30年ぶりに戻ったら (71) — 外国人目線で見る紅白歌合戦

おどおどせずに外国人と仕事をするためのビジネス英語トレーニングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【悲しいメロディーに元気が出るの?】😲

今年も大晦日にはなんとなく見てしまった、NHKの紅白歌合戦。

一人一人の歌手が歌う間の短い時間に、全力を込めて趣向を凝らしたショウが繰り広げられる。凄いな−、このエネルギー。

紅白といい、渋谷のカウントダウンといい、
日本人にはエネルギーがあるのだ。

けれども、どうもどこかに違和感を感じる。何か食べ合わせが悪いような感じ。

これは紅白を見ての感想だから、歌謡曲と演歌、と言った方がいいかも知れないが、ここに出てくる日本の歌は短調が多いように思う。

例えば「人生万歳!」と五木ひろしがスペイン語を交ぜて歌っていたが、あのメロディーもやはり短調ではありませんか?詳しい方、教えて下さい。

人生を謳歌する歌が短調?日本人は短調のメロディーに力が湧くるのだろうか?

それで思い出したことがある。ウィーンで指揮の勉強をしていた友人のゆりさんから聞いた、「夏の思い出」という歌にまつわるエピソードだ。

ある時ゆりさんが学校で「夏の思い出」をクラスで紹介した(ピアノで弾いたのだったかもしれない)。それを聴いた先生も学生も、「それは夏の楽しい思い出を歌っているのだから、メロディーも長調の明るいものでなければおかしい」といって、原作のメロディーに納得して貰えなかったそうだ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

2019-01-01 12.53.34

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: あなたはどんな歌に元気が出ますか?今日は音楽に写るあなた自身を考えてみよう。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

【今年も目を離せない地球市民塾】
1月18日 金曜日 20時半から セミナー
なぜ外から日本を見ないと危ないのか?–
     エネルギーという窓から
ゲスト 田中伸夫さん、元IEA, IAEA 事務局長
プログラムとお申し込みはこちらからどうぞ
↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DtEK2q

1月25日 21〜22時 地球市民塾のお年賀 (参加費無料)
集まってお話ししましょう!
落合良さん(元SONY 国際部)をお招きしています

2月15日 金曜日 20時半から セミナー
損をしないための国際マナー
ゲスト 松平恒和さん、ICB 理事長

3月   (日程の詳細は後日お知らせします)
何もないところから切り拓く志、舞台はインド
ゲスト 柳 邦明 さん、いろは社長(インド

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

 

広告

30年ぶりに戻ったら (68) — クリスマスが嫌いだった話

おどおどせずに外国人と仕事をするためのビジネス英語トレーニングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【クリスマスは淋しい日】

私はクリスマスが嫌いだった。

クリスマスは、外国人の私に自分がひとりぼっちで淋しいことを思い出させる日だからだ。

北米でも、ヨーロッパでも、クリスマスの週は誰もが家族のところに帰省する。クリスマスは、離ればなれになっていた家族が集い、静かに過ごす日なのだ。丁度日本のお正月のように。

カナダに留学していたときには、帰省しない留学生もいた。そういう留学生仲間と集まって、パーティーを開いたものだった。

ところが大人になるとそうはいかない。

ヨーロッパに住み始めた頃は、ヨーロッパの年末年始の様子が物珍しくて日本には帰らなかった。クリスマスには南仏の友人の経営するオベルジュ(宿屋)に行き、外国人の友人たちと過ごした。

時は移り、その友人もオベルジュを畳むと、いよいよ私は行き場が無くなった。一度、暗く寒いジュネーブでクリスマスの週を過ごしたことがある。これには一度で懲りた。手持ちぶさたに街を歩いてみたが、お店も美術館も閉まり、街はしーーん。

こんな休暇は二度と過ごすまい!と決心したのは、冬中暗い雲の垂れ込めるジュネーブの気候のせいでもあるだろう。

ところがだ。ヨーロッパは年明けは元旦だけは祝日だが(私の知るフランスとスイスのこと)、2日からは通常営業。

これには参った。

なぜか私の体が付いていかない。どーーしても仕事モードになれない。😲 同僚たちはへいちゃらで仕事を再開しているのに。つくづく自分の体には、日本のお正月の三が日の習慣が染みついていると思った。

そして今、30年ぶりに日本の「クリスマス」。家族が揃う日ではなく、若い人たちはデートに、子供たちはサンタさんから貰うプレゼントに目をキラキラ。クリスマスの日に街が静まるどころか、賑わうのだ!😲

なにか、こういう現象は本末転倒のクリスマスという気がしないでもないが、まあいいか。クリスマスを文化のフィルターを通して翻訳すると日本ではこうなるんだろう。

私には,クリスマスは無く、お正月準備を進める人形町の商店街のたたずまいがあっぱれと目に映る(写真)。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

人形町年の瀬
人形町の年の瀬にクリスマスはない

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:「クリスマス」と言って頭に浮かぶものは国によって大きく違う。今日はあなたの思いがけない固定観念に気付く日に!

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないものばかりです。
無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

30年ぶりに戻ったら (48) — どっちが清潔?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【上には上が】

夕方、近所のスーパーマーケットで買い物を終え出口にカゴを返しに行ったときのこと。男性の従業員が、スーパーのプラスチックのカゴの中を一つ一つ拭いているではないか!😲こ、この清潔好きは、、、日本人て凄い!

それで思い出した。

日本を出て最初に住んだのはパリだった。週末の朝マルシェ(市場)に買いものに行く道すがら、買い物カゴとバゲットを手に持って歩いていく人々を見かけた。バゲットは袋に入ってもいなければ紙に包んでもいない。そのまんま。

ひゃーー!と思った私はパリ初心者だった。

パリ暮らしに慣れるにつれ、いつの間にか自分も同じことをしていた。

そんな私でも驚いた街がある。ダブリンのスーパーマーケットだ。パンを買うのに袋も何もない。欲しいパンを直に店のカゴに入れ、レジに持って行く。お客はレジにパンをポンと投げ出す。レジの人はそれを見て金額を機会に入力する。

ひゃーー!上には上がある!

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:何かに一回呆れる度に自分が何を「これがフツー」と思いこんでいたかに気がつく。それだけがすべてじゃない、他のあり方もある、と気付くと肩の力がまた一つフッとぬける。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (34) — 電話番号をどう書く?

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【紛らわしい、どっちが?】

日本で色々な機会に名刺を頂くようになった。その度に、「ああ、仲間のいるところに戻ったなあ」と思うことがある。名刺にある電話番号の書き方が嬉しいのだ。

012-345-6789

これこれ、これよねー!

ヨーロッパではどう書くかというと

012 345 67 89

ヨーロッパ式の標記はメリハリが無い。一目でパッとわかるのは日本式の方だ。どれが市外局番でどれが市内で、どれが個人番号か、視覚で直ぐにわかるではないか。

ところがヨーロッパの人の感じ方は違うらしい。一度日本式で電話番号を書いたことがある。そうしたら「そのハイフンはどういう意味だ?」と聞かれた。日本式標記の数字は電話番号に見えないらしい。

不思議だなあ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:単純でどこにでもあるものほど、慣れが染みついていると変えられないもの。あなたのまわりなら、何がそれに当たるだろうか?今日は自分の思い込みを一つ探し当ててみよう。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。どのテーマも他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

30年ぶりに戻ったら (30) — 現金と〒 その2

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【なんて安全な国!】

日本では現金を郵便で送れるんだ!

別に新しいことじゃないんだけど、30年間日本から離れている間に忘れていた。

現金書留というサービスのあることも忘れていたが、もっと根本的に忘れていたのは、現金をーーコインもOKーー紙の封筒に入れて郵送できるという、そういうことが何十年間たっても可能な、この国の社会のもつ人への信頼感覚だ。それも相当に揺るぎない信頼感覚。

そんなことヨーロッパでは、もとい、私の住んだフランスやスイスでは考えられない!封筒に現金を入れて郵送することはどちらの国でも禁じられている。

そのかわり、と言って良いだろうと思うが、日本には人を信頼していいかどうか,客観的に判断するシステムがないのではないか?やたらめったら人を信頼するか、または疑うか、どちらかしかないのでは?つまりその中間がない。

その結果、無意識の信頼を受け付けないシステムの中に入ると、膨大な量の書類に、私本人が手書きでよく似た同じことを何度も記入し、その度に印鑑を押すことになる。マイナンバーカードやネットバンキングの申し込みのように。やたらめたら人を疑うように、システム自体が作られているのだ。そこには、この線をクリアしたらあなたを信頼することにしよう、というほどほど感覚がない。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:ほどほどという感覚は生きていく知恵だ。なんでも完全、完璧が良いといつのまにか思っていませんか?

IMG_2119

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (29) — 閉店5分前の”親切”を考え直す(やや辛口)

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたの親切はあなたを幸福にしますか?】

私にもマイナンバーカードができたようだ。予約をして、本人が市役所など指定の場所に受け取りに行きなさいとの指示が、市役所からの通知書に書いてある。

なにごとも大変慎重な日本、こんなこと、想定内ですよ。

予約受付番号と受け付ける時間帯も書いてある。

なにごとも指示の細かい日本、こんなこと、想定内ですよ。

驚いたのはその後だ。😲

予約受付時間の終わる5分前に電話をかけた。電話に出て来た担当の方の親切なこと!

テキパキ予約をとってくれたばかりか、当日持ってくる書類などを説明してくれる。それは通知書に書いてあることを復唱するようなものなんだけど。無くてもいい説明なんだけど、とせっかちな私は内心考える。

彼女は、締め切り時間ギリギリにかかってきたこの厄介な電話を早く終えようなどどはみじんも思っていないのだ、きっと。

電話を切った時は5時を廻っていた。

私の長く暮らした街ではこうではなかったぞ。パリでもジュネーブでも。

お店で働く人々にとっては5時にお店が閉まるということは、5時にはシャッターを下ろし、帰宅することを意味していた。

だから就業時間5分前にお店に入る客には、愛想が悪かった。レジが閉まっていることも珍しくなかった。

電話応対も、早く終わらせたくれ!という気持ちが言外に感じられた。

その異なる社会の有り様を思うとき、私はどうしても複雑な気持ちになる。

ワークライフバランスなんて、仕事を定時に終える習慣が徹底しない限り、絵に描いた餅ではないのか?親切は受け手にとってはありがたいが、親切にする方にはなし崩しに残業になってしまうのではないのか?

残業になったとして、その超過勤務の報酬は払われる?

たとえ一回の超過時間が5分でも、毎日続けるとどうだろう?一週間で25分、一ヶ月では2時間になる。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:「親切」「気働きが良い」ということは良いことだと誰もが思うだろう。あなたもそうですか?
けれども、あなたはなぜそう思うのですか?それはあなたを幸福にしていますか?
今日は自分にとってのアタリマエを考え直してみよう。

IMG_3206
道を間違えないようにね!

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

地球市民塾て何?– Zoom体験者インタビュー

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【地球市民塾て何?】

時々こう聞かれます。

あなたも聞きたかった?

丁度良い記事がZoom革命のウェブサイトに載りました! Zoom革命ライター、松谷 愛 (Ai Matsutani) さんが栗崎にインタビューしています。泥のついた言葉が生き生きしている一緒に録画もお楽しみ下さい。

【#14】グローバル人材育成コンサルタントの「栗崎 由子(くりさき よしこ)」さん

Logo_Zoom革命

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ