フランス語を習っていて悔しかった話

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【羨ましいを通り越し、神様は不公平だと思った】

ジュネーブには州立の語学学校がある。語学と行っても大半はフランス語のコースで、それから少々の英語コース。スイスの国語であるドイツ語は英語よりもクラスが少なく、同じく国語のイタリア語はあるにはあるが受講者が少なくて閉講になるコースもあるほど。スイスに加盟したのはたったの200年前、スイスの都市というよりも国際都市であるジュネーブらしい現象だ。

人口の半分以上が外国生まれの人々という土地柄。この州立の学校は色々な理由でここに移住した人たちの自立を言葉の教育で助ける役目も担っている。

私もこの学校に1年近く通った。

色々な国から色々な理由でここに来た人々がクラスにはいた。年齢も様々だった。

ラテンアメリカの人たちは勉強しなくてもフランス語がスイスイ上達した。母語のスペイン語はフランス語にそっくりだからだ。彼、彼女らは書いたものなら習わなくても読める。彼ら、彼女らの発音は母音をハッキリ発音するスペイン語ふうだが、かまうことはない。遠慮とか、自分を恥じるという思考回路のない、前に前に出て行く明るい人々だ。発音がどうだろうが文法があやふやだろうが、とにかく話す。これでうまくなっていく。

夏の講習の時は羨ましいを通り越し、神様は不公平だと思った。ラテンのクラスメートたちは、朝5時までディスコにいて、予習も復習もせずにクラスに出てきて私よりも早く上達する。

反対に同じ悩みを持つ人々がいると知って嬉しかったのは、ロシア語やポーランド語が母語の人たちがクラスにいたときだ。彼・彼女らの言語にも冠詞、定冠詞の区別が無いのだそうだ。
ひゃあーー嬉しい!私だけの悩みじゃなかった。

私などよりもっと必死に言葉を学んでいる人々がいます。ヨーロッパに来た難民と呼ばれる人々です。

彼ら、彼女らにとって言葉は新しい土地で生きていくために不可欠の手段です。
11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回ではその難民を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」

インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さんです。

私たちはこの地球の課題にどう取り組めばいんでしょう?
難民て、あなたの隣人かも知れません。
長坂さんの取材したドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

いよいよ明後日です。
11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
キャンセルが出ました!あと2席あります。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になって下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

写真はジュネーブの典型的な11月の空。雲が二層になって垂れ込める。暗いのなんのって。
IMG_0328

 

************************************

広告

三桁と四桁

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【三桁と四桁】

ヨーロッパに来て以来、仕事と暮らしで避けて通れなかった小さなひかっかり。それは数字の桁の区切りが日本語と英仏語とではずれていること。日本語は四桁区切り、ヨーロッパは3桁区切り。

あーー面倒くさい ーー 何度思ったことか。この苦労は他の欧州言語には無いからまわりの誰にもわかって貰えないのもシャクのタネだった。

今日はその逆が起きた。

毎週 にほんごを勉強しに来る生徒のマダム。

今日は数字の読み方の練習をした。千とか万とかの四桁区切り。彼女にとっはこんなの初めて!だって、にほんごの教科書の標記でも数字は三桁区切り。にほんごの数字の読みはどこにも書いてないけれど読み方だけを変えるという、まるで言葉の空中ブランコ。
ややこしくて彼女は混乱しましたとも。

思わず言ってしまいました、
「その逆を30年もやってきた私って偉いでしょ」
クククッ。

今世界中に、のっぴきならない事情で、故郷を出て言葉のわからない外国に住もうとしている人々が何百万人もいます。
難民と総称される人々です。
その人々の外国に住む苦労は私なぞの比ではありません。
11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回ではその難民を支援する人々に焦点を当てます。
「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」
インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さん。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
私たちはこの地球の課題にどう取り組めばいんでしょう?
難民て、あなたの隣人かも知れません。
ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんからもっとお話しを聞きましょう。
あと2席あります。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらからどうぞ
↓   ↓   ↓   ↓
https://goo.gl/DqjsPX

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になって下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

 

IMG_3426

************************************

すべて可能ですーEverything is possible

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【私は自分の可能性の扉をあやうく自分で閉じるところでした】

Everything is possible (すべて可能です)

先日あるミーティングでこの言葉を久しぶりに聞きました。

私が何かに行き詰まって悶々としているとき、何度か友人や同僚から貰いました。

よく似た言い方で”Everything is negotiable”(何でも交渉次第よ)というバージョンもあります。

英語でもフランス語でも同じです。

そういわれる度に私は自分が如何に狭い思考の枠に囚われていたか、ハッと気付かされたものです。

スイスの永住許可申請の資格のことで州政府から断りの返事を貰ったときも、その言葉が出てきました。

それを言ったのは当時勤めていた会社の人事部長ウルスラです。もうだめかと絶望し、手も足も出ない思いに囚われていた私に彼女はそう言いました。そうして、「私が一緒に州政府の移民局に行ってあげるから、もう一度話をしに行きましょう」と言ってくれました。

え、外国人の居住ビザさえネゴ出来るの?
だってもう断り状を貰ってしまっているのに?

私は半信半疑でした。

私が永住許可証を手にしたのはその半年後です。

私は自分の可能性の扉をあやうく自分で閉じるところでした。

今世界中に、外国に住む必要があるのにビザのない人々が何百万人もいます。戦闘地域となったり、干ばつなどで食べ物が窮乏し住めなくなった故郷を離れ他国に来た難民と総称される人々です。

11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回ではその難民を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」

インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さんです。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
長坂さんはそんなドイツの人々をインタビューし「難民と生きる」という本に纏めました。

取材を通じて長坂さん御自身も変化したとおっしゃいます。それはどういう変化だったんでしょうか?

私たちも長坂さんとお話ししながら体験してみませんか?
難民は日本人にとってもよその出来事ではありません。アジアにも大勢います。
私たちはこの地球の課題にどう取り組めばいんでしょう?
ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になって下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんと対話しましょう。
定員20名ですが続々とお席が埋まっています。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

IMG_0326

************************************

夫婦げんかに勝とうと思ったら黙ること

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【沈黙は全くの無】

多くの北米人にとって沈黙は全くの無です。それは全くの無関心の表現でもあります。
そこでこんなことが起きます。

その1
表題はカナダにいた頃の友人の友人の話です。
彼女、かなこさんとしましょう、は日本人、夫はカナダ人。夫と喧嘩して埒があかなくなると、かなこさんはひたすら黙るそうです。すると夫はその沈黙に耐えきれなくなり日本人の妻に降参するんだとか。

その2
カナダ留学を始めて間もなくのこと。教室で学生たちが次々と教授に質問します。わたしは「あーー」と傍観するだけでした😳

カナダに長く住み,当時は博士論文を書いていたようこさんにそのはなしをするとーー

「よしこさん、そういうときは何でもいいから手を挙げて質問するのよ。何も言わないでいると、あなたはバカなことさえ質問できない、本当のバカだということになるわよ」

沈黙には意味がない、全くの無、または完全な無関心、と考える人々のいることを、私はこうして知りました。

今、世界にはやむを得ず自国を出て他の文化の中に飛び込まねばならなかった人々が何百万人もいます。難民と呼ばれる人にとです。

11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回では難民を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」

インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さん。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
長坂さんはそんなドイツの人々をインタビューし「難民と生きる」という本に纏めました。
取材を通じて長坂さん御自身も変化したとおっしゃいます。それはどういう変化だったんでしょうか?

私たちも長坂さんとお話ししながら体験してみませんか?
難民は日本人にとってもよその出来事ではありません。私たちはこの課題にどう取り組めばいんでしょう?ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になってみて下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

11月11日 土曜日

日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんと対話しましょう。
定員20名です。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

************************************

IMG_0740

”私はフランス語を話します”とあなたも言いましょう

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

**************************

【ものごとの物差しは自分の中にある】

IMG_0742

カナダの国語は英仏語の両方ですが、言語圏は地域によってかなりハッキリ分かれています。
私の住んだトロントはほとんどの人が英語だけを話す街でした。それでもよく、「私はフランス語を話します」という英語人に出会いました。

ところがよく話してみると、「こんにちは」と言える程度ということが珍しくないのです。
なーんだ、大袈裟な、と初め私は思いました。単語を一つ知ってるだけじゃないの。それで話すと言えるの?

ところがカナダ社会をわかるにつれ、そういう考え方自体が私の思い込みだったと気がつきました。私は無意識のうちに上手なフランス語が話せなければ、人は「私はフランス語を話します」と言うはずがないと思っていました。

カナダでは違います。言葉であれなんであれ、物事の評価は自分が自分の物差しで測ればいいのです。自分が、「私は”こんにちは”とフランス語で言えるんだから、フランス語を話す」と思っているなら、そう言っていいんです。

その人がどれほどフランス語を話すかを確かめるのは、あなたです。

ものごとの物差しは自分の中にあるーー私にとっては天地が逆転するほどの発見でした。それまでの私は、基準をいつも自分の外に探していたんですから。

だからね、”私はフランス語を話します”とあなたは言っていいんです。自分の基準でそう思えれば。大事なのは、自分の基準を持つことです。

***************************
Made in Japan のオペラを世界へ!ーー 30年続く活動を支えた「思い」とは?
スイスから日本と世界を繋いでお送りするオンラインセミナー地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」第4回は今週の金曜日です。

落合良さんはSONYでの多忙なお仕事の傍ら、個人のプロジェクトとして、日本の古典や歴史にテーマとして日本で作曲されたオペラを世界に紹介して来られました。それも30年間にも亘って!

落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?
外国のオペラ歌手の演じる光源氏のでる舞台ってどんな?
どうぞビデオクリップもご覧ください。

10月6日 金曜日
日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
定員20名です。今、お席がどんどん埋まっています。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへ
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

************************************

私は英語がうまくありませんが、私の技術をわかるお客さんがいます

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

**************************

【難しい髪質のお客さんは美容師のカットの腕の善し悪しを知っています】

私はカナダ、フランス、スイスに住む間、いつも日本人の美容師さんを探してはヘアカットをお願いしていました。西洋人の美容師さんはどの街にも大勢います。けれども、私のこの硬い髪をカットできる人となると断然日本人なのです。

そのためカナダで貧乏学生だった頃でも、少し値段が高くても日本人の美容師さんのいるお店に行っていました。

カナダではようこさんという日本から移住した若い美容師さんにカットをお願いしていました。

髪を切って貰いながら、ようこさんの話してくれたことを今も良く覚えています。

「西洋人の髪の質はとても柔らかいので、最後にうまくセットするだけでカタチになります。美容師のカットの腕は余り関係ないのです」

「そのため、西洋人のお客さんは言葉の上手なカナダ人の美容師さんについてしまいます。カナダでは、お客さんは美容師と話をするのも楽しみにしているのですから、英語が彼女らのようには話せない私には付いてくれないのです。」

「けれども、硬いなど難しい髪質のお客さんは私を指名してくれます。難しい髪だと、美容師のカットの腕の善し悪しがでてしまうからです」

英語だけでギュウギュウ勉強していたその頃の私、日本語で気楽にお喋りできるカットの時間は大きな楽しみでした。

今、ようこさんはどうしているかな、お店を持ったかな、と時々思い出します。
****************************************
いよいよ今週金曜日です!

スイスから日本と世界を繋いでお送りするオンラインセミナー地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」第4回は落合良さんをゲストスピーカに迎えます。

Made in Japan のオペラを世界へ!ーー 30年続く活動を支えた「思い」とは?

落合さんは会社勤めのお仕事の傍ら、個人のプロジェクトとして、日本の古典や歴史にテーマを取り、日本で作曲されたオペラを世界に紹介して来られました。それも30年間にも亘って!
落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?

外国のオペラ歌手の演じる光源氏のでる舞台ってどんな?どうぞビデオクリップでご覧ください。
10月6日 金曜日
日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
定員20名です。お早めにお申し込み下さい。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/QAgHsS

************************************

IMG_0301

私の英語の限界が、創造の力になった

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

***************************

英語が母国語でない人に分かり易い英語があるはず

TMC Best Evaluator_2017-09

今夜、私はInternational Geneva Toast Masters ClubでBest Evaluatorになりました!

私が英語の母語者でないからこそできたことを、認めてくれる人がいました。

今夜のInternational Geneva TMCの例会で、私はGrammarianを買って出ました。

Grammarianとは、スピーチや、そのエバリュエーション(評価)を注意深く聴き、英文法に関するアドバイスや修正の提案をする人のことです。言ってみれば文法の番人。

Toast Masters Club 例会のGrammarianは、英語が母語ではない人が一番やりたがらない役目です。私もそうでした。日本語母語者の私、欧州で30年間英語漬けで仕事してきたとはいっても、究極のところわかり切っていないことは多々あります。例えばTheとaという冠詞の使い分けは、文脈に即してわかりきれないところがどうしても残ります。英語人のジョークを面白いとは思えないことはしばしば。

英語人でない私に何ができるか?私だからこそできることはどんな事だろう?一週間、頭を捻りました。

そうだ、英語が母国語でない人に分かり易い英語があるはずた!そういう視点から皆のスピーチに耳を傾けよう!文法の番人ではなく、英語母語者でない聞き手のための英語があるはずだ。

国際都市ジュネーブでは英語が仕事やコミュニケーションの言葉になることが良くあります。人々は、そこが英語を話す土地だから英語を話すのではなく、そこにいる人々の全員がわかる言葉だから英語を使うのです。わたしの所属するTMCでも同じ事でした。

例会が終わったとき、つかつかと私の席に来てBest Evaluatorの青いリボンをくれたのはジョンでした。彼は今夜の例会でBest Evaluatorに選ばれました。そして、この写真の青いリボンを受け取りました。

カナダ人のジョンはスピーチのプロです。TMCでも何度も世界レベルでゲストスピーカを務めていますし、コンペではエバリュエーション部門でヨーロッパチャンピオンになったこともあります。

その彼が例会が終わったとき「あなたのエバリュエーションは,ボクが今まで受けたもののうち一番良かった」といって、獲得したばかりの青いリボンを私に持って来たのです。

え?!

このリボンは、彼個人から私に渡された賞でした。

今夜の例会でジョンはある人のスピーチのエバリュエータでした。彼のエバリュエーションは完璧ともいうべき見事なものでした。けれども英語が母国語でない人から見てどうか、という物差しを当てると、たった一カ所ですが英語母語者でない人にはすぐにわかりにくい言葉を使っていました。”Mata-speech” というその言葉は彼のエバリュエーションのキーワードの一つでした。

私はGrammarianとして、その言葉を誰にでもわかる表現にかえるようアドバイスをしました。

「その言葉はあなたらしさが良く出ていてとてもいいのですが、英語のレベルがまちまちの聞き手を前にスピーチをする場合、平易で誰にでもわかる言葉に代えた方が良いと思います。」

ヨーロッパチャンピオンになるぐらいの人は凄いなあ!いつもいつも自分をブラッシュアップさせる機会に気付いている。

そうして、私にも自信になりました。勇気を出しGrammarianの役目を自分で書き換え、私なりのやり方を皆の前で見せて、本当に良かった!

自分の考えはこうだということを身をもって示すこと。そこには新しい共鳴と気づきが生まれることを今日の経験で学びました。

*****************
次回の地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」は、落合良さんをゲストスピーカに迎えます。
落合さんは日本から発信される世界に通じる文化を育てようと、SONYでの本業のお仕事の傍ら30年間に亘り日本語と英語、ドイツ語など他の言語で歌えるオペラを作曲した三木稔さん(故人)を支援して来られました。

落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?
日本の良いものを世界に出すためにどういうことが出来るのか、音楽から考えてみませんか?
Made in Japan のオペラを世界へ!ーー
30年続く活動を支えた「思い」とは?

10月6日 金曜日 日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
詳しいプログラムとお申し込みはこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/QAgHsS

***************************