30年ぶりに戻ったら (63) –やっぱりムッとして、それが懐かしいスイス

もうビジネス英会話におどおどしない!
あなたに合わせた個人レッスンを御提供します。

*******************

【お客様は神様じゃない】

先日見慣れない差し出し人からメールが届いた。あやしげなハッカーか?と思ったが、メールアドレスを良く見ると、私がスイスで使っていたU銀行のアドレスのようだ。

今頃なに?と思ってメールを開けると、なつかしくも腹立たしいスイスの香りが立ちのぼってきた。

「あなたは私たちの銀行にお問い合わせになりましたね。つきましてはこの番号に電話してください○○(スイスの電話番号)。」

これこれ、これですよ!

スイスでは、というよりおそらくヨーロッパではどこでも、お店や会社がお客に電話をかけさせるのだ。

日本ではあり得ないのではないか、こんなこと?日本では「お客様は神様」であるぞ。

30年に亘る欧州生活でたいがいのことには慣れた私だが、自分が用事があるのにお客に電話をかけさせる、それを言って平気でいる精神にはいつも嫌な感じを受けていた。しかも今回は国際電話だ。こういうところ、私も結構頑なな日本人なのかもしれない。

腹立たしいからメールでこう言ってやった。

「御連絡をありがとう。では、XX-XXX番(私の電話番号)に電話してください。なおこちらの時間はスイスより8時間進んでいますから注意されたし。」

翌日そのメールの差し出し人氏から電話がかかってきた。そして要件はすんなり終わった。

ほらね、スイス人だって言えばわかるのだ。

だけど、どうして人に言われないと自分からお客に電話してこないのか?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:世界に名だたるスイスの銀行の顧客サービスがこうなのだ。日本のサービス業の人々ももっと大らかでいいのではないか?その方がお互い楽ではありませんか?

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (76) — バレンタインデーは女性にプレゼントを–え?!

もう英会話におどおどしない!
あなたに合わせた個人レッスンを御提供します。

*******************

【プレゼントするのは男性から女性へ】

ヨーロッパ生活を始めたのは3月のパリだった。

何かと勝手の違うパリの暮らしにもやっと慣れてきた翌年2月、バレンタインデーが来た。

ここでビックリ!

同僚のティムが、今日は妻に赤いバラを買って帰るという。他の同僚たちの中にも、妻をディナーに招待するなんていう人もチラホラいたが、プレゼントするのは男性の側だった。また、特段特別な日というほどのことも無かった。

職場の人々や街中をしばらく観察してみてわかった。
ーバレンタインデーには、男性から女性に愛情を表現する(これも、そうしたいひとはする、という程度。町中大騒ぎなんてあり得ない)
ーチョコレートとは全く結びついていない

ひるがえって、30年ぶりに日本で迎えるバレンタインデーの季節。街に出るとデパートのコンコースに一流メーカのチョコレートの出店が並んでいる。赤やピンク色を中心とした美しいパッケージ。これはどう見ても、女の子の好みだ。

そう、日本ではバレンタインデーはヨーロッパと逆転している😳。

私の住む地区は市内でも最も高齢者比率が高い。それでも近所のスーパーには、赤やピンクの包装紙に綺麗にくるまれたチョコレートのワゴンがでている。

ここにもやっぱり買う人がいるのかなーー?

私も日本にいた頃は、そうしたっけな。昼休みに銀座にひとっ走り。チョコレートを買って、一緒に仕事をする周りの男性の先輩方に配った。意中の人にあげるといより、どちらかというとお中元やお歳暮のミニ版ような気持ちだったな。小さな暮らしのアクセントというか。

ところで、私は本当にその名を持つ村に行ったことがある。Saint-Valentin (サン バランタン)村。ボージョレワインの生産地帯のその村に、ジュネーブから日本人会の仕立てたバスで行ってきた。

この村では、Saint-Valentin という名を村おこしに使っているようだ。

しかもここには2月14日という名のレストランまである。高級レストランで、オーナーもシェフも日本人とか。私もここでランチとワインを堪能した。

その後、この話には思わぬ落ちがあることがわかった。

なんと、九州は熊本県球磨郡相良村がSaint-Valentin 村と姉妹都市なのだ。

あの山深い球磨郡にある村が、なぜ?

これも村おこし策のようだ。その上相良村には、Saint-Valentin 村の在日事務所まであるという。

日本の村も頼もしい。東京に頼ってないで世界に目を向けるとは、あっぱれ!😃

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:世界はいろいろ。今日は視野をグーンと広げる日に!新たなアイデアが湧いてくる。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (57) — Friends are forever! 友達はいつまでも!

あなたの英語を一段上げるビジネス英語コーチングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください

*******************

(日本語は英語の後です)

Friends are forever!

A small incident of the invoice from Dr. M. ended up with revealing me a friend like an angel in Geneva, Beatrice Hirt!

“I saw the invoice in your post in FB. What a trouble! It’s not worth taking bother to wire CHF 17.85 from Japan. I’ll pay it for you. No worries to pay me back. It’s my gift for you!”

I am touched, almost cried.

I don’t think Béatrice read my post written in Japanese, but she perfectly understood what happened to me. This is something which only a person with a warm heart could do.

I’m convinced that friends are forever, even after having left Switzerland!
Thank you, Beatrice Hirt !!!!!!!!!!!!!!

**************************************
【嬉しくて泣きそうになった】

例の8ヶ月送れてきたお医者の請求書の話しに、後日談ができた。
今朝、英語のメッセージが届いている。

Beatrice Hirt– あ、あのベアトリス!

「よしこ、あの請求書を見たわ。なんていう面倒!私が払っておいてあげる。お金を返さなくて良いわよ。これは私からあなたへの贈りものだから」

嬉しくて泣きそうになった!

彼女は日本語なんか読めない。なのに私がFBに載せた請求書に写真だけ見てすべてをさとってくれたんだ。

その暖かい気持ちが嬉しい。

ベアトリスとは住む街も違い、特に親しくはなかった。それでも、私の困っていることに気づき、こんな助けの手をさっと差し出してくれる。そういう気持ちがありがたかった。
こういうことなんだろう、友達って。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:こういう小さな事だが、行動で示してくれる人への思いやりは、胸に響くものだ。困っている人への気持ちは行動で示そう。

春 リンゴの花

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

 

30年ぶりに戻ったら (56) — 言ってみるもんだ

おどおどせずに外国人と仕事をするためのビジネス英語コーチングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください

*******************

【あなたの考えるとおりに言ってみよう】

ジュネーブで20年以上お世話になったのが私の家庭医のマリオン先生。英語を話すお医者だからと、オーストラリア人の同様に紹介されたのがご縁の始まりだった。素晴らしい先生だった。

10月半ばのこと、マリオン先生のクリニックから、請求書が届いた。その日付は10月1日付けで。

え?私はもう日本にいるよ。

よく見ると、2月27日に診察したとある。引っ越し前の日付けだ。

なんだっけ?

アジェンダ(手帳)を見ると、この日私はチューリヒに出かけていてジュネーブにはいなかった。

納得できないので国際電話をかけた。先生のクリニックのメールを知らないし、知っていたところでアシスタントはフランス語の人だから、かえって面倒なのだ。

電話して訳がわかった。2月27日は私の頼んだ処方箋を郵送した日だという。その請求書を送り忘れていたので、今送ったのだという。

なるほど、そうか。

でも納得しきれなかった。相手のミスで今頃請求書が届いた。20フラン足らずの金額だった。私はそのために国際送金するのか?

そこで少々ごねてみた。

「理由はわかりました。けれども日本からこの金額を送金するのは大変な手間です」
「日本からはE-バンキングも使えません。」
「日本からスイスに送金すると、送金手数料が請求額の3倍ぐらいかかってしまう、、、、」

アシスタントの女性は「ああそうですか。ではこの請求書は紛失ということにしましょう」と言って、あっさり引き下がってくれた。

それでも私は念の為に彼女の名前を聞いておいた。こうしておけば、後からまた請求書が来たら、○○さんが言いました、と言えるではないか。

スイスは色々な点でルールがびしっと固い。けれど、このようにネゴ出来る場合もまたあるのも事実だと、懐かしく思いだした。

それは時と場合と相手によりけりで、いつでもこうなるというものではない。それでも、この場合のように言ってみる価値は時々ある。だから親は子どもに、「とにかくあなたの考えるとおりに言ってみなさい」と教育するのだ。

こういう小さな緩さは、社会を住みやすくするために結構大切じゃないかと思う。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:自分から口をつぐまずに、まずあなたの考えるとおりに言ってみよう。

2018-10-13 00.55.43

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないことばかり。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (60) – あなたは日本人同士で英語で話せますか?

おどおどせずに外国人と仕事をするためのビジネス英語トレーニングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【これは見習いたい、スイスの人々の柔軟さ】

最近久しぶりにスイスを堪能した。

スイス大使館主催のレセプションに参加した時のこと。スイス大使とレセプションのゲスト代表、スイス機械電気工学産業会事務局長 (写真右の方。左はスイス大使ーーではないですよね)がお話しをしていた。お二人はドイツ語で話されていた。ドイツ語はスイスの言葉の一つだ。

そこへ人々がまわりに集まってきた。するとお二人はパッと言葉を英語に切り替えて話を続けたのだ。ごく自然に。

あー、そうだったそうだった!

スイスではこういうことは良くある。3人以上母語の違う人が集まると人々は会話の言葉をさっと切り替える。それも英語に。

英語はスイスの国語ではない。けれども、独仏伊語にロマンシュ語を加えた4つの国語を持つスイス、英語がその場に集まる人々の共通語ということはよくある。大使と事務局長がごく当たり前のように英語に切り替えたのも、その習慣だ。

日本人同士が日本語で話しているとする。そこに英語なら話すが、日本語を話さない人が加わったとする。その時、日本人は当たり前のように英語に切り替えられるだろうか?

いや、きっとそうすると思う。けれども、日本人同士、相当照れくさいんじゃないだろうか?
いやいや、最近は相手が誰であれ英語で話すことに照れない人は増えているにちがいない、、。

とまあ、2秒くらいあれこれ考えて、このいかにもスイスらしい光景を私は懐かしさと共に楽しんだ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:言葉に対して柔軟であることもまた、国際人、国際ビジネスのエチケットだ。

2018-11-01 21.13.16

>>>>>>>>>

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

>>>>>>>>>

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (69) — 日本は寒くない?

おどおどせずに外国人と仕事をするためのビジネス英語トレーニングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【耐えられるから耐えてる?ーー日本の冬の寒さについて】

友人のちえみさんは宮城県石巻市のご出身だ。冬の寒さは厳しいが、家にセントラルヒーティングを取り付ける習慣は無いという。厳冬期は、「家の中が外と同じぐらい寒いですよ」とおっしゃる。

ひゃーーー!!😲

私はパリとジュネーブに住んだ30年間に6件のアパートに住んだが、どれもセントラルヒーティングだった。町中どの家もセントラルヒーティングがアタリマエだった。それでも家の中が寒いことはあったが、家の中が外と同じらい寒いというのは論外だ。

私は外出するとき、ジュネーブで冬に外出するときのコートを着て、帽子を被り、手袋をする。そして、外に出てから「しまった!」と思う。

暑いのだ。😲

ジュネーブの冬のスタンダードは関東地方では”やり過ぎ”なのだ。

反対に、日本の家の中でジュネーブの冬の屋内スタンダードの服装はできない。

家の中が寒いのだ。

こんなだから、日本にると半袖のセーターを着る機会が無い。

寒いと言ったけれど、屋内の寒さは我慢ができる。寒い日でもストーブをつければ凌げる。

反対にジュネーブの冬の屋外の寒さはそうはいかない。薄着をして我慢すると、病気になるか情況によっては凍死の危険を招く。

これは大袈裟ではない。ジュネーブでのこと。私はある寒波の冬にトラムを待って川にかかる橋の上の停留所(!)で体感温度マイナス20度の風邪にビュウビュウ吹かれた。当時はスキー用のアノラックを着て通勤していたが、その時は胃の底まで冷えた。翌日は病気になった。

冬は寒いと日本でも言う。確かに寒いけれど、それは我慢できる程度の寒さなんだと思う。我慢できなければ、人は何か対策を講じるだろう。

でもね、石巻なら家はセントラルヒーティングにした方がいいんじゃないかなあ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

ジュネーブの冬空
ジュネーブの暗い冬空

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:極端に寒い地方、例えばシベリアの家の造りを調べてみよう。事実を知ることはあなたの思い込みを外す力になる。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

30年ぶりに戻ったら (68) — クリスマスが嫌いだった話

おどおどせずに外国人と仕事をするためのビジネス英語トレーニングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【クリスマスは淋しい日】

私はクリスマスが嫌いだった。

クリスマスは、外国人の私に自分がひとりぼっちで淋しいことを思い出させる日だからだ。

北米でも、ヨーロッパでも、クリスマスの週は誰もが家族のところに帰省する。クリスマスは、離ればなれになっていた家族が集い、静かに過ごす日なのだ。丁度日本のお正月のように。

カナダに留学していたときには、帰省しない留学生もいた。そういう留学生仲間と集まって、パーティーを開いたものだった。

ところが大人になるとそうはいかない。

ヨーロッパに住み始めた頃は、ヨーロッパの年末年始の様子が物珍しくて日本には帰らなかった。クリスマスには南仏の友人の経営するオベルジュ(宿屋)に行き、外国人の友人たちと過ごした。

時は移り、その友人もオベルジュを畳むと、いよいよ私は行き場が無くなった。一度、暗く寒いジュネーブでクリスマスの週を過ごしたことがある。これには一度で懲りた。手持ちぶさたに街を歩いてみたが、お店も美術館も閉まり、街はしーーん。

こんな休暇は二度と過ごすまい!と決心したのは、冬中暗い雲の垂れ込めるジュネーブの気候のせいでもあるだろう。

ところがだ。ヨーロッパは年明けは元旦だけは祝日だが(私の知るフランスとスイスのこと)、2日からは通常営業。

これには参った。

なぜか私の体が付いていかない。どーーしても仕事モードになれない。😲 同僚たちはへいちゃらで仕事を再開しているのに。つくづく自分の体には、日本のお正月の三が日の習慣が染みついていると思った。

そして今、30年ぶりに日本の「クリスマス」。家族が揃う日ではなく、若い人たちはデートに、子供たちはサンタさんから貰うプレゼントに目をキラキラ。クリスマスの日に街が静まるどころか、賑わうのだ!😲

なにか、こういう現象は本末転倒のクリスマスという気がしないでもないが、まあいいか。クリスマスを文化のフィルターを通して翻訳すると日本ではこうなるんだろう。

私には,クリスマスは無く、お正月準備を進める人形町の商店街のたたずまいがあっぱれと目に映る(写真)。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

人形町年の瀬
人形町の年の瀬にクリスマスはない

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:「クリスマス」と言って頭に浮かぶものは国によって大きく違う。今日はあなたの思いがけない固定観念に気付く日に!

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないものばかりです。
無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************