30年ぶりに戻ったら (45) –誰もヒトの話を聞いてない

目からウロコの理解と気づき満載の国際ビジネスコミュニケーション コーチングで、外国企業との交渉に自信が持てるようになります。
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【ちゃんと聴いてる?】

How are you doing?

よくある英語の挨拶。私はこれが苦手だ。どう答えればいいのかよくわからない。
そう言う方は相手の近況を知りたいわけではない場合がほとんどだからだ。

どのくらい相手の言うことを聞いていないか、一度試したことがある。相手は私の下心を知らない同僚だ。

(同僚)”How are you doing?”
(私)”I’m sick. ”
(同僚)”That’s good.”

ほらね!

日本人は笑いを答えや相づちの代わりに使うことが多いと思う。話を穏やかに引き取ってやり過ごそうというサインかも知れないが、相手の言葉を良く聞いてないことが多いことにかけては、How are you doing?と言う人々といい勝負だ。

「私はジュネーブでリストラにあって、50代で失業してね、大変だった」というと、大抵の人は言葉で答えず、笑いを返す。

これ、笑うこと?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:適当な相づちも必要だが、やりすぎないように。あなたは重大な情報を聞き逃しているかも知れない。

IMG_0390
牧草の刈り取り、グリンデルワルドの8月

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

広告

30年ぶりに戻ったら (43) — フリップチャートて何ですか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【こんな意外があった!】

「フリップチャートて何ですか?」

全く予期しない質問だった。昨年暮れ、日本でワークショップの準備をしていた時のことだった。

フリップチャートは私の勤務したどこの会社にもあったし、セミナー講師の必需品でもある。でもそう思っていたのはどうも私だけらしい、日本では。だから写真を載せておく↓これのことです。

flip-chart-board-250x250

日本の文房具は素晴らしい。作りがしっかりしていて性能がよくて、色やデザインが豊富で、その上驚くほど値段が安い。もう信じられないほどに!😲

パリに住み始めた頃、オフィスに常備してある定規は木製だったので驚いたものだ。ボールペンも一種類だけで野暮ったかった。

丁度無印良品がパリに店を出した頃だったが、そこに並ぶ簡素なデザインの気の利いた文具が高級品に見えた。いや、高級品だったのだ、ヨーロッパでは。文具も重厚長大のヨーロッパ、小さくて軽くて気が利いているなどどいう製品コンセプトは、文具には無かったに違いない。
消せるボールペンなんて、ヨーロッパでは夢のまた夢だ。

文房具天国の日本万歳!

そういう経験があるので、フリップチャートが日本では広く使われていないなんて、考えもしなかった。

いやこれも、私の思い込みだったか。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>c>>

学びのポイント:意外なところに思い込みが隠れている。あなたの「まさか!」は何ですか?

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ