フランス語を習っていて悔しかった話

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【羨ましいを通り越し、神様は不公平だと思った】

ジュネーブには州立の語学学校がある。語学と行っても大半はフランス語のコースで、それから少々の英語コース。スイスの国語であるドイツ語は英語よりもクラスが少なく、同じく国語のイタリア語はあるにはあるが受講者が少なくて閉講になるコースもあるほど。スイスに加盟したのはたったの200年前、スイスの都市というよりも国際都市であるジュネーブらしい現象だ。

人口の半分以上が外国生まれの人々という土地柄。この州立の学校は色々な理由でここに移住した人たちの自立を言葉の教育で助ける役目も担っている。

私もこの学校に1年近く通った。

色々な国から色々な理由でここに来た人々がクラスにはいた。年齢も様々だった。

ラテンアメリカの人たちは勉強しなくてもフランス語がスイスイ上達した。母語のスペイン語はフランス語にそっくりだからだ。彼、彼女らは書いたものなら習わなくても読める。彼ら、彼女らの発音は母音をハッキリ発音するスペイン語ふうだが、かまうことはない。遠慮とか、自分を恥じるという思考回路のない、前に前に出て行く明るい人々だ。発音がどうだろうが文法があやふやだろうが、とにかく話す。これでうまくなっていく。

夏の講習の時は羨ましいを通り越し、神様は不公平だと思った。ラテンのクラスメートたちは、朝5時までディスコにいて、予習も復習もせずにクラスに出てきて私よりも早く上達する。

反対に同じ悩みを持つ人々がいると知って嬉しかったのは、ロシア語やポーランド語が母語の人たちがクラスにいたときだ。彼・彼女らの言語にも冠詞、定冠詞の区別が無いのだそうだ。
ひゃあーー嬉しい!私だけの悩みじゃなかった。

私などよりもっと必死に言葉を学んでいる人々がいます。ヨーロッパに来た難民と呼ばれる人々です。

彼ら、彼女らにとって言葉は新しい土地で生きていくために不可欠の手段です。
11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回ではその難民を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」

インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さんです。

私たちはこの地球の課題にどう取り組めばいんでしょう?
難民て、あなたの隣人かも知れません。
長坂さんの取材したドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

いよいよ明後日です。
11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
キャンセルが出ました!あと2席あります。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になって下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

写真はジュネーブの典型的な11月の空。雲が二層になって垂れ込める。暗いのなんのって。
IMG_0328

 

************************************

広告

三桁と四桁

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【三桁と四桁】

ヨーロッパに来て以来、仕事と暮らしで避けて通れなかった小さなひかっかり。それは数字の桁の区切りが日本語と英仏語とではずれていること。日本語は四桁区切り、ヨーロッパは3桁区切り。

あーー面倒くさい ーー 何度思ったことか。この苦労は他の欧州言語には無いからまわりの誰にもわかって貰えないのもシャクのタネだった。

今日はその逆が起きた。

毎週 にほんごを勉強しに来る生徒のマダム。

今日は数字の読み方の練習をした。千とか万とかの四桁区切り。彼女にとっはこんなの初めて!だって、にほんごの教科書の標記でも数字は三桁区切り。にほんごの数字の読みはどこにも書いてないけれど読み方だけを変えるという、まるで言葉の空中ブランコ。
ややこしくて彼女は混乱しましたとも。

思わず言ってしまいました、
「その逆を30年もやってきた私って偉いでしょ」
クククッ。

今世界中に、のっぴきならない事情で、故郷を出て言葉のわからない外国に住もうとしている人々が何百万人もいます。
難民と総称される人々です。
その人々の外国に住む苦労は私なぞの比ではありません。
11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回ではその難民を支援する人々に焦点を当てます。
「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」
インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さん。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
私たちはこの地球の課題にどう取り組めばいんでしょう?
難民て、あなたの隣人かも知れません。
ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんからもっとお話しを聞きましょう。
あと2席あります。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓   ↓
https://goo.gl/DqjsPX

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になって下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

 

IMG_3426

************************************

すべて可能ですーEverything is possible

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【私は自分の可能性の扉をあやうく自分で閉じるところでした】

Everything is possible (すべて可能です)

先日あるミーティングでこの言葉を久しぶりに聞きました。

私が何かに行き詰まって悶々としているとき、何度か友人や同僚から貰いました。

よく似た言い方で”Everything is negotiable”(何でも交渉次第よ)というバージョンもあります。

英語でもフランス語でも同じです。

そういわれる度に私は自分が如何に狭い思考の枠に囚われていたか、ハッと気付かされたものです。

スイスの永住許可申請の資格のことで州政府から断りの返事を貰ったときも、その言葉が出てきました。

それを言ったのは当時勤めていた会社の人事部長ウルスラです。もうだめかと絶望し、手も足も出ない思いに囚われていた私に彼女はそう言いました。そうして、「私が一緒に州政府の移民局に行ってあげるから、もう一度話をしに行きましょう」と言ってくれました。

え、外国人の居住ビザさえネゴ出来るの?
だってもう断り状を貰ってしまっているのに?

私は半信半疑でした。

私が永住許可証を手にしたのはその半年後です。

私は自分の可能性の扉をあやうく自分で閉じるところでした。

今世界中に、外国に住む必要があるのにビザのない人々が何百万人もいます。戦闘地域となったり、干ばつなどで食べ物が窮乏し住めなくなった故郷を離れ他国に来た難民と総称される人々です。

11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回ではその難民を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」

インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さんです。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
長坂さんはそんなドイツの人々をインタビューし「難民と生きる」という本に纏めました。

取材を通じて長坂さん御自身も変化したとおっしゃいます。それはどういう変化だったんでしょうか?

私たちも長坂さんとお話ししながら体験してみませんか?
難民は日本人にとってもよその出来事ではありません。アジアにも大勢います。
私たちはこの地球の課題にどう取り組めばいんでしょう?
ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になって下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんと対話しましょう。
定員20名ですが続々とお席が埋まっています。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

IMG_0326

************************************

あなたはオンラインセミナーで自分からミュートしますか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

***************************

【オンラインセミナーにも日本と欧州の違いが表れます】

日本で大ブレークの兆しを見せているオンラインセミナー、そこにも文化の違いが表れます。
例えばミュートの使い方(ミュート;オンラインセミナーなどで自分のマイクロフォンをオフにして話し声が聞こえないようにすること)。

どうも日本ではミュートがデフォルトらしい。ファシリテータや講師が何も言わなくても、受講者はいつのまにか揃ってミュートしています。

反対にヨーロッパでは必要な時以外はミュートはしないのが一般的。リアルのセミナーでは講師が話しているときでも自由に質問やコメントする習慣を、そのままオンラインに持ってきているんでしょう。

またヨーロッパでは、オンラインセミナーを進めるコツとして、「5分以上受講者を黙ったまま(何もしないまま)にしておいてはいけない」という経験則があります。ひとりぼっちでラップトップに向かうオンラインセミナーには集中力が働きますが、反面、疲労もリアルの場より早く来るからです。次々に色々な動きや、会話の機会を設けて受講者が飽きない工夫が必要、というわけです。

ところが日本では受講者の沈黙時間の長いこと!だいたいどなたも20分間ぐらいは黙って講師の話を聞いていられるのではないでしょうか?この点では日本人はヨーロッパの人々よも我慢強い。

日本の流儀とヨーロッパのそれと、皆さんはどちらがお好きですか?

************************************

このポストはもともとFacebookに出したものです。直ぐに多くのコメントを頂きました。ここに私のまとめを記しておきます;

コメントを下さった皆様、ありがとうございます!それぞれに私になかった視点やご経験があって考えを深められました。

個人差か文化の違いかは、こういう話をするときにいつも話題になります。私は、文化とは個人に還元するものではなくて、人が集団になったときに他の集団と比較して、表れてくる違いだと思うんです。というか、文化はステレオタイプではなく、ある集団の人々の無くて七癖のようなものだと言いましょうか。

日本の方たちを観察しているとオンラインミーティングに慣れている人ほど自分からミュートにされるようです。雑音のあるなしに拘わらずもそうされる方が多いので、これは日本ではオンラインミーティングの常識とか、マナーとして根付き始めているんじゃないかと思って見ています。慣れない方の不安感では?というMさんのコメントももっともだと思うんですが。

この不安というファクターは面白いですね。

人は不安なときにどういう行動をとるか、ということは文化を色濃く反映していると思います。もちろん、個人差はありますけれども。

ヨーロッパにもオンラインミーティングに慣れない人やそのために不安を感じる人は日本と同じぐらいいると思います。ところが、そこから来る行動がどうも日本人とは違うような。いえ、これも個人ではなく、人の集団を観察した場合の話ですが。

西ヨーロッパを観察した経験では、不安感からミュートにする人は少ないように思います。

Yuh さん、Yuko さんが仰るように、沈黙のオーディエンスに慣れているかどうか、それを居心地悪いと感じるか感じないか、の違いがあるかも知れません。

さて、、。こういう話は、話題が尽きませんね。今日はこの辺で。
皆さん、たくさんの気づきをありがとうございました。

IMG_0085

**************************

 

このメール、あなたならわかりますか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【このメール、あなたならわかりますか?】

あなたはある日こんな内容のメールを受け取りました。

「○○さん、
XXXという良い提案をありがとうございます。
ただどうも、YYYの方が良いように感じるのですが、どんなもんでしょうね?」

日本人ならこれで会話が続きます。

ところが、こういう言い方に多くのヨーロッパの人々は困り果てるのです。

「この人は、私のXXXという提案に対して、賛成(Yes)なの、反対(No)なの?」

たとえあなたがYYYを提案するにしても、「No, 私はXXXには反対です」と一旦はNOと言い、続けてYYYを提案する方がヨーロッパの人々にははるかに分かり易いのです。

そんな文化の中でもまれて30年、今の私のチャレンジは日本語でメールを書くとき、(日本標準でみると)ものをハッキリ言いすぎて受取る相手に無用なショックを与えないよう、毎回充分気を付けることです。

え?まだ修行が足りないですか?

まことに同時に二つの文化圏の中で生きるとは、二つの帽子を持ち、臨機応変に頭に載せる帽子をスイッチするようなものです。

**********
次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」はいよいよ今週の土曜日です。

ゲストは広瀬晴子さん。
UNESCO, UNIDOという国連機関の要職はすべて自力で取られたポストという、日本人としては数少ないご経歴の持ち主です。

国連の後はモロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

こんな生き方もあるということをじかに知ってみませんか?
未知の世界を知りたい人たちと、オンラインで出会ってみませんか?
きっとあなたの生き方のヒントが見つかります。

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

**************************

IMG_0854

あなたはランチにワインを添えますか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【自分で決めればいいのです】

私の最初に参加した国際会議はジュネーブの国際会議場で開かれました。大小の会議場、セミナー室、6カ国語の通訳の入れる通訳室などを備えた立派な施設です。

昼食休憩の時間になり、セルフサービスのカフェテリアに並んだときのこと。ドリンクコーナーに赤白のワインのつがれた小さなグラスがずらっと並んでいるではありませんか!

東京の社員食堂しか知らなかった私はビックリ!

「昼ご飯にアルコールを?」

どうも私にはそういうことがしっくり来ませんでした。

ところが、まわりをよく見るとワインを昼食時に頂くのはここだけではないんですね。この地方の習慣のようです。国際会議場でも人々は当たり前のようにワインをトレイに載せていきます。ワインを飲まない人も、もちろんいます。

各自が選べば良いんです。

酔うまで飲む人はいません。

節度も好みも自分で決めるのです。

会議の場合、昼食休憩は2時間ある場合がほとんどでした。休憩するだけでなく、ビジネスランチの時間に充てる人々への配慮でしょう。

こういう仕事の仕方とか時間の流れに身を置いて、なんだかゆったりしていていいなあと思いました。

**********
次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」はいよいよ今週の土曜日です。

ゲストは広瀬晴子さん。
UNESCO, UNIDOという国連機関の要職はすべて自力で取られたポストという、日本人としては数少ないご経歴の持ち主です。
国連の後はモロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

こんな生き方もあるということを直に知ってみませんか?
未知の世界を知りたい人たちと、オンラインで出会ってみませんか?
きっとあなたの生き方のヒントが見つかります。

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

写真はローザンヌ工科大学のローレックス ラーニングセンター(総合図書館)。足下に据え付けたただの金属板とおもいきや、陽光を反射すると物理学者の顔になる彫刻。科学的で創造的、さすがはイノベーションの殿堂!マリー・キュリーの肖像もあります。

IMG_0256

 

**************************

あなたは自分で思っているよりもっと自由

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【自分のルールを決めるのは自分です】

パリの国際機関に来て1年目の終わり頃のことです。

日本の企業とは仕事の進め方も人とのつきあい方も全く違うと気付かないまま過ごしてしまった、1年目の終わり。そういう私にもやっと自分の調査報告書を担当する委員会で発表する機会が巡ってきました。

発表の練習をしたんですが、どうしても時間が余ります。じゃあ、早めに切り上げようかと思っていたときのこと。ヨーロッパ人の友人から檄が飛びました。

「余った時間はあなたの時間だ。あなたの思うことを言いなさい」

えーーー!?

考えたことも無かった。

そして自分の甘さを思い知りました。

誰かがi決めたルールが自分の外側にあって、自分はそれを守らなければならないと無意識のうちに思い込んでいたのが私でした。そういうお人好しでした。

ここでは違うのです。自分のルールを決めるのは自分です。

**********
私のような立場で仕事をされてきた方を、もうお一人知っています。その方が、次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」のゲスト、広瀬晴子さんです。

UNESCO, UNIDOという国連機関の要職を務めた後、モロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

(写真:マッターホルンの夜明け)

IMG_0919

 

**************************