30年ぶりに戻ったら (20) — つい出てしまう癖、つづき。銀行、時差、電車の中でなぜ驚くか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【つい出てしまう癖、つづき】

(4) 銀行への無理な期待

つい午後3時過ぎに銀行に行こうとする (スイスの銀行はほとんどの支店は5時まで開いていた)

ATMで少額の振り込みをするとき、少なからぬ額の送金手数料を払ったと気づき、思わず憤る(スイスでは国内は無料だった)

インターネットバンキングが24時間利用可能ではないと知り、頭の中が「?」で一杯になる(スイスでは24時間OKだった)

(5)日本のネットミーティングのお知らせを見て、反射的に時差を計算する

先月まで夏は7時間、冬は8時間引いて考えなければならなかった。
時間帯が同じとは、なんて便利なんだろう!😀

(6)東京の電車でカルチャーショック

四六時中混んでいる。銀座線、山手線ではまず座れない。

ジュネーブでもトラムをよく利用したが、30分間立ったままということはなかった。

電車の中は日本人ばかり!😳

パリでもジュネーブでも、色々な人種が混じっている景色に私はすっかり目が慣れていた。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

IMG_2024
駅名はフランス語とドイツ語で表示、この地方ではどちらも公用語だ

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:え!?と思った時こそ、自分の無意識に持っていた思い込みに気付く絶好のチャンス。その思い込みをじっと見つめ、手放す。それを繰り返そう。すると思いがけないアイデアを生む脳が育つ。これがイノベーションだ。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (16) — 横断歩道の信号とはこうつきあう

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【自主判断する人、しない人】

トロント(カナダ)で奨学金を貰って勉強していた頃、2年目の夏に少し気持ちに余裕が出来たのでニューヨーク見物に行ってみた。

マンハッタンでのこと。横断歩道で歩行者信号の赤が青に変わるのを待っていると、あっというまに私一人が取り残された。周りの人々は、クルマさえ来なければさっと渡って行く。それも凄い早足で😳。

つくづく私はカナダの田舎者だと思った瞬間だった。

きょう東京都心で、そんな思い出が蘇った。

ここには歩行者信号の赤で渡る人はいない。そのかわり、青信号が点滅を始めると、ダダダッと走ってきて渡る人々がいる。次の信号まで待たないのだ。東京の人は忙しいなあと思った私はジュネーブの田舎者かな。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

IMG_2163

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:安全を自主判断する人になりたいか、護られた安全を享受して生きるか?

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

 

30年ぶりに戻ったら (15) — 日本女性は世界標準で見ても優秀!

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【日本女性よ、自信を持って!】

今日はこの町の100円ショップに行き、形も素材も不揃いな30本余りのハンガーや大量の書類を整理するためのプラスチックケースなど、色々な買いものをした。家の改装が徐々に進み、必要な品がわかってきたからだ。嬉しいことである。

私の目が釘付けになったのは、そのレジで見た光景だ。

ショップの店員さんは、私の持って来た大量の品を逐一レジに打ち込み、次の瞬間買い物籠に入れ行く。同時に彼女は、形の揃うものはそろえ、形の違うものは互い違いにしてスペースの節約をし、入れ子に出来るものは入れ子にする。すべて一瞬の判断だった。最後に彼女は買い物籠の限られたスペースに見事にすべての品物を入れ終え、同時に合計金額も算出し終えた、

その店員さんは、きっと日本のフツーの人に違いない。

”フツーの人”の能力が日本では世界的に見てもの凄く高いのだ。

これは日本人である私の自画自賛ではない。

ある国の日本料理店で聞いた話。その国では店員がお箸を一対づつ端袋に入れるのだが、時々一本しか端の入っていない袋があるそうだ。その国はいわゆる工業国だし、お箸で食事する文化を持っている。

ヨーロッパでも、この100円ショップの店員さんみたいな人はごく希だろう。全くいないわけではないだろうが。もしいれば、どこかで高給で働いているはずである。

だから日本ではこんなことも起きる。

「日本ではパートの主婦をモロッコ人の給料で雇えて(つまり大変な低賃金ということ)、しかもその能力はとても高いよ。経営者として日本でパートの主婦を使わない手は無いね。」

これは、日本で会社を経営していたフランス人の友人から聞いた話。彼一人の経験という限界はあるにせよ、こういう事実があるらしい。

私は同じ日本女性としてその友人の話を聞きながらなんともやりきれない気持ちになった。

日本女性の皆さん、自信を持って賃上げを要求しよう!

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:日本女性は働く人材として世界的に見ても優秀だ。日本女性は自信を持とう。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

30年ぶりに戻ったら (14) — 学校給食は世界のアタリマエじゃなかった

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【学校給食は日本女性の恩人だった】

私は、小学校には給食があるものと思い込んでいた。

パリに住んだとき、昼食に夫と子どもが帰宅するので主婦は働きに行けないという話を聞いた。

スイスも同様だった。

スイスのシングルマザーの友人は「それだけじゃないわ」と言う。彼女は、保育所の料金が高く、自分の給料の大半を取られてしまうと憤っていた。スイスでは女性は家にいるものということになっている。昼間子どもをどこかに預けて外出するのは金持ちの主婦のすることである。従って、保育所の料金は高額で良い、という考えがあるそうだ。

そういう実情を見聞して、私は日本の小学校の完全給食がどんなに女性の就労を可能にしているのか、初めて気がついた。

日本では保育所は大変不足していると聞いている。しかしそれが裕福な家庭の主婦のものという観念は日本には無いだろう。

そう考えるとき、日本も悪くないと思えるのだ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

IMG_0155
シャンシー村の小学校の子供たち、夏休み前のプロモシオン(年中行事)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:子どもの頃にアタリマエと思い込んだことは無意識の中に入り込んでいて大人になっても気付きにくい。人生に気づきはまだまだあると思って自分に向き合おう。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (12) — 日曜日は営業日?!

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

30年前パリに住み始めた頃、多くの個人商店が昼時に店を閉めるので驚いた。

日曜日に開店する店はなかった。

ゴミ箱から何から、家具を買い整える用事はいくらでもあったのに😱。フルタイムの仕事のある私にとって、日曜日に買いものできないのはキツかった。

この人たちはなぜ勤め人に買いものする時間のある日曜日にお店を閉めるんだろう?不思議でならなかった。

ジュネーブに移ったらもっと大変だった。

日曜閉店は当然ながら、頼みの綱の土曜日には午後5時に店が閉まる!パリでは7時までは開いていたというのに。そのため、土曜日は仕事のある平日よりもっと忙しい日となった。

しかし30年間欧州に住むと、そういう暮らしのリズムにもすっかり慣れた。

日本に来てビックリ!

家の改装をする材料を買ったDIYのお店でのこと。ベニヤ板などの配達を頼むと、「次の日曜日にお届けします」

え!?耳を疑った。日本では日曜日が営業日なのか!

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

IMG_0027
高層ビルと金刀比羅宮の同居する東京

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: あなたの街で、街中が完全に休息する日が週に1日あったらどうだろう?案外ホッとする人は多いのではないだろうか?そしてそれは、やればできることだと、欧州の多くの街が証明している。

*************************

無料メールマガジンを始めました。このメールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のツボ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けないお話しばかりです。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (7) — DIYショップに噴き出すエネルギー

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【わーー、日本て凄い!!】

カビ退治から始まった私の日本生活。今日はDIYセンターに資材を買いに行くところまで漕ぎつけた。

わーー、日本て凄い!!

DIYセンターとホーカーズセンター(シンガポールの屋台集団)が同居している!😳😲
お店の品揃えはハンパなく、一軒の家が建つほどの資材と用具と部品に圧倒された。
その上の階には、それはもう多種多様なおいしいモノを安い値段で楽しめる広大なオープンカフェテリアが、買い物に来た人々を待っている。

こんなのスイスにはあり得ない!

人口830万とこぢんまりしたスイスに長く住んだせいだろうか、日本にあるモノや設備が何でも大規模に見えてしまう。

それに日本の食べる物の気前の良さ。こんなに美味しくて安くていいの?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

2018-06-01 15.29.33

2018-06-01 13.08.47

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:生活密着ビジネス集まる日本人の噴き出すエネルギー量には圧倒されるものがある。それを経済再生に結び付けられないか、考えて見よう。

*************************

お待たせしました!

近々無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

少し日本語を話してくれませんか、と医者に言われました。え!?

あなたの国際ビジネスをご一緒に進めるパートナー、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【わたしがヨーロッパで受ける親切は、あなたのおかげです】

これは本当の話です。先日、州立病院に行ったときでのことした。今まで医者がわたしのカルテを見て、「あなたは日本人ですか?」と話の枕みたいな感じで聞かれたことはありましたが、「話してください」は初めてでした。😳

よく聞くと、その先生、H先生は阪大で勉強されたことがあったそうです。「T 教授を知っていますか?」と聞かれましたが、それはいくらわたしでも無理というもの。

H先生とは短い会話でしたが、阪大では、教授や同僚にとても親切にしてもらった様子がその口ぶりから伺えました。きっと目の前のわたしを見て、日本が懐かしくなったんでしょうね。
外国で暮らしていると時々感じます。かつて日本に行き、そこで親切にしてもらった人々が、わたしに親しげに話しかけたり、好意を持って接してくれることがあるのです。

わたしの今受けている好意は、わたしの知らない日本の誰かが、目の前にいるこの方にかつて親切にしてくださったおかげなんですね。

あなたの、外国の人に対する親切はこんな風に巡り廻って、別の日本人にも届いているんですよ−!

そう思うとき、わたしも人には親切にしたいと思うんです。それが巡り廻って、きっと他の誰かをいつかどこかで助けることになります。

自分とは異なる他者から視点を学ぶと、
世界はこんなに面白くなる!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:外国で暮らすと、日本の誰かの親切の波紋がが自分に廻ってきていると感じることがある。親切は心のコミュニケーション。心がけよう。

IMG_0994
初夏のジュネーブ

 

*************************

お待たせしました!

無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くんだろうか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスのコツや気づき、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ