気遣いや気兼ねなく人と話が出来たら、どんなに気楽だろう!

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【オンライン対話の凄い可能性】

今年に入って急にオンラインミーティングシステムと御縁が深くなりました。

初めは、オンラインで催されるセミナーや対談など、色々な集まり(場)に参加者として体験して。

次には、もっと主体的に自分が自分がオンラインで人が集う場を作る、主宰者として。それが7月に始めた「地球市民塾」です。

大雑把な言い方ですが、ワークショップを行っていると日本人はヨーロッパの人々に比べて温和しいというか、自分の意見を言わない。発言を大きくためらう人が多いと思います。

ところがオンラインだとどうも違うと気がつきました。

初めは互いに遠慮があるのか、やはり最初に会話の口火を切ることにためらう方は大勢おられます。

ところが、一旦会話が始まると、初めの遠慮やためらいがみるみる消えて、皆さんの表情が生き生きしてくるんです。会話自体がまるでエネルギーを得たように盛り上がり、予想も出来なかった展開となって広がり、その過程で新しい知恵やアイデアが生まれてきます。

こういうプロセスって凄い!

「オンラインの会話は日本人の心を自由にする」ーーと言いたいですが、そこまで言えるかどうかはまだわかりません。でもそこには凄い可能性があるようで、楽しみです。自分もオンラインの場を作りながら、また場に参加者として集まる立場から。その過程で、新しいことを試しながら、失敗しながら、そこから学んでいくのが面白い!

こんなオンラインの可能性にご興味ありますか?

こんなイベントに、お家のパソコンから(スマホ、iPadもOK) 参加してみませんか?

オンラインフェス 2017 SUMMER
8月5日土曜日です。

主催は田原真人さん。彼のこの言葉が、オンラインの可能性を端的に言い表していると思うので、ここに引用します;

通常のオンライン講座などとは違い、参加者同士が縦横無尽に繋がり合う一日になると思います。

オンラインでも出会える

という衝撃を、まずは、感じていただければと思います。
オンラインフェス2017SUMMERのページはこちら

私も参加します!オンラインでお目にかかりましょう。
スイス発!男子に聞かせたくない国際結婚女子トーク(男性参加可)

**************************

仕事でオンラインシステムを使うコツーー私なりの物語

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!代表の栗崎由子です。

こちらはヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページです。

私どものご提供するサービスのご案内はこちらへどうぞ。

代表者ごあいさつはこちらへどうぞ。

**********************************

 最近急にスカイプやZoomといった様々なオンラインシステムを使って仕事を進める機会が増えました。今では欧州や北米では既に、コーチングのような人の心に関わるデリケートな仕事も頻繁にオンラインで行われています。

欧州でビジネスをしている中で、電話会議から始まって試行錯誤しながらたどり着いた私なりの使い方のコツをお伝えします。住む場所にかかわらず、家で仕事をされる方には特に知っておくと便利なコツなので、ぜひ読んでみてください。

====================================

online-meeting

ジュネーブに住む私にとって、日本の人々はもちろん、欧州や北米の人々と仕事を進めるために、スカイプやZoom, Webinarのような手軽に使えるオンラインシステムは必須だ。

ただ、オンラインは対面のコミュニケーションとは違うため、使い方にコツがある。特に、ワールドカフェのようにグループディスカッションを行う場合はなおさらだ。

10月17日、私はIAFジャパンの主催した、ハイブリッド・ワールドカフェにジュネーブから参加する機会があった。これはZOOMというシステムを使い、東京を本会場にして、アジアや北米、欧州からの参加者を繋ぐ、意欲的な試みだ。対面とオンラインの両方を用いてワールドカフェを行おうというのである。

(“ワールドカフェ・アジア パート2 グローバル・コラボレーションの新たな可能性”。詳細はFacebook のイベントページを参照; https://www.facebook.com/events/1269917323029515/

私もその時に「私なりの物語」と題してオンラインで仕事を進めるコツをプレゼンしたのでここにまとめておこう。

☆ オンラインを仕事に使うコツーー「私なりの物語」

1.背景 私のオンラインシステムのつきあい

  • 私は以前、世界230カ国に拡がる世界規模の企業に勤務していたため、電話会議は仕事に欠かせなかった。その後技術の発展につれてWebinar,  テレビ会議なども使ったが、合計するとこのような遠隔コミュニケーションシステムを20年以上使っている。
    • 全てが国際会議だった。
    • プロジェクトマネジメントなど、会議を頻繁に行う必要のある時には特に便利だった。
  • フリーになった今も多用している。今はスカイプを多用している。Webinarも時々使う。

2.私の学び

  • コツは、心の距離の克服だと思う。
    • 直接に顔を見ないため、互いに得られる情報が少ない。そのため感情が伝わりにくい。
    • 背後事情も伝わりにくい。
    • ネット(電話)を切ったら、すぐに元の日常に戻る。会議中には参加者相互間にそれなりの熱意が生まれるものだが、オンライン会議ではそれが持続しない。
    • スカイプでもカメラを使用する方がコミュニケーションは快適だ。
  • 多すぎる機能は不要だ。例えば、企業用として毎回パスワードを変える機能のある電話会議がある。これは設定が煩雑になるだけで、実際には不要な機能だ。
  • 国際会議の場合、電話会議は手軽な反面、料金が高いことが問題。今はネットを使うのでその問題はほぼ克服できたのではないだろうか。

3.私なりの解決策

  • 以前、欧州、北米の同僚たちのリーダーとしてあるプロジェクトマネジメントのリーダーを務めた。私は特に問題の無いときも、定期的に(週一回)ミーティングを行なった。
    • 人が集まると、なにかしら話すべきことは出てくる。それが大事だと思う。自分はこのチームに属しているという感覚を維持できるのだ。
    • ところが、プロジェクトリーダーが私の後任者に変わり、彼の提案で何か案件のあるときだけ電話会議をしよう、ということになった。あっというまにその仮想チームは消滅した。
  • オンラインコミュニケーションには、人としての感情を込めることを、限られた手段だからこそ大いに留意しなければならない。嬉しいことに、このような感情を込めたコミュニケーションは日本人の得意分野ではないだろうか?
  • Webinarは仕事の打ち合わせに便利だ。顔と資料が両方見られる。リアルタイムで資料の修正もできる。

4.べからず集

  • オンライン会議中にキーボードを打つべからず。マイクが音を拾って耳障りだ。
  • 時差に注意すべし。技術に時間はなくても、人は時間から逃れられない。以前、時差の都合で夜中の2時にワールドカフェ参加の経験あり。ところが頭が働かない。これでは折角のワールドカフェも意味がない。

☆ ハイブリッド・ワールドカフェについて オンライン参加者としての感想

  • ジュネーブの自宅から日本の人々と話せたのは良かった。ワールドカフェで同じグループになった人の中には久しぶりにネット上で再会した日本の友人もいた。
  • プレゼンを聴いている間は結構退屈なものである。発表しておられる方には申し訳ないのだが、この退屈さはどんなに面白い発表であっても逃れられないのではないか?というのは、オンライン参加だとリアルの会場と違って目のやり場がない。スクリーンを睨むほか無い。こういう状態は退屈なものなのだと知った。これはなんとかして解決すべき問題だと思う。
  • 今回私は一人で日英語の両方でプレゼンを行ない、議論も行なった。これは相当に頭の負担が大きい。第一プレゼンしながら考える余裕がない。たとえ複数の言葉を話せる参加者であっても、外国語が混じるときには通訳をつける必要があると思う。
  • 最初の二つのプレゼンが終わった後コーヒーブレークがあったが、これはホッとした。気が抜けて良かった。オンラインでもブレークの時間は必用だ。
  • オフライン会場の人々にはイベントの後懇親会があったが、オンライン参加者にはない。オンライン参加とは孤独なものである。

☆ オンラインを使いこなすコツをテーマに最近幾つかの記事を執筆しました。もっと深く知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

ソーシャルメディア時代のラジオ、これがスイスインフォの選んだ道 ー 欧州ICT社会読み説き術 (19)

スイスインフォはスイス公共放送協会(SRG)の国際サービスの名称だ。スイスインフォは、外国在住スイス人向けのラジオ放送として始まった。それが、今日では、ラジオを離れ、ウェブ上のメディア プラットフォームに進化を遂げた。しかも世界に向けた情報提供というサービスの核心を変えないまま。これはメディアとして180度の方向転換だ。ラジオというマスメディアであり、プッシュメディア(利用者が自ら行動を起こさなくても、情報を与えられるメディア)という存在から、ウェブサイトという、個人がアクセスする、プルメディア(利用者が自ら行動を起こして、情報を取りに行くメディア。)への変化だからだ。現在のスイスインフォは、マスメディアと個人メディアの中間ともいうべきソシアルメディアの利用にも、積極的に取り組んでいる。

情報化時代に、ラジオはどう変化していくのか?そのひとつのあり方が、スイスインフォに見られるのではないか。スイスインフォの、企画担当、クリストフ・ブルッタン氏に、詳しいお話しを伺った。

スイスインフォの歴史

スイスインフォは、国際短波放送として始まった。1935年8月1日、スイス建国記念の日に、当時の大統領の声をアメリカに放送したのが正式な開始とされている。

国際的には、1920年代から、短波ラジオ放送局が多くの国に誕生した。また時期を同じくして、国際政治の舞台ではジュネーブに国際連盟が設置された(1919年)。そこで、世界平和の中心地として広く世界に、また国外に住むスイス人に向けて情報を発信するためのラジオ局ができたのである。当時は、ラジオノスタルジアというニックネームで呼ばれた。

スイス発の国際ラジオ放送は、第二次大戦中と、それに続く冷戦期には、 世界中のリスナーから信頼を得た。中立国スイスのラジオは、どの陣営にも属さない、唯一の公正な情報源だったのである。こうして、スイスの国際ラジオ放送は、在外スイス人には国内情報提供を行なう、また国際的にはスイスの中立を支えるメディアとして、不動の地位を築いた。

ラジオからの転身

1990年代に入りインターネットが誕生するなど、情報通信技術革命が起きた。これはスイスインフォにとっては危機だった。インターネット、衛星放送の登場により、国際的情報提供は、短波放送の独壇場ではなくなったのだ。

そこに政府から、厳しい予算カットの要求が来た。生き残るために、スイスインフォは、少ない予算で今まで通り質の高い情報を世界に発信するメディアに、変わらなければならなかった。それも短期間で。

1999年、スイスインフォは、ラジオ放送を止め、ウェブサイトをプラットフォームとして、多様なメディアを包含する情報サイトとして再生した。ウェブサイトに変えたのは、経費が安いからだったとブルッタン氏は語る。

ラジオからウェブへという、技術も視聴者とのコミュニケーションの在り方も全く違うビジネスへの転換だ。これは大規模なリストラだったろう。しかし、レイオフは無かったという。ラジオのスタッフが一丸となり、ウェブの仕事をしながら必要な知識を学び、経験を積んでいったというから、驚く。

スイスインフォは、ウェブサイトになっても社風は変わっていない、とブルッタン氏は胸を張る。今でも、ラジオ時代と同じように、スイス発のニュースの公正な視点と、情報、技術の質の良さを誇っている。

マルチメディア戦略

現代のコミュニケーションの潮流を睨んだ、スイスインフォの目標は二つある。モバイル機器に対応することと、事件、時流の変化に敏捷に対応することだ。

モバイル機器については、それ向けのコンテンツを提供するかどうか、現在試行中という。

敏捷であるために、ソシアルメディア、特にフェースブックを活用している。

スイスインフォは、フェースブックの、読者と直接対話ができる点を高く買っている。フェースブックには10カ国語でスイスインフォのファンページがあり(中国語は、中国専用の別のプラットフォームを使用している)、そこに情報を載せると共に、書き込みをするファンから情報を得ている。書き込みを直接報道することはないが、アラブの春など、時々刻々変化する状況を、現場の生の声から入手できることは大きい。こうして、スイスインフォは、ソシアルメディアの双方向性を、そのエンジンにしている。

スイスインフォは、ウェブやソシアルメディアを活用しているが、コミュニティーマネジャーは置いていないというところが興味深い。各国語担当の記者たちが自身でそれぞれの言語のサイトを管理、活用している。「 我々は、読者と(直接)対話をしない。」と語るブルッタン氏の言葉に、報道機関にとってのファンページは、消費財製造、販売企業のそれとは役割が異なることを覗わせられた。

多言語はスイスの強み

スイスインフォには、十の言語についてそれぞれ、各言語のページを担当する、合計60人にのぼる記者がいる。その記者全員に共通の言語がないことが、日々の仕事を廻していく上での悩みと、ブルッタン氏は苦笑いする。

しかし、十カ国語のそれぞれで取材・編集する人材を国内で見つけられるところが、スイスの凄さだ。国際性の高いスイスの社会資源の豊かさを、垣間見る思いがする。

ちなみに、2012年現在、スイスに住む外国人は、総人口の23%。国際結婚によるスイス国籍取得など、スイス国籍を持つ外国人を勘定に入れると、この割合はもっと増えるだろう。

世界に向けて情報発信を

スイスインフォでは、現在いろいろなメディアの使い方を試行中という。ソシアルメディアの発展など、急激なメディアの変貌により、コミュニケーションの習慣は変化しつつある。その中で、ラジオからウェブへと飛び移ったスイスインフォは、更にどのように変化するのか、将来を見まもりたい。

ここで忘れてならないのは、ラジオからウェブへとメディアは変わっても、スイスインフォの一貫した情報戦略の基本は変わっていないことだ。それは、情報を発信することにより、外国からの理解を得るということである。スイス発の国際ニュースは公正中立という評価と信頼は、今も変わっていない。それはまた期せずして、欧州の中央に位置し、大国(軍事的には強国)に囲まれたスイスの、軍事力を使わない、ソフトディフェンスになってきたのではないだろうか。

現代の日本にとり、スイスのような情報発信に積極的な姿勢は、ますます必要になっていると思える。情報化社会のディフェンスは、積極的に情報を出して行くことにある。日本にとって、隣国との距離が縮まるに従い、国際世論を味方につけたい場面は増えている。日本人もどんどん情報を発信して、外国との相互理解を深め、世界とより良く繋がって行って欲しい。

掲載稿はこちら→ 2013 欧州ICT社会 読み解き術 第十九回、NTTユニオン機関誌「あけぼの」2013年 9 月号