外国に行かなくても、今英語を話せなくても、国際人になる練習はできる。どうやって?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【外国で仕事をしたい若い友人へ】

ひろしくん、将来は外国で仕事をしたいんだってね。それは素晴らしい夢!きっと実現するよ。

あなたには若さと未来という大きなチャンスがある。今は焦らないで、じっくり力を蓄えて。
今生きている場所でできることは沢山あるよ。

ー今の勉強を日々、トコトンやり抜く。学校を辞めた君にも、自分なりのやり方で勉強する方法はたくさんあるよね。
ー毎日3人の新しい人と話をする。新しい人に会えない場合は、既知の人3人と新しい話題で話す。
ーこれ!と思った人のところに出かけていき、話をしてくる。聞いてくるだけでもいい。
ー1日の終わりに日記を書く。3行で結構。自分との対話の時間をつくる。

要は視野を広く持つ、色々な人と会話をすることで、考え方の柔軟性を鍛え上げること。それは視野の広さ、経験や知識の引き出しの多様さや創造性に通じていくよ。

そういうことが心に壁を持たずに誰とでも、文化や性別、宗教、育ちなどの違いを乗り越えて仕事を進めていける人、つまりどこででも仕事の出来る人の基本だ。

私はきみを応援してる。

オンラインセミナー地球市民塾、世界と関わってきた人たちと話そうシリーズ,
次回のテーマは、国際会議です。
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30

グローバルビジネスの会議はすべて国際会議。違う国の人々が二つ以上参加すれば、それはもう国際会議です。

そういう場所で、どうやって仕事を進めていくの?
利害対立はどうやって乗り越えて行くの?
そういう場所で仕事をする日本人にはどんなことが必要なの?
どれほど英語ができればいいの?

ゲストの津川 清一さん から学んでみませんか。
オンラインですから、ネットがあればどこからでも参加できます。
ログインなど面倒な手続きは不要、安全で簡単です。

詳しい内容はこちらからどうぞ↓↓↓ お申し込みもできます。

**************************

IMG_0665
ジュネーブ旧市街、ホタテ貝の印は巡礼の宿の印だった。

 

一生懸命に生きるほどに、今が苦しい若い友人へ

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【国際会議は私の救いだった】

ひろしくん、きみは高校を辞めて一人で勉強しながら未来の道を模索しているんだってね。
まだ10代なのに、自分だけの生き方を歩み始めたなんて偉いね。

私はきみを見ていて、国際会議に出始めた頃の自分を思い出した。

あの頃私はカナダ留学から戻ったばかりだった。

いろいろな理由から会社を休職、奨学金が頼りだったから落第するお金もなかったことは前にも話したとおり。

今度こそ、良き会社員、良き組織人になろうと思って日本で再出発したのに、じきに息苦しさを感じるようになってしまった。

今思うと、あの頃私は若くて、周りの人々もろくに目に入らず、単純な考え方しかできなかったからかもしれない。

でも、あの頃なりに苦しかった。

そんな時、日本代表団として国際会議に出席する役目を上司から言いつかった。国際電気通信連合 (ITU) という、ジュネーブにある国連の専門機関だった。今でも若い私にその仕事を任せてくれた上司には感謝している。

もちろん、初めは訳がわからなかった。ジュネーブの街も初めて、国際会議も初めて。カナダに2年留学したので多民族の集まる場所には慣れていたし、また生来新しいことを知ることが大好きだったので、物怖じせずに色々な人と話が出来ることだけが取り柄だった。

今でも忘れられない、あの不思議な開放感は。
ジュネーブの街に着いたとたん、私は息を吹き返したように感じた。
ここでは、私は私でいられる!と思った。
ここでは、わたしは違うルール、違う価値観の中で生きていると思った。

ひろしくん、きみの生きる場所は世界にたくさんある。きみにとって生きやすい場所はきっとあるよ。

今は行動しながら、模索しながらそこを見つけるチカラを身につけて欲しい。若くて怖いものがないということは,チャンスだよ。

私はきみを応援してる。

オンラインセミナー、世界と関わってきた人たちと話そうシリーズ、次回のテーマは、国際会議。
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30

グローバルビジネスの会議はすべて国際会議みたいなものです。違う国の人々が二つ以上参加すれば、それはもう国際会議です。

そういう場所で、どうやって仕事を進めていくの?
利害対立はどうやって乗り越えて行くの?
そういう場所で仕事をする日本人にはどんなことが必要なの?
どれほど英語が出来ればいいの?

まずゲストの津川 清一さん から学んでみませんか。

オンラインですから、ネットがあればどこからでも参加できます。ログインなど面倒な手続きは不要、安全で簡単です。
詳しい内容はこちらからどうぞ↓↓↓ お申し込みもできます。

**************************

thumb_IMG_3493_1024
国際電気通信連合 (ITU) 会議場

ロンドンで読み終えた、王子と乞食

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【セントポール大聖堂で知識と経験のギャップを、また一つ閉じた】

ああ、ここなんですね!

「待て、国王は私だ!」

乞食の少年トムか今にも戴冠されんとする瞬間、トムと入れ替わり乞食に身をやつしていた本当の王子エドワードが駆けつけて、声を上げたあの場所は。

「その時鈴をふるような、けれども凜とした声が堂内に響きました」

そんな訳文だったと思います、たしか。

セントポール寺院の大聖堂で、私は「王子と乞食」(マーク・トウェイン)を今読み終えました。

そんなヨーロッパでスイス人の夫と暮らし始めたら(これ私じゃありませんが)、日本のアタリマエがぼろぼろ外れることばかり。あなたも新鮮な目線で考えるヒントを見つけませんか?スイス在住ウン十年の私たちファシリテーターと一緒に日本のジョーシキを外してみませんか?私たちはスイスからZoomを通じて参加します。

スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
オンライン夏フェス2017 で90分間笑って頂きます。
日時:2017年8月5日(土)日本時間 19:00 〜20:30
会場:ZOOMオンラインミーティングスペース
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
詳しくはこちらから↓ お申し込みもできます↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/onlinefestival2017

IMG_0081
セントポール大聖堂、ロンドン

**************************

 

ヨーロッパも文化のモザイク

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【文化の多様性を空気のように呼吸するヨーロッパの人々】

今週は変革マネジメントの研修のためハーグ(オランダ)に来ています。

一緒に受講する人々は欧州の色々なとことから来ていますが、文化の専門家が多いので、昼食のテーブルでは自ずとヨーロッパの色々な地方文化の読み解きや、見た目は小さいけれど本質的な違いの話で盛り上がります。

昨日はブラッセルに住むブルガリア出身のマリエレナが彼女の体験してきたオランダとベルギーの国民文化の違いを話したら止まらなくなり、今日はスペインのハビエルが、カタロニア、バスク、カスティリャーノ(中央スペイン)の文化に違いはあるか、自分の観察によると、、を語るという具合。

英語が私たちの共通の言語ですが、ここには英語を母語とする人は誰もいません。
こんな思いがけない機会に、文化の専門家たちの語る生きの良い異文化観察の話を聞けるとは!
この人たちは、文化の多様性を空気のように呼吸しているんですね。

ヨーロッパってこんなところが面白い。

そんなヨーロッパでスイス人の夫と暮らし始めたら、日本のアタリマエがぼろぼろ外れることばかり。あなたも新鮮な目線で考えるヒントを見つけませんか?スイス在住ウン十年の私たちファシリテーターと日本のジョーシキを外してみませんか?私たちはスイスからZoomを通じて参加します。
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
オンライン夏フェス2017 で90分間笑って頂きます。
日時:2017年8月5日(土)日本時間 19:00 〜20:30
会場:ZOOMオンラインミーティングスペース

スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
詳しくはこちらから↓ お申し込みも同じです↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/onlinefestival2017

**************************

 

IMG_0139

なぜ私の平たい顔は個性なのか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【ジュネーブのお寿司屋さんの売り子をして
自分のここでの個性に気がついた】

私はジュネーブにある小さなお寿司屋さんで、売り子としてアルバイトしていたことがあります。50歳を過ぎて失業し、仕事が見つからないまま2年経った時でした。
なんでもいい、自分の手でお金を稼ぐという感覚を取り戻したかったんです。

私はお寿司屋さんの売り子なんてしたことがない。
お客さんの前で緊張し、お寿司の注文取りを間違える、レジを打つのに時間がかかって、手で計算する方が速いほど。

お店のご主人は口数の少ない人でしたが、そんな私を叱りもせず、ましてや店を辞めてくれとも言わず。反対になぜか機嫌が良いようでした。

日本人らしく平たい顔の私が、日本語なまりのフランス語で「この海苔巻きも美味しいですよ」とか「あ、その海藻サラダも良いです」などと言うと、一品余計に買ってくれるんです。

私は販売員の経験なんてありません。フランし語もヘタです。でも、ここでは日本人の顔をしているだけで価値なんだ!と気がつきました。

お客さんは、私の顔と言葉のなまりに異国情緒と説得力を感じてくれるんです。

これは凄い発見でした!

私はヨーロッパに住んで20年かかって、ようやく気がつきました。ここヨーロッパでは日本人であること自体が私の個性なんだと。

logo-chikyushimin

地球市民塾では田原真人さんに聴き手になっていただいて、そんな話をたくさんしたいと思います。
日本の外で生きていくとはどういうことか、迫力のある話を聴きたい方、どうぞセミナーにいらしてください。

オンラインセミナー シリーズ 一回目
「世界と関わってきた人たちと話そう」
7月15日 土曜日
日本 18:00 – 19:30 / マレーシア 15:00 – 18:30 / スイス 11:00 – 12:30
7月21日 金曜日
日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
お申し込みはこちらからどうぞ

 

**************************

ダイバーシティから学ぶ方法とは?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

 【会話を通し、心を開いて学び合うダイナミズムに尽きます】

互いが対等な立場に立って、会話を通して学び合う場、そこに新しいアイデアと気づきが生まれます。

イノベーションもこういう環境で生まれて来るのです。

***************************

6月のある日曜日、私はベルンで研修会の講師を務めました。

テーマは、「ケース学習」という学びの方法の紹介、受講生はスイス日本語教師の会の会員の方たちです。普段先生でいらっしゃる方たちがその日は生徒になり、私が先生の役割になったわけです。(我ながら大変なことになったと、、。汗)

ケース学習とは、実際のケースに基づいて書かれたストーリーを全員で読み、登場人物の気持ち、問題の本質を一つ一つ考え、解決方法をグループで話し合うというプロセスを通じて、文化の異なる人と仕事を進めるスキルを身につけていく学習の方法です。

このようにケース学習は問題解決のプロセスに大きな意味があるので、ケース学習の本を読んでもそのやり方や意義が身につかない、ハラ落ちするまでにはわからないことは簡単に想像できますよね。テニスの本を読むだけで、ラケットを手にしてボールを打たなければテニスの腕は上がらないのと一緒です。

そこで私は受講する皆さん全員にケース学習を実際に体験して貰いました。

ケースを元にしたディスカッションにもロールプレイにも、皆さんは熱心に取り組んでくださいました。会場いっぱいに、それぞれの登場人物になりきって気持ちを考える受講生の皆さんの生き生きと話し合う声が響いて、活気に満ちていました。

研修の終わりには、それぞれの方が多くの学びと気づきを得てくださったようです。最後のワークの後でホワイトボードに貼って頂いたポストイットにその思いが溢れ出るようでした。

こういうワークはひと思いに飛び込んで、脳みそに汗かきながらも楽しみながら取り組むのが、多くを学ぶコツです。

心を思い切って開くのです。

そこにドッとアイデアの元となる心と頭の栄養が流れ込んできます。その瞬間、思いもつかなかった閃きが生まれるのです。

そのダイナミズム!

これが会話のチカラ、場のチカラです。

こういう場では、お互いが先生です。つまり、参加者皆が教え会い、学び合うのです。同じケースを読んでいるのに感じ方、考え方の十人十色だということに気づき、驚く。その会話の中で、自分の脳が触発され、新しいことに気付いて行くプロセスそのものが学びになっているのです。

人は自分が考え抜いて得たことは決して忘れません。それどころか、会話を通じて考えを深める練習をしているようなものですから、次に別の問題にぶつかったときに考える用意が頭の中にできています。

一心に学ぶ気持ちに場所や年齢に関係がないという姿を目の前にした1日でもありました。

気持ちの良い夏の日曜日となりました。

IMG_0106
ベルンに行く列車の車窓に夏のスイスが広がります。

***************************

一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができるようになる研修プログラムを御提供しています 詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

働く女性の悩みに効く言葉のおクスリ

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【心の底から出る言葉】

ぴーちゃん、お疲れ様。昨晩終わったGlobal Summit of Women 2017 (GSW) 東京会合ではスタッフとして忙しく働いていたようね。私とも最終日、三日目になってようやく会えたぐらい。それ以前は、ついたての後ろでいつもこの62カ国から1300人を集めたイベントを廻すために働いていたのね。じゃあぴーちゃんはほとんどセッションには来られなかったでしょう?

こういう大きなシンポジウムになると、人の感じ方も色々。ここに私は私なりにグッと来た言葉を書き留めておきますね。すこしでもぴーちゃんの参考になりますように。

***************************

私の一番心に残った三つの言葉です。

女性のあなたがリーダーシップを発揮するために肝要な心構えについて;

“The sooner you stop believing that people know more than you do, the sooner the doors will open for you.” (Karen Greenbaum, CEO, AES, the US)

「誰かがあなたよりもそれを知っていると思うのは一刻も早く止めなさい。そうしたら、可能性のトビラが一刻も早く開きます。」

「パリのオートクチュールの世界で、私は目立とうとした。そのためには日本にしかないものを徹底的に生かそうと考えました。」(コシノヒロコ、ファッションデザイナー、アーチスト、日本)

“A new business model must be inclusive, caring and has measures to go beyond profit.” (Doris Magsaysay-Ho, CEO, Magsaysay Maritime Dorp. The Philippines)

「これからのビジネスモデルは、どんな人をも取り入れて、人の気持ちをおもんばかり、利益追求の上を行く方法でなければなりません。」

どれも自分を励ます言葉が必要なとき、効きそうです。

ひとつひとつ自分の立場に置き換えて考えようと思いました。

女子寮の仲間たち_May 2017

***************************

一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができるようになる研修プログラムを御提供しています 詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。