言葉は贈り物ー国際会議こぼれ話

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【今私がそれをいわなくても、と思ってませんか?伝えなければ伝わらないんです。】

その時、オバムさんは真っ黒い顔をくしゃくしゃにした。心から嬉しそうな表情、そこには安堵もまた混じっていた。

先週、私はある国連関係の国際会議に出ていた。日本代表団のために議事録を書くのが仕事だった。

オバムさんは、その議長を務めていた。

決して易々とは行かない数々の議題、一筋縄では行かない、会議のベテランたち。

四日間の会期中、オバムさんはいつも冷静で忍耐強く、謙虚で、どの人の意見も尊重しながらも、テキパキと議事を捌いていった。時にはユーモアを交えながら。

この人は素晴らしい!とおもった。

最終日、すべての討議項目を終え、会議が閉会したとき、私はオバムさんに感謝したかった。こういう会議の常で、最後に会場の参加者は議長の労をねぎらって拍手をした。だから、その拍手の中で私も議長に感謝していたんだけれど、それだけで終わらせたくなかった。私は、自分の気持ちを彼に伝えたかった。

会議が終わり、人々が退場しかけた頃、オバムさんは全ての仕事を終えて議長席から降りてきた。彼の廻りには誰もいなかった。

チャンス!

私は迷わず彼に近づいて行った。

「ミスター・オバム、あなたの素晴らしいチェアマンシップをお祝いさせてください。私は、かれこれ20年近くこの組織の会議に出ていますが、あなたはその中で私の出会った最も素晴らしい議長の一人です。」

その時だ、彼が顔をくしゃくしゃにしたのは。

彼のその顔を見た瞬間、「あ、言葉は贈り物なんだ!」と気づいた。

そしてまた、安堵が彼の顔に走ったのを見て思った。

彼に面と向かってその仕事ぶりを褒める人は、なかなかいないんだろうなと。

彼だって、自分が議長として良い仕事をしていたかどうか、会議に出ていた人の評価は気になるだろう。

思い切って、オバムさんにお礼を言いに行って良かった。

気持ちを伝えに行って良かった。

オバムさんは、私からの贈り物を受け取ってくれた。

表現して、良かった!

自分の気持ちは、伝えなければ伝わらないんだ!

ITU会議場
国際会議場, ITU(国際電気通信連合)

***************************

文化の違いを価値に変えて仕事ができるようになる研修プログラムを御提供しています 詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

広告

20年かかってわかった国際社会で生きるための力とは? –欧州の経験から

 私もお人好しの日本人だった。

「なぜもっと早く昇進したいと言いに来なかったの?会社は今年は減収なので、全社的に昇進を止めているの。」

上司からそう言われた時、それは、自分がこの期に及んでもどれだけお人好しの日本人なのか、後悔と痛みを伴って分かった瞬間だった。私がヨーロッパで仕事を始めてから20年以上が経っていた。

ここで私の経歴について、少しお話ししよう。

私は生まれも育ちも日本である。日本ではNTTに約10年間勤務した。その後、1989年に経済協力開発機構(OECD)にポストを得、東京からパリに移った。当時OECDの日本人職員の大半は官庁からの出向だったが、私は公募だった。

以来四半世紀以上の間、いろいろな山坂を超えながら、私は欧州大陸で仕事をしてきた。OECDの後、多国籍企業に転職し、国際関係担当マネジャーとして世界各地で開かれる会議に出席した時期もあれば、終身雇用の無い外国のこと、失業して不安な日々を過ごしたこともあった。

振りかえると私は、仕事でも私生活でも、一個人として欧州とヨツに組んできたのだ。日本の組織の一員としてでなく。

現在日本には、国際社会で仕事をしたいと思われる方や、そのような人材を育成する方々が大勢おられる。そのような方々に、私の経験とそこから身につけてきた「グローバル力」ともいうべき力とは何かをお話しし、御参考にしていただければと思う。

写真1 モンブラン橋、ジュネーブ
モンブラン橋、ジュネーブ(撮影 筆者)

冒頭のエピソードに話しを戻そう。

この経験は、ジュネーブに本社を置く、ある多国籍企業に勤務して10年以上経った時のことである。

私は本当にお人好しだった。もともと日本を出たのは自分の意志である。それ以来、国際機関や多国籍企業で100を優に越える国籍の人々と仕事をしてきたというのに、私は芯から日本人だったのだ。「良い仕事をしていれば、きっと誰かが見ていてくれる、そういう私に報いてくれる」、私は無意識のうちにそう思っていたに違いない。それは日本人なら大半の人が思うことでもあるだろう。

頭では分かっていた。国際機関でも、その後に移った多国籍企業でも、定期的な人事異動や昇進、定期昇給などは無かった。昇進も昇給も、自分から仕掛けていかなければならない。「自分はABCの仕事を手がけ、XYZという成果を出した。だから、昇進させて欲しい、昇給すべきだ。」そのように言って、上司と話し合わなければならない。そういう議論をすることは、上司との交渉でもなければ、ましてや攻撃ではない。当たり前の話し合いなのだ。

私にはそれができなかった。昇進していく同僚たちを身近に見ていたのに、自分の昇進を自分から上司に話しに行こうという発想さえ、私にはなかった。良い仕事をしていれば、きっと昇進が向こうからやってくると思っていたのだ。

思い込みに気づく必要

日本の常識は、外国での常識ではない。頭では誰もがそう分かっている。ところが、現実にはいつのまにか、誰もが自分に染みついた価値観の通り行動してしまっている。ここに異文化社会で生きる際の落とし穴がある。

日本人だけではない。人は誰もが何らかの文化的背景、価値観を持って生きている。そのため、文化の違う社会で生きる人間はどうしても、多かれ少なかれ同様の落とし穴を経験するものだ。

ただ、日本人だからこそ充分に注意し、少なくとも自分にはそういう落とし穴があるとあらかじめ覚悟しておくことは役に立つ。日本人のモノの考え方は、世界の中でも相当にユニークだからだ。そう思っておけば、外国で、または外国人と仕事をする中で「何かおかしいな?」ということに出会ったとき、なぜ自分はそう感じるのか、一歩下がって考える余裕が生まれる。それは自分が無意識のうちに思い込んでいる常識に照らして「ヘンだな」と思わせるのか、それとも別の原因があるのか、考えるきっかけになる。その点を意識するとしないとでは、異文化社会に適応する上で、大きな違いが出てくる。

 身につけるべきグローバル力

国際社会とは、外国に行って仕事する場合だけではない。国内で仕事をしていても、上司や部下、同僚に外国人、つまり自分と文化を異にする人々が登場するようになった。日本国内にも、国際社会が育ちつつあるのだ。

そういう時代に生きる皆様には、「グローバル力」を身につけていただきたいと思う。「グローバル力」とは、国際社会で普通に起きること、国際社会で仕事を進める上で基本になっている事柄である。

1.自分の意見を持つ力

他の人に言われたことや暗黙のルールを鵜呑みにせず、自分はどう考えるのか、一度自分の中に引き取って考え直す力。

2.自分の考えを主張する力

これがサラリとできるようになったら、しめたもの。

3.相手に、率直に質問する力

日本の外には、あうんの呼吸で通じるものは何もないと思ってよい。だからこそ、わからないことを質問する権利があなたにはある。質問は他者への攻撃ではなく、「あなたの話に関心を持っている」というサイン、一種の敬意でもあるのだ。

4.違う意見を持つ人と、建設的な対話をする力

異なる意見を持つ相手の、意見と人格とを混同せず、意見は意見として聴くこと。そうして、自分の意見も勘案し、課題のより良い解法を提案する力。

5.人を個人として見る力

国際社会では、自分の想像を絶するような意見の持ち主、文化的背景の持ち主に大勢出会う。そういう人々と建設的に仕事を進めるためには、相手を個人として捉えるよう心がけることが大事だ。相手に国籍、性別、宗教などのレッテルを貼ると、相手の意見を汲み取り損ねて、自分が損をする。

上記に挙げた「グローバル力」は、練習によってかなりの程度身につけることができる。また、日本国内でも実行できるものが多い。

「グローバル力」を身につけるためには、他流試合を繰り返すことだ。例えば、自主的に社外の人々との勉強会に行くなどである。その際、どんな集まりでも、最低3人の知らない人と話をすることをマイルールにすると良い。

小さな成功を積み重ねて行こう。それはきっと、国際ビジネスに生きる。

**********

新しいことを実行に移すとき、失敗はつきものだ。何かにチャレンジした結果の失敗を喜ぼう。失敗は学びの資源だからだ。そういう楽観性もまた、国際社会を生きる力だ。その力を育てるのは、未体験ゾーンに飛び込む勇気と、それを楽しむ好奇心だ。私はそのようなマインドセットをもつ日本人が増えることを期待している。

 

この原稿は、「PLAZA グローバル経営」、グローバル経営 2016年4月号、PP28-29、に掲載されたものを、編集部のご許可を得てこちらに転載しています。

掲載稿はこちら→ 2016_04_PLAZA

東大卒女性が53歳で失業 寿司屋でバイトし再就職できた理由

今日は、ビジネスに関係のない話題です。

50歳を過ぎて外国で失業ーーどうやって生きなおした?仕事とは?外国で生きるとは、現実にはどういうこと?丁寧に準備をし、インタビューをしてくださったライターさんに感謝致します。小学館NEWSポストセブンです。

東大卒女性が53歳で失業 寿司屋でバイトし再就職できた理由

http://www.news-postseven.com/archives/20151031_360378.html

人生て、どこででも花を咲かせられるんだな。ユングフラウ地方(撮影 2015 年8月)
人生て、どこででも花を咲かせられるんだな。ユングフラウ地方(撮影 2015 年8月)

「ヨーロッパから見たグローバル人材育成」〜スイス在住、ヨーロッパと日本のビジネスをつないで25年の経験からの提言〜、東京、2月25日 19時から

2月25日、東京で座談会を致します。新鮮な発想で、世界で活躍するビジネスパーソンを育成するJIN-G社主宰、「人事の大学」シリーズです。

JIN-G社副社長で、ソニー時代に欧州で6年、中国で4年の国際経験をもつ居山由彦さまとの対談形式で様々な視点から議論を深めます。きっと、活きのいい対談になります。

こちらのリンクからお申し込み下さいませ。
「ヨーロッパから見たグローバル人材育成」〜スイス在住、ヨーロッパと日本のビジネスをつないで25年の経験からの提言〜
日本のビジネスパースンが国際社会で認められ、競争で勝てる存在になるために、どう鍛えるべきか
■日 時 : 2015年2月25日(水) 19:00〜20:30
費 用 : 無料
■定 員:30名
■会 場:人事の大学 提携セミナールーム(青山)
■住 所:東京都渋谷区神宮前5-52-2 オーバルビル 15F
(株式会社学生情報センター ナジックプラザセミナーホール)
■交 通:東京メトロ 銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 B2出口 徒歩3分
■地 図:http://urx.nu/dqa2
■ターゲット:
・海外人事、グローバル人事に携わる方々
・海外赴任を目指すビジネスパースン 等
IMG_1816

真の国際人の武器は言葉以前に好奇心という資質

グローバル・マネジャーという、国際人材養成を手がける会社の発行する、ウェブマガジンがあります。その最新号に、船川淳志さま(グローバル・インパクト代表)と私の対談記事が掲載されました。もしよろしかったら、どうぞ御笑覧くださいませ。
IMG_1594

ディジタルの世界で働く女性を、ソーシャルメディアで輝かせよう! ーー欧州ICT社会読み説き術 (27)

日本でもヨーロッパでも、ディジタル生活がすっかり浸透した割りには、ICTのかかわる場面で、女性の存在感は依然として薄い。大まかな数値だが、ICTをテーマにしたシンポジウムやコンファランスのスピーカのうち、女性は5%、ICT産業全体をみても、そこで働く女性は20%という。

その現状を変えたい、という思いを抱き、実行に移した女性がいる。ジュネーブでディジタルマーケターとして働く、タイサ・シャルリエさんだ。

シャルリエさんは、2014年1月に、「Women in Digital Switzerland」(ウーマン・イン・ディジタル・スイス、WDS)というグループを、リンクトインの中に立ち上げた。このグループは、最初は全く個人のプロジェクトだったので、同じマーケティング仲間の20数人の女性に、メールで知らせただけだった。それが、たった四週間で120人の参加者が集うグループに急成長した。宣伝しなくても、口コミだけでこれだけ集まったのである。

何故ディジタルビジネスで働く女性たちは、Women in Digital Switzerlandに強い関心を持つのか?そこにある思いとは?

今回は、女性という切り口から、ICT社会に迫ってみた。

Women in Digital Switzerlandグループポータル。リンクトインの中にある。左上の写真は創始者、シャルリエさん。
Women in Digital Switzerlandグループポータル。リンクトインの中にある。左上の写真は創始者、シャルリエさん。

女性の意見を社会に

タイサ・シャルリエさんは、明るくダイナミックな広報ウーマン。宮本武蔵の「五輪の書」をフランス語で読んだと言って、筆者を驚かせた。彼女は、ディジタルマーケティングを専門にしている。(註:ディジタルマーケティングとは、SNSなど、ディジタルメディアを使った、商品、サービス、ブランドの販売促進手法の総称。企業アカウントのフェースブックを使ったコミュニティーマネジメント、企業HPのブログの執筆など、態様は多岐に亘る。)

シャルリエさんが、自分の業界で女性の発言力を高めなければいけない、という問題意識を持った直接のきっかけは、高額な保育費用だった。彼女はシングルマザー。子どもを保育園に預けて働きに出ようとしたが、その費用に彼女の給料を殆ど持って行かれることを知った。「これでは、女性は外で働けない!女性の意見を社会にもっと出して行かなければ。」そこで、まず自分の仕事であるディジタルマーケティングの分野で働く女性同士を繋げようと考えた。(註、スイスの社会制度には、女性が常に家にいることを前提にして作られているものが散見される。高額な保育費用はその一例だ。保育は例外という考え方である。)

スイスでもICTを利用するビジネスのうち、ディジタルマーケティングに携わる女性の数は多い。コミュニティーマネジメントなど、在宅で働ける職種のあることはその大きな理由だ。家で働けるなら、育児をしながら仕事を続けられる。そういう女性たちを繋げる個人的な繋がりはあったが、個人の交遊の範囲を超えてより大勢を繋ぐ仕組み、それを可能にする場は無かった。

意見交換を通じ、働く女性が支え合う

スイス社会には、多国籍を認めるなど先進的な面もある反面、保守性も根強い。女性が働くことや、シングルマザーに批判的な意見を持つ人も多い。そういう目に晒されながら働く女性が、互いに支え合う仕組みを提供するWDSは、互いに孤立していた女性のニーズに見事に的中した。

WDSグループサイトには、さまざまな経験や意見、興味深いイベントなどが載せられるようになった。「読まれるブログを書くには?」「3月7日はスイス女性の給与“平等”の日」「女性リーダーが“いばらないリーダーシップ”を育てる方法」などである。

シャルリエさんは、「このように、経験やアイデアをシェアすることから始め、それが参加者同士を刺激し合う(インスパイア)ようになって欲しい。それが育って、女性たちが力づけ合い、自信を持つようになっていって欲しい」と思っている。そうして、「女性たちに自信を持って対外的に発言する力を身につけて欲しい」と。

WDSで使う言語は英語だ。シャルリエさんがフランス語圏のジュネーブで活動しているためもあり、今のところ参加者の多くはフランス語人である。けれども、広くスイス全体で言語の壁を超えて情報交換するために、彼女はあえて英語のサイトとした。英語はスイスの言語ではないが、必修とする学校が多いため、若手マーケターには英語を読み書きする人は多い。こうして彼女は、英語を介して、ドイツ語、イタリア語を母語とするスイスの女性たちにも、共感の輪を拡げようと思っている。

これは恩返し

参加メンバーは、今や250人に迫ろうとしているWSDだが(原稿執筆時点)、グループを大きくすることは、私の目的ではない、とシャルリエさんは言う。「多くの人々のおかげで、私は何人もの素晴らしい人々に出会ってきた。今度はWDSを通じて、女性たちが素晴らしい人々に出会う機会を提供したい。」彼女はまた、「女性の能力を活用することは、企業の社会責任(CSR)でもある。」とも言う。女性が能力を発揮するよう育てることは、社会への貢献でもある、と。

日本でも、ネットを活用して女性たちが連携し、互いを支援しあう仕組みが育っているようだ。例えば、最近筆者は、「営業部女子課」 (http://www.eigyobu-joshika.jp)というサイトを知り、頼もしく思った。ソーシャルメディアは、相談相手が身近にいない人々を繋げ、互いに学ぶ機会を提供できる。折しも安倍首相は、日本経済の成長に女性の能力は不可欠と言っている。ソーシャルメディアを利用したこのようなつながりは、これからも拡がって行くだろう。

掲載稿はこちら→ 欧州ICT社会 読み解き術 第二十七回、NTTユニオン機関誌「あけぼの」2014年6月号

ICTを使う人と作る人をつなぐ「おもてなしの心」 ーー欧州ICT社会読み説き術 (23)  

訪問者としての視点

2020年に、東京でオリンピック、パラリンピックが開催されることになった。 その誘致運動中、チームジャパンは「おもてなしの心」を日本の良さとして選考委員に訴えた。外国に住んでみると、そういう心映えを、多くの人が当たり前のように持つ社会は、多くはないことに気付く。

その日本で年末年始の休暇を過ごしたが、今回も、街に年齢の高い人の多いことが目に付いた。昨年末に総務省統計局の発表したデータによると、日本の人口は昨年1年間に23万人減ったという。主に自然減( 出生と死亡の差がマイナスになること)の結果だ。日本も遂にこの時期が来たのかと、感慨がある。

街に出ると、最新型の多様なディジタル機器が専門店に溢れているところは例年と変わらない。やはり日本はICT大国だと感心する。

「おもてなしの心」、人口の高齢化、街に溢れるディジタル機器――それらは一見無関係に見える。ところが外からの訪問者の目で見ると、実は密接に繋がっていることに、今回気がついた。

 衝撃的な接客体験

私は、年に一度の日本帰省の機会を利用して、日常使うICT製品をまとめて買う。大半は、壊れたMP3プレイヤーの買い換え、ハードディスクのバージョンアップをなど、細々した用事である。

だがそれは、秋葉原の無い国に住む者にとり、貴重な年中行事なのだ。欧州のディジタル生活のメンテである。それというのも、日本ほど、多種多様な、性能の良いICT機器が手に入り、しかも安価な国は欧州にないからだ。

ハードのモノだけではない。ICT機器を売る店の人の親切さと、商品知識の豊かさには、いつも感心させられる。これも、欧州ではまず期待できない。

秋葉原の、ある大手ICT専門店でのことである。かねて用意した商品リストを手に訪れたその店で、私が最初に声をかけたのが彼、Nさんだった。私は、何十種類もあるハードディスクの棚の前で目がくらみ、どれを選べばいいかわからない。そこで、アドバイスをお願いしたのだ。それが、私にとっては衝撃的とも言える、ICT専門店体験 イン ジャパンの始まりだった。

Nさんは、商品知識が豊富なだけでなく、教え方も分かり易かった。その上、欧州の電圧で使えるかを調べるために、新品の商品の箱を開けて確かめてくれた。他にも幾つかの細かいが、私にとっては大切な事を尋ねたが、テキパキ教えてくれる。要するに、彼は教える事に手間暇かけることを厭わないのだ。

それだけではない。私の手に持つ買い物リストに気がついた彼は、同じ階にある商品を探すために、私をその売り場まで案内し、在庫の確認までしてくれた。その階にない商品は、どこにあるかを教えてくれた。おかげで、私は広い店内を右往左往することなく、必要な物を買いそろえることが出来た。

Nさんに限らず、この店の人々は皆、商品知識が豊富で、分かり易くお客に説明してくれる。時には利用者としての自分の経験も交えて、他種類ある商品の中からどれがお客に適切か、アドバイスしてくれる。通り一遍の知識ではないから、参考になる。

別れ際に、Nさんから、これ、良かったら書いてください、と言って葉書を渡された。販売員に対するお客の評価を尋ねるアンケートだった。

それを見て、この店の人々の応対に納得がいった。接客態度だけでなく、商品知識についても、顧客の評価を聞いているのだ。

「気持ちの良い挨拶」「笑顔」を尋ねた後、こういう質問がある-「分かり易い言葉で説明できていましたでしょうか?」

更に質問は続く-「商品知識にご満足頂けましたでしょうか?」

この点こそ、お客にとっては肝要なのだ。ICT機器を買う場合、お客にとっては、店員の気持ちの良い挨拶も大事だが、それ以上に商品知識は大事だ。私なら、この質問を、アンケートの最初に持ってくる。

日本が誇る人材資源

日本人は、「おもてなしの心」を気持ちの底に持っている。それは、相手を大切にする気持ちだ。もともと人の心の土台が親切なところに、この店には、店員がお客目線に注意を払う仕組みがある。これで、お客の便宜が向上しないわけがない。こういう人々が、ICTには必ずしも詳しくない使い手と、ICTに強い作り手とを繋いでいる。

ICT販売店の店員さんの持つ、こういう「おもてなしの心」は、高齢化の進む日本で、日本なりの情報化社会を育てていると思える。高年齢層人口の多い日本では、大多数のICT利用者は、ICT機器をおとなになってから使い始めた人々だ。生まれたときにはパソコンやスマホが無かった世代である。

他方、高年齢者といえども、携帯電話のように、最低限のICT機器は生活必需品となった。その人々に、適切な商品を選ぶ手助けをし、故障や機器の交換の時には、電話番号メモリーを移動するなど、小さいが、使い手にとって重要なことに手を貸す人々は是非とも必要だ。

人口の高齢化は、スマホのように、個人の使う情報機器の高度化と並んで、世界的な傾向である。そういう社会にあって、ICTを使う人と作る人とを、その入り口で繋ぐ場所にいる販売店の人々の役割は大きい。

「おもてなしの心」を持つ、ICT商品知識の豊かな販売員は、21世紀情報化社会で、日本が世界に誇れる人材資源である。今年はその資源をもとに、 ICT商品販売担当者の研修コースを作成し、欧州に紹介できないだろうか?そういう販売思想は欧州にないので、画期的と受け取られると思う。

掲載稿はこちら→ 欧州ICT社会 読み解き術 第二十三回、NTTユニオン機関誌「あけぼの」2014年2月号に掲載、2014_02あけぼの_ICT_第二十三回 おもてなしの心