30年ぶりに戻ったら (52) — 日本て際限なくきめ細やか

目からウロコの理解と気づきが得られるビジネス英語のコーチングで
あなたに英会話の自信がつきます。
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【この手間を日本人は惜しまない!】

同じ日本人の私がこういうのもナンだなあとは思うが、時々「日本人て凄い!」と目を剥くことがある。

まず下の写真をご覧あれ。

ただの荷物タグ?日本ではそうかもしれない。しかし、こんなの私の知る限り、ヨーロッパじゃ考えられない。

先日羽田から神戸に飛んだとき。ラップトップをチェックインする旅行カバンの中に入れた。
神戸の空港で出て来た我がカバンを見てビックリ。いつのまにか、2枚意味ありげな紙がタグに追加されている。

1枚の紙には、「パソコンが入っているから取り扱いに注意せよ」ここまではいい。

2枚目を読んでビックリ😲。

「もしもあなたのパソコンが輸送中に何らかの毀損を受けていても当方の責任ではありません」

念には念を入れてある。そのために、荷物が私の手を離れてから2枚の紙(シール)を追加した人がいる。この手間を日本人は惜しまない!

パソコンをチェックイン荷物に入れられるかどうか、ヨーロッパの空港で混乱していたことがあった。

2017年夏のこと、ジュネーブ→アムステルダム→ロンドン ガトウィック→ジュネーブの旅をした。

出発点のジュネーブ空港ではいつもどおり何も聞かれなかった。私もそれがアタリマエと思って、マックをチェックイン荷物に入れていた。

ところが、アムステルダムの空港では、ダメと言われた。そんなこと言うのはあんたが初めてよ、と航空業界の常識をチェックインカウンターの係の人に教えても埒があかない。やっと閉めたトランクをチェックインカウンターの前で再びご開帳し、マックを取り出して機内に持ち込むバックパックに詰め替えた。ふう。😚

ロンドンからの帰路はアムステルダムで懲りていたので、もうこわごわだった。チェックインカウンターではトランクにマックが入っていることは何も言わなかった。寝た子を起こすな。
この食い違いは空港の問題か、路線によるのか、エアラインのポリシーによるものかは今もわからない。

とにかく、注意書きを2枚くっつけようと、重いマックをチェックインさせてくれるエアラインが私は好きだ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:人生はあなたが大雑把でも結構続いていくもの。視点を高く持とう。

IMG_0189

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (49) — なぜ直接言わないの?

目からウロコの理解と気づきが得られるビジネス英語のコーチングで
あなたに英会話の自信がつきます。
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【独り相撲をとらなくていいから】

この夏はアジア太平洋地域のプロのファシリテータの国際シンポジウムの準備に明け暮れた。

その中で、私や数人のボランティアたちは、自信あるプログラムを引き下げて色々な国から参加するファシリテータのセッションを担当した。一つのセッションに一人の日本人ボランティアが付く。アカウントマネジャーみたいなものである。

シンポジウム開会まで一ヶ月となった頃、ファシリテータたちに色々な連絡を取り始めると、返事の早い人、遅い人、返答のこない人、など個人差が出てくる。当然、日本人ボランティアたちは気をもむ。

セッション担当ボランティアたちとそういう情況を話し合っていて気がついた。こんな会話が多いのだ。

「Aさんは忙しいんだろうか?」
「Bさんは出張が続いていると言っていたが、、」

おお、ここにも日本文化が!😲

相手の内心をおもんばかり、率直、ストレートに言葉をかけるのを大いにためらうという心配りが、ビジネスにも顔を出している。

ヨーロッパの人なら、こういうためらいはない。

すぐに聞く。「お返事が遅れていますよ」

催促がましいと思われたくなかったら、「あなたの都合も尊重しますが、私にはいついつまでに○○の準備をししなければならないのです。」などという一文を付ける。

相手の内心は自分にはわからない、だから相手にものを尋ねてよい。

尋ねられた方もそのつもりでいるので、催促されて小うるさいとは思わない。

文化によってニュアンスの違いはあれ、日本と比べると大同小異だ。それが英語であれ何語でれ、ヨーロッパの言語を使うコミュニケーションの心構えだ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:自分の知らないこと、わからないことは率直に尋ねよう。そこに相手を尊重する気持ちがあれば、相手の反応を怖がらなくていいのだから。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップがビジネスの障がいになっているエピソードなど、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

 

30年ぶりに戻ったら (44) — メールに大量のCC

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【”これはだれからのメッセージだろう?”】

ジュネーブでこんな調査をしたことがある。

「日本人と仕事していて、困ることはなんですか?」

答えは大きく二つに集約された。

”返事がYes か No かわからない”
”なぜメールのCC欄に大勢の人を入れるのかわからない。誰が意志決定しているのか?”

今日、市役所からメールを受け取って思わず「これが日本だ!」と思ってしまった😲。簡単な返事に7人の人がCC欄に並ぶ。そのうち3人にはナニナニ課長、コレコレ係長という風に肩書きまでついている。

うーーん、一体私は誰から返事を貰ったんだろうか?

この返事は、この中の誰からのものだろう?メールを出した本人?またはCCの中の誰かがものを決め、部下であるメールを出したその人に、私に充てたメールを○○の内容で書きなさいと指示した?

私の住んだフランスでもスイスでも、役所からレターは何度も貰ったけれど、いつも差し出し人、つまりその件の担当者は一人だけだった。問い合わせもその人にすればよかった。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:日本とヨーロッパとでは仕事の運び方が大きく違う。それはわかるが、メールを受け取る身になれば、大量のCCはメールを出した人の都合でしかないんですよね。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (41) — 看護師と医者

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【プロ同士だから平等です】

今日は母の付き添いで近くの病院に行った。それで思い出した、初めてパリで医者にかかったときの私の戸惑いと驚きを。

日本からパリに来たのが1989年。寒い季節で、私は日本から引き込んできた風邪をこじらせた。

自分一人で医者を捜すほどのフランス語を話せなかったので、パリで初めて知り合った日本人の友人のかかりつけのお医者を紹介して貰い、そこに行った。

予約してそのお医者,Dr. Mを訪ねると、そこは普通のアパルトマンだった。大きなアパートの大きな執務室に悠然とアンティークな机を置いて仕事していた彼女の姿を今も思い出す。

私はクスリを処方して貰い、注射を一本打つことになった。

Dr. Mのサインしたクスリと注射の処方箋を手に、私は呆然とした。わけがわからなかったのだ。

しどろもどろのフランス語で尋ねるに、どうも私はクスリは薬局に行き、注射は別の人のところに行かなければならないということのようだった。

え、どういうこと!?

日本だったら、医者がその場で注射を打ち、その医院で薬を出したのに。(当時の日本ではそういう仕組みだった)

そのとき初めて知った!ここは医薬分業、医師と看護師も分業しているのだ。

薬は薬局に行くとして、看護師もまた自分のオフィスを持っていた。彼女はフリーランスの看護師だったのだろう。

こうして私は、フランスでは医師と看護師は違う分野の専門家であり、対等の立場で仕事をしているらしいと学んだ。後年住んだスイスでも、医師と看護師は対等に見えた。

とまあこんな思い出話を、ある看護師さんに話したとき。彼女は目をまん丸くした!その表情から、日本ではどうもそうではないらしいと察しがついた。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>c>>

学びのポイント:ヨーロッパではプロ同士は対等だ。そこに身分の上下はない。そういう目で身近な周りを見なおそう。凄い人々があちこちにいることに気付くだろう。

IMG_0310

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (39) — ネットショップ全盛のこの国で?!

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【ネットショップ繁栄に見えたが】

日本に来てビックリ!人々はお店で物を買わなくなっている。

そしてお店は、モノを買う場所から商品を手にとって確かめる場所になりつつある。買い手は、買いたいものが見つかると家に帰ってパソコンからネットショップを比較し、一番値段の安い店を見つけて注文!

日本に来てから私も大は家具や電気釜、プリンターから小はボールペンの替え芯一本まで、オンラインで注文して買った。

日本てすごい!ヨーロッパにそんな便利なモノは無かった。

ところがその日本で東海道新幹線の切符をオンラインで買えないのは何故だろう?

外国から観光客が増えているという。街を歩いていても確かにそうだ。その人々が東京から京都に行く”のぞみ号”の切符を外国からあらかじめ買っておけない。

ヨーロッパでは、航空券はもちろん列車の切符もオンラインで買えた。

スイスの場合、私は国内の列車の切符はスマホのアプリでいとも易々買っていた。SBB(スイス国鉄)アプリで買うと、時間帯によっては割引切符を買うことができたので大いに活用した。

反面、一個人が家具からボールペンの替え芯までオンラインで買うという訳には行かなかった。私の住んだ国を見る限り、そういう仕組みが無かった。

だから、東海道新幹線の切符をオンラインで買えない日本は不思議だ。JRのナントカカードを作って買う方法はある。しかし、そこまでしなければ買えないこと自体が不思議なのだ。

第一、そのカードを作れない人は大勢いる。外国から日本を訪問する人々だ。そういう人々はオンラインで買うことは出来ない。その人々こそ、新幹線の切符を予約する必要が大きいのに。

そして外国の人に便利なモノは国内の人にも便利なはずだ。

これを東海道新幹線の鎖国と名付けるのは言い過ぎだろうか?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

(これは東海道新幹線だけの問題ではないかも知れないが、私は他の新幹線の事情を知らないので、話を東海道新幹線に限った。)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:日本にはアタリマエと思われているところに鎖国精神が顔を出すことが多い。あなたも外国人訪問者になったつもりで探してみよう。そこに新ビジネスの種があるかも知れない。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (29) — 閉店5分前の”親切”を考え直す(やや辛口)

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたの親切はあなたを幸福にしますか?】

私にもマイナンバーカードができたようだ。予約をして、本人が市役所など指定の場所に受け取りに行きなさいとの指示が、市役所からの通知書に書いてある。

なにごとも大変慎重な日本、こんなこと、想定内ですよ。

予約受付番号と受け付ける時間帯も書いてある。

なにごとも指示の細かい日本、こんなこと、想定内ですよ。

驚いたのはその後だ。😲

予約受付時間の終わる5分前に電話をかけた。電話に出て来た担当の方の親切なこと!

テキパキ予約をとってくれたばかりか、当日持ってくる書類などを説明してくれる。それは通知書に書いてあることを復唱するようなものなんだけど。無くてもいい説明なんだけど、とせっかちな私は内心考える。

彼女は、締め切り時間ギリギリにかかってきたこの厄介な電話を早く終えようなどどはみじんも思っていないのだ、きっと。

電話を切った時は5時を廻っていた。

私の長く暮らした街ではこうではなかったぞ。パリでもジュネーブでも。

お店で働く人々にとっては5時にお店が閉まるということは、5時にはシャッターを下ろし、帰宅することを意味していた。

だから就業時間5分前にお店に入る客には、愛想が悪かった。レジが閉まっていることも珍しくなかった。

電話応対も、早く終わらせたくれ!という気持ちが言外に感じられた。

その異なる社会の有り様を思うとき、私はどうしても複雑な気持ちになる。

ワークライフバランスなんて、仕事を定時に終える習慣が徹底しない限り、絵に描いた餅ではないのか?親切は受け手にとってはありがたいが、親切にする方にはなし崩しに残業になってしまうのではないのか?

残業になったとして、その超過勤務の報酬は払われる?

たとえ一回の超過時間が5分でも、毎日続けるとどうだろう?一週間で25分、一ヶ月では2時間になる。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:「親切」「気働きが良い」ということは良いことだと誰もが思うだろう。あなたもそうですか?
けれども、あなたはなぜそう思うのですか?それはあなたを幸福にしていますか?
今日は自分にとってのアタリマエを考え直してみよう。

IMG_3206
道を間違えないようにね!

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (22) — 日本てふしぎ(つづき)銀行の謎

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【日本の銀行て人が多い】

(3) 銀行の謎

日本の銀行て人が多いなあ。お客が多いのではない。銀行員の数だ。

先日ある銀行で、入り口を入って整理券を取り、カウンターに行くまでに、二人のお迎えの方に次々に案内された。

スイスの銀行は閑散としていた。お迎えも整理券も無く、客はただカウンターに並んだ。

ひゃー!日本では、私がATMを使って自分の銀行口座からお金を引き出すのに、手数料がかかる時間帯がある😳 それも安からぬ金額が。私が機械を自分で操作して自分のお金を出すのに、なぜ?

こんなこと、スイスでは聞いたことがない。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:あなたが日々行っていることがそのままでいいのか?当たり前すぎることこそ、子どもの目で見て問うてみよう。それはあなたの思い込みを外し、より自由にものを見る力になる。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ