30年ぶりに戻ったら (58) — ボージョレヌーヴォー、またはフラットな事実を知った思い出

あなたの英語を一段上げるビジネス英語コーチングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください

*******************

【ボージョレヌーヴォーは遠きにありて思うもの】

🍷🍷🍷

私の今住む街は、首都圏内だが地方都市郊外で、老齢人口30%と市内でも有数の老人居住地域だ。そんな街の近所のスーパーでこんなチラシを見た。

「ボージョレヌーヴォー ご予約承ります!」

ひゃーー!ここにまで😲

ヨーロッパに渡る前のこと、私は新しいものが好きだった。その頃日本にもボージョレヌーヴォーは入っていたが、今のように誰もが耳にしたことはあるような年中行事にはなっていなかった。

たまたまボージョレヌーヴォーを知っていた私は、会社の友人を誘って都内の有名ホテルにそれを飲みに行ったものだった。頭の単純で新しいモノの好きな私、ヨーロッパと同じことをするのが嬉しかったのだ。

今でも覚えている、30年以上前の東京のレストランで、そのボージョレヌーヴォーは一本7000円した。高かったが、そういうことさえ嬉しかった。”私って特別なことしてるんだ♪”😊

自分が浅はかだったと気付いたのは、その後でジュネーブに出張した時だった。

どうということのないスーパーにも「ボージョレヌーヴォー 入荷」の張り紙は下がっていた

その値段を見て驚いた。

5スイスフラン!?約500円。

私が7000円払って飲んだ、あのワインが!

目からウロコがハラリと落ちた。

ボージョレヌーヴォーを祝うのは、秋の収穫祭みたいなもの、新酒のワインが今年も出たよ!ーー そういう素朴な慣習なんだ。

後年パリに渡ると、そこはやはりワインの国、私も門前の小僧となりワインのおいしさが少しはわかるようになった(と思う)。そんな私にとって、ボージョレヌーヴォーは美味しいとは思えなくなっていた。

夢が一つ消えたような、またワインの新しい世界が拡がったような。

と言ったけど、ボージョレヌーヴォーのお好きな方、どうぞ祝って下さい!味の感じ方なんて主観的なものですから。そこに優劣はありません。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

2019-01-09 16.12.01
これは友人から贈られたオルガニックワイン。ボージョレーヌーヴォーではない

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:それでも一人で妄想をたくましくして夢見ているよりは、事実を知る方が面白い。自分の思い込みや思い違いに気付くことが違う文化を理解する糸口だからだ。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (57) — Friends are forever! 友達はいつまでも!

あなたの英語を一段上げるビジネス英語コーチングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください

*******************

(日本語は英語の後です)

Friends are forever!

A small incident of the invoice from Dr. M. ended up with revealing me a friend like an angel in Geneva, Beatrice Hirt!

“I saw the invoice in your post in FB. What a trouble! It’s not worth taking bother to wire CHF 17.85 from Japan. I’ll pay it for you. No worries to pay me back. It’s my gift for you!”

I am touched, almost cried.

I don’t think Béatrice read my post written in Japanese, but she perfectly understood what happened to me. This is something which only a person with a warm heart could do.

I’m convinced that friends are forever, even after having left Switzerland!
Thank you, Beatrice Hirt !!!!!!!!!!!!!!

**************************************
【嬉しくて泣きそうになった】

例の8ヶ月送れてきたお医者の請求書の話しに、後日談ができた。
今朝、英語のメッセージが届いている。

Beatrice Hirt– あ、あのベアトリス!

「よしこ、あの請求書を見たわ。なんていう面倒!私が払っておいてあげる。お金を返さなくて良いわよ。これは私からあなたへの贈りものだから」

嬉しくて泣きそうになった!

彼女は日本語なんか読めない。なのに私がFBに載せた請求書に写真だけ見てすべてをさとってくれたんだ。

その暖かい気持ちが嬉しい。

ベアトリスとは住む街も違い、特に親しくはなかった。それでも、私の困っていることに気づき、こんな助けの手をさっと差し出してくれる。そういう気持ちがありがたかった。
こういうことなんだろう、友達って。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:こういう小さな事だが、行動で示してくれる人への思いやりは、胸に響くものだ。困っている人への気持ちは行動で示そう。

春 リンゴの花

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

 

30年ぶりに戻ったら (68) — クリスマスが嫌いだった話

おどおどせずに外国人と仕事をするためのビジネス英語トレーニングなら
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスへ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【クリスマスは淋しい日】

私はクリスマスが嫌いだった。

クリスマスは、外国人の私に自分がひとりぼっちで淋しいことを思い出させる日だからだ。

北米でも、ヨーロッパでも、クリスマスの週は誰もが家族のところに帰省する。クリスマスは、離ればなれになっていた家族が集い、静かに過ごす日なのだ。丁度日本のお正月のように。

カナダに留学していたときには、帰省しない留学生もいた。そういう留学生仲間と集まって、パーティーを開いたものだった。

ところが大人になるとそうはいかない。

ヨーロッパに住み始めた頃は、ヨーロッパの年末年始の様子が物珍しくて日本には帰らなかった。クリスマスには南仏の友人の経営するオベルジュ(宿屋)に行き、外国人の友人たちと過ごした。

時は移り、その友人もオベルジュを畳むと、いよいよ私は行き場が無くなった。一度、暗く寒いジュネーブでクリスマスの週を過ごしたことがある。これには一度で懲りた。手持ちぶさたに街を歩いてみたが、お店も美術館も閉まり、街はしーーん。

こんな休暇は二度と過ごすまい!と決心したのは、冬中暗い雲の垂れ込めるジュネーブの気候のせいでもあるだろう。

ところがだ。ヨーロッパは年明けは元旦だけは祝日だが(私の知るフランスとスイスのこと)、2日からは通常営業。

これには参った。

なぜか私の体が付いていかない。どーーしても仕事モードになれない。😲 同僚たちはへいちゃらで仕事を再開しているのに。つくづく自分の体には、日本のお正月の三が日の習慣が染みついていると思った。

そして今、30年ぶりに日本の「クリスマス」。家族が揃う日ではなく、若い人たちはデートに、子供たちはサンタさんから貰うプレゼントに目をキラキラ。クリスマスの日に街が静まるどころか、賑わうのだ!😲

なにか、こういう現象は本末転倒のクリスマスという気がしないでもないが、まあいいか。クリスマスを文化のフィルターを通して翻訳すると日本ではこうなるんだろう。

私には,クリスマスは無く、お正月準備を進める人形町の商店街のたたずまいがあっぱれと目に映る(写真)。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

人形町年の瀬
人形町の年の瀬にクリスマスはない

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:「クリスマス」と言って頭に浮かぶものは国によって大きく違う。今日はあなたの思いがけない固定観念に気付く日に!

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないものばかりです。
無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

30年ぶりに戻ったら (45) –誰もヒトの話を聞いてない

目からウロコの理解と気づき満載の国際ビジネスコミュニケーション コーチングで、外国企業との交渉に自信が持てるようになります。
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【ちゃんと聴いてる?】

How are you doing?

よくある英語の挨拶。私はこれが苦手だ。どう答えればいいのかよくわからない。
そう言う方は相手の近況を知りたいわけではない場合がほとんどだからだ。

どのくらい相手の言うことを聞いていないか、一度試したことがある。相手は私の下心を知らない同僚だ。

(同僚)”How are you doing?”
(私)”I’m sick. ”
(同僚)”That’s good.”

ほらね!

日本人は笑いを答えや相づちの代わりに使うことが多いと思う。話を穏やかに引き取ってやり過ごそうというサインかも知れないが、相手の言葉を良く聞いてないことが多いことにかけては、How are you doing?と言う人々といい勝負だ。

「私はジュネーブでリストラにあって、50代で失業してね、大変だった」というと、大抵の人は言葉で答えず、笑いを返す。

これ、笑うこと?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:適当な相づちも必要だが、やりすぎないように。あなたは重大な情報を聞き逃しているかも知れない。

IMG_0390
牧草の刈り取り、グリンデルワルドの8月

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

30年ぶりに戻ったら (42) — 雪崩の下でスマホは使えますか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【事実を知っている人の言葉は強い】

先日、レガというスイスのユニークな航空救助隊の提供するスマホのアプリについて取材していたときのこと。

このアプリを持っていると、山中で怪我をしたときなど人のいない場所で遭難したとき、自分の居場所をGPSを使って正確に知らせられる。それが一刻を争う災難救助には不可欠だ。

お話しを伺いながら、スイスなら雪崩に巻き込まれた人もこのアプリを発動させられますね、と私は言った。軽く相づちを打つつもりだった。けれどもレガの広報官、Sさんの言葉にハッとした。

「雪崩の下では雪に押しつぶされてスマホなんか使えませんよ」

あ、この方にとっては雪崩は絵空事じゃない、現実なんだ!

事実を知っている人の言葉は強い。

その時、唐突に思い出した。東京の通勤ラッシュの話は、ヨーロッパで出会った誰に話してもわかって貰えない。車両に人が詰め込まれ、両足を床に付けられないことさえある、と言ってもわからない。私はこんなに具体的に話しているのに!😨

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>c>>

学びのポイント:その人の知っている事実たら、あなたは新しい体験を発見できる。今日は人の話の中から、何かを追体験する日にしよう。

IMG_0169

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (19) — つい出てしまう癖。どの2階!?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【人は右、クルマも右 】

(1) 2階って?
エレベータに乗って地上階から2階に行くとき、今でも時々1階のボタンを押す。

当然、エレベータは動かない。

あ、故障だ!😨

ノーノー、故障しているのは私の方。

ヨーロッパでは、日本の2階を1階と呼ぶ。

(2)えーと、これフランス語で何と言うんだっけ?

30年間フランス語を話す社会で暮らしてきた。いつの間にか、何かを声に出して言う前に、それを何というか心の中で一度フランス語で言ってみる癖が付いた。

今はその心配はいらなくなったが、フランス語で一度内心で言ってみる習慣がまだ残っている。これから言いたいことをフランス語で何と言うんだっけ?とほんの一瞬考え、あ、ここは日本語でいいんだったと思い直す。母国語で話せるとは、なんて便利なんだろう!

(3)人は右、クルマも右

タクシーの後部座席に座った瞬間、何かヘンだと思う。

運転席が右側に付いてる!😨

私は30年間左ハンドルの社会でクルマを運転してきた。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:あなたの頭の論理回路と身体記憶の間にはズレがあるかも知れない。あなたの言行一致を確かめてみよう。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (9) — 日本の国際化も進んだなと思うとき

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【これが世界のアタリマエなんだったと思い出す】

あさってはいよいよ光が家に来る、これで途切れ途切れのネットとおさらばじゃ、ネットサーフは思いのまま、Zoomも途切れないでずっとネットミーティングにいられる!この日を待っていた、2週間の日々 ーーと喜んだのも束の間、

「オタクには光ファイバを引き込めません」

電話会社からの通知に怒髪天を突いた私は、30年ぶりの日本を十分に理解していなかったのだ。

ま、まさかあーー!😱
家に1Gが来ない!?、ケーブルは近所に張ってあるじゃないさ?

電話会社のコールセンタと、私の申し込みを受け付けたショップと代替案として提案された別の会社と、その三者を電話で行ったり来たり。これで私の午後は終わった。

日暮れと共に気持ちを落ち着けて考えた。
私は日本に過剰な期待をしていたのだった。

ネットの王国日本、Eコマース花盛りの日本、
律儀で緻密な仕事をする日本の人々、
時間を守る日本の人々、というイメージを
私は無邪気に鵜呑みにしていた。

これがパリならこんなドタバタは日常茶飯。いちいち怒るより、マロニエの若葉を愛でながらカフェのテラスでワインをすするのが幸せな生き方というもの。

ジュネーブでもこういうことは起きた。ネット会社が解約請求をずさんに読んで、最もネットの必要な引っ越しの日にネットを止めようとしたり。
なぜ私は、日本ならそういうみっともないことはないと無意識のうちに信じていたんだろうか?

なぜ日本にだけ、そんな期待をしていたんだろうか?

日本も国際標準になってきたんだ。これが日本でなければ、そんなことは当たり前だもの。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

2018-05-06 19.23.34 HDR
ソファは友人の手に

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:自分が怒ったときはチャンス!何かに対する過剰な期待をしていたのかもしれないと、一歩引いて考えてみよう。自分の無意識の思い込みが見えてくるかもしれない。

*************************

お待たせしました!

近々無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ