30年ぶりに戻ったら (41) — 看護師と医者

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【プロ同士だから平等です】

今日は母の付き添いで近くの病院に行った。それで思い出した、初めてパリで医者にかかったときの私の戸惑いと驚きを。

日本からパリに来たのが1989年。寒い季節で、私は日本から引き込んできた風邪をこじらせた。

自分一人で医者を捜すほどのフランス語を話せなかったので、パリで初めて知り合った日本人の友人のかかりつけのお医者を紹介して貰い、そこに行った。

予約してそのお医者,Dr. Mを訪ねると、そこは普通のアパルトマンだった。大きなアパートの大きな執務室に悠然とアンティークな机を置いて仕事していた彼女の姿を今も思い出す。

私はクスリを処方して貰い、注射を一本打つことになった。

Dr. Mのサインしたクスリと注射の処方箋を手に、私は呆然とした。わけがわからなかったのだ。

しどろもどろのフランス語で尋ねるに、どうも私はクスリは薬局に行き、注射は別の人のところに行かなければならないということのようだった。

え、どういうこと!?

日本だったら、医者がその場で注射を打ち、その医院で薬を出したのに。(当時の日本ではそういう仕組みだった)

そのとき初めて知った!ここは医薬分業、医師と看護師も分業しているのだ。

薬は薬局に行くとして、看護師もまた自分のオフィスを持っていた。彼女はフリーランスの看護師だったのだろう。

こうして私は、フランスでは医師と看護師は違う分野の専門家であり、対等の立場で仕事をしているらしいと学んだ。後年住んだスイスでも、医師と看護師は対等に見えた。

とまあこんな思い出話を、ある看護師さんに話したとき。彼女は目をまん丸くした!その表情から、日本ではどうもそうではないらしいと察しがついた。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>c>>

学びのポイント:ヨーロッパではプロ同士は対等だ。そこに身分の上下はない。そういう目で身近な周りを見なおそう。凄い人々があちこちにいることに気付くだろう。

IMG_0310

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (38) — 日本人て優しくて親切、クルマに乗るまでは

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたは何を見て判断しますか?】

本当なのだ、それは!

歩行者として道を渡るときにいつも感じる。ジュネーブでは横断歩道があろうとなかろうと、私が道路を横断し始めるとドライバーは必ずクルマを停める。

ジュネーブの隣、ボー州なら私が車道に足を踏み出しただけでクルマを停める。

パリの人は、道を渡る私をひき殺そうとしてクルマを運転している。私はそういうクルマとは闘わないが、多くのパリジャンたちは勇敢にもクルマに立ち向かい悠然と道を渡って行く。

私は足を怪我してギブスをはめていたとき、そのパリジャンドライバーの頭の中を初めて知った。体の不自由な人のためには、クルマは停まるのだ!!😲彼 彼女らはちゃんと歩行者を見ている。それが元気でクルマをひょいひょい避けて道を横断できるような人なら、わざわざ停車するなど無駄なことはしない。ところが怪我をしている人のためにはポリスが見ていなくたって、ちゃんとクルマを停める。

カイロ(エジプト)を思い出した。それも30年以上前のカイロ。私は一人で道を横断できるようになるまでに3日かかった。横断歩道なんてなかった、都心のカイロ。クルマは人もロバもひき殺すつもりで走っていた。そうとしか思えなかった。足の不自由な人は道を渡っていなかった。

日本では、クルマは決して歩行者の為には停まらないんじゃないか?赤信号の時にだけ停車する。人がいようがいるまいが関係なし。信号という機械にだけ従っている。

あの心優しい、礼儀正しい日本人が、道路を渡る老人にも足を引きずる私にも一時停止して少しの間待つと言うことをしないのはなぜだろう?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:私はこういうフランスで、自分の頭で考えて判断するとはどういうことか、学びました。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (32) –暑いからストッキングをはく日本の夏、この矛盾

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【猛暑の日々、その矛盾について】

パリで初めての夏、女の人たちがストッキングをはかないことに気が付いた。素足に直接靴を履く。その美しさに惹かれて私もマネをした。

以来30年間、夏にストッキングを穿いたことがない。

日本に戻ってこのところの猛暑。朝からミンミンゼミの声と共に、湿度の高い空気がウワーと押し寄せる。

ストッキングを穿くなど考えもしないで、素足で外出した私。その間違いに気づくのに時間はかからなかった。電車でも建物でもうっかり通風口の下に立とうものなら足が冷えること!日本では乗り物もオフィスもギンギンに冷房が効いているのだ。

そりゃーそうでしょう、この暑さだ。

しかし風邪をひいてはたまらない!😲

手近のコンビニに飛び込んでストッキングを買い、体温を防衛した。真夏にストッキングが必要というこの矛盾。

空気のカラッとしたヨーロッパの街では冷房はまずいらない。昼間は暑くても日陰は涼しい。朝夕の気温は20度そこそこだ。だから素足でいける。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:暑さ寒さを凌ぐには、そこに住んでいる人々のすることをまねるのが、ほとんどの場合、一番良い。

IMG_0050

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ると (31) — やっとあなたの気持ちがわかった。

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【新旧の同居に瞠目する】

やっとあなたの気持ちがわかった。

「日本の面白いところは、古いものと新しいものが同居しているところだね」ーー ヨーロッパでは私が日本人だと知ると、こんなふうによく言われたものだ。

そういう時、内心「はあ?」と思ったものだった。

知ったようなことを言っちゃって。ヨーロッパだって同じでしょ。日本を特別だと思わないでよね!

夏祭りの季節が来た。

今時ありふれた住宅地で、人々は見事に伝統に同化している!そうとしか思えなかった。

あーー、ヨーロッパの人々はこういうところを興味深く見ていたのね。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:あなたがアタリマエと思って気づきもしないコトの中にあなたの持つものの価値があるかも知れない。

IMG_0033 IMG_0028

 

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップがビジネスの障がいになっているエピソードなど、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

 

 

30年ぶりに戻ったら (27) — 現金と〒、ここまで信頼!

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【郵便配達の人が現金を受け取る!?】

最近知人から受け取った大きな封筒が料金不足だった。郵便配達の人が受取人(=私)を確認した後、私は不足分100円を払いその封筒を受け取った。郵便配達の人はレシートをくれた。

そうか、日本では料金不足の郵便には受取人が、それも現金で、郵便配達の人に、直接、払うのか!😳

こういうとき、日本の郵便の仕組みは人への信頼に基づいていると思って感心する。

スイスだとこうなる。

あなたの送った郵便が料金不足だったとしよう。投函後2−3日すると差し出し人=あなたはスイスポスト(スイスの郵便公社)から通知のはがきを受け取る。

「あなたの出した郵便物は○○フラン不足です。この欄に(はがきに点線で囲った四角が印刷してある)不足金額分の切手を貼り、はがきを再びポストに投函してください。あなたの支払の後、郵便物は届けられます」

そこに現金の授受はない。郵便配達の人がおつりを用意する、受取人を確認する、などの手間もかからない。それでいて、スイスポストはあなたの郵便物を人質にとってあるから、料金の取りはぐれもない。あなたが不足金額分の切手を貼って件のはがきを返送しなければ、スイスポストはあなたの郵便物を届けないんだから。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:人と仕組みを信頼して、現金を預けられる国は世界の中ではそうそうない。あなたのアタリマエと思っていることの中に、自分では気付かない宝が沢山ある。

2018-08-10 11.35.29
廣峯神社、姫路

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (20) — つい出てしまう癖、つづき。銀行、時差、電車の中でなぜ驚くか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【つい出てしまう癖、つづき】

(4) 銀行への無理な期待

つい午後3時過ぎに銀行に行こうとする (スイスの銀行はほとんどの支店は5時まで開いていた)

ATMで少額の振り込みをするとき、少なからぬ額の送金手数料を払ったと気づき、思わず憤る(スイスでは国内は無料だった)

インターネットバンキングが24時間利用可能ではないと知り、頭の中が「?」で一杯になる(スイスでは24時間OKだった)

(5)日本のネットミーティングのお知らせを見て、反射的に時差を計算する

先月まで夏は7時間、冬は8時間引いて考えなければならなかった。
時間帯が同じとは、なんて便利なんだろう!😀

(6)東京の電車でカルチャーショック

四六時中混んでいる。銀座線、山手線ではまず座れない。

ジュネーブでもトラムをよく利用したが、30分間立ったままということはなかった。

電車の中は日本人ばかり!😳

パリでもジュネーブでも、色々な人種が混じっている景色に私はすっかり目が慣れていた。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

IMG_2024
駅名はフランス語とドイツ語で表示、この地方ではどちらも公用語だ

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:え!?と思った時こそ、自分の無意識に持っていた思い込みに気付く絶好のチャンス。その思い込みをじっと見つめ、手放す。それを繰り返そう。すると思いがけないアイデアを生む脳が育つ。これがイノベーションだ。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (16) — 横断歩道の信号とはこうつきあう

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【自主判断する人、しない人】

トロント(カナダ)で奨学金を貰って勉強していた頃、2年目の夏に少し気持ちに余裕が出来たのでニューヨーク見物に行ってみた。

マンハッタンでのこと。横断歩道で歩行者信号の赤が青に変わるのを待っていると、あっというまに私一人が取り残された。周りの人々は、クルマさえ来なければさっと渡って行く。それも凄い早足で😳。

つくづく私はカナダの田舎者だと思った瞬間だった。

きょう東京都心で、そんな思い出が蘇った。

ここには歩行者信号の赤で渡る人はいない。そのかわり、青信号が点滅を始めると、ダダダッと走ってきて渡る人々がいる。次の信号まで待たないのだ。東京の人は忙しいなあと思った私はジュネーブの田舎者かな。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

IMG_2163

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:安全を自主判断する人になりたいか、護られた安全を享受して生きるか?

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ