして、不動の地位を築いた。

ラジオからの転身

1990年代に入りインターネットが誕生するなど、情報通信技術革命が起きた。これはスイスインフォにとっては危機だった。インターネット、衛星放送の登場により、国際的情報提供は、短波放送の独壇場ではなくなったのだ。

そこに政府から、厳しい予算カットの要求が来た。生き残るために、スイスインフォは、少ない予算で今まで通り質の高い情報を世界に発信するメディアに、変わらなければならなかった。それも短期間で。

1999年、スイスインフォは、ラジオ放送を止め、ウェブサイトをプラットフォームとして、多様なメディアを包含する情報サイトとして再生した。ウェブサイトに変えたのは、経費が安いからだったとブルッタン氏は語る。

ラジオからウェブへという、技術も視聴者とのコミュニケーションの在り方も全く違うビジネスへの転換だ。これは大規模なリストラだったろう。しかし、レイオフは無かったという。ラジオのスタッフが一丸となり、ウェブの仕事をしながら必要な知識を学び、経験を積んでいったというから、驚く。

スイスインフォは、ウェブサイトになっても社風は変わっていない、とブルッタン氏は胸を張る。今でも、ラジオ時代と同じように、スイス発のニュースの公正な視点と、情報、技術の質の良さを誇っている。

マルチメディア戦略

現代のコミュニケーションの潮流を睨んだ、スイスインフォの目標は二つある。モバイル機器に対応することと、事件、時流の変化に敏捷に対応することだ。

モバイル機器については、それ向けのコンテンツを提供するかどうか、現在試行中という。

敏捷であるために、ソシアルメディア、特にフェースブックを活用している。

スイスインフォは、フェースブックの、読者と直接対話ができる点を高く買っている。フェースブックには10カ国語でスイスインフォのファンページがあり(中国語は、中国専用の別のプラットフォームを使用している)、そこに情報を載せると共に、書き込みをするファンから情報を得ている。書き込みを直接報道することはないが、アラブの春など、時々刻々変化する状況を、現場の生の声から入手できることは大きい。こうして、スイスインフォは、ソシアルメディアの双方向性を、そのエンジンにしている。

スイスインフォは、ウェブやソシアルメディアを活用しているが、コミュニティーマネジャーは置いていないというところが興味深い。各国語担当の記者たちが自身でそれぞれの言語のサイトを管理、活用している。「 我々は、読者と(直接)対話をしない。」と語るブルッタン氏の言葉に、報道機関にとってのファンページは、消費財製造、販売企業のそれとは役割が異なることを覗わせられた。

多言語はスイスの強み

スイスインフォには、十の言語についてそれぞれ、各言語のページを担当する、合計60人にのぼる記者がいる。その記者全員に共通の言語がないことが、日々の仕事を廻していく上での悩みと、ブルッタン氏は苦笑いする。

しかし、十カ国語のそれぞれで取材・編集する人材を国内で見つけられるところが、スイスの凄さだ。国際性の高いスイスの社会資源の豊かさを、垣間見る思いがする。

ちなみに、2012年現在、スイスに住む外国人は、総人口の23%。国際結婚によるスイス国籍取得など、スイス国籍を持つ外国人を勘定に入れると、この割合はもっと増えるだろう。

世界に向けて情報発信を

スイスインフォでは、現在いろいろなメディアの使い方を試行中という。ソシアルメディアの発展など、急激なメディアの変貌により、コミュニケーションの習慣は変化しつつある。その中で、ラジオからウェブへと飛び移ったスイスインフォは、更にどのように変化するのか、将来を見まもりたい。

ここで忘れてならないのは、ラジオからウェブへとメディアは変わっても、スイスインフォの一貫した情報戦略の基本は変わっていないことだ。それは、情報を発信することにより、外国からの理解を得るということである。スイス発の国際ニュースは公正中立という評価と信頼は、今も変わっていない。それはまた期せずして、欧州の中央に位置し、大国(軍事的には強国)に囲まれたスイスの、軍事力を使わない、ソフトディフェンスになってきたのではないだろうか。

現代の日本にとり、スイスのような情報発信に積極的な姿勢は、ますます必要になっていると思える。情報化社会のディフェンスは、積極的に情報を出して行くことにある。日本にとって、隣国との距離が縮まるに従い、国際世論を味方につけたい場面は増えている。日本人もどんどん情報を発信して、外国との相互理解を深め、世界とより良く繋がって行って欲しい。

掲載稿はこちら→ 2013 欧州ICT社会 読み解き術 第十九回、NTTユニオン機関誌「あけぼの」2013年 9 月号

電話は過去のメディアと思うなかれ ー 欧州ICT社会読み説き術 (17)

最近の新聞報道によると、パソコンの売り上げが低下する一方で、スマホやタブレットの急成長が著しいという。遂にパソコンがメディアの王座を他に譲る日が来たか。一方で、メディアを取り上げるニュースに、電話はパタリと登場しなくなった。通話する機能しか持たない電話は、過去のメディアになってしまったのだろうか? ところがどうして、私たちは、電話さえもまだ充分に使いこなしていないかもしれない。欧州に暮らしていると、そんなことを、ふと考えることがある。

想定される国際ビジネス像

欧州では、多種の言語、多数の国が隣り合って存在し、人がそのような文化や政治の境目を超えて頻繁に往来するのが日常だ。そういう土地に暮らすと、電話というメディア(=技術)と、それをツールとして使うビジネス(=社会)との間には、まだギャップがあることに、時折気づかされる。そのギャップは、複雑な欧州社会のあり方と、密接に関わっている。

先週、こんなことがあった。

私はコンサルタントとして活動する一方、K社としようで勤務している。K社は外国出張が多く、社員は出張の際にF航空会社をよく利用する。そこで、K社は、F社の企業向けポイントカード、「蒼天ビジネスクラブ」の会員になった。これは、個人向けのマイレージバンクとは別物で、K社全体として、F社を利用する度にポイントがたまる仕組みだ。

私は、(削除あり)フライトデータの入力方法がよく分からなかったので、F社の蒼天ビジネスクラブの担当者に電話で尋ねようと思った。メールよりも、電話の方が速くて正確だと思ったのだ。

ところが、F社のスイス向けウェブサイトには、蒼天ビジネスクラブの入会案内はあっても、問い合わせ電話番号は載っていない。メールアドレスもない。仕方なく、F社の一般的な受付番号に電話してみた。

さすがは、国際航空大手のF社、スイス向け顧客の受付番号でも、独・仏・伊・英語の四ヵ国語から選択できる。多くの企業では、スイス国内向けの電話受付では、大抵は独・仏語はあっても、英・伊語の対応をしない。だから私は、F社の国際センスに感心した。スイスの顧客からの電話だからといって、独・仏語を話す人だけがかけてくるとは限らないのが、国際ビジネスの現実だ。F社は、そこが分かっていると思ったのである。

電話を取ってくれた担当の女性は、滑らかな英語を話す。これも大陸ヨーロッパでは、そうあることではない。

だが、感心したのも、そこまで。多様な言語を持つ人々が国を超えてビジネスを動かす欧州社会と、F社の想定する国際ビジネス像との狭間に自分が落ち込んだことを知るのに、大して時間はかからなかった。それはまるで、アルプスの氷河に口を開けるクレバスのように、底がなかった。

写真 スイスの公衆電話内の緊急電話番号表示。警察、消防などの番号の説明を、独・仏・伊・英語の四通の言語で表示している。
欧州ICT社会 第十七回 写真

言語の壁

電話受付担当の女性は、スイスには、蒼天ビジネスクラブの問い合わせ(削除あり)電話番号がないと言う。では、と、私は、英語圏かフランス語圏の国で、問い合わせ番号を設けている国はないか尋ねた。そこで言語の壁にぶつかった。彼女が手元のコンピュータで見られるのは、ドイツとオーストリアの番号だけだと言うのだ。私は、ここに、“スイス=ドイツ語”、という、F社データベース設計者の思い込みを感じて、内心ムッとする。しかし、彼女に怒っても仕方ない。

彼女は、私はドイツに国際電話をするほかないけれど、そこでは英語での問い合わせに対応する、と教えてくれた。だが、私は、そうはうまくはいかないだろうと、疑う。

実は、以前、決済サイト、ペイパルを利用した際、ドイツの問い合わせ番号にやむなく国際電話をかけたことがある。ところが、顧客受付電話からは、英語で「こちら(のコンピュータ)では、スイスのお客様の情報は見られません」との回答が…。こんな苦い経験があるのだ。

でも、今回はちょっと違った。私が困っていると、その女性は親切にも、F社本社が所在するフランス用のウェブサイトを見てくれた。そして、フランス国内用の蒼天ビジネスクラブ受付電話番号を探し出したではないか。フランス語なら、私も少々ややこしいことを問い合わせられる。

できる限りのことをしてくれた彼女に、お礼を言って電話を切ろうとして、ふと聞いてみた。「ドイツ語国の電話番号しか見られないということは、あなたは、ドイツにいらっしゃるのですか?」。

「いいえ、チェコです」。

これは、コールセンターの国際アウトソーシングだった。人件費の低いインドなどの外国に、コールセンターを設置する先進国企業のあることを、私も知識として知ってはいた。でもまあ、自分が今、そのお世話になっていたとは。

顧客と企業を繋ぐ重要ツール

電話は、過去のメディアと思うなかれ。コールセンターは顧客と会社を直接繋ぐ重要なビジネスツールだ。

欧州では、多様な言語と国家をまたがる人の移動はビジネスの一部になっている。そういう社会でコールセンターを充分に使いこなすには、そこでのビジネスの現実をよく知っていなければならない。スイスからの電話は、すべて「ドイツ語人」からだ、などという単純な仮定はナンセンスだ。

人と、社会と、技術との間には常にギャップがある。そこを補い、技術を改善し育てていくのが人だと思う。幸い私の場合は、チェコのコールセンターの人が、英・仏・独語の狭間に開いたクレバスに落ちかかった私を救ってくれた。これは、ひとえに彼女の気働きのおかげだ。

このような経験を沢山積んで、欧州のコールセンターはその社会により適したシステムに育っていくだろう。現在、アジアでもビジネスの国際展開が進んでいる。アジアにもまた、多くの言語と国家がある。こういう欧州の経験は、アジアのコールセンターにもきっと役立つに違いない。

掲載: NTTユニオン機関誌「あけぼの」2013年6月号

掲載稿はこちら→ 2013_あけぼの_ICT_第十七回

空港のセルフチェックインは誰のため? ー 欧州ICT社会読み説き術 (13)

空港ロビーでの戸惑い

12月の終わりのこと、日本に帰省しようと久しぶりにジュネーブ空港に行くと、出発ロビーの景色が変わっている。まっすぐチェックインカウンターに行けない。え?

カウンターはズラリと並んでいる。そこに並ぶ人々の交通整理のために、ロープが張ってある。そこまではいつもと同じ。

ところが、そのロープで作った行列に付く手前に、セルフチェックイン キオスクが10台余り並んでいる(写真)。その機械を使って、自分でボーディングパスと、荷物札を作成してからでないと、行列に付けない。航空会社スタッフが、行列ゾーンの入り口に立っていて、そうとは知らずに真っ直ぐカウンターに向かおうとする人に、注意を促している。「まず、あの機械を使ってご自分でチェックインを済ませて来て下さい。」そうか、航空会社はいよいよ本格的に、チェックインを、航空会社から乗客の手に移そうとしているな。

私は、これから乗るA航空のキオスクを使うのは初めてだったが、何とか一回で搭乗券と荷物札を出せた。

と書いたが、実は途中で一回つまづいた。パスポートを機械に入れよ、という指示が出たときである。私のパスポートは、機械読み取り式になる以前の旧式タイプだ。試しに機械に入れてみたが反応がない。当たり前だ。そういう場合どうするか、指示書きは、スクリーンを舐めるように捜しても見あたらない。不安から、ストレスレベルが急に上がる。

思い切って、パスポート番号、発行地などをキーボードから直接入力してみた。機械はそれを受け取った。やった!ストレスがストンと音を立てて落ちる。私のような乗客の心臓のために、「人手で入力も出来ますよ」と、スクリーンに一言書いておいてくれればいいのに。

こういう小さなことでつまづくのは、私がアナログ人間で、コンピュータに弱いからだろうか、と弱気になる。いや、そういう人は私一人ではないはず、と気を取り直し、チェックインカウンターに向かう。荷物を預けるために、結局はカウンターに行かなければならないのだ。以前は、私と荷物のチェックインは、同時に同じカウンターで済ませられたのに。

20キロの重量制限ぎりぎりまで詰め込んだトランクのチェックインも、無事に済んだ。やれやれと思い、キオスクを振り返ると、大勢の人が機械に張り付いている。私のように不慣れなためか、スクリーンに表示される指示を一つ一つ丁寧に読み、考え込み、ゆっくり操作を行なう人々。2-3人の人々が操作する人を取り囲んでいるキオスクが多いが、それは帰省する家族連れか。ジュネーブには、外国から働きに来た人、移住した人が何万人もいるが、その人々が一斉に動くのがクリスマス前の数日間だ。

ジュネーブ空港
ジュネーブ空港

キオスクの導入がジュネーブ空港で始まって、10年近く経つ。順番からいうと、航空券の電子化(Eチケット)化を待って初めて、セルフチェックインの普及が可能になった。Eチケット化により、乗客のID(本人確認書類)と航空券の相互チェックを、人が紙媒体を使って行なう必要が無くなったからだ。

それでも、セルフチェックインに不慣れな乗客はまだ多い。飛行機は電車と違い、毎日それに乗って通勤する乗り物ではない。だから、慣れた人よりも慣れない人の方が圧倒的に多いのは道理だ。

私は、キオスクの前でとまどう人々を見る度に、セルフサービスは誰のためなのか、とつい考える。

航空会社にとって、チェックイン業務自動化のメリットは大きいだろう。作業を効率化し、精度を上げ、かつカウンター業務を軽減できる。

乗客のメリットは?チェックイン自動化を推進する航空会社には申し訳ないが、私の限られた経験だが、際だった利は無いように思えて仕方がない。キオスクが空くのを待ち、キオスクを操作し、更に荷物を預ける場合はそのためにまた並ぶ。二人以上で、一緒に旅行する場合はなお時間がかかる。キオスクでは複数の人は一度にチェックインできないからだ。

日本の事情は?

ところが、日本では事情が少し違うようだ。帰路にチェックインした成田空港にも、キオスクはあり、それを利用している人々もいた。しかし、ジュネーブ空港と違い、キオスクの利用を強制されはしない。私は、迷わず人手でチェックインを済ませた。その方が私には便利だからだ。

その時、チェックイン カウンターに、セルフチェックイン キオスクが一台づつ備え付けられていることに気付いた(写真)。キオスク付きのカウンターを見るのは初めでだ。ここでは人手でチェックインできるのに、何故機械があるのだろう?屋上屋を重ねるようなものではないか。

成田空港
成田空港

係の人にその理由を尋ねて驚いた。このカウンターを利用する外国の航空会社の中には、乗客全員にキオスクを使って自分でチェックインをして貰うところもあるのだそうだ。つまり、人手でチェックインしようとする乗客を水際で止めるということだ。キオスク付きカウンターは、チェックインという業務を乗客の手に移そうという、その航空会社の強い意志の表われのように、私には思えた。

文化はICTとともに

セルフチェックインの時流は、日本の空の玄関にも押し寄せている。欧州でその普及が進んだ今、日本に発着する外国の航空会社が、日本の空港でも同じことを必要とするのは、自然の成り行きだろう。

一方、日本は優れた情報技術を持っているが、同時に、お客様にはきめ細かい対応をするべしという考え方が、社会の隅々にまで根付いている。それは日本の文化だ。そういう日本に、セルフチェックインという、ある意味で、お客様の手を煩わすシステムが、根付こうとしている。その変化が、国際空港という外国との接点から始まっている。

しかし、業務の機械化自体は、新しいことではない。鉄道駅の自動改札や、銀行の現金出し入れ機は、今では日本にすっかり根付いた。 今まで日本人には高級イメージのあった空の旅も、その後を追っているといえよう。文化はICTと共に変化する。

掲載: NTTユニオン機関誌「あけぼの」2013年2月号

掲載原稿はこちら