30年ぶりに戻ったら (68) — クリスマスが嫌いだった話

おどおどせずに外国人と仕事をするためのビジネス英語トレーニングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【クリスマスは淋しい日】

私はクリスマスが嫌いだった。

クリスマスは、外国人の私に自分がひとりぼっちで淋しいことを思い出させる日だからだ。

北米でも、ヨーロッパでも、クリスマスの週は誰もが家族のところに帰省する。クリスマスは、離ればなれになっていた家族が集い、静かに過ごす日なのだ。丁度日本のお正月のように。

カナダに留学していたときには、帰省しない留学生もいた。そういう留学生仲間と集まって、パーティーを開いたものだった。

ところが大人になるとそうはいかない。

ヨーロッパに住み始めた頃は、ヨーロッパの年末年始の様子が物珍しくて日本には帰らなかった。クリスマスには南仏の友人の経営するオベルジュ(宿屋)に行き、外国人の友人たちと過ごした。

時は移り、その友人もオベルジュを畳むと、いよいよ私は行き場が無くなった。一度、暗く寒いジュネーブでクリスマスの週を過ごしたことがある。これには一度で懲りた。手持ちぶさたに街を歩いてみたが、お店も美術館も閉まり、街はしーーん。

こんな休暇は二度と過ごすまい!と決心したのは、冬中暗い雲の垂れ込めるジュネーブの気候のせいでもあるだろう。

ところがだ。ヨーロッパは年明けは元旦だけは祝日だが(私の知るフランスとスイスのこと)、2日からは通常営業。

これには参った。

なぜか私の体が付いていかない。どーーしても仕事モードになれない。😲 同僚たちはへいちゃらで仕事を再開しているのに。つくづく自分の体には、日本のお正月の三が日の習慣が染みついていると思った。

そして今、30年ぶりに日本の「クリスマス」。家族が揃う日ではなく、若い人たちはデートに、子供たちはサンタさんから貰うプレゼントに目をキラキラ。クリスマスの日に街が静まるどころか、賑わうのだ!😲

なにか、こういう現象は本末転倒のクリスマスという気がしないでもないが、まあいいか。クリスマスを文化のフィルターを通して翻訳すると日本ではこうなるんだろう。

私には,クリスマスは無く、お正月準備を進める人形町の商店街のたたずまいがあっぱれと目に映る(写真)。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

人形町年の瀬
人形町の年の瀬にクリスマスはない

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:「クリスマス」と言って頭に浮かぶものは国によって大きく違う。今日はあなたの思いがけない固定観念に気付く日に!

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないものばかりです。
無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

広告

30年ぶりに戻ったら (53) — あっと驚く”I don’t know”の使い方

目からウロコの理解と気づきが得られるビジネス英語のコーチングで
あなたに英会話の自信がつきます。
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【じ、自分の言ったことでしょ!?】

あっと驚く”I don’t know”の使い方

先日、日本人は笑いをコミュニケーションの代わりに使うと書いた。あったあった、今日のミーティングでも。

先日何かの話の弾みで、私が「ボランティア活動(無償の社会奉仕)をやり過ぎたらフリーランスはお金を稼げません」と言ったとき、「あはは」と笑いで相槌を打った人がいた。きっと彼はサラリーマンだったのだろう。だからなぜフリーランスは無償の仕事をやり過ぎてはいけないのか、全く想像もつなかったんだろうと思う。笑われた方としては、”どうせ私の死活問題に興味が無いんでしょ”と内心少々ひがんだが。

誰にも答えに困る問いはある。相づちの打ちようがないことは外国の人にもある。

そういうとき、外国語ではどう反応するか?

私の経験では、ここで”I don’t know”が登場する。フランス語でも同様。

「さあ、、」とか、曖昧な笑いという便利なもののない、白黒ハッキリ付けなければならない文化圏では「知らんよ」と言うのだ。言っておくが、この言葉に他意はない。自分か知らないから「知らない」と言うだけなのだ。

これに気付くのに余り時間はかからなかった。

私「Janeは遅いわね。寝坊したのかしら?」
友人「I don’t know」
という具合。

でもこれには驚いた!
私「あなた、今言ったことはどういう意味?」
友人「I don’t know」

じ、自分の言ったことでしょ!?😨

I don’t knowとサラリと言って平然としていられる人たちを羨ましいと思う。ここまで自分中心に生きられるのだ!

こういう文化圏では、自分の言葉に責任を取ってハラキリなどするわけがないと思う。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:何かを尋ねられたらなにがなんでも白か黒か即答しなかればならない、という思い込みが私にはまだあった。しかし、ヨーロッパ生活でそういうときは「I don’t know」を使えばいいことを覚えてから,気持ちが少し軽くなった。
日本語でもいいから、今日は「I don’t know」を使ってみよう!

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないものばかりです。
無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (43) — フリップチャートて何ですか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【こんな意外があった!】

「フリップチャートて何ですか?」

全く予期しない質問だった。昨年暮れ、日本でワークショップの準備をしていた時のことだった。

フリップチャートは私の勤務したどこの会社にもあったし、セミナー講師の必需品でもある。でもそう思っていたのはどうも私だけらしい、日本では。だから写真を載せておく↓これのことです。

flip-chart-board-250x250

日本の文房具は素晴らしい。作りがしっかりしていて性能がよくて、色やデザインが豊富で、その上驚くほど値段が安い。もう信じられないほどに!😲

パリに住み始めた頃、オフィスに常備してある定規は木製だったので驚いたものだ。ボールペンも一種類だけで野暮ったかった。

丁度無印良品がパリに店を出した頃だったが、そこに並ぶ簡素なデザインの気の利いた文具が高級品に見えた。いや、高級品だったのだ、ヨーロッパでは。文具も重厚長大のヨーロッパ、小さくて軽くて気が利いているなどどいう製品コンセプトは、文具には無かったに違いない。
消せるボールペンなんて、ヨーロッパでは夢のまた夢だ。

文房具天国の日本万歳!

そういう経験があるので、フリップチャートが日本では広く使われていないなんて、考えもしなかった。

いやこれも、私の思い込みだったか。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>c>>

学びのポイント:意外なところに思い込みが隠れている。あなたの「まさか!」は何ですか?

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

30年ぶりに戻ったら (42) — 雪崩の下でスマホは使えますか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【事実を知っている人の言葉は強い】

先日、レガというスイスのユニークな航空救助隊の提供するスマホのアプリについて取材していたときのこと。

このアプリを持っていると、山中で怪我をしたときなど人のいない場所で遭難したとき、自分の居場所をGPSを使って正確に知らせられる。それが一刻を争う災難救助には不可欠だ。

お話しを伺いながら、スイスなら雪崩に巻き込まれた人もこのアプリを発動させられますね、と私は言った。軽く相づちを打つつもりだった。けれどもレガの広報官、Sさんの言葉にハッとした。

「雪崩の下では雪に押しつぶされてスマホなんか使えませんよ」

あ、この方にとっては雪崩は絵空事じゃない、現実なんだ!

事実を知っている人の言葉は強い。

その時、唐突に思い出した。東京の通勤ラッシュの話は、ヨーロッパで出会った誰に話してもわかって貰えない。車両に人が詰め込まれ、両足を床に付けられないことさえある、と言ってもわからない。私はこんなに具体的に話しているのに!😨

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>c>>

学びのポイント:その人の知っている事実たら、あなたは新しい体験を発見できる。今日は人の話の中から、何かを追体験する日にしよう。

IMG_0169

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (34) — 電話番号をどう書く?

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【紛らわしい、どっちが?】

日本で色々な機会に名刺を頂くようになった。その度に、「ああ、仲間のいるところに戻ったなあ」と思うことがある。名刺にある電話番号の書き方が嬉しいのだ。

012-345-6789

これこれ、これよねー!

ヨーロッパではどう書くかというと

012 345 67 89

ヨーロッパ式の標記はメリハリが無い。一目でパッとわかるのは日本式の方だ。どれが市外局番でどれが市内で、どれが個人番号か、視覚で直ぐにわかるではないか。

ところがヨーロッパの人の感じ方は違うらしい。一度日本式で電話番号を書いたことがある。そうしたら「そのハイフンはどういう意味だ?」と聞かれた。日本式標記の数字は電話番号に見えないらしい。

不思議だなあ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:単純でどこにでもあるものほど、慣れが染みついていると変えられないもの。あなたのまわりなら、何がそれに当たるだろうか?今日は自分の思い込みを一つ探し当ててみよう。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。どのテーマも他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

30年ぶりに戻ったら (35) — それでもムッとするスイス

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【まちがっているのはあなたです】

スイスを引き払って2ヶ月。そろそろテレビ受信料や健康保険などの契約解除の後始末が、終わりに近づいた。払いすぎたお金の返金がパラパラと銀行口座に入ってくる。大抵の契約サービスは、国外に移るというと払ったお金を計算してとりすぎた分を返してくれるのだ。
律儀なスイス、ありがたいなあ。

ところがスイス国鉄(SBB)は違った。

私は年払いの「半額カード」サービスを契約していたが(写真)、黙っていると自動的に更新するようになっている。契約更改は7月なのでSBBのウェブサイトにログインし、契約解除手続きをしようとした。

国外転居につき契約解除します、と理由を書き込み、税務署から発行された国外転居許可証を添付しようとするとエラーメッセージが返って来るではないか!

「あなたの添付した書類は形式が違っている。JPGかPDFに直すべし」

ムカッ!私の添付した書類はJPGだよっ!ーー思わずスクリーンに向かって毒づく。

そうだった、スイスにいたとき、時々こういう言葉のセンスにぶつかって腹を立てたものだった。一方的というか、むきつけなのだ。

今いる日本ならそんなことはないだろう。同じことを言うにもいきなり「あんたが悪い」とは言わないに決まっている。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:日本の人の顧客に対する言葉遣いはとても丁寧だ。更にそこにへりくだった気持ちが籠もっている。そいうことは日本の外では*まったく*期待できない。ついいつもの気分でいると、「え!」と思うことがある。そういうときは、文化ボケは自分だと思って諦めよう。

IMG_0019

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (32) –暑いからストッキングをはく日本の夏、この矛盾

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【猛暑の日々、その矛盾について】

パリで初めての夏、女の人たちがストッキングをはかないことに気が付いた。素足に直接靴を履く。その美しさに惹かれて私もマネをした。

以来30年間、夏にストッキングを穿いたことがない。

日本に戻ってこのところの猛暑。朝からミンミンゼミの声と共に、湿度の高い空気がウワーと押し寄せる。

ストッキングを穿くなど考えもしないで、素足で外出した私。その間違いに気づくのに時間はかからなかった。電車でも建物でもうっかり通風口の下に立とうものなら足が冷えること!日本では乗り物もオフィスもギンギンに冷房が効いているのだ。

そりゃーそうでしょう、この暑さだ。

しかし風邪をひいてはたまらない!😲

手近のコンビニに飛び込んでストッキングを買い、体温を防衛した。真夏にストッキングが必要というこの矛盾。

空気のカラッとしたヨーロッパの街では冷房はまずいらない。昼間は暑くても日陰は涼しい。朝夕の気温は20度そこそこだ。だから素足でいける。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:暑さ寒さを凌ぐには、そこに住んでいる人々のすることをまねるのが、ほとんどの場合、一番良い。

IMG_0050

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ