なくて七癖の国際会議

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【自分の知識や経験を生かすことは国際会議への貢献です】

国際会議場で様々な国の代表の発言を聴いていると、どうしてもそういう言葉が浮かんできます。

個人の癖と利害、国の利害、人々の背負う文化、それも出身国の文化と職業から来る文化とがないまぜになっています。

その中で面白いなと思ったことは、大国は相手を追い詰めないとことです。また、審議文書の中に紛れ込んだ誰もがわかる自明のスペルミスを取り上げて修正を迫るような発言もしません。本質の議論だけをします。

私は無線技術の標準化の会議に最近何度か議事録を執る仕事で参加する機会がありましたが、これはその時に気付いたことです。

無線技術分野の大国はアメリカです。アメリカは20人ぐらいの代表団を送り込みます。アメリカが技術力も経済力も他の追随を許さない大国ということは誰もが知っています。

アメリカの代表は力尽くで議事を押し切るようなことはしません。けれども存在感を示している。議論にキチンと参加し、アメリカとして言うべきことは言います。

日本も進んだ技術はあるのですが、特定のテーマに対する発言では貢献があっても、議事全体に貢献する発言が少ないので、存在感で損をしているように見受けました。

技術力や経済力はさほどではない国の代表も大勢参加しています。その中でも会議の常連から一目も二目も置かれる人々がいます。そういう人たちは、議事を進める建設的な意見を出したり、会議の中で副次的に形成されるテーマ限定の専門家グループのリーダーを買って出るなどして、会議の進行に貢献しています。

国際会議の中でも自分の知識や経験を生かすことは会議に対して大きな貢献になります。チャンスはきっとあります,あなたがアンテナを向けてさえいれば。

*********************

12月のスイス発オンラインセミナー地球市民塾
プログラムとお申し込みはこちらからどうぞ

情報化社会がちゃんと機能するために、ネットが理屈の上だけでなく本当に国境を越えても繋がるために必要なのは国際ルールです。

ところが私たちにはその仕事を知る機会が滅多にありません。
それは厖大で、技術革新に伴って次々に新しい課題が生まれて、そこに各国の利害の絡む、その上終わりのない仕事です。

えーー?!誰がそんな仕事をしているの?

12月14日、その方から直接にお話しをうかがいませんか?

情報化社会を支える国際交渉”
12月14日 木曜日  日本 20:00 – 21:30 /スイス 12:00 – 13:30
橋本 明さん(NTT ドコモ社)は、35年以上にわたり国際電気通信連合(ITU)の会議に日本代表として参加し、2007年からは8年間にわたり携帯電話技術の標準化委員会の議長を務めてこられました。

標準化とはどんな仕事?
技術専門家にとっての国際会議・国際交渉とはどんなもの?
議長として利害の食い違う国、業界・企業の人々をまとめていくために心がけたことは何か?

技術系のお仕事を目指す方
現在そういう仕事についている方
今まで知らなかった世界のしくみを知ってみたい方
利害の異なる人々をまとめるお仕事に苦労されている方
またそのほかのことに関心のある方、どうぞいらしてください。
プログラムとお申し込みはこちらからどうぞ

IMG_0721
世界電気通信連合(ITU)の旗、ジュネーブ

************************************

広告

よしこさんは英語をどこで勉強されたんですか?

あなたの職場の多様性をグローバル時代にふさわしい価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【必死で伝える努力があなたの英語の力を伸ばすから、大丈夫】

外国で働きたいと思っている人たちから、時々そう聞かれる。でも答えがすらりと出てこない。

えーーと。

よく考えると私はヨーロッパに来て以来約30年間、英語圏に住んだことはない。パリ、ジュネーブとフランス語圏に住み、仕事だけは英語という暮らしをしてきた。

国際機関や多国籍企業で仕事する中で、地球上のあらゆるアクセント、あらゆる言い方の癖に慣れた。

国際機関では外交英語の言い回しにも慣れた。またガンガン書く事が仕事だったため、「やるっきゃない」情況で英語を書くことにも慣れた。

ヨーロッパに来る数年前にカナダのトロントに留学した。そこだけが私の人生で住んだことのある英語圏だった。

けれども、私の入った大学の先生方は大多数が外国人。初めは色々なアクセントの英語に慣れなくて苦労した。けれども、落第するお金が無かったので(奨学金を貰っていたから、落第すると返済しなければならない。)授業について行くために必死に勉強した。おかげで、エジプト、ドイツ、中国の香りの付いた英語に耳が鍛えられた。

私にとって英語はいつも副産物だった。それもとても役立つ副産物。言葉はいつも何かを伝える為の手段だったからだ。

英国の雑誌、エコノミストを10年ほど購読していた。エコノミストの英語は好きだった。簡潔でところどころにユーモアがひそんでいて。

だからね、外国で働きたいあなた、今の仕事を英語で説明してみてはどうかしら?ジャパニーズアクセント、大いに結構。人は皆自分の故郷のアクセントで英語を話すんだから。それより大事なのは、語りたいこと、誰かに伝えたいことを持つ事だと思う。必死で伝える努力があなたの英語の力を伸ばすから、大丈夫。

*************
オンライン講座 飛び立つ人の準備講座 全4回
ここでしか聞けない、外国で働く、暮らす、のリアルを知ろう
プログラム、お申し込みはこちらへ

いよいよ来週から始まります。
第一回 11月27日 月曜日 、日本 20:30 – 21:30
外国の仕事の見つけ方のリアル
第二回 12月4日 月曜日、日本 20:30 – 21:30
異文化の中で、働く、暮らす、のリアル
特別編 12月11日 月曜日、日本 10:30 – 11:30
オンラインママ大学(OMU)と共催
プレミアム企画:我が子のグローバルなキャリアを見据えて
第三回 12月11日 月曜日、 日本 20:30 – 21:30
ピンチの切り抜け方のリアル

プログラム、お申し込みはこちらへ

UN Bazzar-クリスマスマーケット
国連のクリスマスマーケット

************************************

あなたが行動しなければ!

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【私が行動を起こさなければ道半ばでさえないのです】

初めての国でぶつかる最初のハードルってなんだと思いますか?

言葉ではありません。家探しです。

IMG_0732

不動産の広告って日本でも色々な略語が並んでいるでしょう?例えば日本なら部屋の広さをいう何畳という数え方も知らなければなりません。それに似たことがどこの国にもあるわけです。

私は留学したカナダのトロントでまずその経験をしました。

これは大変でした!言葉に慣れない上に不動産独特の言い方をカナダに来て1週間たたない私が知るわけがありません。その頃はもう社会人でしたが、その時は頼りない幼児から人生をやり直すような気がしました。

それでもなんとか、興味ある貸部屋のリストを作りました。クラスメートのジェーンが助けてくれたのです。彼女も社会人の学生でした。

私もここまでできた!訪問してみたい家のリストができた!とヤクヤク喜んで、ジェーンに知らせると、一言。

「リストだけではまだでしょ。あなたがそこに行かなければ住む家は見つからないわよ。」

ガーン!

でも彼女の言うとおりです。リストは紙の上だけのこと。私が行動を起こさなければ道半ばでさえないのです。

それから私はせっせとアポイントを取って、家の訪問を始めました。

ほどなく住みたい家が見つかりました。それはまたそれで、大変なことが待ち構えていたんですが、その話はまた別の機会に。

あなたは外国に興味がありますか?
いつか外国に住みたい思っていますか?
たとえあなたが外国に住まなくても、あなたのお子さんは外国に住むようになるかも知れません。そういう時代になりました。

ここでしか聞けない、外国で働く、暮らすのリアルをお話しします。あなたの質問に直接お答えします。オンラインセミナーだから、それができます。Zoom だから、お互いに顔を見ながらお話しできます。

https://goo.gl/7EsTiA

***  オンライン 飛び立つ人の準備講座   ***

第一回 11月27日 月曜日 、日本 20:30 – 21:30
外国の仕事の見つけ方のリアル
第二回 12月4日 月曜日、日本 20:30 – 21:30
異文化の中で、働く、暮らす、のリアル
特別編 12月11日 月曜日、日本 10:30 – 11:30
オンラインママ大学(OMU)と共催
プレミアム企画:我が子のグローバルなキャリアを見据えて
第三回 12月11日 月曜日、 日本 20:30 – 21:30
ピンチの切り抜け方のリアル

プログラムとお申し込みはこちらへ
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://goo.gl/7EsTiA

************************************

私は英語がうまくありませんが、私の技術をわかるお客さんがいます

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

**************************

【難しい髪質のお客さんは美容師のカットの腕の善し悪しを知っています】

私はカナダ、フランス、スイスに住む間、いつも日本人の美容師さんを探してはヘアカットをお願いしていました。西洋人の美容師さんはどの街にも大勢います。けれども、私のこの硬い髪をカットできる人となると断然日本人なのです。

そのためカナダで貧乏学生だった頃でも、少し値段が高くても日本人の美容師さんのいるお店に行っていました。

カナダではようこさんという日本から移住した若い美容師さんにカットをお願いしていました。

髪を切って貰いながら、ようこさんの話してくれたことを今も良く覚えています。

「西洋人の髪の質はとても柔らかいので、最後にうまくセットするだけでカタチになります。美容師のカットの腕は余り関係ないのです」

「そのため、西洋人のお客さんは言葉の上手なカナダ人の美容師さんについてしまいます。カナダでは、お客さんは美容師と話をするのも楽しみにしているのですから、英語が彼女らのようには話せない私には付いてくれないのです。」

「けれども、硬いなど難しい髪質のお客さんは私を指名してくれます。難しい髪だと、美容師のカットの腕の善し悪しがでてしまうからです」

英語だけでギュウギュウ勉強していたその頃の私、日本語で気楽にお喋りできるカットの時間は大きな楽しみでした。

今、ようこさんはどうしているかな、お店を持ったかな、と時々思い出します。
****************************************
いよいよ今週金曜日です!

スイスから日本と世界を繋いでお送りするオンラインセミナー地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」第4回は落合良さんをゲストスピーカに迎えます。

Made in Japan のオペラを世界へ!ーー 30年続く活動を支えた「思い」とは?

落合さんは会社勤めのお仕事の傍ら、個人のプロジェクトとして、日本の古典や歴史にテーマを取り、日本で作曲されたオペラを世界に紹介して来られました。それも30年間にも亘って!
落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?

外国のオペラ歌手の演じる光源氏のでる舞台ってどんな?どうぞビデオクリップでご覧ください。
10月6日 金曜日
日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
定員20名です。お早めにお申し込み下さい。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/QAgHsS

************************************

IMG_0301

私の英語の限界が、創造の力になった

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

***************************

英語が母国語でない人に分かり易い英語があるはず

TMC Best Evaluator_2017-09

今夜、私はInternational Geneva Toast Masters ClubでBest Evaluatorになりました!

私が英語の母語者でないからこそできたことを、認めてくれる人がいました。

今夜のInternational Geneva TMCの例会で、私はGrammarianを買って出ました。

Grammarianとは、スピーチや、そのエバリュエーション(評価)を注意深く聴き、英文法に関するアドバイスや修正の提案をする人のことです。言ってみれば文法の番人。

Toast Masters Club 例会のGrammarianは、英語が母語ではない人が一番やりたがらない役目です。私もそうでした。日本語母語者の私、欧州で30年間英語漬けで仕事してきたとはいっても、究極のところわかり切っていないことは多々あります。例えばTheとaという冠詞の使い分けは、文脈に即してわかりきれないところがどうしても残ります。英語人のジョークを面白いとは思えないことはしばしば。

英語人でない私に何ができるか?私だからこそできることはどんな事だろう?一週間、頭を捻りました。

そうだ、英語が母国語でない人に分かり易い英語があるはずた!そういう視点から皆のスピーチに耳を傾けよう!文法の番人ではなく、英語母語者でない聞き手のための英語があるはずだ。

国際都市ジュネーブでは英語が仕事やコミュニケーションの言葉になることが良くあります。人々は、そこが英語を話す土地だから英語を話すのではなく、そこにいる人々の全員がわかる言葉だから英語を使うのです。わたしの所属するTMCでも同じ事でした。

例会が終わったとき、つかつかと私の席に来てBest Evaluatorの青いリボンをくれたのはジョンでした。彼は今夜の例会でBest Evaluatorに選ばれました。そして、この写真の青いリボンを受け取りました。

カナダ人のジョンはスピーチのプロです。TMCでも何度も世界レベルでゲストスピーカを務めていますし、コンペではエバリュエーション部門でヨーロッパチャンピオンになったこともあります。

その彼が例会が終わったとき「あなたのエバリュエーションは,ボクが今まで受けたもののうち一番良かった」といって、獲得したばかりの青いリボンを私に持って来たのです。

え?!

このリボンは、彼個人から私に渡された賞でした。

今夜の例会でジョンはある人のスピーチのエバリュエータでした。彼のエバリュエーションは完璧ともいうべき見事なものでした。けれども英語が母国語でない人から見てどうか、という物差しを当てると、たった一カ所ですが英語母語者でない人にはすぐにわかりにくい言葉を使っていました。”Mata-speech” というその言葉は彼のエバリュエーションのキーワードの一つでした。

私はGrammarianとして、その言葉を誰にでもわかる表現にかえるようアドバイスをしました。

「その言葉はあなたらしさが良く出ていてとてもいいのですが、英語のレベルがまちまちの聞き手を前にスピーチをする場合、平易で誰にでもわかる言葉に代えた方が良いと思います。」

ヨーロッパチャンピオンになるぐらいの人は凄いなあ!いつもいつも自分をブラッシュアップさせる機会に気付いている。

そうして、私にも自信になりました。勇気を出しGrammarianの役目を自分で書き換え、私なりのやり方を皆の前で見せて、本当に良かった!

自分の考えはこうだということを身をもって示すこと。そこには新しい共鳴と気づきが生まれることを今日の経験で学びました。

*****************
次回の地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」は、落合良さんをゲストスピーカに迎えます。
落合さんは日本から発信される世界に通じる文化を育てようと、SONYでの本業のお仕事の傍ら30年間に亘り日本語と英語、ドイツ語など他の言語で歌えるオペラを作曲した三木稔さん(故人)を支援して来られました。

落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?
日本の良いものを世界に出すためにどういうことが出来るのか、音楽から考えてみませんか?
Made in Japan のオペラを世界へ!ーー
30年続く活動を支えた「思い」とは?

10月6日 金曜日 日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
詳しいプログラムとお申し込みはこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/QAgHsS

***************************

 

 

このメール、あなたならわかりますか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【このメール、あなたならわかりますか?】

あなたはある日こんな内容のメールを受け取りました。

「○○さん、
XXXという良い提案をありがとうございます。
ただどうも、YYYの方が良いように感じるのですが、どんなもんでしょうね?」

日本人ならこれで会話が続きます。

ところが、こういう言い方に多くのヨーロッパの人々は困り果てるのです。

「この人は、私のXXXという提案に対して、賛成(Yes)なの、反対(No)なの?」

たとえあなたがYYYを提案するにしても、「No, 私はXXXには反対です」と一旦はNOと言い、続けてYYYを提案する方がヨーロッパの人々にははるかに分かり易いのです。

そんな文化の中でもまれて30年、今の私のチャレンジは日本語でメールを書くとき、(日本標準でみると)ものをハッキリ言いすぎて受取る相手に無用なショックを与えないよう、毎回充分気を付けることです。

え?まだ修行が足りないですか?

まことに同時に二つの文化圏の中で生きるとは、二つの帽子を持ち、臨機応変に頭に載せる帽子をスイッチするようなものです。

**********
次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」はいよいよ今週の土曜日です。

ゲストは広瀬晴子さん。
UNESCO, UNIDOという国連機関の要職はすべて自力で取られたポストという、日本人としては数少ないご経歴の持ち主です。

国連の後はモロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

こんな生き方もあるということをじかに知ってみませんか?
未知の世界を知りたい人たちと、オンラインで出会ってみませんか?
きっとあなたの生き方のヒントが見つかります。

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

**************************

IMG_0854

ソーシャルネットだけで日本語を学んだ若いひと

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください。

***************************

【言葉の学習に型は無い】

自力で、独学で日本語を学んだ英国人ハナケさんをご存知ですか?

今週EAJS2017というヨーロッパ中の日本研究者のシンポジウムに参加しました。そこで、ソーシャルネットワークを駆使して日本語を学び今では5万人のフォロワーのいる若い英国人女性のいることを知りました。それがハナケさん。

彼女はYouTubeを始めSNSを駆使し発音や言葉を身につけました。スカイプで日本語の話し相手になってくれる日本人の友人を見つけて会話を練習しました。

彼女の撮ったYoitubeビデオは500万回異以上再生されています!

彼女の取り上げるテーマは、日本語を学ぶ人なら誰でも知りたいことばかり。発音がうまくなるコツ、会話を学ぶコツ、などいたってまともです。

学びに型は無い!

彼女はそれを教えてくれました。

ここもやはり、学びたいという強い気持ちと続けることがカギです。それから、壁の無い心も。

ハナケさんはビデオの中で言っています。

「英語は英語、日本語は日本語。日本語を学ぶときは英語を忘れなさい」

じゃあ、その反対もきっと出来るよね。

英語を話したくて話したくてたまらない人たち、ここに希望がありますよーー!

 

次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」のゲストは広瀬晴子さんです。広瀬さんはUNESCO, UNIDOという国連機関の要職を務めた後、モロッコの大使に。

ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。

なぜ?どんな御縁で?

9月16日土曜日をお楽しみに!
地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込開始しました。
https://goo.gl/QAgHsS

**************************

 

LIS旧市街 モザイクの舗道
リスボン旧市街は舗道のモザイクがどこまでも続く