ヨーロッパは”おばさん”がチャーミング

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【大人が大人として振る舞っていると映った!】

まずこの写真をご覧ください。

Appenzeller bier

チューリヒで仕事の終わった蒸し暑い日の夕方、ジュネーブ行きの列車まで時間がありました。そこで駅構内のビアスタンドで白ビールを一杯飲んで一息ついた時のこと。

そのスタンドで出していたビールのコップ敷に目止まりました。アッペンツエルというスイス東部の州で醸造されるビール会社の作ったものらしい。

アッペンツエル地方の衣装でしょうか、民族衣装を着た男女が楽しそうに語らいながら、美味しそうにビールを飲んでいます。

そこに若い人がいない。描かれた5人の誰もが日本で言うと”おじさん”、”おばさん”といった感じです。

それで思い出しました。

パリでヨーロッパ生活を始めた頃の事、パリでは40代を過ぎた女性がチャーミングだと気がつきました。

彼女たちはなんというかこう、堂々としている。女性として一人前という雰囲気を持っている。それに比べると、20代、30代の女性はパリではまだ一人前の大人として見られていないような感じがしました。私の主観なんですけれど。

ウィーンに行くと大人として堂々としている女性の年齢はもっと上がり、50代にならないと大人の仲間入りをしないようです。繰り返しますが、そういう街の空気を私が感じたということで、誰かに聞いたわけではありません。

私の経験ですが、ヨーロッパではどこに行っても、日本で言う”おじさん”、”おばさん”という年代の人々が堂々としているのです。大人は大人として振るまっているように私の目には映りました。

*************************

オンラインセミナー地球市民塾 ーー 世界と関わってきた人たちと話そう
「国際会議で活躍したい人へ」  
いよいよあと4日  8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/h34Bvd

オックスフォード緊急報告会 by 西山哲郎さん
8月28日 月曜日 日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/hTLCHB

*************************

 

 

Ecole du ski! — わかって貰えた!

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【今も耳に残る”Ecole du ski!”】

皆さんにもきっと、誰かに自分をわかって貰えた!と思う瞬間があると思います。
そういうとき、とても嬉しくありませんか?

私にとって忘れられないその瞬間は、
“Ecole du ski!” “Ecole du ski!”(スキーがっこう!)
と口々に答える子供たちの声でした。

大学卒業前の春休み、父のお下がりの布製のリュックを背負い、ヨーロッパに一人旅に出ました。

スイスのアデルボーデンという村のスキー場に着いたときのこと、そこがどこだかは忘れましたが、周りに子供たちが大勢いて、フランス語で話していました。村の子ではなく、どこかから団体で来たような風情でした。

この村に来るまでの間、日本で習った標準ドイツ語の全く役立たないスイスのドイツ語圏で苦労してきたばかりだった私、自分の知っている言葉が聞こえて嬉しくなり、東京のアテネフランセで習った単語を総動員して話しかけてみました。

“Vous êtes en vacances d’hiver?”(あなたたち冬休み?)

そのときに返ってきたのが”Ecole du ski!”(スキーがっこう!)!

ああ、通じた!
私の言うことをわかってくれたのね!
スキー学校のことをフランス語でEcole du skiというのね!

*********************

オンラインセミナー地球市民塾 ーー 世界と関わってきた人たちと話そう
「国際会議で活躍したい人へ」
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/h34Bvd

オックスフォード緊急報告会 by 西山哲郎さん
8月28日 月曜日 日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/hTLCHB

***********************

 

IMG_2837

ロンドンで読み終えた、王子と乞食

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【セントポール大聖堂で知識と経験のギャップを、また一つ閉じた】

ああ、ここなんですね!

「待て、国王は私だ!」

乞食の少年トムか今にも戴冠されんとする瞬間、トムと入れ替わり乞食に身をやつしていた本当の王子エドワードが駆けつけて、声を上げたあの場所は。

「その時鈴をふるような、けれども凜とした声が堂内に響きました」

そんな訳文だったと思います、たしか。

セントポール寺院の大聖堂で、私は「王子と乞食」(マーク・トウェイン)を今読み終えました。

そんなヨーロッパでスイス人の夫と暮らし始めたら(これ私じゃありませんが)、日本のアタリマエがぼろぼろ外れることばかり。あなたも新鮮な目線で考えるヒントを見つけませんか?スイス在住ウン十年の私たちファシリテーターと一緒に日本のジョーシキを外してみませんか?私たちはスイスからZoomを通じて参加します。

スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
オンライン夏フェス2017 で90分間笑って頂きます。
日時:2017年8月5日(土)日本時間 19:00 〜20:30
会場:ZOOMオンラインミーティングスペース
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
詳しくはこちらから↓ お申し込みもできます↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/onlinefestival2017

IMG_0081
セントポール大聖堂、ロンドン

**************************

 

街で定冠詞のチカラに気付くとき

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【私の苦手な英語の定冠詞と不定冠詞の使い分け。ある日街でそのヒントを垣間見ました。】

まずこちらの写真をご覧ください↓

The Dentist

ロンドン郊外の街で目を射たこの看板、
これぞ定冠詞!

「われこそは歯科医なり。」

私は30年以上、ヨーロッパの多国籍社会で英語で仕事をしています。それでも、定冠詞、不定冠詞の使い分けのセンスが甘いと自分で思います。冠詞は日本語に存在しない文法の部分なので、理屈はともかく感覚としてどうしても理解しきれないところが残るのです。

実際のところ、私は日々大量に読み書きする英文に、いちいち冠詞の伝えるニュアンスの違いにセンサーを伸ばしていないんですが。

けれども、本当はそれは英文に更に一歩踏み込むために必要なことだと思っています。そこがわかると、英語のコミュニケーションは深みを増すのではないかと思います。

そんなヨーロッパでスイス人の夫と暮らし始めたら、日本のアタリマエがぼろぼろ外れることばかり(これ私じゃありませんが)。あなたも新鮮な目線で考えるヒントを見つけませんか?スイス在住ウン十年の私たちファシリテーターと一緒に日本のジョーシキを外してみませんか?私たちはスイスからZoomを通じて参加します。
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
オンライン夏フェス2017 で90分間笑って頂きます。
日時:2017年8月5日(土)日本時間 19:00 〜20:30
会場:ZOOMオンラインミーティングスペース
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
詳しくはこちらから↓ お申し込みもできます↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/onlinefestival2017

**************************

 

 

欧州統合?その言葉を鵜呑みにするべからず

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【欧州には欧州の事情があります。柔らかく向き合いましょう】

アムステルダム空港のチェックインカウンターでーー
「ラップトップはお持ちですか?」
「はいはい、チェックインするトランクに入ってますよ」
「ではそれを出して機内に持ち込んでください」
「???」(自分の耳を疑った)
「ラップトップの電池が危険なのでチェックインは禁止されています。セキュリティーチェックを通さなければいけません」
「ヨーロッパの他の空港ではチェックインには全く問題はありませんでしたが」
「ここではそうなっています」
私はここで自分の運命を悟った。
せっかく昨晩きれーーに荷を詰めて、カギをして、ベルトまで掛けたトランク。全部おじゃんにして、居並ぶ人々の目の前でバーッと観音開きのトランクを派手に開け(そうするほかない)、マックを取り出して、またトランクを閉じて、ベルトを掛けるまでの手順を踏んで、と。パッキングのフルコースを二度やりました。
欧州統合なんて誰が言ったんだ!とふと思うのはこういう時。いやいや、現実の前に理屈は無力だ。
欧州統合という言葉をぼんやり鵜呑みにしていた自分の迂闊さに気がついたのだった。

そんなヨーロッパでスイス人の夫と暮らし始めたら、日本のアタリマエがぼろぼろ外れることばかり(これ私じゃありませんが)。あなたも新鮮な目線で考えるヒントを見つけませんか?スイス在住ウン十年の私たちファシリテーターと一緒に日本のジョーシキを外してみませんか?私たちはスイスからZoomを通じて参加します。
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
オンライン夏フェス2017 で90分間笑って頂きます。
日時:2017年8月5日(土)日本時間 19:00 〜20:30
会場:ZOOMオンラインミーティングスペース
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
詳しくはこちらから↓ お申し込みもできます↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/onlinefestival2017

**************************

IMG_0200
ハーグの国会議事堂

 

 

歴史と難民とヨーロッパと

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【歴史と難民とヨーロッパと】

タチアナは、ハーグ(オランダ)で行われた研修の同級生だった。

「タチアナ、あなたはドイツ語も話すの?」
「ええ、ドイツ語は私の母語よ。」
「じゃあ、なぜあなたはロシア語の名前を持っているの?」
「それはね、祖父がロシア人だから。祖父はツアー(ロシアの皇帝)に使えていたの。それが1917年に革命が起きて、家族を連れてロシアを出てドイツに亡命したの。そのあと私が生まれたのよ。つまり私は難民の子だったわけ。
私は今でも難民をかばってくれたドイツには感謝しているわ。そして自分も難民のために何かをしようと思っている。
今はルクセンブルグに住んでいるけれど、そこで仕事の傍ら難民支援の活動を続けているのよ。」

さらりとそういう話をするタチアナは、夫とは別れ一人で仕事をしながら3人の子供を育てている。

彼女は三つのパスポートを持ち、五つの言葉を話す。

タチアナのような人がヨーロッパにはそちこちにいる。

そういう人に出会うのは、いつも偶然の機会なのだが、その偶然にあちこちで行き合う。
そういう複雑さを日常に抱えるのがヨーロッパという土地なのだ。

そんなヨーロッパでスイス人の夫と暮らし始めたら、日本のアタリマエがぼろぼろ外れることばかり(これ私じゃありませんが)。あなたも新鮮な目線で考えるヒントを見つけませんか?スイス在住ウン十年の私たちファシリテーターと一緒に日本のジョーシキを外してみませんか?私たちはスイスからZoomを通じて参加します。
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
オンライン夏フェス2017 で90分間笑って頂きます。
日時:2017年8月5日(土)日本時間 19:00 〜20:30
会場:ZOOMオンラインミーティングスペース
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
詳しくはこちらから↓ お申し込みもできます↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/onlinefestival2017

 

**************************

IMG_0202
ハーグの中心部にある広場

ヨーロッパも文化のモザイク

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【文化の多様性を空気のように呼吸するヨーロッパの人々】

今週は変革マネジメントの研修のためハーグ(オランダ)に来ています。

一緒に受講する人々は欧州の色々なとことから来ていますが、文化の専門家が多いので、昼食のテーブルでは自ずとヨーロッパの色々な地方文化の読み解きや、見た目は小さいけれど本質的な違いの話で盛り上がります。

昨日はブラッセルに住むブルガリア出身のマリエレナが彼女の体験してきたオランダとベルギーの国民文化の違いを話したら止まらなくなり、今日はスペインのハビエルが、カタロニア、バスク、カスティリャーノ(中央スペイン)の文化に違いはあるか、自分の観察によると、、を語るという具合。

英語が私たちの共通の言語ですが、ここには英語を母語とする人は誰もいません。
こんな思いがけない機会に、文化の専門家たちの語る生きの良い異文化観察の話を聞けるとは!
この人たちは、文化の多様性を空気のように呼吸しているんですね。

ヨーロッパってこんなところが面白い。

そんなヨーロッパでスイス人の夫と暮らし始めたら、日本のアタリマエがぼろぼろ外れることばかり。あなたも新鮮な目線で考えるヒントを見つけませんか?スイス在住ウン十年の私たちファシリテーターと日本のジョーシキを外してみませんか?私たちはスイスからZoomを通じて参加します。
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
オンライン夏フェス2017 で90分間笑って頂きます。
日時:2017年8月5日(土)日本時間 19:00 〜20:30
会場:ZOOMオンラインミーティングスペース

スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)
詳しくはこちらから↓ お申し込みも同じです↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/onlinefestival2017

**************************

 

IMG_0139