30年ぶりに戻ったら (5) — スーパーマーケットデビュー

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【カードはビジネスだけでなく】

ぼちぼちスーパーマーケットデビュー。

お店ごとに「○○会員カードをお持ちですか?」「××スタンプカードをお持ちですか?」と聞かれる。

既に5-6枚たまった。この勢いだと1年後には100枚を越すのではないか?

日本はカードのクニだ。名刺だけの話ではない。

方やスイスでは大きなスーパーのチェーン店は全国に二つ。どのお店に行っても同じものは同じ値段で売られていた。

そのスーパーにも△△カードはあったが、大してお得感はなかった。

スイスに移った当初は、スイス人てケチだなー、商売を知らないなーと思ったものだった。
これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

2018-05-29 23.04.44

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:カードでもなんでも、日本人のすることは細かい点まで徹底しているところがある。これも日本人の一面と思って観察を楽しもう。

*************************

お待たせしました!

近々無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (4) — 国際引っ越しの後、最初にすべきこととは?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【再びモノを捨てる日々】

時間があると家に溜まりに溜まった、今となっては不要になったモノを捨てています。ヨーロッパを出るときも、多くのモノにお別れしてきました。それを日本に着いてまた同じことをしている!

今度は、自分が暮らし仕事するスペースを作るために、そして2ヶ月後に船便で送られてくる段ボール箱32個の自分の荷物の置き場を作るために。

今の家の広さは前の家の半分ほど。そこに母が一人で住んでいました。それでもまあ、よくもこんなに溜まったというほど、モノが収納されています。本人もすっかり忘れたモノが多い!😲

ヨーロッパから来ると、日本は隙間を見逃さない、モノの収納の知恵に溢れているように見えます。ベッドの下に置く引き出しとか、押し入れの隙間にピッタリはまる衣類ケースとか。

日本は収納のクニ。

ヨーロッパでは特に広い家に住んだわけではありません。でもそこまでモノの収納に躍起にならなかったな。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:心の離れたモノは手放そう。それはあなたとモノとの卒業だ。そして人生の次の一歩を踏み出そう。

*************************

お待たせしました!

近々無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (2) — ビジネスもまず、紙

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【名刺を持たないネットワーキングはない。】

日本に戻ってビジネスセミナーのような会合に3回出席、交換した名刺は30枚。

私って凄い日本デビューしちゃった!ーーと思うのは間違い。日本ではまず名刺交換が会話の糸口なんですね。

これ悪くないと思います。

ヨーロッパで30年間、230以上の国籍の人と知り合い仕事をしてきました。中には私に馴染みのないお名前もあります。反対に、私の出会うのは日本の名前に馴染みのない人ばかり。そういうときに名刺は備忘録の役割も果たせて便利な小道具です。

ですから私はヨーロッパの人々はなぜ名刺を持つ習慣がないんだろうといつも思ってました。

ただまあ、そういうヨーロッパから来ると、日本は名刺の洪水に見えることも確かです。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:なんであれかんであれ、日本では名刺は持っているだけで結構役に立つ。

*************************

お待たせしました!

近々無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (1)、ひゃー紙!

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【日本は紙の国。神というよりも。】

この一週間足らずの間に住民登録に健康保険申請、携帯電話とネット回線の見積もりに申し込み、多くの用紙に同じ住所氏名を何度書いたことか。

そういう用紙が既に大量にたまり始めた。

その紛らわしい多くの書類を苦もなく裁き、私に丁寧に説明してくださる担当の人々の凄さ!
これが紙の国を支える人々だ。

たいていの用紙はネットからダウンロードしてコンピュータで記入、最後にサインをすれば済むようになっていた十日前までの暮らしをつい思った。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

World map in Europe
ヨーロッパ人の見る世界。日本は右隅に

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:めんどくさいな、と思ったことには改善のカギがある。

*************************

お待たせしました!

近々無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

日本に住む土台ってなんだと思いますか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【国籍こそ生活のインフラ】

私は住民票と健康保険証と思います。

面白くもない、当たり前のことだと思いますか?

きょう市役所に行って海外在留から戻りここの住民になった届けを出してきた。

すると国民健康保険に加入でき、保険証を貰えた。
あーこれできょうから安心して病気になれる!😊

マイナンバーを賦与される。
あーこれで何かの報酬を受け取る度に、会計担当者に私がなぜマイナンバーを持たないか、長い説明をしなくて済む。😊

日本パスポート、つまり日本国籍を持つ者が日本に住むのはこれほど簡単で、これだけ自動的に守られているんだと気がつく。

労働許可証も無犯罪証明書も健康証明も問われない。

昨日まで30年間、私をそういう風に扱う国に住んだことはなかった。

なにやら新鮮。😳

IMG_0550

Photo: シャンシー村からジュラ山脈を望む

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:当たり前のことこそ有り難い!

*************************

お待たせしました!

近々無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスのコツや気づき、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ