30年ぶりに戻ったら (52) — 日本て際限なくきめ細やか

目からウロコの理解と気づきが得られるビジネス英語のコーチングで
あなたに英会話の自信がつきます。
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【この手間を日本人は惜しまない!】

同じ日本人の私がこういうのもナンだなあとは思うが、時々「日本人て凄い!」と目を剥くことがある。

まず下の写真をご覧あれ。

ただの荷物タグ?日本ではそうかもしれない。しかし、こんなの私の知る限り、ヨーロッパじゃ考えられない。

先日羽田から神戸に飛んだとき。ラップトップをチェックインする旅行カバンの中に入れた。
神戸の空港で出て来た我がカバンを見てビックリ。いつのまにか、2枚意味ありげな紙がタグに追加されている。

1枚の紙には、「パソコンが入っているから取り扱いに注意せよ」ここまではいい。

2枚目を読んでビックリ😲。

「もしもあなたのパソコンが輸送中に何らかの毀損を受けていても当方の責任ではありません」

念には念を入れてある。そのために、荷物が私の手を離れてから2枚の紙(シール)を追加した人がいる。この手間を日本人は惜しまない!

パソコンをチェックイン荷物に入れられるかどうか、ヨーロッパの空港で混乱していたことがあった。

2017年夏のこと、ジュネーブ→アムステルダム→ロンドン ガトウィック→ジュネーブの旅をした。

出発点のジュネーブ空港ではいつもどおり何も聞かれなかった。私もそれがアタリマエと思って、マックをチェックイン荷物に入れていた。

ところが、アムステルダムの空港では、ダメと言われた。そんなこと言うのはあんたが初めてよ、と航空業界の常識をチェックインカウンターの係の人に教えても埒があかない。やっと閉めたトランクをチェックインカウンターの前で再びご開帳し、マックを取り出して機内に持ち込むバックパックに詰め替えた。ふう。😚

ロンドンからの帰路はアムステルダムで懲りていたので、もうこわごわだった。チェックインカウンターではトランクにマックが入っていることは何も言わなかった。寝た子を起こすな。
この食い違いは空港の問題か、路線によるのか、エアラインのポリシーによるものかは今もわからない。

とにかく、注意書きを2枚くっつけようと、重いマックをチェックインさせてくれるエアラインが私は好きだ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:人生はあなたが大雑把でも結構続いていくもの。視点を高く持とう。

IMG_0189

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (48) — どっちが清潔?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【上には上が】

夕方、近所のスーパーマーケットで買い物を終え出口にカゴを返しに行ったときのこと。男性の従業員が、スーパーのプラスチックのカゴの中を一つ一つ拭いているではないか!😲こ、この清潔好きは、、、日本人て凄い!

それで思い出した。

日本を出て最初に住んだのはパリだった。週末の朝マルシェ(市場)に買いものに行く道すがら、買い物カゴとバゲットを手に持って歩いていく人々を見かけた。バゲットは袋に入ってもいなければ紙に包んでもいない。そのまんま。

ひゃーー!と思った私はパリ初心者だった。

パリ暮らしに慣れるにつれ、いつの間にか自分も同じことをしていた。

そんな私でも驚いた街がある。ダブリンのスーパーマーケットだ。パンを買うのに袋も何もない。欲しいパンを直に店のカゴに入れ、レジに持って行く。お客はレジにパンをポンと投げ出す。レジの人はそれを見て金額を機会に入力する。

ひゃーー!上には上がある!

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:何かに一回呆れる度に自分が何を「これがフツー」と思いこんでいたかに気がつく。それだけがすべてじゃない、他のあり方もある、と気付くと肩の力がまた一つフッとぬける。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (47) — あなたは隣人の気持ちがわかりますか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【なぜわからない?でもわからない】

先日イランに住んだという方とお話しする機会があった。それで思い出したことがある。

庭園や壁画、彫刻の美しいイランの文化に私はすっかり魅せられてしまった。それとは別にこの旅行で一つ発見したことがある。

それはこういうことだ。

イランに入国した途端、女性は頭にスッポリスカーフを巻かなければならなかった。髪の毛が見えてはいけないと言うからかなり深く巻く。たとえホテルの中であっても、部屋の外では常にスカーフを巻いていなければならない。

やってみてわかったが、これはストレスである。食事中も外せない。ここまで深く巻くスカーフは結構邪魔になるのだ。

私は英国の会社のツアーに参加したのだが、同行者の半数弱は男性だった。男性はスカーフを巻かなくて良い。

この男性たちがスカーフがうっとおしいものだということを全く理解しないのだ。彼らは礼儀正しい紳士なのに。私たち女性とずっとイランを巡る旅をしているのに。ご夫婦の方は妻がスカーフを巻いているのに。彼らには全くわからない。そのことに私は驚いた。そして悟った。

「人はすぐ隣にいる人であっても、その気持ちがわからない。経験しないことは他人ごとである。」

飛行機がテヘランから離陸してスカーフを外したとき、心からほっとした。これでもう、うっとおしいスカーフとお別れだ!

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:人のふり見て我がふり直せ。

IMG_0795
サマルカンドのモスク。ウズベキスタン。イランではない。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (46) — 税務署への暑く長い道

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【30年ぶりに戻ると 46】

税務署への暑く長い道

スイスに暮らしていて、この国の人々は「○○はせねばならぬことなんだからちゃんとやるべきだ」と思っているのではないかと感じることがよくあった。

例えば原子力発電所。スイスの電力の約70%は原発で生産されている。この割合は日本よりも高い。それが福島原発の事故を契機に将来のエネルギー源を考え直す気運が高まった。そして、今ある原発は寿命まで使用するが、その後はもう新設しないと決めたのである。

原発に変わるエネルギー源はまだ無い。太陽やら風力やらを使った発電技術を開発中である。

それでも原発をもう止め、と決めてしまった。それは止めなければならないものだから。

見上げたものではないか、この精神!

先日、用があってF氏を管轄する税務署に行ったとき、そういうスイス魂が思い出されてならなかった。

F税務署は電車の駅から歩いて15分。近くにバス停はない。

それは大変な道だった。まず私には歩いて行くにはちょっと骨の折れる距離だった。時に気温33度の夏には。道中半分の距離に歩道と車道の区別が無い。しかもその部分はクルマの行き交う県道だった。人とクルマが同じ平面上を行く。危険である。

それで、ついスイスのことを考えてしまった。

スイスならこんなことはまずないだろう。税務署や、病院、学校など公共施設の前には、必ずバスやトラムなど公共交通の停留所がある。

日本の名誉のために断っておくが、日本でも大抵の場合は、公共施設のそばにはバス停がある。

しかしスイスとの違いは、それが徹底している程度の差なのだ。スイスの場合は、ほぼ例外がない。だからF税務署のようなケースは考えられない。

そういうスイス魂を堅苦しい、融通が利かないと感じることもあった。

しかし8月の炎天下、汗と排気ガスにまみれてF税務署まで歩いたときは、あの頑なさの有り難みがわかった。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: すべきことはする、それを貫けばこれはこれでりっぱな行き方なのだ。

IMG_0824

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (41) — 看護師と医者

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【プロ同士だから平等です】

今日は母の付き添いで近くの病院に行った。それで思い出した、初めてパリで医者にかかったときの私の戸惑いと驚きを。

日本からパリに来たのが1989年。寒い季節で、私は日本から引き込んできた風邪をこじらせた。

自分一人で医者を捜すほどのフランス語を話せなかったので、パリで初めて知り合った日本人の友人のかかりつけのお医者を紹介して貰い、そこに行った。

予約してそのお医者,Dr. Mを訪ねると、そこは普通のアパルトマンだった。大きなアパートの大きな執務室に悠然とアンティークな机を置いて仕事していた彼女の姿を今も思い出す。

私はクスリを処方して貰い、注射を一本打つことになった。

Dr. Mのサインしたクスリと注射の処方箋を手に、私は呆然とした。わけがわからなかったのだ。

しどろもどろのフランス語で尋ねるに、どうも私はクスリは薬局に行き、注射は別の人のところに行かなければならないということのようだった。

え、どういうこと!?

日本だったら、医者がその場で注射を打ち、その医院で薬を出したのに。(当時の日本ではそういう仕組みだった)

そのとき初めて知った!ここは医薬分業、医師と看護師も分業しているのだ。

薬は薬局に行くとして、看護師もまた自分のオフィスを持っていた。彼女はフリーランスの看護師だったのだろう。

こうして私は、フランスでは医師と看護師は違う分野の専門家であり、対等の立場で仕事をしているらしいと学んだ。後年住んだスイスでも、医師と看護師は対等に見えた。

とまあこんな思い出話を、ある看護師さんに話したとき。彼女は目をまん丸くした!その表情から、日本ではどうもそうではないらしいと察しがついた。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>c>>

学びのポイント:ヨーロッパではプロ同士は対等だ。そこに身分の上下はない。そういう目で身近な周りを見なおそう。凄い人々があちこちにいることに気付くだろう。

IMG_0310

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (38) — 日本人て優しくて親切、クルマに乗るまでは

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたは何を見て判断しますか?】

本当なのだ、それは!

歩行者として道を渡るときにいつも感じる。ジュネーブでは横断歩道があろうとなかろうと、私が道路を横断し始めるとドライバーは必ずクルマを停める。

ジュネーブの隣、ボー州なら私が車道に足を踏み出しただけでクルマを停める。

パリの人は、道を渡る私をひき殺そうとしてクルマを運転している。私はそういうクルマとは闘わないが、多くのパリジャンたちは勇敢にもクルマに立ち向かい悠然と道を渡って行く。

私は足を怪我してギブスをはめていたとき、そのパリジャンドライバーの頭の中を初めて知った。体の不自由な人のためには、クルマは停まるのだ!!😲彼 彼女らはちゃんと歩行者を見ている。それが元気でクルマをひょいひょい避けて道を横断できるような人なら、わざわざ停車するなど無駄なことはしない。ところが怪我をしている人のためにはポリスが見ていなくたって、ちゃんとクルマを停める。

カイロ(エジプト)を思い出した。それも30年以上前のカイロ。私は一人で道を横断できるようになるまでに3日かかった。横断歩道なんてなかった、都心のカイロ。クルマは人もロバもひき殺すつもりで走っていた。そうとしか思えなかった。足の不自由な人は道を渡っていなかった。

日本では、クルマは決して歩行者の為には停まらないんじゃないか?赤信号の時にだけ停車する。人がいようがいるまいが関係なし。信号という機械にだけ従っている。

あの心優しい、礼儀正しい日本人が、道路を渡る老人にも足を引きずる私にも一時停止して少しの間待つと言うことをしないのはなぜだろう?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:私はこういうフランスで、自分の頭で考えて判断するとはどういうことか、学びました。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (32) –暑いからストッキングをはく日本の夏、この矛盾

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【猛暑の日々、その矛盾について】

パリで初めての夏、女の人たちがストッキングをはかないことに気が付いた。素足に直接靴を履く。その美しさに惹かれて私もマネをした。

以来30年間、夏にストッキングを穿いたことがない。

日本に戻ってこのところの猛暑。朝からミンミンゼミの声と共に、湿度の高い空気がウワーと押し寄せる。

ストッキングを穿くなど考えもしないで、素足で外出した私。その間違いに気づくのに時間はかからなかった。電車でも建物でもうっかり通風口の下に立とうものなら足が冷えること!日本では乗り物もオフィスもギンギンに冷房が効いているのだ。

そりゃーそうでしょう、この暑さだ。

しかし風邪をひいてはたまらない!😲

手近のコンビニに飛び込んでストッキングを買い、体温を防衛した。真夏にストッキングが必要というこの矛盾。

空気のカラッとしたヨーロッパの街では冷房はまずいらない。昼間は暑くても日陰は涼しい。朝夕の気温は20度そこそこだ。だから素足でいける。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:暑さ寒さを凌ぐには、そこに住んでいる人々のすることをまねるのが、ほとんどの場合、一番良い。

IMG_0050

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ