栗崎由子さんを知る!<突撃!注目の起業家インタビュー>

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【取材者の視点で栗崎由子の仕事を見ると】

売れるきっかけを作るコンサルタント、集客・販促アドバイザー青山華子さん。徹底してプロフェッショナルで誠実な青山さんは私の起業の師でもあります。

その青山さんのブログ記事として取材していただきました。ライターは聞きまとめライター、Webライターとして企業経営者を支援する飛花くるみさんです。

さすがはプロのライター、飛花さんに私のメルマガについてこんなふうに言って頂いて嬉しかったです:

「グローバル」にとらわれずとも、日本を外から見た視点を知りたい方や、これまで自分の中にない考え方、新たなアイディアを求めている人にも最適ですよ。

栗崎由子さんを知る!<突撃!注目の起業家インタビュー>

ニュースレター(無料)の登録はこちらこちらからどうぞ。

 

IMG_0247

 

*************************

広告

翻訳は社会の違いを隠すーーこともある

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【翻訳のかげに社会の違いが隠れてるって?】

あなたはどこかの子供に年齢を尋ねるときに何と言いますか?

最近英語の字幕の付いた日本映画を見ていて面白かった。

ある場面、やさしそうな女の人が、近所の子供に年を尋ねている。

「今、何年生?」ーー学年を聞いている。

字幕の方は、“How old are you?”ーー年齢を聞いている。

英語では”What grade of the school are you in” などとは決して子供に尋ねたりはしないだろう。

それで思い出した、日本では学年と年齢が一致するんだった!だからこんな聞き方ができるのだ。

スイスでは違う。年齢と学年は必ずしも一致しない。同じクラスの年齢の違う子供たちがいる。というのも、学力が不足し進級するには不十分と認められた子供は、同じ学年でもう一度勉強するからだ。つまり、落第である。

ところが、スイスでは小学生の落第は不名誉でもかっこ悪いことでもないんだそうである。スイスで3人のお子さんを育てている道子さんのお話しだ。

親も周りの人も「自分に合ったペースで勉強できていいじゃない?」とおおらかなものだそう。

たかが子供に年齢を聞くことからして、あちらとこちらの面白い違いが見えてくる!

ただしこれがビジネスだとしたら、笑い話で済まされない事が起きてくる。日本人上司と現地人スタッフの意識のすれ違い、合併相手の企業文化との不和などは、大抵はこういう小さな価値観や互いに思い込んでいる「これが常識」の食い違いが原因だ。

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをあなた個人に宛てにお届けします。日本人のための国際交渉術、日本発国際センスの学び方、などの他にヨーロッパで仕事をする苦労話などもお届けしようと思います。

用意ができたら直ぐにお知らせしますので、どうぞご登録を!

IMG_0280

 

*************************

違う土地から来た人々とネギやキャベツの話をしてでさえ

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【なぜ私は日本の八百屋さんに目が眩むのか?】

まずこの写真をごらんください↓

八百屋

こんなの平凡な光景ーーともしもあなたが思ったら、あなたはもしかしたら今手にしている幸せに充分気付いていないかもしれません。

日本の八百屋さんの店先で、私は目が眩んでしまいます!

食が豊か!

日本ではキャベツも味噌汁の具になるほど柔らかい。生き生きした大根の切り口!

ヨーロッパにもネギやキャベツはあります。けれどもネギなら、英語でリーク、フランス語でポワロと呼ばれるそれは、日本のネギとは似て非なるもの。しっかり巻いた固い葉、強い香り。味噌汁の具にするときは薄切りにしないと、柔らかくなるまで煮るのに時間がかかります。日本のネギのような生食はできません。

キャベツは水分の少ないパサパサした食感。刻むときは包丁よりもカンナで削る方が良いのではと思うくらい。固い葉がしっかり巻いています。なるほど、酢漬けにして保存食になるのはこういうキャベツかと納得。

私はキャベツの味噌汁が好きなんですが、それができるのは年に一度、新キャベツがお店に出てくる5月初めの時期だけのお楽しみ。

そのかわり、ヨーロッパの力強いネギには焼いて食べるという楽しみがあります。しっかり蒸して美味しい塩を一降りというのも良い。

違う土地から来た人々とネギやキャベツの話をしてでさえ、その頭に思い描くもの、味の記憶は全く違う。これがビジネスの場面だとしたら、あなたの知らない間に行き違いが起きているかも知れません。軽い行き違いならあってアタリマエですが、それがよじれたら取り返しの付かない事態になるかもしれません。国際M&Aの失敗の7割が文化の違いを双方が充分理解しなかったためといわれています。

そこをもっと知ってみたいと思う方は、ただいま準備を進めているメールマガジンにご登録ください。メールマガジンではブログに書かないことをあなた個人に宛てにお届けします。日本人のための国際交渉術、日本発国際センスの学び方、などの他にヨーロッパで仕事をする苦労話などもお届けしようと思います。

メールマガジンの用意ができたら直ぐにお知らせします!

*************************

2018年 初夢の話

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【新年 あけましておめでとうございます! 初夢の話】

IMG_0393

皆さんはどんな初夢を見られましたか?

私の初夢はヘンな夢でした。

ジュネーブ郊外の、大きな家の並ぶ住宅地にあるヨガクラブに私はいました。大勢の人々と入会申し込みの順番を待っていました。その場所は、クラブの中にあるカフェで、ゆったりしたスペースが順番待ちの人で満員でした。中には待っている間にカードゲームをしているグループもありました。

気がつくと、私のTシャツがありません。スポーツバックの中に入れたはずなのに。おかしい!私はもう半ば焦ってそのTシャツを必死で探していました。

探しても探しても見つからないので、遂に「これはおかしい。きっと夢だわ」と思い始めたところで、意識が戻りました。

日本滞在の後スイスに戻ると、似た現象が起こります。それは何かの商品のパッケージを開けるときです。私はつい一生懸命に開け口を探してしまいます。

日本の商品の包装はすばらしくて、必ずどこかに開封口がつけられていますよね。ところがヨーロッパにはそういう気の利いたものはまずついていません。なのに、日本にいたときの癖で、つい開け口を探してしまうのです。いつのまにか、日本の習慣をスイスでも出してしまうのです。そういうとき、日本の包装技術ってすばらしかったなあと、しみじみ日本のありがたみに気付くのです。🤨

今年は新しいメールマガジンを発行しようとただいま準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをあなた個人に宛てにお届けします!

日本人のための国際交渉術、日本発国際センスの学び方、などの他にヨーロッパで仕事をする苦労話などもお届けしようと思います。

メールマガジンの用意ができたらお知らせしますので、どうぞご登録ください!

*************************

自分とは異なる他者から視点を学ぶと、世界はこんなに面白くなる!

新年最初のオンラインセミナー地球市民塾は知っているようで良く知らない隣国、中国で始まります。その中国とガップリ取り組んだ深尾葉子さん(深尾 葉子 大阪大学准教授)のご経験と、そこから「心を自由にするには?」というテーマまで、幅広く問題関心を拡げてこられた思索の道筋を伺います。

”中国の環境問題から人の心の真髄へ”
「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ 第7回
1月19日 金曜日 日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 12:00 – 13:30

お申し込みはこちらからどうぞ。

皆様の新年が、暖かく幸福でありますよう、お祈り致しております。

************************************

イノベーション大国スイスを支えるグローバルな人材活用

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【ここには国を問わずに優秀な能力を集め、スイス人と共存させるしくみがある】

世界でもトップクラスのスイスの有力ビジネススクール、IMD(経営開発国際研究所)は毎年「2017年世界競争力年鑑」を発表する。今年スイスは2年連続で2位だった。今年の1位は香港、日本は昨年と同じ26位だった。この調査ではスイスは常に上位5位以内にランクされる。  国土面積は九州ぐらいと小ぶりで、人口は約800万人と東京都よりも少なく、上天然資源にも乏しいスイス。その一体何が、イノベーションを可能にさせ、国際競争力のあるビジネス環境を作っているのか?政策と、教育、研究の側面から見てみた。

スイスにイノベーション政策はない!?  
「スイスのイノベーション力の秘密」(日本貿易振興機構(ジェトロ)発行、2015年7月)の共著者江藤学氏は「スイスには、イノベーション政策としてまとまった政策は存在しない。」と冒頭で述べる。スイスにはイノベーション政策どころか、産業政策さえ存在しない。つまり、スイスがイノベーション大国であるのは政策誘導の結果ではないことにまず着目したい。 スイスの産業構造の特徴は、世界レベルの大企業と、多数の中小企業とが存在することだ。だからスイスでは産業振興施策が、そのまま中小企業振興策となる。

江藤氏はスイスの中小企業振興策の力点は競争政策にあるという。小さいから保護するのではなく反対に競争に晒すことにより鍛えようというのだ。 「スイスにおける産業育成は、競争環境を整備することにより、本当に優秀な企業のみが生き残り、高付加価値製品を生み出す環境を作り出すことにある。(中略)スイスが世界各国とFTA(筆者註、自由貿易協定)を締結することは、スイス企業の市場を世界規模に広げることとなるが、同時にスイス企業を世界規模での競争環境に連れ出すことに他ならない(下線は筆者)。」 そのような国で政府の役割は人材の確保・育成にある。スイスの製品・サービスの高付加価値化を可能にするのは人だからだ。

国際的なスイスの高等教育研究機関
スイスでは外国人も取り込んだ人材育成が非常にうまく行われている。 スイス国内ではスイスの大学進学率は低い。また、大学に行くことが就職を有利にする条件とは限らない。日本の中学に相当する学校を卒業する年齢はだいたい15歳頃だが(註:スイスの教育は州の管轄なので連邦全体をまたがる共通の義務教育制度はない。そのため終了の年齢にもバラツキがある)、その時点で、子供たちは職業教育の学校に進み職業技能を身につけるか、大学進学を前提とした高校に進み、将来は研究職に進むかを選択しなければならない。たった15歳で将来を決めるのだから、これは親にも本人にもなかなか困難な選択だ。

大学に進んでも卒業するのは大変厳しい。授業について行けなくて、半数の学生が途中でコースを変更するか、または職業教育の学校に移るといわれている。

その代わり、大学を卒業した学生のうち、修士、博士などの研究課程に進む学生の比率は、OECD諸国の中で最高である。 つまり高等教育を受けるなら企業経営者など社会のリーダーに、そうでなければ、中堅の職業人となって社会を支える人材になるよう方向付けるような教育がスイスでは行われているのである。

このような社会だから、職業学校の地位は高い。

一方スイスの大学進学率は低いが、留学生比率は日本に比べると非常に高い。例えばスイスを代表する二つの高等教育研究機関、連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と、連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の外国人留学生比率を見ると、学部から博士に上がるにつれ留学生の比率が高まっている。いずれの学校も学部生で20−30%、博士課程だと、70%以上が外国人である。

研究者の視点
スイスでは高等研究機関でも国籍に関係なく学際的な研究が奨励されている。

スイスがイノベーションに強い理由について、連邦立の研究機関の一つ、ポール・シェラー研究所(PSI)で生物学の研究を続ける石川尚(いしかわ たかし)さんにお話しを伺った(写真)。

PSI 石川さん2
石川さん、SLS加速器の上で

PSIには、スイス・ライト・ソース(SLS)という素粒子加速器がある。SLSは、それを使った実験にもとづく研究が、科学界で最も定評のある学術雑誌である「ネイチャー」や「サイエンス」に何度も掲載されるような、世界的にも高度な研究機関である。ここにも世界中の専門家が高度な研究のためにSLSを利用しようと集まってくる。

PSIでは、ドイツ、アメリカなどいろいろな国の出身の研究者が集まっている。それぞれの背負う文化は異なるが、それは研究する上で互いにプラスとなり良いことだと、石川さんは考える。研究分野の異なる人々が共同研究を行って研究の相乗効果を高めることは研究所内で奨励されており、また電子顕微鏡などの設備を研究室の枠を越えて共用できることなど、おのおの専門分野を持ちながらも、その境界は開かれている。それが共同研究や頻繁な意見交換の機会を生み出すなど開かれた研究環境を作っている。

また、基盤技術を担う科学者の処遇が安定していることも、良い研究成果の上がる理由として大切だと石川さんは述べる。前述したSLSを例にとると、この設備は、ビームライン科学者(Beam Line Scientist)という肩書きを持つ人々が運用する。いわば、実験設備の専門家だ。個々のビームライン科学者は博士号を持つほどの専門家だが、研究者ではない。研究者ではないので、PSIでは論文の数を増やすことは求められていない。

PSIのビームライン科学者たちは、論文の数を競い、安定したポストを得るために日々心を砕かなくとも、仕事が保障されている。そのため、安心して仕事に打ち込むことができる。学会で評価される上質な研究は、このような人々が縁の下の力持ちとなって支えているのだ。

スイスには、国内の初等、中等教育で育成したスイス人に産業の中堅層を担わせ、企業経営や研究を担う人材には国籍を問わず世界中から優秀な人材を集めて教育する仕組みがある。国を問わずに優秀な能力を集め、スイス人と共存させるしくみがスイスの国際競争力を支えているのだ。

************************************

三桁と四桁

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【三桁と四桁】

ヨーロッパに来て以来、仕事と暮らしで避けて通れなかった小さなひかっかり。それは数字の桁の区切りが日本語と英仏語とではずれていること。日本語は四桁区切り、ヨーロッパは3桁区切り。

あーー面倒くさい ーー 何度思ったことか。この苦労は他の欧州言語には無いからまわりの誰にもわかって貰えないのもシャクのタネだった。

今日はその逆が起きた。

毎週 にほんごを勉強しに来る生徒のマダム。

今日は数字の読み方の練習をした。千とか万とかの四桁区切り。彼女にとっはこんなの初めて!だって、にほんごの教科書の標記でも数字は三桁区切り。にほんごの数字の読みはどこにも書いてないけれど読み方だけを変えるという、まるで言葉の空中ブランコ。
ややこしくて彼女は混乱しましたとも。

思わず言ってしまいました、
「その逆を30年もやってきた私って偉いでしょ」
クククッ。

今世界中に、のっぴきならない事情で、故郷を出て言葉のわからない外国に住もうとしている人々が何百万人もいます。
難民と総称される人々です。
その人々の外国に住む苦労は私なぞの比ではありません。
11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回ではその難民を支援する人々に焦点を当てます。
「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」
インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さん。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
私たちはこの地球の課題にどう取り組めばいんでしょう?
難民て、あなたの隣人かも知れません。
ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんからもっとお話しを聞きましょう。
あと2席あります。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓   ↓
https://goo.gl/DqjsPX

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になって下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

 

IMG_3426

************************************

憧れの西陣電話局、願いはいつか叶う

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【願いはいつか思わぬカタチで叶う】

22560926_1531011836945421_1387435317_o

12月23日にワークショップとトークショウをさせていただくインパクトハブ京都。
ジュネーブのインパクトハブの姉妹が京都にあるなんて!

その場所を地図で見て、またビックリ。
旧西陣電話局の建物を使っているなんて!

その名前には憧れがありました。
私が社会人として歩み始めたのは今のNTT、当時は電電公社と呼ばれていました。

新入社員研修のプログラムには局長講話という科目がありましたが、電電建築局長のお話しが新入社員の私には一番分かり易くて面白かったのです。というのは建築局自慢の電話局の建物を次々にスライドで見せてくれたので。

その中でも最も美しく、文化遺産としても重要なのが西陣電話局でした(旧京都中央電話局西陣分局舎)。今ではNTT西日本西陣ビルと名を変え、また重要文化財となっているそうです。

講話をされた建築局長のお名前は忘れてしまった私です。けれども「この優雅な壁面の彫刻を見てください。電話局にもこんな建築が許された時代があったのです」という意味のことを仰ったことを良く覚えています。

その西陣電話局に入れる!

その中で、私の尊敬する知恵ある小国スイスの目を見張るようなダイバーシティを御紹介できる、そこから何を学ぶか、皆さんと一緒に考えることができる!
願いはいつか思わぬカタチで叶うんですね。
今からワクワクしています。

皆様、西陣電話局で日本を元気にする方法をご一緒に考えませんか?
遠方の方、オンライン参加もできます。

12月23日 15時から20時半まで
地球市民塾 京都スピンオフ

1部:「イノベーションを生み続ける、スイス式ダイバーシティ・ワークショップ」
2部:「世界の第一線で日本人が活躍できる秘訣を探る座談会」
会場 インパクトハブ 京都
京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 西陣産業創造會舘(旧西陣電話局)

詳しいプログラムとお申し込みはこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
https://kyoto.impacthub.net/event/kurisaki/

************************************