氷河特急脱線事故に、日本の情報化社会を垣間見る。

2010年7月23日にスイスで起きた氷河特急脱線事故。脱線した車両に乗っておられた日本人の方お一人が落命された、痛ましい事故でした。
私は、事故直後から五日間、ある日本の報道機関の取材助手を務めたのですが、そこで図らずも、現代の日本の情報化社会のありかたを垣間見ました。
それは、7月27日、ジュネーブで開かれた、この事故のただ一人の死亡者、国本安子(やすこ)さんのご遺族の記者会見でのことでした。
出席されたのは、お二人のご家族。国本安子(やすこ)さんと負傷された国本好正(よしまさ)さんのご長男、尚(ひさし)さんとご次男、晃司(こうし)さんでした。ご遺族のお二人の、深い悲しみを抑えてのお話には胸を撞かれるお言葉がいくつもありました。この会見の模様は、マスコミ各社が報道していると思いますので、それについてはここには書きません。
ここでは、私の気付いた別のことを書こうと思います。
記者会見の最後、記者団からの質問が終わったときです。ご長男の尚さんが、皆さんにお願いがあります、と切り出しました。
「助けてください」ーー彼は確かにそうおっしゃいました。
一瞬、私には何を言おうとしているのかわかりませんでした。
彼は続けます。
我々は今、頭も心も混乱しています。手一杯。何から先にしていいか、わからない。識者や同様な経験をした人が、私たちに助言をくれるとありがたい。尚さんは、残されたご家族の、その願いを広く報道してくださいと、報道各社にお願いされたのです。
苦しむ自分たちの、今必要な人を探すために、マスコミを使う姿勢。マスコミから逃げるだけでなく、自分たちに降りかかった運命に積極的にマスコミを取り込み、その力を直面する困難を乗り切るために使おうとする姿勢。あっぱれだと思いました。私は、ご兄弟のその姿勢に清々しささえ感じました。
尚さんは続けます。もう一つ、プレスの皆さんにお願いがあります。(私たち遺族は)今後も、報道陣には協力します。けれども、私たちの生活や、周囲の人々に迷惑をかけることは止めて欲しい、と。
弟の晃司さんが続けます。尚さんはアメリカ、晃司さんは日本にお住まいです。
被害者のお名前が公表される前に、両親宅に、電話がありました。また、両親宅の写真がネットに載りました。私たちは取材に協力するつもりがあります。だから、職場や自宅に取材に来ないで欲しい。他の人の仕事に差し支えます。また、両親宅にプレスが大勢来ています。私たち家族は、両親の持ち物などを取りに行きたいのですが、そでができません。また、近所の人にも迷惑をかけています。そういうことはやめてください。
ご遺族の記者会見、最後のこの場面に、今の日本の情報化社会のありようが端的に表れていると思いました。
マスメディアは情報の規制ができても、個人メディアはできません。個人の発信した情報がネットに載れば、それは、情報が不特定多数の人に公開されるということ。つまり、個人がマスメディアを作ることになるのです。
インターネット、携帯電話など、情報インフラの発展、普及のお陰で、人が大量の情報を扱えるようになり、同時に人はメディアを使う力強さを身につけました。
他方、飛躍的に増えた個人の情報発信力が、ここでみられるように、無用に人を傷つけることにもなっているのです。人が情報メディアを使いこなす時代の明暗を目の当たりにする思いがしました。
(7月28日)
広告

山の鉄道会社の国際化 (2)

外国語の業務訓練 — ユングフラウ鉄道

私の会った車掌さんたちは、どうやって日本語を身につけたのでしょう?グリンデルワルド地方には、中国、韓国からの観光客も大勢来ています。車掌さんたちは、その言葉も話すのでしょうか?

この点を、私の乗った列車を運行する、ユングフラウ鉄道の関係者に聞いてみました。

ユングフラウ鉄道は会社として言語訓練に取り組んでいます。

ユングフラウ鉄道の車掌たちは皆、母語がドイツ語ですが、その他に英語が必須、フランス語も重要とされています。これは、アルプスの名山や湖で有名な世界的観光地を走る鉄道ですからうなづけます。その他にも、スペイン語、イタリア語などのクラスを催しているそうですが、すべて任意参加で、授業料は無料です。

日本語は、今年の春、初めての試みとして開講されました。人事部訓練担当のムレマンさんのお話しでは、社員の関心の高さ、業務に必要な程度の日本語を話せるようになるまでにかかる時間などを知りたかったそうです。

蓋を開けてみると、社員の関心は高く、1時間半のコースを10回、2クラスに分かれ、合計20人が受講しました。

鉄道会社の外国語コースですから、業務にすぐに使える言葉を習得する必要があります。そこが一般の語学教育と違います。ムレマンさんは、インターラーケンに住む日本人の先生にお願いし、会社の人が先生と必要な内容を話し合って、ユングフラウ鉄道独自のカリキュラム、教科書を作ったそうです。

受講生の多くは、チケットカウンター担当者、車掌、運転士でした。チケットカウンター担当者と車掌は直接お客と話す人々ですから、日本語のな理由がわかります。でも、運転士がなぜ?

ムレマンさんにお聞きすると、乗車時間などの案内や緊急時の車内放送で日本語を使いたいという要望があるのだそうです。

なるほどね。

今回の好結果を得て、日本語講座を来年春にも再び開講するそうです。

他の言語、例えば、 中国、韓国、アラビア語のコースを開設する予定は今のところ無いそうです。車掌さんの中には、乗客から教わって、少し中国語などを話す人はいるでしょうけれども、とムレマンさんは推測されますが、実態はご存知ないとのことでした。

けれども、インターラーケン、グリンデルワルド地方にはそれらの言語を話す乗客は急増しており、今では日本人の数を凌ぐのではないかとさえ思えます。ユングフラウ鉄道に、ヨーロッパでない言語の講座が増えるのは、きっと時間の問題でしょう。

今回の旅で、日本語を話す車掌さんたちに出会い、国際化の一つの形を見た思いがしました。山の鉄道会社でも、国際化は必要な人々から地道に始まり、着実に拡がっています。

山の鉄道会社の国際化 (1)

日本語を話す車掌さんたち – グリンデルワルド地方

「私は日本人が好きです」

思いがけないところで聞く流暢な日本語に、私たちは皆、「えっ?」と思いました。

この夏、休暇で友人たち10人程でアルプスの山歩きを楽しんだときのこと。ヴィルダースヴィル駅で、シーニゲプラッテに上る赤い登山電車に乗ろうと、ホームを歩いていた時のことでした。

声のする方を見ると、青い制服を着た女性の車掌さんがいます。彼女は私たちのために車両の扉を開けに来たのでした。親切そうな笑顔。「私は日本人が好きです」と文字に書くとお客におもねっているようですが、実際にはそんな感じは微塵もありません。その車掌さんは、とても自然体でニコニコして仕事をしていました。

私たちは皆、その車掌さんに印象を良くし、その上、話に聞いていた、ホロ屋根の掛かった、窓のない、昔、動物園で見たお猿電車のような珍しい車両に乗りんで、上機嫌。そこに、検察に廻って来た彼女が「切符を見せてください」と再び上手な日本語で言ったので、皆でまた驚きました。挨拶だけではない、仕事の言葉も日本語で話すのです。

翌日から歩いたグリンデルワルド地方で、この地方を走るユングフラウ鉄道を何度か利用しましたが、上手な日本語を操る車掌さんたちに、更に二人も会いました。どの車掌さんたちも、皆自然体です。日本人乗客を特別扱いするとか、外国語を話すぞお、という気負いや緊張が感じられないのです。そういう気持ちは相手にも伝わり、乗客をリラックスさせます。

スイスには独仏伊ロマンシュ語の4つの国語があるうえ、スイスには国際的な観光都市、地域が幾つもあります。そのため鉄道会社も、車掌さんたちがいくつかの主要な言葉を仕事に使えるよう、トレーニングをします。

そうはいっても、ヨーロッパ系言語でない日本語も操るとは大したものだと思いました。グリンデルワルド地方は観光が重要な産業で、アジアからの旅行者が急増しています。そういう土地で、観光に関連する仕事に就く人々にとり、それが日本語であろうと何語であろうと、お客の言葉を身につけることは、生きていくために必須なのだろうと思いました。

また、そういう環境で暮らす人々には、他の言葉は覚えられるものだ、という意識が、自然と植え付けられているのかも知れません。国際化の土壌はできているのです。

Katrin Verclasに会う

私のヒーローに会いました。とても幸せ!

以前、あるNGOでボランティアの仕事をしていた時、偶然ウェブで彼女の仕事を知りました。

彼女は素晴らしいウェブサイトを育てています。携帯電話を使って、貧しい国の人々に役立てるプロジェクトを一堂に集めた、とても豊かで役立つウェブサイト

今年のLift ’10コンファランスで、一番楽しみにしていた人でした。

思った通り。彼女のプレゼンテーションは素晴らしい!自分が本当に知っている事実の積み重ね。それを彼女がどう見るかという、自分の考え。

彼女は、Katrin Verclas さん。
セッションの終わりに、手を挙げて彼女に質問してみました。「高度な技術に望むことは何ですか?」

カトリンさんの答え、「貧しい国の人々が、安価な料金で携帯を使えることを可能にする技術です。1日1ドルの収入で生きる人々にとって、一通2セントのSMSは高価なのです。」

これこそ、私の聴きたかったことでした。それが先端技術かどうかということよりも、人により添う技術が欲しい。そういうメッセージです。

MWC 訪問記−3、人と技術が出会うために

人と技術を出会わせよう

技術を世に出してみると、それが、制作者の予想しなかった、思わぬ需要に応える、ということがあります。

例えば、携帯画面上の文字を大きくする機能。スマートフォンには標準装備ですが、老眼の始まる45歳以上の人々には、文字を読み易くする親切な機能です。これは現在高齢化社会に入りつつある国々では、今後、基本機能となるでしょう。

NTTドコモ社の「らくらくホン」は、シルバー市場向けに的を絞って開発した商品です。この電話機には、耳の遠い方のために、通話者の声を、文字にしてスクリーンに掲示する機能があります。種明かしは、電話が翻訳機能のあるサーバーに繋がっていることですが、これを応用すると、電話を使った自動翻訳も実現できそうですね。近い言語どうし、例えば英語とフランス語相互なら、かなりの精度で自動翻訳できるところまで技術開発が進んでいますから。また、別の例ですが、日本語を勉強している留学生が、通話音声を文字化する機能を使い勉強に役立てたというお話しを、別のところで伺ったこともあります。

同じドコモ社の「イマドコホン」は、もともと、保護者と離れたところにいる子供が何処にいるかわかるよう開発された携帯電話ですが、その位置情報機能の使い方には、携帯電話の発する位置情報をボランティアたちが危険通報のために駆使し、市民ジャーナリズムにまで成長した、ケニアのUshahidiを連想させられます。Ushahidiは、スワヒリ語で「証言」という意味です。もともとは、2008年、ケニアの大統領選挙後に起きた国内騒擾の祭に、ジャーナリストがSMSを使い、国内の危険箇所を自主的に 刻々と通報することから始まった運動でした。

また南アフリカでは、位置情報発信機能を使った野生動物保護のための環境観測システムも開発されています。これも、携帯端末の発信する位置情報が、生物資源保護、環境保護など、広範囲に役立つことを示す良い例だと思います

NTTドコモ社は新技術を発表した数少ない企業の一つでした。中でも、人の目の動きで、イヤホンの音量を調節す

ドコモ社の目の動きで音量調節する技術は大きな関心を集めた。

る技術の実演には、多くの見学者が集まりました。病気や事故など、なにかの理由で言葉を発することができなくなった人など、色々な用途で使えるようになると思います。そういう意味で、可能性の大きい、先の楽しみな技術だと思いました。(写真)

その他にも、NTTドコモ社は、気象センサー、太陽光発電式携帯端末など、上質の技術とアプリケーションを幾つも展示していました。人や地域のニーズは多様です。そういう人々と共同で、一つ一つの技術がニーズに合うよう磨き上げていけば、このような技術が人や社会に生きて、更に役立つと思いました。

MWCの広い会場を見て回り、今、技術を持つ側に必要なのは、それを必要とする人々に出会い、個々の目的、情況に合うよう、技術を練り上げていくことではないかと思いました。人と技術とをマッチングをさせる方法は、ネットを使って作る、また展示会で技術の需要者と供給者が会するなど、色々あります。けれども、人と技術の真の出会いを可能にするのは、技術を持つ人、技術を理解する人が、受益者(と思われる人々)の現場に出て行くことではないでしょうか。 その場面で、双方の感性と創造性とが触媒になり、技術が人や社会に充分役立つものになるのです。

(この記事は平成22年5月10日発行の通信興業新聞に記載されました。)

MWC 訪問記−2、発展を支える携帯電話と発電装置

電気のない村に携帯電話を

現在携帯電話は、アフリカや南アジアを初めとする発展途上国で、生活に必要不可欠の道具になりつつあります。SMSを使った少額ファイナンスの急速な発展は、そういう諸国を活気づけました。SMS自体は高度な技術ではありませんが、利用者の必要性と携帯電話の機能とが上手く結びついた、ローテク イノベーションの好例です。

SMSによる少額の送金が普及し始めると、電線の届かない地域の人々にも、携帯電話は必要となります。その需要に応えるため、基地局に必要な電力を、太陽光や風力をエネルギー源として発電する設備を提供する会社がいくつかありました。

VNL社の携帯電話用太陽光発電装置

その一つが、インドのVNL社です。VNL社は僻地を対象にした電気通信用発電装置に的を絞り、そのための技術開発、商品開発、低価格設定が売りものです。写真に写っているように、“地方コミュニティーのコミュニケーション Communications for rural communities”がキャッチフレーズ(写真)。この装置は6時間で設置でき、太陽光のみ使用して発電。耐久テスト済みで、現在、インドやアフリカの通信事業者、通信設備建業者と商談が進行中とのことでした。

太陽光発電装置は村のコミュニケーション インフラ
ゼファー社の風力発電装置。手に持つブレードはボーイング旅客機と同じ素材。

優秀な技術を持った日本の会社が、風力発電装置を製作していることを知ったのは嬉しいことでした。ゼファー株式会社 (Zephyr Corp.) は、小型風力発電装置の専門メーカーです。実際には、太陽光と重油発電とを組み合わせたシステム(ハイブリッド)を提供し、十分な風力がないときにも電力供給を続けられるようにしています。写真の風力発電設備の重さは18キロ弱。鉄柱の先についているブレード(はね)は、軽くて丈夫。ボーイング社の旅客機の翼と同じ素材で作られており、どんな風力にも耐えるそうです。航空機のために開発された高度な技術が、このような形で生かされていることに感心しました。(写真 ゼファー社)

シンガポールに本社を置くアジアの国際企業、Eltek Valere社も同じくハイブリッドを提供しています。この会社のハイブリッドは、太陽光と重油を使った電池です。こちらもやはり電話会社に的を絞った発電設備でした。ゲリラによる誘拐の危険のあるアジアの某国奥地に発電設備を設置した際には、現地有力者の協力を仰いだといいます。発展途上国では、技術力だけでなく、設備を設置する村の人とつながりを持つことも、またビジネスのうちなのです。

通信キャリアの戦略的CSR

通信事業者の社会貢献活動の展示もありました。ボーダフォン財団が、ロックフェラー財団など、他の財団と共に国連と共同で進めるmHealth(mヘルス)プログラムです。このプログラムは、携帯電話を使った、発展途上国向けの、乳児健康診断、エイズ予防など公衆保険衛生向上を目指す個別のプロジェクトに資金提供するのが目的です。MWC会期中には、フランステレコムの出資するオレンジ ヘルスケアの参加も発表されました。

このように、国連機関など公的機関と提携し、CSRをアピールしつつ、長期的視野で事業機会、開発アイデアを捉えていこうとする大キャリアのあることは、日本企業にも参考になると思います。急がば回れも戦略なのです。

(この記事は平成22年4月26日発行の通信興業新聞に記載されました。)

MWC訪問記−1,技術の受益者は誰?

移動体通信産業の一大展示会

去る2月15-16日、バルセロナで開かれた、Mobile World Congress (MWC)を訪問しました。MWCは、移動体通信産業の世界規模の展示会として有名です。毎年1月に開かれるためもあり、その年の移動体通信産業全体の行方を窺うために、産業界では重要視されています。 都心近くのエスパーニャ広場に面した広大な展示会場に、華麗で大規模なブースを出すアジアのメーカーや、通信キャリア、また、的を絞った市場に向けて技術開発をする中堅のメーカーなど、移動体通信を支える技術、サービス、人、システムが一同に会する壮大な展示会でした。(写真 会場風景)

MWC 会場風景

携帯電話ではない、パームトップコンピューターだ

まず印象づけられたのは、携帯電話の機能は非常に多様化し、電話を越えて、パームトップコンピューティングに成長したことです。こういう高機能携帯電話機に、「スマートフォン」というネーミングがあるのもうなづけます。

スマートフォンには多くの使い方がありますから、展示のテーマも多様です。

例えば、健康管理やフィールドセールスなど、携帯端末をデータ通信に組み込んで使う多様なアプリケーションを展開するサムスン。この展示には、1980年代初め、コンピュータがオフィス用に普及し始めた頃、オフィスショウなどに行くと、各メーカーが、次々にアプリケーションを展示していた様子を彷彿とさせられました。携帯電話は、コンピュータの辿った道を歩いているのです。

携帯電話は、生活用具としての美と使いやすさを満たすデザインを追求する方向にも発展しています。そこに力を入れているのがソニーエリクソンやHTC。ハンドバッグやポケットに入れて持ち運びやすいよう小型化するハンドセット、そこにキーボードという、スマートフォンには欠かせず、しかも一定の大きさを必要とする機能を、使いやすさを損なわず、如何に組み込むか?これはチャレンジです。

他にも、60日間の耐久時間(電池)が売り物の携帯端末を出展したサムスン、携帯端末で映画館のような迫力あるサウンドを楽しめるシステムをデモするドルビー。また、マイクロソフト社は市場リリース間近のWindows Pohne 7をデモンストレーション。それに多くの人々が見入っていたのは、さすがは、機を見るに敏な人々の集まる展示会だと思いました。あらゆるITメーカーが、携帯市場の波に乗ろうと、しのぎを削っているかのようでした。

この技術はどこに行くのだろう?

どのブースでも素晴らしい技術が次々に展示されていましたが、一つ一つの技術は素晴らしいものの、それが誰の、どういうシチュエーションで役立つのでしょうか。目の前に展開する技術発展は、何を目的に、何処に行こうとしているのか?目的も受益者も、きっとある筈ですが、この展示会では、そこが見えないと思いました。それは、ある程度しかたないかもしれません。この展示会自体が移動体通信の専門家による専門家のための展示会ですから、技術の受益者は参加していないのです。そこが、 昨年(2009年)ジュネーブで開催されたITUテレコムワールドとの大きな違いだと思いました。ITUの展示会には、通信キャリアやメーカーの他、多数のNGOも参加し、ICTを発展途上国や身体しょうがい者に役立てるプロジェクトなどを展示していました。

技術の受益者が誰か、端的にわかる情況の一つが、通信インフラの不十分な発展途上国です。発展途上国や、通信インフラのない地域、状況で使える技術や機器に注目して見て行くと,電力や、メンテナンスの人材のいない地域に向けた製品がいくつかありました。

(この記事は平成22年4月19日発行の通信興業新聞に記載されました。)