30年ぶりに戻ったら (47) — あなたは隣人の気持ちがわかりますか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【なぜわからない?でもわからない】

先日イランに住んだという方とお話しする機会があった。それで思い出したことがある。

庭園や壁画、彫刻の美しいイランの文化に私はすっかり魅せられてしまった。それとは別にこの旅行で一つ発見したことがある。

それはこういうことだ。

イランに入国した途端、女性は頭にスッポリスカーフを巻かなければならなかった。髪の毛が見えてはいけないと言うからかなり深く巻く。たとえホテルの中であっても、部屋の外では常にスカーフを巻いていなければならない。

やってみてわかったが、これはストレスである。食事中も外せない。ここまで深く巻くスカーフは結構邪魔になるのだ。

私は英国の会社のツアーに参加したのだが、同行者の半数弱は男性だった。男性はスカーフを巻かなくて良い。

この男性たちがスカーフがうっとおしいものだということを全く理解しないのだ。彼らは礼儀正しい紳士なのに。私たち女性とずっとイランを巡る旅をしているのに。ご夫婦の方は妻がスカーフを巻いているのに。彼らには全くわからない。そのことに私は驚いた。そして悟った。

「人はすぐ隣にいる人であっても、その気持ちがわからない。経験しないことは他人ごとである。」

飛行機がテヘランから離陸してスカーフを外したとき、心からほっとした。これでもう、うっとおしいスカーフとお別れだ!

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:人のふり見て我がふり直せ。

IMG_0795
サマルカンドのモスク。ウズベキスタン。イランではない。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (46) — 税務署への暑く長い道

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【30年ぶりに戻ると 46】

税務署への暑く長い道

スイスに暮らしていて、この国の人々は「○○はせねばならぬことなんだからちゃんとやるべきだ」と思っているのではないかと感じることがよくあった。

例えば原子力発電所。スイスの電力の約70%は原発で生産されている。この割合は日本よりも高い。それが福島原発の事故を契機に将来のエネルギー源を考え直す気運が高まった。そして、今ある原発は寿命まで使用するが、その後はもう新設しないと決めたのである。

原発に変わるエネルギー源はまだ無い。太陽やら風力やらを使った発電技術を開発中である。

それでも原発をもう止め、と決めてしまった。それは止めなければならないものだから。

見上げたものではないか、この精神!

先日、用があってF氏を管轄する税務署に行ったとき、そういうスイス魂が思い出されてならなかった。

F税務署は電車の駅から歩いて15分。近くにバス停はない。

それは大変な道だった。まず私には歩いて行くにはちょっと骨の折れる距離だった。時に気温33度の夏には。道中半分の距離に歩道と車道の区別が無い。しかもその部分はクルマの行き交う県道だった。人とクルマが同じ平面上を行く。危険である。

それで、ついスイスのことを考えてしまった。

スイスならこんなことはまずないだろう。税務署や、病院、学校など公共施設の前には、必ずバスやトラムなど公共交通の停留所がある。

日本の名誉のために断っておくが、日本でも大抵の場合は、公共施設のそばにはバス停がある。

しかしスイスとの違いは、それが徹底している程度の差なのだ。スイスの場合は、ほぼ例外がない。だからF税務署のようなケースは考えられない。

そういうスイス魂を堅苦しい、融通が利かないと感じることもあった。

しかし8月の炎天下、汗と排気ガスにまみれてF税務署まで歩いたときは、あの頑なさの有り難みがわかった。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: すべきことはする、それを貫けばこれはこれでりっぱな行き方なのだ。

IMG_0824

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (45) –誰もヒトの話を聞いてない

目からウロコの理解と気づき満載の国際ビジネスコミュニケーション コーチングで、外国企業との交渉に自信が持てるようになります。
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【ちゃんと聴いてる?】

How are you doing?

よくある英語の挨拶。私はこれが苦手だ。どう答えればいいのかよくわからない。
そう言う方は相手の近況を知りたいわけではない場合がほとんどだからだ。

どのくらい相手の言うことを聞いていないか、一度試したことがある。相手は私の下心を知らない同僚だ。

(同僚)”How are you doing?”
(私)”I’m sick. ”
(同僚)”That’s good.”

ほらね!

日本人は笑いを答えや相づちの代わりに使うことが多いと思う。話を穏やかに引き取ってやり過ごそうというサインかも知れないが、相手の言葉を良く聞いてないことが多いことにかけては、How are you doing?と言う人々といい勝負だ。

「私はジュネーブでリストラにあって、50代で失業してね、大変だった」というと、大抵の人は言葉で答えず、笑いを返す。

これ、笑うこと?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:適当な相づちも必要だが、やりすぎないように。あなたは重大な情報を聞き逃しているかも知れない。

IMG_0390
牧草の刈り取り、グリンデルワルドの8月

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

30年ぶりに戻ったら (34) — 電話番号をどう書く?

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【紛らわしい、どっちが?】

日本で色々な機会に名刺を頂くようになった。その度に、「ああ、仲間のいるところに戻ったなあ」と思うことがある。名刺にある電話番号の書き方が嬉しいのだ。

012-345-6789

これこれ、これよねー!

ヨーロッパではどう書くかというと

012 345 67 89

ヨーロッパ式の標記はメリハリが無い。一目でパッとわかるのは日本式の方だ。どれが市外局番でどれが市内で、どれが個人番号か、視覚で直ぐにわかるではないか。

ところがヨーロッパの人の感じ方は違うらしい。一度日本式で電話番号を書いたことがある。そうしたら「そのハイフンはどういう意味だ?」と聞かれた。日本式標記の数字は電話番号に見えないらしい。

不思議だなあ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:単純でどこにでもあるものほど、慣れが染みついていると変えられないもの。あなたのまわりなら、何がそれに当たるだろうか?今日は自分の思い込みを一つ探し当ててみよう。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。どのテーマも他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

30年ぶりに戻ったら (36) — 東京て眠らないの?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【ついにNYCなみになったか、東京】

この看板を見たとき、東京もついにNYC並みになったかと思った。眠らない街Big Apple、眠らない街TOKYO、なんてね。

都会とは忙しいところである。

それで思い出した。ジュネーブは早寝なのだ!

1994年2月、この街に引っ越してきて驚いたことの一つがレストランの閉店時間。

ランチタイムの後は14時を過ぎると店を閉める。たとえ開けていても、暖かいものは食べられない。一旦キッチンを閉めるからだ。

夕方6時頃に再び店は開く。ところが午後10時をまわると再びキッチンを閉める。その日はこれでお終い。

ジュネーブ市が歴史遺産として観光名所にしている旧市街の有名レストランでもこうなのだ。
金曜日の夜10時にキッチンを閉める、それも街で一番賑わうべきところで???初め私には信じられなかった。

ジュネーブに来る前にパリに住んでいた。そこでは午後9時頃にやっとレストランの席は埋まり始め、10時頃からテーブルの空気が暖まるものだった。

ところで17時から始まる東京の夜マックを利用するのはどんな人々なんだろう?パリの人々は夜10時を過ぎても食事を楽しむけれど、同じ食事でも夜マックには集わないだろうなあ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:ジュネーブの人口は東京都の品川区ぐらいのもの。夜の賑わいは期待できないが、1日にメリハリがあるともいえる。ものは考えようということで、人生は続く。

IMG_0054

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (35) — それでもムッとするスイス

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【まちがっているのはあなたです】

スイスを引き払って2ヶ月。そろそろテレビ受信料や健康保険などの契約解除の後始末が、終わりに近づいた。払いすぎたお金の返金がパラパラと銀行口座に入ってくる。大抵の契約サービスは、国外に移るというと払ったお金を計算してとりすぎた分を返してくれるのだ。
律儀なスイス、ありがたいなあ。

ところがスイス国鉄(SBB)は違った。

私は年払いの「半額カード」サービスを契約していたが(写真)、黙っていると自動的に更新するようになっている。契約更改は7月なのでSBBのウェブサイトにログインし、契約解除手続きをしようとした。

国外転居につき契約解除します、と理由を書き込み、税務署から発行された国外転居許可証を添付しようとするとエラーメッセージが返って来るではないか!

「あなたの添付した書類は形式が違っている。JPGかPDFに直すべし」

ムカッ!私の添付した書類はJPGだよっ!ーー思わずスクリーンに向かって毒づく。

そうだった、スイスにいたとき、時々こういう言葉のセンスにぶつかって腹を立てたものだった。一方的というか、むきつけなのだ。

今いる日本ならそんなことはないだろう。同じことを言うにもいきなり「あんたが悪い」とは言わないに決まっている。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:日本の人の顧客に対する言葉遣いはとても丁寧だ。更にそこにへりくだった気持ちが籠もっている。そいうことは日本の外では*まったく*期待できない。ついいつもの気分でいると、「え!」と思うことがある。そういうときは、文化ボケは自分だと思って諦めよう。

IMG_0019

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ると (31) — やっとあなたの気持ちがわかった。

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【新旧の同居に瞠目する】

やっとあなたの気持ちがわかった。

「日本の面白いところは、古いものと新しいものが同居しているところだね」ーー ヨーロッパでは私が日本人だと知ると、こんなふうによく言われたものだ。

そういう時、内心「はあ?」と思ったものだった。

知ったようなことを言っちゃって。ヨーロッパだって同じでしょ。日本を特別だと思わないでよね!

夏祭りの季節が来た。

今時ありふれた住宅地で、人々は見事に伝統に同化している!そうとしか思えなかった。

あーー、ヨーロッパの人々はこういうところを興味深く見ていたのね。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:あなたがアタリマエと思って気づきもしないコトの中にあなたの持つものの価値があるかも知れない。

IMG_0033 IMG_0028

 

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップがビジネスの障がいになっているエピソードなど、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ