ビジネス、サービス、ホスピタリティ — どこに違いが出る?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【いいサービスってなに?というお話です。】

ブラッセルの空港で日本行きの飛行機に乗り換えました。時間に余裕があったし夕食時でおなかも空いていたので、大好きなベルギービールとパニーニ(イタリア風の暖かいサンドウィッチ)を空港のカフェで頂きました。その時のことです。

食事を終えてホッと一息ついたとき、お皿とドリンクのグラスがさっと下げられました。目を上げるとギャルソンさんが、テーブルを片付けていました。

それで思い出しました。

パリにいたころ、街のカフェのギャルソンさんたちは空のお皿を下げることを急ぎませんでした。同じパリでも中華料理店に行くと、お皿が空になったとたんに下げられました。

それで私は学びました。どんなに質素な食事でも、空のお皿の上には食事の楽しみや喜びの余韻が残っていると。

お店の人々にはそれぞれ事情があるんでしょう。けれどもこの経験から、お店の人は食事を楽しみと考えて経営するのか、それとも単にお客に料理を提供するビジネスなのか、その違いが垣間見えるように思いました。

どんな食事でもそこには楽しみがあります。お店で働く人たちがお客にその楽しみを提供することを自分たちの仕事と考えること、それをホスピタリティと呼ぶのだと思います。

IMG_3363

*****************************

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは取材、執筆、講演を致します。–> こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

広告

女性活躍は女性だけの問題にあらず

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【”わかっていたこと”と女性なら言うと思うが、研究者が調べたらやっぱりそうだった】

大規模調査で明確になった女性活躍推進が停滞する理由とは?

Professional woman

”働き続けたい女性の意欲や、平等で残業を見直す雰囲気のある職場で働き続けたいという女性の声をしっかり受け止め、その上で職場全体が変わらなければ、働く女性の思いは宙に浮いてしまう。”

よくぞ言ってくれました、パチパチパチ!

トーマツイノベーション(株)と「おとなの学びを科学する」東京大学大学総合教育研究センター准教授の中原淳氏との共同研究の結果が報告されました。「管理職、リーダー、実務担当者について各男女、計6つの属性に対し行われた。その規模は5,402人」という大がかりな調査だそうです。調査対象には女性管理職者も含まれています。規模といい、差調査対象になった人々の属性の多様さといい、きっと貴重な調査だと私も思います。

「女性の働く」を科学するー女性が長く働くためには何が必要か?:5400名大規模調査の結果を公開させていただきました!

1.女性・男性がどのようにキャリアを発達させていくのか?
2.そこにはジェンダーでどのような差が存在するのか?
3.人事・経営が、どのような支援を行えば効果的な支援が行えるか?

を目的として調査設計し分析すると

見えてきたことはー

”「女性が働く問題は、昨今の「働き方改革」に直結しています。

現在の企業の働き方のいびつさ、窮屈さ、柔軟性のなさが、「組織のなかの弱い存在=女性のキャリア」に、現れ出てくるともいえる。」

女性が働く問題は「女性だけの問題」ではない「みんなの問題」である

ということであり、実は、この問題を深掘りしていくと「女性であるか、男性であるかは、二の次である」ということです。”

再びパチパチパチ!

「女性活躍推進」とは、実は女性だけの問題ではなく、一人ひとりが一人称で考え取り組むテーマだということですね。

中原先生のまとめられたブログはこちらです。調査結果のハイライトも載っています↓

「女性の働く」を科学するー女性が長く働くためには何が必要か?:5400名大規模調査の結果を公開させていただきました!

*****************************

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは取材、執筆、講演を致します。–> こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

英国のEU脱退交渉とかけて、ラーメン愛好会から脱退するラーメン好きの人と解く。その心は?

あなたのダイバーシティを価値に変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【英国のEU脱退交渉とかけて、ラーメン愛好会から脱退するラーメン好きの人と解く】

本当はラーメンが大好きなのに、町内会代表としてラーメン愛好会から脱退する任を背負ってしまった人がいる。

その人はこう言う、

「私たちはラーメン愛好会から脱退します。けれども、麺はこれまで通りくださいね。スープと出汁もです。それからチャーシューとシナチクとなるとも忘れないでくださいね。」

英国さん、スイスは小国だけど大EUを相手にそれをずっとやってきたんですよ。必死に知恵を絞って、こすからいとEU諸国に陰口をたたかれながらもね。さあ、今こそスイスと手を組んでその秘訣を教えて貰いなさい。

昨日、英国ースイス商工会のランチョンで、スイスの英国大使のスピーチを聴いて。

これは欧州大陸で地政学のドロドロと複雑きわまりない文化のダイバーシティのまっただ中に身を置いて、ウン十年間もまれてきた者のたわごとです。発言に責任は取りませんのであしからず。

thumb_img_3432_1024
英国大使、あなたはりっぱに努めを果たされました

*****************************

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは取材、執筆、講演を致します。–> こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

金曜の晩、お家からワールドカフェに参加しませんか?

あなたのダイバーシティを価値に変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【お家からワールドカフェに参加しませんか?】

3月10日 金曜日、20:30-22:00pm

ワールドカフェを知っている人も、知らない人も、
オンラインで話し合ったことのある人もない人も。
皆いらしてください。
テーマはダイバーシティです。

こんなことがわかりますーーー
ーワールドカフェってこうするのか
ーオンラインで今まで知らなかった人と会話するって、こういうことなんだ
ーあ、操作はほとんど何もいらないんだ
ーダイバーシティてこうやって理解していけるんですね

自信がない?大丈夫。ビデオ会議を使ったことのない方には、カフェの開始前に簡単な講習会があります。

こんないい機会、見逃さないでくださいね。

img_1923

 

************************************

ベストプラクシス・カフェ#6

ダイバーシティの心を育てる
〜授業はワールド・カフェ〜

さまざまな意味での多様性を認め、それを受け入れることの大切さが広く認識されるようになりつつあります。
今回のベストスラクティス・カフェでは、NTT出身でジュネーブ在住の栗崎由子さんが、ご自身が体験して来たダイバーシティと、その心を伝えるために行ったワールド・カフェについてストーリーテリングしてくださいます。栗崎さんは、長年ヨーロッパの国際機関やグローバル企業で勤務してダイバーシティの真っ只中に身を置いて来た方です。栗崎さんのお話をうかがつてから、ダイバーシティをテーマにしたワールド・カフェの効果的な進め方について話し合います。

「ベストプラクティス・カフェ」は、ウェッブ会議システムを活用したオンラインでのワールド・カフェです。インターネット回線を介して自宅やオフィスからZoom Video Conferenceにアクセスすることで気軽にご参加いただけます。お申し込みいただいた方に、ウェブ会議室にアクセスするためのURLをご連絡します。


⑴ 日時:2017年3月10日 20:30-22:00pm(日本時間)
⑵ 場所:ウェッブ会議システム"Zoom Video Conference"上のバーチャル
     会議室
⑵ テーマ:ダイバーシティの心を育てる〜授業はワールド・カフェ〜       
⑶  ゲストスピーカー:栗崎由子さん
⑸ ワールド・カフェ ホスト:香取一昭(マインドエコー)
⑹ 参加費:無料
⑺ 参加申し込み方法:次の情報を添えてtwc.evening@gmail.com にメール
           で参加申し込み願います。
     ① お名前、ふりがな
     ② eメールアドレス
     ③ 携帯電話番号(必須)
     ④ ワールド・カフェ参加経験:あり、なし
     ⑤ Zoom video conference 参加経験:あり、なし

参加申し込みをされた方には参加するためのURLをご連絡します。
なお、当日はヘッドセットとラップトップについたビデオカメラをご準備ください。

フェースブックのイベントページはこちらです

*****************************

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスはダイバーシティ研修を企画、実施致します。–> こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

思いつきそうで思いつかなかった簡単にできる粋なこと

あなたのダイバーシティを価値に変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【思いつきそうで思いつかなかった簡単にできる粋なこと】

なんと、参加者名簿が1日速くメールで届いた。明日の英国ースイス商工会のランチョン。

「皆様のネットワーキングがスイスイ進みますように1日早くお届けします」だって。

うーん、さすが英国、実用的なことに優れている。

 

*****************************

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスはヨーロッパで執筆や取材を致します。–> こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

どんな人?この赤い袋を受け取るのは — スイスの男女平等賃金の日に気づいたこと

あなたの外国とのコミュニケーションのズレを直し、価値に変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【どんな人?この赤い袋を受け取るのは】

今年(2017年)の2月24日はスイスの男女平等賃金の日でした (Equal Pay day, EPD)。これはどういう意味かというと、スイスでは男性が21月31日までの1年で稼ぐ賃金と同額の賃金を女性が稼ぐためには、翌年の2月24日まで働かなければならないということです。

ここには、男女同じお給料を払ってください!という主張が込められています。

スイスにそんなに賃金格差があるの?

============================

はい、あるんです。

これでも、今年のスイスの男女平等賃金の日は世界で一番早いのです。フランスは3月31日、アメリカは4月14日、日本はもっとずっと後です。

私もその朝、ジュネーブ国際空港で男女平等賃金の日の象徴、赤いバッグを配布しました。EPDの象徴、真っ赤な色の紙の袋です。EPDを世界中で推進する働く女性のNGO(市民団体)Business & Professional Women (BPW) の仲間たちと手分けして配りました(写真)。

16903569_747940218706301_6747712417023585761_o

2時間たらずの間に全部で500は配ったでしょうか。ということは500人が受け取って下さったということです。

どういうふうに配って、どんな方が受け取って下さったんでしょう?幾つか面白い事に気づいたので書き留めておきましょう。皆様もチラシなどを配るときに参考になるかも知れませんよ。

  • バッグを配るときにその理由を説明すること。私たちは商品のプロモーションではなく、賃金の男女平等を訴えています、と短い言葉でも説明すると、たいていの人は表情を和らげて袋を受け取ります。商品の販促か、うるさいな、と思っていたのが「ああ、女性に役立つことをしてるんだな」という理解に変わる瞬間です。そして多くの女性と男性が共感してくれました。
  • 人の好奇心に気づくこと。そのためには人の流れを見て袋に気づいて貰いやすい位置に立つこと。EPDの袋は深紅、遠くからも目立ちます。半分弱ぐらいの人はこの目立つものに「何かしら?」と好奇心を持ちます。
  • その好奇心を持った人の半分ぐらいが赤い袋を受け取ってくれます。
  • 空港到着ロビーの人々は大きな荷物を抱え、忙しい人が多い場所です。袋を差し出した時「いりません」と言った人の3分の2がこの状態でした。
  • 税関を通って到着ロビーに出てくる人の過半数がフランス語を話す人、3割ぐらいが英語を話す人、残りはドイツ語、アラビア語など色々な言葉です。これは何かを配るために大事な情報だと程なく気づきました。どちらかというと、英語を話す人たちの方が、フランス語を話す人たちよりも袋を受け取る率が高いようです。理由はわかりませんが、面白いですね。
  • 自分の予断で人を怖がってはいけない。通り過ぎる人に袋を差し出すのはちょっとした勇気のいることでした。立て続けに断られると勇気がしぼんできます。人の顔を見て受け取ってくれそうな人に袋を差しだし始めます。けれども、それは考え過ぎなのだと気がつきました。気むずかしそう、と私の目に写った人でも勇気を出して袋を差し出し、その理由を説明すると顔に笑顔と好奇心が広がるのです!ああ、声をかけて良かった!その瞬間、勇気が出ます。

img_3421

*****************************

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスはヨーロッパで執筆や取材を致します。–> こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

英国が今、スイスから知りたいこととは?

あなたの外国とのコミュニケーションのズレを直し、価値に変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください。

*****************************

【英国大使がなぜ今ジュネーブに?】

スイスの英国大使が近々ジュネーブで商工会議所のメンバーと昼食会を催すという。スイスはEU非加盟、英国ももうじきそうなる。「スイスさん、EUなしで景気よくやるコツを教えて下さい」とでも?私が英国ならその点を調べ上げる。

“Global Britain” – Working with Switzerland and Liechtenstein to make the most of new economic opportunities and address the challenges of a fast-changing world.

*****************************

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスはヨーロッパで執筆や取材を致します。–> こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。