ダイバーシティから学ぶ方法とは?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

 【会話を通し、心を開いて学び合うダイナミズムに尽きます】

互いが対等な立場に立って、会話を通して学び合う場、そこに新しいアイデアと気づきが生まれます。

イノベーションもこういう環境で生まれて来るのです。

***************************

6月のある日曜日、私はベルンで研修会の講師を務めました。

テーマは、「ケース学習」という学びの方法の紹介、受講生はスイス日本語教師の会の会員の方たちです。普段先生でいらっしゃる方たちがその日は生徒になり、私が先生の役割になったわけです。(我ながら大変なことになったと、、。汗)

ケース学習とは、実際のケースに基づいて書かれたストーリーを全員で読み、登場人物の気持ち、問題の本質を一つ一つ考え、解決方法をグループで話し合うというプロセスを通じて、文化の異なる人と仕事を進めるスキルを身につけていく学習の方法です。

このようにケース学習は問題解決のプロセスに大きな意味があるので、ケース学習の本を読んでもそのやり方や意義が身につかない、ハラ落ちするまでにはわからないことは簡単に想像できますよね。テニスの本を読むだけで、ラケットを手にしてボールを打たなければテニスの腕は上がらないのと一緒です。

そこで私は受講する皆さん全員にケース学習を実際に体験して貰いました。

ケースを元にしたディスカッションにもロールプレイにも、皆さんは熱心に取り組んでくださいました。会場いっぱいに、それぞれの登場人物になりきって気持ちを考える受講生の皆さんの生き生きと話し合う声が響いて、活気に満ちていました。

研修の終わりには、それぞれの方が多くの学びと気づきを得てくださったようです。最後のワークの後でホワイトボードに貼って頂いたポストイットにその思いが溢れ出るようでした。

こういうワークはひと思いに飛び込んで、脳みそに汗かきながらも楽しみながら取り組むのが、多くを学ぶコツです。

心を思い切って開くのです。

そこにドッとアイデアの元となる心と頭の栄養が流れ込んできます。その瞬間、思いもつかなかった閃きが生まれるのです。

そのダイナミズム!

これが会話のチカラ、場のチカラです。

こういう場では、お互いが先生です。つまり、参加者皆が教え会い、学び合うのです。同じケースを読んでいるのに感じ方、考え方の十人十色だということに気づき、驚く。その会話の中で、自分の脳が触発され、新しいことに気付いて行くプロセスそのものが学びになっているのです。

人は自分が考え抜いて得たことは決して忘れません。それどころか、会話を通じて考えを深める練習をしているようなものですから、次に別の問題にぶつかったときに考える用意が頭の中にできています。

一心に学ぶ気持ちに場所や年齢に関係がないという姿を目の前にした1日でもありました。

気持ちの良い夏の日曜日となりました。

IMG_0106
ベルンに行く列車の車窓に夏のスイスが広がります。

***************************

一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができるようになる研修プログラムを御提供しています 詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

働く女性の悩みに効く言葉のおクスリ

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【心の底から出る言葉】

ぴーちゃん、お疲れ様。昨晩終わったGlobal Summit of Women 2017 (GSW) 東京会合ではスタッフとして忙しく働いていたようね。私とも最終日、三日目になってようやく会えたぐらい。それ以前は、ついたての後ろでいつもこの62カ国から1300人を集めたイベントを廻すために働いていたのね。じゃあぴーちゃんはほとんどセッションには来られなかったでしょう?

こういう大きなシンポジウムになると、人の感じ方も色々。ここに私は私なりにグッと来た言葉を書き留めておきますね。すこしでもぴーちゃんの参考になりますように。

***************************

私の一番心に残った三つの言葉です。

女性のあなたがリーダーシップを発揮するために肝要な心構えについて;

“The sooner you stop believing that people know more than you do, the sooner the doors will open for you.” (Karen Greenbaum, CEO, AES, the US)

「誰かがあなたよりもそれを知っていると思うのは一刻も早く止めなさい。そうしたら、可能性のトビラが一刻も早く開きます。」

「パリのオートクチュールの世界で、私は目立とうとした。そのためには日本にしかないものを徹底的に生かそうと考えました。」(コシノヒロコ、ファッションデザイナー、アーチスト、日本)

“A new business model must be inclusive, caring and has measures to go beyond profit.” (Doris Magsaysay-Ho, CEO, Magsaysay Maritime Dorp. The Philippines)

「これからのビジネスモデルは、どんな人をも取り入れて、人の気持ちをおもんばかり、利益追求の上を行く方法でなければなりません。」

どれも自分を励ます言葉が必要なとき、効きそうです。

ひとつひとつ自分の立場に置き換えて考えようと思いました。

女子寮の仲間たち_May 2017

***************************

一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができるようになる研修プログラムを御提供しています 詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

英語上達へのたった一つの道

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【仕事で英語を使うことになってしまって、いよいよ困っている友へ】

ぴーちゃん、そうか、それは困るだろうね。

じゃあ、フランス語圏に住んで英語で20ウン年間仕事してきた私の体験をシェアするね。

まだ東京で働いていた頃、留学したかったので仕事の後、評判の良い英会話学校に毎日1年通った。

カナダに留学した頃、貧乏学生だったので→「コースを落として落第すると奨学金を返済しなければならない。そのお金がない」→必死で勉強した。90分の授業に予習5時間(特に初めの頃は英語の文献を1ページ読むのに15分かかった)、復習3時間(授業をテープに録音し、全部聴き直した)、とかね。

パリで仕事を始めた頃→オックスフォードやら何やらを卒業した人々が同僚に大勢いた。英語の表現がうまくて私は舌を巻いてばかり。私は国際機関にふさわしい英語で話したり書いたりできない。→コレと思った人の発言をノートしてまねした、各国から貰うレターにあるこれは!という表現をノートして、”英語の言い方集”を作った。

今のチャレンジは、パブリックスピーチ、つまり人前で話す腕を上げたいと思っている。というのはスイスで研修講師などを英語でやるので。→地元のトーストマスターズクラブに入会して、積極的に色々な役割を引き受ける。おかげで英語のスピーチについて毎回学んでいる。

長い話をつづめて言うと、私の場合は動機に尽きる

最後に,何より大事なのは伝えたい何かを自分が持つことと、相手に興味を持つこと。この両方が大事だと思うよ。

ぴーちゃんならこの二つの大事なことを持っているから、あとはやってみることじゃないかしら。

IMG_3472
*****************************

英語母語者でなくても文法チェッカーが務まる! どうやって?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【私がこの場に貢献できることはなに?】

「次はわたしも文法チェッカーを務めるわ!」ーー二人の仲間がそう言ってくれました。二人とも私とおなじ、英語が母語ではない人たちでした。今夜のトーストマスターズ・クラブの会合の後です。

今日のトーストマスターズ・クラブでは、私は文法チェック係を務めました。遂にやりました。というのは、この役目だけは英語母語者でない私には務まらないと堅く思っていたんです。私は、クラブに入会してから今まで3年間、この役目から逃げ続けていました。

今夜は自分の殻を割る決心をしました。自分へのチャレンジです。

決めたはいいが、ではその先どうしていいのか?

そこでこう決めました。

「私の得意なことは英文法じゃない。私の文法チェッカーとしてできる貢献は、ここに来ているクラブの会員たちになにか一つでも学んで貰うことだ。」
私は文法チェッカーの役割を自分で決め直したのです。
私は、聴き手にとって分かり易い表現や、スピーチにグッとのめり込ませるようなチカラのある表現を取り上げることにしました。

結果は思いの外良かったので驚きました!

あなたは英語の非母語者なのにこんなにできるなんて、と私の役割を評価したクリスティナは私への講評に書いてくれました。彼女はケニアの人、やはり英語は彼女の母語ではありません。

なぜ私は高く評価されたんでしょう?

思うに必死で聴いたからです。「あなたは目の前にいるスピーカの顔も見ないで聞いていたわよ」と後でクリスティナは言ってくれました。

私は聴くことに集中していたので、言葉遣いのあれこれに気づいたんでしょうね。
それからまた、私はスピーカの言葉遣いの良い点を拾い出して講評しました。実際には文法の間違いにもいくつか気づきました。でもそのことは言わないで、良い言葉遣い、効果的な表現を一人ひとりについて挙げました。スピーカにとって、英語が母語ではない私に文法のミスを指摘されても納得できないかもしれません。彼らには他の機会に英語母語者から講評して貰える機会はまたあります。

この場に対して私は何ができるか、何かできることはないか?
そう問い直したときからまた前に進み出せたように思います。

チャレンジして、良かった!
IMG_3461

口にした望みが叶うわけ

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【自分の望みは口にしよう。それは叶う】

私の背中を押したのはMクンの一言でした。
そして私は大変なチャレンジを引き受けることにしてしまいました!

*****************************

実はとてもささやかなことです。
でもわたしにとっては「えいっ!」という覚悟が必要でした。この私が来週のトーストマスターズクラブの例会で、Grammarian(英文法評価)を担当するんです。英語母語者の多いこのクラブで、Grammarianは私がずっと避け続けてきた役割でした。教科書はともかく、実際に英語を話すときには細かい点の精細さが私にはどうしても欠けます。だから、他の人のスピーチを聴いてその文法の評価するなんてとてもできないーーと。

この決心はその心の壁を破る決心です。

そんな覚悟をさせたのは、Mクンの一言でした。彼と他の用件で話していたのに、最後に関係ないひとことが出てきたのです。「ところで、来週の例会、GrammarianとGeneral evaluator (例会全体の評価者)の役がまだ空いてるよ」

私は例会に行くなら、何かの役を買って出ることにしています。ところが今度はスピーチを準備する時間もなく、どうしようかと思っていたところにこの一言。

はじめ、Grammarianはムリムリ、General evaluatorを引き受けようと思ったんです。
でも、General evaluatorは先月一回やったばかり。それもどうかな、うーーん。

今までGrammarianが決まってないのも何かの縁かも知れない。
では、私に何ができるだろう?
そうだ、文法の精密な評価はできないかもしれないけれど、私なりの視点からアドバイスができる。それだって、スピーカの役に立てるじゃないか。
じゃあ、その私なりの視点とは何?
例会まであと4日ある。その間に考えよう
ーーーと心が動いたわけです。

自分の望むことは何でも良いから言ってみることですね。
それは叶います。発せられた言葉は誰かの耳に入り、その人の心に届くから。
Mくんの言葉が私の心に響いたように。

IMG_3464

国際会議一年生の教科書(1)国際会議に慣れる三段階

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【国際会議に慣れる道筋?はい、あります】

ぴーちゃん、あれから英語の勉強は進んでる?

勉強を続けてジュネーブの国際会議にも来てね。

今日は私がどうやって国際会議に慣れていったか、お話ししましょう。まず、物事には何でも段階を踏んで慣れていくというお話しから。

***************************

私の最初の国際会議は1985年に遡ります。NTTに勤務していた頃、日本代表団の一人として世界電気通信連合 電気通信標準化部門 (ITU-T) 第二研究部会 (SGII) という、通信技術やサービスの標準化を検討し勧告を作成する会議に出席しました。

それから幾星霜。あの頃は自分が将来ジュネーブに住むことになるなんて思っても見ませんでした。

 

ITU-RAG_2017
ITU会議場にて。日本代表団のKさん(右)と筆者(左)、2017年

国際会議に慣れる三段階

私がITUの会議出席のため年に二回東京からジュネーブに行くようになった頃のことです。

ある通信業界の新聞のコラムで、「国際会議参加者には発展三段階がある」という説を読んで、大変納得したことがあります。

第一段階は、必死で議論についていくだけで精一杯の時期

第二段階になると、自分の意見を言えるようになる。

更に会議に慣れると、自分の意見だけでなく、会議の進行全体に貢献するような発言ができるようになる。これが第三段階。

自分の経験に照らしても、これは言い得て妙だと思います。

1985年3月、初めてITUの会議場に着いた日、今まさに始まろうとしている未知の経験への期待と興味で私は胸がいっぱいでした。国際会議場ロビーに整然と並ぶ何百もの郵便箱(ピジョンホール、“鳩の巣”と呼ぶのだと、会議の先輩から教えられました。会議で使われる膨大な量の文書を参加者に配布するために個人に割り当てられます。)に感心し、会議場の広さに圧倒されました。

会議が始まると、私は会議特有の用語には不慣れ、周りの参加者の誰も知らず、ひたすら必死でノートをとるだけで精一杯でした。その頃の私の目には、自分しか見えていませんでした。

出席回数を重ね、徐々に会議に慣れてくると、自分の担当している課題に関しては、議論の内容や流れが段々わかるようになります。そうすると、「ここでは○○を言わなくちゃ」という機会も出てきて、私も少しづつ発言するようになりました。

また、自分の発言できる会議の規模も変化してきました。初めは、テーマを良く理解でき、その上少人数の課題別専門家会合(ワーキンググループ)で、しばらくしてから、三桁の人数が集まる全体会合で、というように。

たとえ一回の短い発言でも、十分に内容を考え、手元に英語のメモを作り、と、しっかり準備をしてから手を挙げる習慣ができてきたのもその頃です。後に慣れてくると、準備がだんだん簡単になり、臨機応変に近づいていきました。

幸い英語で話すことには抵抗がなかったためもあり、第二段階の入り口には、3回目ぐらいの会議で行き着いたと思います。それでも発言が終わった途端、自分の言ったことは皆に通じただろうか、言いたいことをすべて整然と言えただろうか、などと不安でした。

第三段階まで行くには、少し飛躍する必要がありました。会議の進行に貢献する、議事が円滑に進むような提案ができるためには、一段高い目線を持って会議全体を見渡していなければならないし、また、その会議の持つ空気にも充分慣れている必要があるからです。

これは、単に会議場の空気に慣れるだけではできることではありません。議論の内容の理解はもちろん重要ですが、それだけでなく、会議の常連参加者と馴染みができ、ある程度の信頼関係ができていること、また、会議のプロトコルというか、会議に特有の手順もある程度分かっていないと、なかなかこういう発言をする度胸はできないものです。

私も含め日本人は、学校時代から社会人になるまで議論によるコミュニケーションの練習を充分に積んできているとは言えません。欧米の人々を見ていると一層強くそう思えます。そのため、会議に充分に慣れていないと、会議全体を見渡した上での発言はなかなかしにくいのではないでしょうか。本当はそこまで大きく考えず、会議が滞りなく進んで行くような発言をすればいいのですが。いざとなるとなかなかできないものです。

けれども、その心の壁を乗り越えてこの段階まで来ると、自分が国際会議を進めるために出席する他の人々と一緒に仕事をしているという実感が湧いてきて、楽しくなります。

国際会議もまた、「習うより慣れよ」ではないかと思います。いろいろな場所で経験を積むにつれ、発言にも多様なニュアンスを使い分けられるようになっていきます。これはもう、「慣れ」の功績です。そのためにも、同じ会議に参加する他の人々と、休憩時間などを利用して、他愛ない話であれ何であれ、話しをして、互いに知り合っておくことは、自分の心の緊張を和らげるために、大変役に立ちました。そのことについては、また後日、稿を改めて書くことにしましょう。

掲載: ITU ジャーナル Vol. 43, No. 4, 2013年4月

***************************

文化の違いを価値に変えて仕事ができるようになる研修プログラムを御提供しています 詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。