30年ぶりに戻ったら (41) — 看護師と医者

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【プロ同士だから平等です】

今日は母の付き添いで近くの病院に行った。それで思い出した、初めてパリで医者にかかったときの私の戸惑いと驚きを。

日本からパリに来たのが1989年。寒い季節で、私は日本から引き込んできた風邪をこじらせた。

自分一人で医者を捜すほどのフランス語を話せなかったので、パリで初めて知り合った日本人の友人のかかりつけのお医者を紹介して貰い、そこに行った。

予約してそのお医者,Dr. Mを訪ねると、そこは普通のアパルトマンだった。大きなアパートの大きな執務室に悠然とアンティークな机を置いて仕事していた彼女の姿を今も思い出す。

私はクスリを処方して貰い、注射を一本打つことになった。

Dr. Mのサインしたクスリと注射の処方箋を手に、私は呆然とした。わけがわからなかったのだ。

しどろもどろのフランス語で尋ねるに、どうも私はクスリは薬局に行き、注射は別の人のところに行かなければならないということのようだった。

え、どういうこと!?

日本だったら、医者がその場で注射を打ち、その医院で薬を出したのに。(当時の日本ではそういう仕組みだった)

そのとき初めて知った!ここは医薬分業、医師と看護師も分業しているのだ。

薬は薬局に行くとして、看護師もまた自分のオフィスを持っていた。彼女はフリーランスの看護師だったのだろう。

こうして私は、フランスでは医師と看護師は違う分野の専門家であり、対等の立場で仕事をしているらしいと学んだ。後年住んだスイスでも、医師と看護師は対等に見えた。

とまあこんな思い出話を、ある看護師さんに話したとき。彼女は目をまん丸くした!その表情から、日本ではどうもそうではないらしいと察しがついた。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>c>>

学びのポイント:ヨーロッパではプロ同士は対等だ。そこに身分の上下はない。そういう目で身近な周りを見なおそう。凄い人々があちこちにいることに気付くだろう。

IMG_0310

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (40) — 小さな郵便局の親切

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【こちらは親切で、あちらは信頼で】

今日20通の封書を出しに近所の郵便局に行った。

20通は全部同じ料金なので、切手を買って自分で郵便局の中で貼るつもりだった。冷房も効いてるし。

そうしたらなんと、郵便のカウンターにいた女の人が貼ってあげるという。

えー!い、いいんですかあ?

お金だけ払って出て来たけれど、つくづく考えた。日本だから私はそうするんだ。つまり、その局員さんの申し出を親切と受け取って、何も疑わないで立ち去るということ。

これがヨーロッパだったら私はそうしない。

まず郵便局の人が切手を貼ってくれることなんて、あるだろか?

もしあったら、かえって私は疑っただろう、「大丈夫かしらこの人。1通も漏らさずにちゃんと切手を貼ってくれるかしら?」

こういう言葉を素直に信じられるんだよね,日本は。

スイスの郵便局では切手は貼ってくれないだろうが、こういう経験があった。

私の村を管轄する小さな郵便局に、書留を受け取りに行ったときのこと。書留が配達されたとき、私は家にいなかったのだ。

書留を受け取るとき、郵便局の窓口では必ず写真付きのID証明を見せてくださいと言われる。ところがこの小さな郵便局に何度か行くうちに、いつのまにかIDを見せてくださいと言われなくなった。近在の村々で東洋人は本当に少ないので顔を覚えられたんだろう。これが本当の「信頼」というものである。IDというお札よりも目の前の本人を信じるんだから。

それが行きすぎたこともある。

ある日、外出から帰宅すると、家に書留郵便が届いている。おや?と思ったら、たまたま私の家に泊まりに来ていた友人が気を利かせて郵便局まで受け取りに言ってくれたのだった。

感謝しながらも、「IDを見せてと言われなかったの?」と彼女に聞くと、否という。
彼女は東洋人ではないがどことなくそんな風貌を持っている。背格好も私と似ている。
ははーーん、郵便局の人は,彼女を私だと思ったんだろう😉。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:親切の基礎には信頼がある。信頼は日本のインフラみたいなものだ。ところが日本にいるとそこ価値に気付かない。ゆめゆめ信頼を空気のようにアタリマエに思うべからず。日本を一歩出ると、また違う世界が待っている。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (38) — 日本人て優しくて親切、クルマに乗るまでは

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたは何を見て判断しますか?】

本当なのだ、それは!

歩行者として道を渡るときにいつも感じる。ジュネーブでは横断歩道があろうとなかろうと、私が道路を横断し始めるとドライバーは必ずクルマを停める。

ジュネーブの隣、ボー州なら私が車道に足を踏み出しただけでクルマを停める。

パリの人は、道を渡る私をひき殺そうとしてクルマを運転している。私はそういうクルマとは闘わないが、多くのパリジャンたちは勇敢にもクルマに立ち向かい悠然と道を渡って行く。

私は足を怪我してギブスをはめていたとき、そのパリジャンドライバーの頭の中を初めて知った。体の不自由な人のためには、クルマは停まるのだ!!😲彼 彼女らはちゃんと歩行者を見ている。それが元気でクルマをひょいひょい避けて道を横断できるような人なら、わざわざ停車するなど無駄なことはしない。ところが怪我をしている人のためにはポリスが見ていなくたって、ちゃんとクルマを停める。

カイロ(エジプト)を思い出した。それも30年以上前のカイロ。私は一人で道を横断できるようになるまでに3日かかった。横断歩道なんてなかった、都心のカイロ。クルマは人もロバもひき殺すつもりで走っていた。そうとしか思えなかった。足の不自由な人は道を渡っていなかった。

日本では、クルマは決して歩行者の為には停まらないんじゃないか?赤信号の時にだけ停車する。人がいようがいるまいが関係なし。信号という機械にだけ従っている。

あの心優しい、礼儀正しい日本人が、道路を渡る老人にも足を引きずる私にも一時停止して少しの間待つと言うことをしないのはなぜだろう?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:私はこういうフランスで、自分の頭で考えて判断するとはどういうことか、学びました。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (29) — 閉店5分前の”親切”を考え直す(やや辛口)

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたの親切はあなたを幸福にしますか?】

私にもマイナンバーカードができたようだ。予約をして、本人が市役所など指定の場所に受け取りに行きなさいとの指示が、市役所からの通知書に書いてある。

なにごとも大変慎重な日本、こんなこと、想定内ですよ。

予約受付番号と受け付ける時間帯も書いてある。

なにごとも指示の細かい日本、こんなこと、想定内ですよ。

驚いたのはその後だ。😲

予約受付時間の終わる5分前に電話をかけた。電話に出て来た担当の方の親切なこと!

テキパキ予約をとってくれたばかりか、当日持ってくる書類などを説明してくれる。それは通知書に書いてあることを復唱するようなものなんだけど。無くてもいい説明なんだけど、とせっかちな私は内心考える。

彼女は、締め切り時間ギリギリにかかってきたこの厄介な電話を早く終えようなどどはみじんも思っていないのだ、きっと。

電話を切った時は5時を廻っていた。

私の長く暮らした街ではこうではなかったぞ。パリでもジュネーブでも。

お店で働く人々にとっては5時にお店が閉まるということは、5時にはシャッターを下ろし、帰宅することを意味していた。

だから就業時間5分前にお店に入る客には、愛想が悪かった。レジが閉まっていることも珍しくなかった。

電話応対も、早く終わらせたくれ!という気持ちが言外に感じられた。

その異なる社会の有り様を思うとき、私はどうしても複雑な気持ちになる。

ワークライフバランスなんて、仕事を定時に終える習慣が徹底しない限り、絵に描いた餅ではないのか?親切は受け手にとってはありがたいが、親切にする方にはなし崩しに残業になってしまうのではないのか?

残業になったとして、その超過勤務の報酬は払われる?

たとえ一回の超過時間が5分でも、毎日続けるとどうだろう?一週間で25分、一ヶ月では2時間になる。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:「親切」「気働きが良い」ということは良いことだと誰もが思うだろう。あなたもそうですか?
けれども、あなたはなぜそう思うのですか?それはあなたを幸福にしていますか?
今日は自分にとってのアタリマエを考え直してみよう。

IMG_3206
道を間違えないようにね!

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (26) — りきまくん、大丈夫!

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【どの生き方を選ぶか?】

中2の友人、りきまくんがしょんぼりしている。なんでも昼間学校で「そんな問題解けへんかったら、進学校行けへんで」と先生に言われたらしい。

じゃあ、こういうお話ししてあげよう。

スイスではだいたい15歳で、大学進学コースの学校に行くか、職業学校に行くか、選ぶ仕組みになっています。職業学校に行く子供たちは現場で実技をみっちり鍛えられ(座学もあるけど)、やがてスイスの産業を支える頼もしい技術者やいろいろな職業人に育っていきます。

大学に行く子たちは、ぎゅうぎゅう大学で勉強します。初年で半数落第するといいます。そこを勉強し抜いて卒業した子たちは、学者や研究者、また上級技術者などになっていきます。
何をいいたいかというと、大学に行くか,職業学校に行くかは生き方の違いだけ、ということだ。人間の値打ちに何の関係もないんだよ。どの人も自分の得意なことで社会を支えているんだから。

こういう国もあるんだよ。

りきまくん、世界は広い。生き方の選択肢はいっぱいある。日本の外でも生きられる力のつくような勉強をしようよ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:世界は広い。モノの考え方も想像を超えるほど様々。狭い場所で落ち込んだときは、目を上げよう。広い世界を見に行こう。

IMG_0161

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (23) — 眠るバス、眠らないお店

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【 あなたはどっちを選ぶ?】

私の家は千葉県のとある私鉄駅から更にバスを乗り継いだところにある。

今夜は帰宅が遅くなったが、最終バスに間に合ったのでタクシーに乗らなくて済んだ。ヤッホー!

終バスの発車時刻は22時12分。バスの車窓から見るとシャッターの閉まった暗い商店街の中、西友ストアだけが明るい電気をつけて開いている!ここは24時間営業なのだ。😳

先月まで私はシャンシー村という、ジュネーブから20キロぐらい離れた農村に住んでいた。最寄りの街からバスが出ていて、毎日朝は5時台から日曜日でも深夜まで、1時間に一本以上は必ず走っていた。だから、時間さえ厭わなければ、クルマを持たなくても村で生活できた。

その代わりというわけではないが、ジュネーブのお店は平日は午後7時、土曜日は午後5時に閉店。木曜日は延長オープンが許可されていたがそれも午後9時までだった。日曜日は駅と空港の小さなスーパーを除いて町中の店が閉まった。

バスは眠ってもお店は眠らない日本、

その逆のジュネーブ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:あなたの選択があなたの住む社会のあり方を決めていく。一つ一つよく考えて決めていこう。

IMG_0559

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (21) — 日本てふしぎ

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたのアタリマエ、私の不思議 】

(1) B5

ノートを買いに行って驚いた!この国には不思議なサイズがある。

B5というサイズが広く使われていたことを、この時30年ぶりに思い出した。ヨーロッパではまずA4しか見なかった。

それで思い出した。カナダで勉強したとき。リーガルサイズという紙が普及していた。あれもわけがわからなかった。市販のバインダーからはみ出て不便だと思ったものだった。

(2)暗黙の了解

今、ネットでいろいろ買い整えている。

配達先の住所を記入するとき、都道府県名はドロップダウンボックスを開けてそこから選ぶようになっている 。

その都道府県名の並び方!最初に見たとき、それは判じ物だった。どういう順番でこう並ぶのか?

私の住む千葉県を見つけるためには、その理屈を理解しなければならない。

あ、思い出した!小学校の頃に使った日本地図の地図帳。白抜きの日本列島が都道府県で区分けされている。私はそこに北の北海道から南に向けて順番に色を塗っていった。

私は日本でそういう教育を受けたから,この都道府県の配列謎が解けた。そうでない人はどうやってこの暗黙の理屈を理解するんだろうか?

ヨーロッパではドロップダウンボックスに並ぶ地名は大抵アルファベット順だった。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

IMG_0332
村の山羊の品評会。山羊にも多様性が。グリンデルワルド、スイス

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:どの国にもその国ではアタリマエのことで、他所から来た人にはわからないことはある。そういうことを、他所から来た人の目で見なおすと、ダイバーシティを受け入れる社会の仕組みを作るヒントが見えてくる。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ