四輪の携帯電話、モジュルゴ / MODULGO, Mobile phone with four wheels — Geneva Motor Show 2011 (2)

モジュルゴについて、INDUCT社(フランス)、開発チームのマックスさんから詳しいお話を伺いました。

I have talked to Max, who is a member of the MODULGO development team of INDUCT (France).

モジュルゴは、そもそも都市内で、人々がクルマをシェアして利用することを目的に作られました。ロボット機能を持たせた専用駐車場と、その駐車場からの出入りをクルマが無人で行なうことが、モジュルゴのユニークな点です。

The underlying concept of MODULGO is an urban vehicle for shared use. MODULGO is unique in a sense that it is not a car alone but a system coupled with a dedicated parking. Why dedicated parking? Because the parking is a robot!  The parking controls the cars to go out to users and to park automatically when they are returned.

Front
Side with Max

モジュルゴは、小型の電気自動車です。中は三席。二席では不十分だが3席あれば対外の用は足りるという考え、また、三席にしておくと必要に応じて二席、四席への作り変えが容易だからだそうです。

MODLGO is a small electric vehicle with three seats. The development team have thought that two seats were not enough, but that three will do. In addition, it is easy to modify inside of the car to be four-seater to allow more passengers, or two-seater to allow space to carry things.

まず、利用者が専用駐車場に行くと、モジュルゴが、隙間無く並んでいます。普通なら30台入るスペースに、モジュルゴなら100台入るそうです。なるほど、三倍以上の省スペースですね。

The user will see in the dedicated parking MODULGO parked right next to each other. Parking lot for 30 regular cars could take 100 MODULGOs, as they are parked with the minimum space.

利用者は、駐車場の入り口で、持参の携帯電話機や駐車場に備え付けられたパッドを使って、クルマを呼び出します。すると、人が車を取りに行くことなく、クルマが自動的に利用者のところにやって来ます。まるで、SFのようですが、その秘密は駐車場に備え付けられたセンサーとアルゴリズム装置です。つまり、駐車場自体がサーバーを持ち、クルマを制御するロボットなのです。

The user calls a car using his/her own mobile phone or a control pad attached to the parking. The car comes to you alone without a driver. It is SF world! The secret  of the intelligence of the parking is sensor and algorithm. By these, the parking control the cars when they go out and come back.

走行中は、モジュルゴ自体がスマホになります。ホットスポットのWiFiなどを経由して、クルマが直接ネットに接続されるのです。車内でモバイルホンを使う必要はありません。

On the road、MODULGO itself is a smart phone! The car is directly connected to the Internet via WiFi in hot spots over the city. No need to use mobile phones in the car.

充電には、インダクション技術が使われます。非接触、つまりクルマと電源をコードで繋ぐ必要が無いので、充電設備を作ることが容易だからです。クルマがインダクションマットの上に乗ると、家庭用の220ボルト電源でも15秒で充電できるそうです。

Induction technology is used for battery charging. Being free from physical connection, there is no need to connect the car via power cord. The car simply go on the induction mat, and get the battery charged to full in 15 seconds with a regular electricity system (220v).

利用者は、あらかじめモジュルゴ利用を契約することを想定して作られています。街の住人の他、旅行者が日を決めて利用することもできます。

MODULO system is designed for users with subscription. People in a city can use the system and travelers could use it, too, upon subscription for 2 days or one week, etc.

モジュルゴは2012年の実用化を目指しています。INDUCT社は既にフランスの幾つかの地方自治体と導入可能性を検討しているとか。

It is planned to introduce MODULGO in the market place in 2010. INDUCT has already been discussing with some municipalities in France.

また、モジュルゴに先立ち、フランス西部の保養都市として名高いラロシェルでは、GPS, GPRSを使った無人の小型バス、サイバーゴ、が2012年から利用されることになっています。ここでもセンサー技術が活用されています。無人自動車の技術が更に磨かれれば、目の不自由な人が運転できる自動車も夢ではありません、とマックスさんは語ってくれました。

CYBERGO, a un-humanned smalll bus and MODULGO’s elder sister, will be carrying passengers on the pedestrian road in La Rochelle from 2012. The vehicle is equipped with sensor,  GPS or GPRS. Max explained that it was not a dream to develop a car for people with disabilities with eyes, if we shaped up technologies and know-how used on the un-humanned bus.

CYBERGO

モジュルゴが市民生活に活用される社会とは、どんなものでしょうか?ちょっと考えてみました。

What kind of society it could be where MODULGO will be a part of citizens’ daily life?

私が思い描くに、そこではきっと、自動車と通信、情報技術が見事に融合して社会インフラを形成していると思います。現代では、私たちにとって電話と自動車とは違う技術ですし、利用する人はそれぞれの使い方を知らなければなりません。けれども、将来は、一つのシステムを構成する幾多の技術の垣根が無くなるっていくでしょう。そのインフラを支えるいろいろな技術はすっかり融合し、人に気付かれないほどになっているのではないでしょうか。

I’d imagine that in, such a society, we do not recognise that we are hopping from one technology to another, such as from mobile phone to talk, to a driving seat of a car to move around. For us, mobile phones and cars are distinctly different technologies, and we have to know how to use them individually. That said, in the future, these technologies would be integrated and may ultimately merge with each other. In such a society, we may not notice different technologies behind our lives.

携帯電話に観察の軸足を置くと、形態電話の利用者は自動車の内と外とを区別することなく、つまりシームレスな感覚で電話を使えるということです。シームレス、楽しい、エコ ーーこれらがこの先10年のキーワードに並ぶでことでしょう。

Put eyes on mobile hones, users may use telecommunications without recognising if s/he is in the car or not. In other words, users can seamlessly use mobile phones. Seamless, Ecological and Fun — these would be the key words of the forthcoming ten years.

広告

携帯電話とクルマの融合? / Mobile communications merged with automobile? — Geneva Motor Show 2011

昨日から恒例のモーターショウが始まりました。今日のプレスデー、わたしも会場に行ってきました。

I went to the Geneva Motor Show today, a press day, benefitting from a Press Badge I’ve got.

Geneva Motor Show

携帯電話は、自動車産業でどう受け入れられ、発展しているのか?ーそういう目で、今年のモーターショウを見て来ました。

What is the current positioning of the Mobile Communications approached from the automobile community? — This was my theme of the visit this year.

ずっと以前、NTT市場開発室で「見習い」という身分だった頃、わたしは当時開発されたばかりの「自動車電話」の市場調査を担当しました。年月が経ち、2月のMobile World Congress (MWC)では、携帯電話の王国を垣間見たけれど、自動車産業という別の王国では、携帯電話は今どこに位置づけられているんだろう?

A long time ago, when I was a trainee at the Head Office of NTT Market Strategy Department, I was assigned to do a market research of “Car Telephone”, which was the ancestor of today’s  mobile phones. Years after, I looked at the Kingdom of mobile phones at Mobile World Congress (MWC) in February. Switching my eyes to the automobile industry, where are mobile phones located in relation to the evolution of cars?

Audi, BMWでは、Bluetoothを介して、運転者の手持ちのiPhoneと繋がる車内情報システムの搭載されたクルマを提案していました。

I found two constructors, Audi and BMW. They exhibited beautiful cars equipped with the information systems connected with an iPhone of the driver via Bluetooth!

たとえばAudi 8。運転席のスクリーンは、もう普段見慣れたスマートフォンと大差ないほど。そうか、車内でも利用者にとっては違和感なしにスマホを使い続けられるわけですね。その操作はタッチパネルから、手書き文字を入力。先日、MWCで見て来たスマホの便利さが、既に備わっているかのよう。着信した電話の応答は、電話機から自動的に切り替わる、車内据え付けのマイクとスピーカから行います。運転者は、iPhoneを手にする必要はありません。これなら、携帯電話によって運転中の注意が逸れることもだいぶ減るでしょう。

For example, Audi 8. The screen attached to the console is almost the same as a smart phone. This means that a smart phone user continue enjoy the same phone environment in and outside the vehicle. A small touch panel is installed to input command in the phone or navigator. It’s done by hand-writing. No need to select alphabet any more. The whole system is as smart at the smartest phones I saw at MWC. Receiving calls on your iPhone is automatically switched so that you can respond without interrupting driving from a microphone and speakers installed in the car. Looks like disruption is largely reduced.

Console of Audi 8
Audi 8

けれども、イノベーションという観点から見ると、これが一番!

But, the number ONE as an innovation is this one!

MODULGO

四輪の携帯電話?!ジュネーブ モーターショウで発見。携帯電話でコントロールする都市用無人車, MODULGO

Four (4) wheels mobile phone, MODULGO!? An urban electric vehicle that moves by itself.

ここには、発想の転換があります。AudiやBMWは素晴らしかったけれど、既存の携帯電話をクルマに付加するというアイデアですから、電話自体の機能に変化はありません。この小さなブースにあったフランス生まれのMODULGOは、クルマが携帯電話をとM2M (Machine-to-machine) 通信を行って、制御されるのです。

I see an innovation in this small car. While Audi and BMW are well thought through, the essential idea is to attach an existing phone to a car. In contrast, this French-born small MODULGO is an integral part of mobile communications in a sense that the car is controlled by a mobile phone as M2M (Machine-to-machine) communications.

現在の携帯電話は、誕生したときは、まず自動車搭載用電話として市場に出ました。けれども、クルマとは全く違う進化を遂げた現在、携帯電話と自動車が再び一体となるには今少し時間がかかりそうです。その中で、MODULGOは、M2Mコミュニケーションを入り口に、両者の融合するひとつの可能性を示唆していると思いました。

Today’s mobile phones were originally “Car phones”, phones attached to cars. Having walked through different evolution paths, automobiles and mobiles phones would need some time before being merged again. In such an slow progress, MODULGO shows us a possible avenue for the merge via M2M communications.

SMSを活用した被災地コミュニケーション、国際赤十字・赤新月社連盟/ SMS playing critical roles in communications at disaster sites, Insights from IFRC experience

Power of digital communications at disaster sites

BHN テレコム協議会の皆様へ、Dear colleagues of BHN Telecom,

今週、ジュネーブで開かれたLift 11 という大変ユニークなコンファランスに出ましたが、そこで、大変興味深いセッションに参加しました。

At Lift 11, I participated in an exciting session, “Digital Disaster”.

IFRC《 International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies 》(国際赤十字・赤新月社連盟、本部ジュネーブ)のコミュニケーション担当の方が、被災地での人道支援に携帯、ツイッターなどをコミュニケーションの道具として活用したご経験を話されました。

Mobile phones, Twitter adding to a traditional community radio in communication tools at disaster sites.

大変内容豊富なお話で、興味が尽きませんでした。また、良い機会でしたので、発表者のPaul Conneally氏と、セッション参加者にBHNをご紹介しました。

Paul Conneally氏、プレゼン資料 Presentation →

http://www.scribd.com/doc/48097510/Lift11-GVA030211

下記はわたしのミーティングノートからの抜粋です。PC氏は被災地援助には携帯は必須といっています。また、被災者は、寝る場所より、食べ物より、まず情報が欲しい、という教訓は強く印象に残りました。ハイチの人々が現場で開発したTERAというSMSを使った被災地情報は凄いと思いました。

こちらのビデオも是非ご覧ください。どちらも、コミュニケーションの力を物語っています。

You may also wish to see the videos, that tell us how much communication empower people in poor community and disaster sites.

キベラ、スラムから誕生したコミュニティーニュース / Kibera News program grown from a slam in Nairobi

SMSと繋がるハイチのコミュニティーラジオ Haiti Community Radio coupled with sms

ミーティングノート抜粋 / Highlights of the presentation

Digital Disaster, Paul Conneally, IFRC

 Convinced that community engagement is essential for technology to function as it is meant.

 Technology is a tool. We must tell a story to people, especially in humanitarian aid. We must be accountable to the beneficiaries.

 We are dealing with communities, not survivors, victims, etc.

 Mobile phones, platforms, — spreading out in LDCs. = New possibilities

 Lack of information – The first thing needed in a disaster pace

 Mobile comm’n is the first to rebuild. Put power generator in place.

Haiti is a game changer!

➢ Common denominator is a mobile platform → Changed the disaster assistance

Combined with Twitter, skype

TERA – Mobile phone platform entirely based in the reiogn – Haiti. Developed by people who would be using the service.

 SMS based information system.

➢ 6 million in the preparedness campaign.

➢ Cholera 2.1 million SMS on public health sent.

➢ Sexual violence 1 million SMS delivered.

*733 Red Cross

➢ Hundreds of volunteers worked with us. → NGO

➢ SMS commn’n supplemented by all other mainstream media; local radio, newspapers, telephone, etc.

 In TERA system, many things can be done even from GVA.

On Twitter

 We did tweeting from the disaster ground in Haiti, to report the reality. Not the same as news reported by mass media!

Lessons learnt

 Community engagement = Have beneficiaries say!

 From Tweet to main stream media

 Storyful. Curation of social web. There are always people closer to the reality.

 Convergence = Key

わたしは、NGOの役割について質問しました。機器援助の他、テレコムに強いNGOは、是非、地元のテレコム管理官庁と折衝して、コミュニケーションに必要な作業をすべてできるようにするよう計って貰いたいとのお答えでした。

通信の専門家と、コミュニケーションの専門家、協力の余地が大きいと思いました。

There is a large room for cooperation between communications and ICT specialists, in other words Users and Technologies!

市民が引っ張るICTの変化ー2010の総括とこれからの展望

皆様、あけましておめでとうございます。

松の内を過ぎてからのご挨拶になってしまいました。日本からもどって、すぐにジュネーブ大学の社会人コースが始まったのですが、そのため、暮らしを立て直すために、今までかかってしまいました。

さて、新年を迎えるに当たり、私の見て来た2010年を振りかえり、これから始まる2011年を展望してみました。

  • 携帯電話はパームトップコンピュータへ。
  • ICTの大衆化が、新しい利用者ライフスタイルを生み出す。それが、技術と利用方法の開発を引っ張る。
  • ということは、技術と、それを必要とする人々との協働が更に必要になる。
  • CSR(企業の社会責任)は、日常ビジネスの新しい進め方。
  • ICTの国際化は欧州から学ぶところが大きい。
  • ネットで繋がった市民が、皆で知恵を出す仕組みーボランティア・コンピューティングの潜在力に注目。
  • 2011年から始まる未来のキーワード:オープン、面白い、相互乗り入れ
  • 企業は、顧客と共に問題解決方法を模索するビジネスに転換。「ものを売る」から「価値を売る」へ。
  • 楽しいことにはエネルギーがある!

報告書はこちらへ

パケットとブロードバンドが通信とメディアにビジネスモデル変革を迫る

インターネットの生みの親、ヴィント・サーフ (Vint Cerf) が、エコノミスト誌とのインタビューで凄いことを言っていました。ざっと要約するとこういうことです:

  • インターネットの基本技術がパケット通信であることには、今も変わりがない。
  • ブロードバンドネットワークのスピードが急速に上昇し、今では、動画(ビデオ)を送る場合、人が動画を無瑠のに必要な速度よりも高速で送れるようになった。
  • 本、イメージ、ビデオなど、多種の情報をディジタル化し、パケットにして通信することができる。
  • パケットは情報内容を認識しない。ひたすらせっせとブロードバンドの中を走り続けるだけ。
  • ということは、将来、コミュニケーションはファイルトランスファーになるということだ。
ヴィント・サーフ氏

それはつまり、従来の通信、メディア、コンテンツ産業のビジネスモデルが崩れると言うことです。例えば、通信ですと、今まで回線を保留して使っていた時間に応じて料金を払っていたものが、高速ネットワークを使うようになると、回線を使う時間が非常に短くなってしまう。ですから、時間に応じて料金を払う仕組みは変わらざるを得ません。

コンテンツ、つまり、データの量に応じて課金するという方法もありますが、ビジネスとしては、それでは成り立たないでしょうね。ビデオのような情報量のおおきいコンテンツの場合、利用者は、大変高額な通信料金を払ってビデオを見なければならなくなるわけですから。お客は他のメディアに流れて行ってしまいます。

また、メディア、コンテンツ産業にとっても、大きな変革の必要が迫っているということを意味します。本、新聞、テレビなどの読者、視聴者は減少傾向を辿るでしょう。新聞を買わなくても、テレビを見なくても、同じ情報を手に入れるために、ウェブ、スマートフォン、iPadなど、他にもいろいろなメディアがあるのです。

折しも、メディア王として知られる、ルパート・マードックの率いるニューズ・コーポレーション社(英国)が、iPad専用の新聞を近々発行するというニュースが出ました。ザ・デイリー (The Daily)と呼ばれるその新聞は、有料です

The Daily will look like this.

これは偶然ではありません。私には、ニューズ・コーポレーション社の、多様なディジタルメディアの時代に合わせて自らを変えていこうとするチャレンジと思えます。言い換えると、ニュースというコンテンツを持つ産業の、メディア変化の時代に生き残っていくための一つの壮大な実験なのです。

従来のビジネスモデル変革を迫られる、通信、メディア、コンテンツ産業は、この大きな変化に対してどう動いていくのか、また、時代の変化に利を得て、どんな斬新なニッチプレイヤーが続々と登場してくるのでしょうか。

2011年は、通信とメディア産業から目が離せません。

アップルは高齢化社会を睨んだマーケティングでも先行か?

スイス第二の電話会社、サンライズが、ついに(やっと)iPhone4に進出。そのTVコマーシャルは、文字の拡大、写真のズーム インなどお年寄りへの便利さを強調しているので、面白いと思いました。iPohneや、iPadが、ハイテク機器を使い慣れない人にも使いやすいいろいろな機能を持っていることは、身体障がい者のためのデザインを研究している人々などが早くから注目していました。

このテレビコマーシャルで、アップルは高齢化社会マーケティングでも、先行した、といえるかどうか、興味を持ってアップル社を見ています。

高齢化社会を迎える日本

エコノミストという、ロンドンで発行され、世界中で読まれている雑誌があります。今週号では、世界で最初に本格的高齢化社会を迎える日本をテーマに、特集が組まれています。

私も半世紀以上生きた人間、高齢化社会は関心のあるテーマですので、エコノミスト誌が外からどう日本を見ているかという視点から、見出しだけご紹介したいと思います。

(ご注意: ここに載せた翻訳は、筆者個人による意訳です。)


トップ記事
日本現象
世界で最初に、本格的な高齢化社会を迎える日本が、世界中に教えるだろうことは、人口の高齢化が経済成長にブレーキをかけるということだ。

トップ記事の正式な全訳はこちら

特集記事
未体験ゾーンへ
日本は歴史上のどの国よりも高速度で高齢化している。そして、その測り知れないほど大きな経済、社会的結果も含めて。なのになぜ、日本はそのための対策を殆ど講じていないのか?

「変化を作りつつある」
数十年間に及ぶゴタゴタ状態を抜け出し、日本の政治は動き始めた。

「下りエスカレーター」
人口減少のために、成長に再び点火することも、デフレの収束も困難になる。

「インサイダーとアウトサイダー」
かつて神話にまでなった日本の企業文化は、減少した労働力人口を抱え、知的価値を生み出すべき今の経済に不適合である。

「企業の安楽死」
国内産業の生産性を上げるために、日本は古くさい、利益の上がらない会社をつぶさなければならない。

「再び充電するために」
日本には、強い、革新的な能力がある。しかし、それをもっと上手に使う必要がある。

「社会不安」
日本の社会保障法案は手が付けられなくなりつつある。

「友人と隣人と」
日本の近隣諸国では経済発展が著しいというのに、日本とそれら隣国との外交関係は複雑化しつつある。

「出産不足」
なぜ若い日本人たちは、そんなに出産に消極的なのか?

「文化革命を!」
上品な凋落を止めたいなら、日本は思い切った手段を採らなければならない。

********

個人的な感想ですが、読んでいてうなづくことが多いと共に、ちょっとこわくもなりました。

この記事では、日本で言えない、または言いにくいだろうこともスパスパ明快に論じています。女性差別や、外国人の移住に対する厳しい規制を止めて、労働市場縮小に歯止めをかけよ、などは、日本国内で日本人にはなかなか言いにくいのでは?です。外から見る方が日本の現実はクッキリ見えるのでしょうか。

人口の年齢構成の変化という大きな流れは現実のことで、誰にも変えられません。その事実を見据えて、将来設計をしなければならないのは、政策責任者だけでなく、個人にも充分当てはまると、自省しながら思いました。

それははまた、日本の消費者層全体が、高齢化するということでもあります。ICT企業にとっても、45歳以上の人々にとって使いやすい、必要とされる商品、サービスを開拓、充実させる必要が増大するでしょう。何故45歳か?ーーそれは、この年齢層はディジタル後発市民であり、またそろそろ老眼の始まる時期でもあるからです。

注:図表、イラストはエコノミスト誌より引用