欧州はEU諸国だけにあらず — 欧州ICT社会読み解き術 (1)

欧州ICT社会の読み解き術 第一回欧州には、日本やアメリカとは異なる情報通信技術 (Information and Communication Technologies,ICT)サービスの発展形態がみられる。

例えば、欧州では大きなプロジェクトは多国間協力により、つまり国際的事業として進められる。そこに、文化の多様性が横糸としてからまる。主な言語だけでも30近くあるなど、欧州の文化は多様である。

政治的にも、欧州は一つの地域として、またEU(欧州連合、European Union)としてだけ見ることは出来ない。EUは、地域としての経済統合を目指してはいるけれども、国家の集合体でもある。その上、同じ欧州内には、スイス、ノルウェーなどEU非加盟の道を選択している国もある。そこに、国境を越えたモノ・ヒト・カネの往来という現実が加わる。

そこから生じるダイナミクスが、ICTサービスの形成、発展にも影響を与えるのである。

統治形態の違いはあれ、それぞれの国民が共通の言語を持ち、一国として機能している日本やアメリカには、このようなダイナミクスは見られない。

欧州は互いに陸上で国境を接した国家の集団であるから、歴史的にも、多国間協力はごく一般的に随所で行われて来た。鉄道、情報通信など、多様な技術の国際標準化もその必然の結果であった。それらは、政治的必要性ではなく、人と物の国境を越えた移動を円滑に行うための自然な要求なのである。

諸々のICTシステムの開発においても、多国間協力は活発である。ここで、欧州委員会(European Commission, EC)が資金を援助するプロジェクトはすべて、欧州内二カ国以上の共同プロジェクトであることが条件となっていることは興味深い。欧州では、ICTは、欧州全体の経済活動を向上させるために欠かせない手段として認識されているのである。

そのようなICTシステムの代表例として、epSOS(Smart Open Services for European Patients)という汎欧州パイロットプロジェクトを挙げよう。欧州では、国境を越えて医療サービスを提供するための、域内共通インフラ作りが行われている(European eHealth Project)が、epSOSはその一環として、2008年に始まった。予定期間は5年半、2011年9月現在でEU加盟国20カ国、非加盟国3カ国、計23カ国から、病院、薬局など、3,400に余る機関が参加している。

人が欧州内を移動すると、行政がその人々に供給する医療サービスもまた人に伴って移動する必要が生じる。epSOSの目的は、ある人が欧州内どこにいても、その人の病気や怪我の患者の医療記録、処方薬情報や処方箋を、必要な時に、欧州域内どの国からもアクセスできるシステムを作ることにある。つまり、EU加盟国をまたがって使用される電子処方箋(Electronic Prescription)の実用化である。そして、ICTはそれを可能にする技術である。

epSOSの画期的な点は、医療行政機構の異なる国、地域をまたがって、医療サービスを提供しようとするところである。これは、ICT技術だけの問題ではない。欧州でも、医療・薬事行政の仕組み、医薬品に関わる専門用語などは各国まちまちである。その違いを調整しつつ、行政面のソフトと、参加国の患者病歴、電子処方箋、電子投薬管理システム相互のインターオペラビリティーという、技術面のソフトとを統合させようという壮大な計画である。

epSOSの目指すところは、あくまでも「統合」であり、統一、標準化ではないことにも注目したい。例えば、スペインの薬事行政サービスを利用するAさんが、旅行先のドイツで、スペインの処方箋に基づき、ドイツの薬局でクスリを買うとする。ドイツの薬局では、Aさんの処方箋の記録を照会し、スペインの基準に従って、必要な分量の薬を販売するのである。

将来は、epSOSの一環として、欧州健康保険カードの統合、救急医療電話番号とサービス(112番)の地域内一本化なども計画している。

ここで、epSOSの参加国は、EU加盟国に限られず、隣接国にまで拡がっていることにも注目したい。スイスは既にEUの電子カルテプロジェクトに参加していることから、スイス人の専門家が主要メンバーとして議論に参加している。その他、ウクライナ、ロシア、トルコなどのEU隣接諸国も112番の採用などに参加、または参加を予定している。

つまり、「欧州」は、EUという政治の境界線で捉えてはいけないのである。経済統合を目指すEU諸国。そのEUと臨機応変に歩調を合わせる隣国諸国の姿には、EU非加盟ではあれ、EUという一大経済圏のもたらす規模の利益を上手に取り入れながらつきあう大陸諸国の共存する知恵を垣間見る思いがする。

掲載: NTTユニオン機関誌「あけぼの」2011年10月号

掲載原稿はこちらをご覧ください。

広告

価値観が逆の世界を知る‐カナダ留学 — 国際交渉の現場から (4)

気がつけば20年余 – 第4回

価値観が逆の世界を知る‐カナダ留学、トロント大学、1982年9月から1984年6月

カナダ留学は、私の人生で最初の大きな転機でした。この経験が無かったら、今わたしはここにいなかったと思います。

貯金をはたいて、足りない分は両親に借金し、奨学金だけでは不足する分の学費と生活費を作り、安い飛行機の切符を買い、カナダに向かいました。ニューヨーク経由でした。留学試験に落ちて気落ちする私を励まして下さった、元上司のKさんが、NTTニューヨークオフィスに転勤されておられたのです。

ニューヨークの空港には夜遅く着きましたが、 NTT オフィスのMさんが空港に迎えに来て下さっていました。日が暮れてからのニューヨークの空港が、どんなに用心を要する場所かなど、全く知らなかった、無知な私でした。

続きはこちらからどうぞ。

留学目指してひた走る ー 国際交渉の現場から (3)

気がつけば20年余 – 第3回

留学目指してひた走る

就職は、留学に釣られました。

就職活動を始めた1977年秋、大学の外に吹く世の中の風に、初めてビシンと当たりました。大卒女子を採用する会社は無いという現実。雇用機会均等法のできる前のことです。

「電電公社には留学の機会があるよ」と言って誘ってくださったゼミの先輩の言葉に惹かれ、今のNTT,当時の日本電信電話公社を受験。NTTは、大卒女子を企業の戦力として採用する数少ない会社の一つでした。それが、今に至るまでの、情報通信技術、産業とのお付き合いの始まりになるとは、夢にも思いませんでした。そこしか受験するところか無い、今だから言えますが、それが当時の正直な動機でした。ウン十年経った今、それが良かったと心から思えますから、人生は不思議です。

続きはこちらからどうぞ。

外国語のコミュニケーションに興味があった ー 国際交渉の現場から (2)

気がつけば20年余 – 第二回

外国語のコミュニケーションに興味があった

私は、学校の外国語の授業は好きではありませんでしたが(先生方、済みません!)、外国の歴史や文化にとても興味がありました。小さい頃から、いつか外国に住んでみたい、外交官になりたい、と思っていましたが、どうしていいかわかりません。

外交官の方は、大学に入ってすぐにあきらめました。外交官試験問題集をパラパラ見て、これは敵わないと思ったのです。私は、なんであれ試験が苦手でした。

外国語でコミュニケーションすることには大いに関心がありました。とにかく、外国語を勉強しておけば将来何かの役に立つと思ったので、いろいろやってみました。

続きはこちらからどうぞ。

mHealthと「夢の電話」と — MWC 2011 (3)

健康を軸に得意分野を磨く富士通

モバイルヘルス(mHealth)は、 今や市場の一分野に成長しました。エリクソンのような大手から、幾多の小さなシステムハウスまで、会場のあちこちでモバイルヘルスの展示が見られました。(写真 下)

モバイルヘルス展示コーナーに並ぶ、システムハウス

日本企業の中では富士通がヘルス・セントリック・モバイルホンというテーマを掲げ、 携帯電話を、センサーで人から計測したデータの入り口として用い、血圧計などの医療、健康管理関連機器と接続して利用するシステムを展示していました。富士通の“らくらくホン”開発で磨いた技術や経験を基礎に、Continua Health Allianceという、モバイルヘルス関係の国際標準化活動にも参加しているそうです。高齢化社会に必要とされる技術を、国際標準に適合するよう開発することは、素晴らしい歩みだと思いました。それは日本だけでなく、世界の多くの利用者に技術の恩恵をもたらすための土台作りだからです。このようして開発された技術は、途上国の僻地など、医療設備の不足する地域でも応用できるに違いありません。

「夢の電話」を実現するNTTドコモ

NTTドコモ社は今年も、独自開発の技術を展示した唯一の通信キャリアでした。特に、今年展示された技術には、電話に対する夢や遊びを感じさせられ、「今」の時代感覚を感じました。

NTTドコモの触って感じる電話に人だかり。

例えば、触って感じる電話です。5センチ四方ほどのハンドセット画面にかわいいカメレオンの3Dビデオが映っています。そこに専用のペン先を近づけると、カメレオンがピュッと舌を伸ばして、ペン先に触るのです!それはかなり強い力で、本当にカメレオンの舌が自分の指先に当たった、と思いました。(写真)

種明かしは、ハンドセットに取り付けられたカメラ ――これでペンの位置を追う、ペン先の磁石、ハンドセット底部に取り付けられたコイルと、ペンの動きに対応し、コイルに素早く電流を流すスイッチを入れるソフトです。ペン先の磁石と、コイルに発生する磁界のいずれもがN極なので、反発し合うのです。

これは電話の進化を予測させる楽しい技術です。筆者が子供のころ、相手の顔の見えるテレビ電話は夢でした。それが実現した現在、次の夢は「テレビ電話に映るモノや相手に触れられる電話」となるでしょう。例えば、テレビ電話に映るご馳走を食べられるとか。このカメレオンシステムが発展すれば、少なくとも通話相手の差し出すものに触って感じられる電話ができるかもしれません。カメレオンのデモンストレーションに人だかりができていたのもうなづけます。

もう一つの、古典的な電話の夢は「 同時通訳電話 」でした。通話する二人の言葉が違っても、二人の間をつなぐネットワークが同時通訳してくれる電話です。ドコモ社は、クラウドとLTEを使ってそれを実現しました。リアルタイムの会話の速度に通信と複雑な情報処理(言語変換)のスピードがシンクロナイズすること、しかもそれを携帯電話で可能にしたのです。

筆者の住むヨーロッパには主なものだけでも20以上の言語があるうえ、EU(欧州連合)域内の人の移動の自由化が実現しているためもあり、各国間の人の交流は増大する一方です。また、歴史的にヨーロッパ外からの移住者の多い地域でもあります。そういう社会では、同時通訳電話のニーズは多いことでしょう。

また、この技術を応用すれば、身体障害者の通信へのアクセスを助けられるかも知れません。たとえば、携帯電話を使ったテレビ電話で、手話通訳はどうでしょう?

インフラを作る人の急務

通信市場が、「 動く(=モバイル)」、「何でも出来る(=高機能)」、という方向に発展すると同時に、ネットワークを流れるデータトラヒックの急増が予想されています。専門家によると、今のネットワークは光ファイバーを入れるなど大容量化してはいるものの、LTE が普及してもなお、まだ容量が不足と予測されています。しかも、LTEはネットワークインフラなので短期間の普及は望めません。今年は、その課題を解決するシステムの展示が多数見られました。バックホール回線、フェムトセル システムを提案する企業などです。

携帯電話が固定電話の通信量を凌駕する時代、有線ネットワークが携帯電話に繋がる無線ネットワークからあふれたトラヒックの受け皿となったところに、時代の変化を見る思いでした 。

最後になりましたが、MWC参加に際してご支援を頂いた、NTTドコモ社及びBHNテレコム協議会の皆様には心よりお礼を申しあげます。

本稿は通信興業新聞に連載されました。

市場を引っ張る「夢」の力 — MWC 2011 (2)

大企業による華やかなブースと並んで、数多くの小さなブースにも、モバイルを使ったアプリケーションにパッション(情熱)を持つ人々が大勢いました。そこからはゲームのような、遊びのためのアプリケーション開発とはまた違う方向の、モバイル通信の発展可能性を予感させられました。

例えば、グレート・コネクションズ社(Great Connections)。アサとマーティンが仲間と2009年に立ち上げた、アメリカ西海岸の会社です。「すべての人にICTの恩恵を」 が彼らのミッションです。Great Connections社は医療診断用超音波受発信装置とモバイル ハンドセットを使った、遠隔診断システムを開発しました。超音波超音波受発信装置は大型ラップトップぐらいの大きさで、持ち運びができます。

超音波センサーを当てて貰う筆者とアサさん

彼らの超音波遠隔診断システムの強みの一つは、インターネット、クラウドを利用する一方で、SMSもサポートすることです。ブロードバンドなど無い発展途上国や僻地で携帯電話をデータ通信端末として使う場合、SMSは必須です。現在世界の途上国では、農山村など公衆保健サービスの手薄な地域に、乳幼児の健康管理など、最低限の保健サービスを提供する多数のNGOが活動しています。このような超音波遠隔診断システムは、そういう場面でも役立つのではないかと思いました。現にこのシステムはエジプトでも使われているそうです。

ゼフィール(Zephyr)社 (アメリカ)の小さな展示スペースで、フィットネス用自転車を漕いで見せていたデビットの場合はユニークです。彼の本職は、ストックホルムのスポーツクラブの指導員。スポーツ、健康管理とICTにパッションを持つ彼が、スマートホンを使った運動する人のデータ管理システムを知って飛びついたのは、起こるべくして起きた偶然でした。そして研究熱心が高じて、ついに製造元のZephyr社から依頼され、MWC会場で自ら計測器を体に装着しデモンストレーションを行うにいたったのです。

運動する体のデータをスマホに出力するゼフィール社の展示に一役買うデビットさん。彼自身がスポーツトレーナー

ここではスマートホンは、データのアウトプット端末として使われ、心拍数、体温などのデータを色分けされた表とグラフで見事に表示しています。このような装置が無医村地区にあれば、医師や看護師は遠くからでも患者の健康状態をモニターすることが出来ると思いました。

多くの人のひらめきと才能を吸収する仕組みを作ってアプリケーション開発を推進する大企業、その外側で個人の熱意が生みだし、推進している数々のアプリケーション。この両者はビジネスモデルも市場規模も全く異なります。にもかかわらず、そこには大きな共通点がありました ――「自分はこれが好き!」「これが楽しい!」という心の力、パッション(情熱)です。その気持ちは、ブースを訪れた人にも自然と伝わります。ただ気の利いたシステムやソリューションを見せているだけのブースとは、熱気が違います

これからのディジタル社会を引っ張っていくのは、このような心に熱を持つ人たちでしょう。フェイスブックなど、ソシアルネットワーク(SNS)もまたそういう人々から生まれ、多くの人々を引き付けて育ちました。面白いから、楽しいから、自分のしたいことのためにスマートホンを使うのです。

そう考えるとき、モバイルの世の中になった今、個人のプライベートなモバイル通信利用形態がオフィス通信の利用形態を変えていることにも納得がいきます。MWC会場では、シスコなどの大手メーカーが、キャリアと組んでエンタープライズソリューションを展示していました。それをよく見ると、基本は、個人の使う携帯電話を企業内通信としても使うということにあるのです。かつてコンピュータの進化は、オフィスから始まって、個人に広まりました。今、モバイルはその逆の進化を遂げつつあります。

通信がモバイルになった現在、無数の個人の力が市場の成長を引っ張っています。その原動力には、「夢」があるのではないでしょうか。“こんなことが出来たらいいな”、というアイデア、それが夢です。それは手のひらに乗るビデオや、ゲームになって実現してもいいし、遠隔診断システムになって育っても良い。これからは、そういう人々の持つ夢が、SNSなどを介して繋がり、刺激しあいながら、モバイル システムを縦横無尽に使って、新しいものを創り上げていくようになるのと思います。

本稿は通信興業新聞に連載されました。

携帯電話はパームトップPCに — MWC 2011 (1)

去る2月14-16日、バルセロナ(スペイン)で開かれた、モバイル ワールド コングレス Mobile World Congress (MWC)を訪問しました。

混み合う広大な会場。サムスンのギャラクシーに人だかり。

スマートホンとタブレットの発展、ネットワークは追いつきが急務

携帯電話は急速な進化を続け、スマートホンに姿を変えつつあります。それは、携帯電話機が可動パームトップコンピュータ、つまりネットと繋がったモバイル パソコンになり、移動通信サービスを提供する通信事業者はインターネットサービスプロバイダ(ISP)になるということです。今年は、iPadのようなタブレット端末の急成長と相俟って、携帯電話のパームトップコンピュータ化が急速に進んだことが昨年と比べての大きな変化でした。

スマートホンや、タブレット端末の真骨頂はデータ通信です。その能力にふさわしいビデオソフト、モバイルヘルスなど多種多様のアプリケーションと3D(三次元立体)画面などの新機能とが、互いに開発アイデアの提供、技術の供給という関係で刺激し合いながら、全体として、モバイルサービスを豊かにしていました。通信事業者は、LTE(Long Term Evolution, 携帯電話の高速なデータ通信仕様の一つ)の可能にする情報化社会の未来像を描こうとしており、方やモバイル産業のハード、ソフト、サービス企業(グーグル、ヤフーも含む)は通信サービス企業と競争、また連携し合って、モバイル通信の急速な変化を進めているということです。

多種多様なアプリを展示するグーグルの会場

同時に、通信事業者、ハンドセットメーカー、システムハウスによるアプリケーション市場の主導権をめぐる競争が目に見えるようになりました。それは、ネットワークインフラを提供する事業者にとっては、急増するデータ通信を支える大容量ネットワーク造りを迫られることを意味します。その問題を解決するフェムトセルなどを利用したソリューションが至る所で展示されていたこともまた今年の特徴でした。

新アプリケーションを生み出すのは人の情熱

スマートホンやタブレット端末を利用した、アプリケーションが無数に展示される中で、グーグルの広大なブースに展開される、アンドロイドのアプリケーションは質量ともに圧巻でした。

広い展示フロア、数多くのアプリケーション一つ一つにその開発者がつき、来場者に熱心に説明します。その多くは若い人たちで、アンドロイドのイメージキャラクターのついたTシャツというラフな服装。フロアの中央には滑り台、奥には健康ドリンクを作ってくれるジュースバー(写真 下左)!

従来のビジネスショウの常識を超えた発想がここにはありました。自由にタブレットやスマートホンを使って楽しもうよ!-そんなメッセージが会場の空気に満ちていました。

グーグルの展示場はセンスが群を抜いている。写真はヘルシードリンクのバー

また、展示ではありませんが、ブロガー専用タイムを設けたLG社の作戦も良いところを突いています(写真下。LG社、ブロガーオンリー タイムの看板。)初日の午後5時半から6時半まで、LG社のブースには、ビジネススーツでなく、ジーパンにセーターなど、ラフな服装の人々が大勢集まりました。 個々のブロガーの情報発信力はマスメディアより小さくても、ブロガーが無数にいる現在、LG社は彼らを束にしたブログの発信力に期待しているようです。ブロガーには、個人として自由にアイデアを伝える熱意があります。そこにはおのずと大規模なメインストリーム メディアと違った情報伝播力が生まれるのです。

ブロガータイム

本稿は通信興業新聞に連載されました。