Ecole du ski! — わかって貰えた!

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【今も耳に残る”Ecole du ski!”】

皆さんにもきっと、誰かに自分をわかって貰えた!と思う瞬間があると思います。
そういうとき、とても嬉しくありませんか?

私にとって忘れられないその瞬間は、
“Ecole du ski!” “Ecole du ski!”(スキーがっこう!)
と口々に答える子供たちの声でした。

大学卒業前の春休み、父のお下がりの布製のリュックを背負い、ヨーロッパに一人旅に出ました。

スイスのアデルボーデンという村のスキー場に着いたときのこと、そこがどこだかは忘れましたが、周りに子供たちが大勢いて、フランス語で話していました。村の子ではなく、どこかから団体で来たような風情でした。

この村に来るまでの間、日本で習った標準ドイツ語の全く役立たないスイスのドイツ語圏で苦労してきたばかりだった私、自分の知っている言葉が聞こえて嬉しくなり、東京のアテネフランセで習った単語を総動員して話しかけてみました。

“Vous êtes en vacances d’hiver?”(あなたたち冬休み?)

そのときに返ってきたのが”Ecole du ski!”(スキーがっこう!)!

ああ、通じた!
私の言うことをわかってくれたのね!
スキー学校のことをフランス語でEcole du skiというのね!

*********************

オンラインセミナー地球市民塾 ーー 世界と関わってきた人たちと話そう
「国際会議で活躍したい人へ」
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/h34Bvd

オックスフォード緊急報告会 by 西山哲郎さん
8月28日 月曜日 日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/hTLCHB

***********************

 

IMG_2837

一生懸命に生きるほどに、今が苦しい若い友人へ

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【国際会議は私の救いだった】

ひろしくん、きみは高校を辞めて一人で勉強しながら未来の道を模索しているんだってね。
まだ10代なのに、自分だけの生き方を歩み始めたなんて偉いね。

私はきみを見ていて、国際会議に出始めた頃の自分を思い出した。

あの頃私はカナダ留学から戻ったばかりだった。

いろいろな理由から会社を休職、奨学金が頼りだったから落第するお金もなかったことは前にも話したとおり。

今度こそ、良き会社員、良き組織人になろうと思って日本で再出発したのに、じきに息苦しさを感じるようになってしまった。

今思うと、あの頃私は若くて、周りの人々もろくに目に入らず、単純な考え方しかできなかったからかもしれない。

でも、あの頃なりに苦しかった。

そんな時、日本代表団として国際会議に出席する役目を上司から言いつかった。国際電気通信連合 (ITU) という、ジュネーブにある国連の専門機関だった。今でも若い私にその仕事を任せてくれた上司には感謝している。

もちろん、初めは訳がわからなかった。ジュネーブの街も初めて、国際会議も初めて。カナダに2年留学したので多民族の集まる場所には慣れていたし、また生来新しいことを知ることが大好きだったので、物怖じせずに色々な人と話が出来ることだけが取り柄だった。

今でも忘れられない、あの不思議な開放感は。
ジュネーブの街に着いたとたん、私は息を吹き返したように感じた。
ここでは、私は私でいられる!と思った。
ここでは、わたしは違うルール、違う価値観の中で生きていると思った。

ひろしくん、きみの生きる場所は世界にたくさんある。きみにとって生きやすい場所はきっとあるよ。

今は行動しながら、模索しながらそこを見つけるチカラを身につけて欲しい。若くて怖いものがないということは,チャンスだよ。

私はきみを応援してる。

オンラインセミナー、世界と関わってきた人たちと話そうシリーズ、次回のテーマは、国際会議。
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30

グローバルビジネスの会議はすべて国際会議みたいなものです。違う国の人々が二つ以上参加すれば、それはもう国際会議です。

そういう場所で、どうやって仕事を進めていくの?
利害対立はどうやって乗り越えて行くの?
そういう場所で仕事をする日本人にはどんなことが必要なの?
どれほど英語が出来ればいいの?

まずゲストの津川 清一さん から学んでみませんか。

オンラインですから、ネットがあればどこからでも参加できます。ログインなど面倒な手続きは不要、安全で簡単です。
詳しい内容はこちらからどうぞ↓↓↓ お申し込みもできます。

**************************

thumb_IMG_3493_1024
国際電気通信連合 (ITU) 会議場

なぜ私の平たい顔は個性なのか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【ジュネーブのお寿司屋さんの売り子をして
自分のここでの個性に気がついた】

私はジュネーブにある小さなお寿司屋さんで、売り子としてアルバイトしていたことがあります。50歳を過ぎて失業し、仕事が見つからないまま2年経った時でした。
なんでもいい、自分の手でお金を稼ぐという感覚を取り戻したかったんです。

私はお寿司屋さんの売り子なんてしたことがない。
お客さんの前で緊張し、お寿司の注文取りを間違える、レジを打つのに時間がかかって、手で計算する方が速いほど。

お店のご主人は口数の少ない人でしたが、そんな私を叱りもせず、ましてや店を辞めてくれとも言わず。反対になぜか機嫌が良いようでした。

日本人らしく平たい顔の私が、日本語なまりのフランス語で「この海苔巻きも美味しいですよ」とか「あ、その海藻サラダも良いです」などと言うと、一品余計に買ってくれるんです。

私は販売員の経験なんてありません。フランし語もヘタです。でも、ここでは日本人の顔をしているだけで価値なんだ!と気がつきました。

お客さんは、私の顔と言葉のなまりに異国情緒と説得力を感じてくれるんです。

これは凄い発見でした!

私はヨーロッパに住んで20年かかって、ようやく気がつきました。ここヨーロッパでは日本人であること自体が私の個性なんだと。

logo-chikyushimin

地球市民塾では田原真人さんに聴き手になっていただいて、そんな話をたくさんしたいと思います。
日本の外で生きていくとはどういうことか、迫力のある話を聴きたい方、どうぞセミナーにいらしてください。

オンラインセミナー シリーズ 一回目
「世界と関わってきた人たちと話そう」
7月15日 土曜日
日本 18:00 – 19:30 / マレーシア 15:00 – 18:30 / スイス 11:00 – 12:30
7月21日 金曜日
日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
お申し込みはこちらからどうぞ

 

**************************

“Bel été!”(素敵な夏を!)

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【もしかしてあなたの知らないスイスの夏】

学校や地域の活動が終わる6月の末で、ジュネーブの街は一旦休息に入ります。

しばしのお別れ、”Bel été!”(素敵な夏を!)という声がやっと暮れかけた夏の遅い夕暮れの道路に響きます。

**************************

言霊(ことだま)て、あると思います。

フランス語にも。

“Bel été!”(素敵な夏を!)

そう声を掛け合って、散りじりバラバラ、クラスメートだったマダムたちがそれぞれ帰宅の途につきます。

6月最後の木曜日、私の通うアクアジムの最終日です。私のクラスでは、最終日のレッスンの後一人一品持ち寄って、毎年村の小学校の片隅でささやかな打ち上げを催します。3人の先生にも来て貰って。

これが楽しい。

めいめいが手作りのタルトや、近所のワイナリーで生産するワインを持ち寄ってきます。私は毎年、近所の農家でとれた新鮮な野菜を使ってサラダを作って持って行きます。

午後8時頃から始まって、お喋りや自慢の料理を楽しんで、10時近くにはお開きです。

その最後に皆が別れていくとき、いつも声を掛け合うのです。

“Bel été!”(素敵な夏を!)

9月にアクアジムが再開されるまで、しばしのお別れです。

こうして静かな夏が始まります。

皆さんの夏はどんな夏でしょう?
皆さんにも、Bel été!

写真は、今日皆で持ち寄りパーティーを楽しんだ小学校の玄関先。今年は冷たい雨に降られてしまいました。それでも午後9時過ぎの空には残光が明るい、白夜です。

A Gym 恒例の納会の日 2017

 

**************************

「ボクが居眠りしてました。」でもあやまらない。ヨーロッパ人を読み解く

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【”謝る”というカルチャーの違い】

あなたは、「済みませんがーーーをしてくだしますか?」「申し訳ありませんが、もう一度お電話をいただけますか」「遅くなって申し訳ありません」などなど、謝る言葉をたくさん使っていませんか?

ところがここヨーロッパは違います。

**************************

晴れた昼下がり午後2時半頃、交通事故に遭った。

麦畑の中を行く田舎の一本道。私がいつものようにクルマを走らせているとセンターラインを越えて突然対向車が突然真正面に突っ込んで来た。

信じられなかった。

ハンドルを右に切って避けようとしたが避けられず、ガシャーン!(ヨーロッパではクルマは右。皆さん、御注意を)

目撃した人が二人、直ぐにクルマを停めて私の側に来てくれた。

私はガラスのかけらを前身に浴びたため、道路端の草むらに腰掛けることもできなかった。無数のガラスの破片が肌に食い込んで痛かった。

対向車の運転手は24歳のロドリゲス君。彼は業務時間中だった。

そこで面白かったこと。

“Ca va?” (大丈夫?) 彼から私への最初の一声だった。

だけど衝突の原因を作ったロドリゲス君は終始私に一言も謝らなかった。

私は驚かない。「ああ、やっぱりね」と思っただけ。なにせ私はカナダに2年、欧州に28年。いよいよ深刻な事態が起きたとき,欧米の人は謝らないということを骨身にしみて知っている。

彼は居眠りしてたとすぐに自分で言ったから、黒白はハッキリ。私はそれで良いと思った。

と言ってしまうとこの話はここで終わるが、もう少し続けさせて欲しい。

ロドリゲス君が日本人だったら、まず、真っ先に謝ると思う。自分が居眠りしていたと、彼は私にも、目撃した二人の人にも言っていた。現場に来た警官にもそう言ったんじゃないかな?私は聞いていなかったけれど。

だから彼には自分は悪くないと言い張るつもりはなかったと思う。

なのになぜ謝るという発想がないんだろう?

それは彼だけじゃない。以前カナダに住んだときにもそう思うことが度々あった。

欧と米とは違うけれど、敢えて欧米とここでは言おう。欧米人と日本人とでは「謝る」と言う感覚が全く違うと思う。欧米では謝るということ自体に日本ほどには大きな意味が置かれていないように思う。

ところが日本はその反対のよう。たとえ自分が悪くなくてもまず謝っておく。

だってこの場合、ロドリゲス君が私に謝ってどうなるというのだ?

それよりも、彼がそれこそ隠し立てもせずに自分が居眠りしていたといったことの方が意味を持つ。これで、私への賠償金は彼の方の保険会社が負担することになるんだから。

私もロドリゲス君に「謝りなさい」と言おうとは思わなかった。事故のショックで気持ちはヨレヨレだった。そう言うときに美辞麗句はいらない。

ただこの機会に異文化観察をさせて貰った。

IMG_0110
私の愛車はこれで廃車に

 

 

**************************

一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができるようになる研修プログラムを御提供しています 詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

ダイバーシティから学ぶ方法とは?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

 【会話を通し、心を開いて学び合うダイナミズムに尽きます】

互いが対等な立場に立って、会話を通して学び合う場、そこに新しいアイデアと気づきが生まれます。

イノベーションもこういう環境で生まれて来るのです。

***************************

6月のある日曜日、私はベルンで研修会の講師を務めました。

テーマは、「ケース学習」という学びの方法の紹介、受講生はスイス日本語教師の会の会員の方たちです。普段先生でいらっしゃる方たちがその日は生徒になり、私が先生の役割になったわけです。(我ながら大変なことになったと、、。汗)

ケース学習とは、実際のケースに基づいて書かれたストーリーを全員で読み、登場人物の気持ち、問題の本質を一つ一つ考え、解決方法をグループで話し合うというプロセスを通じて、文化の異なる人と仕事を進めるスキルを身につけていく学習の方法です。

このようにケース学習は問題解決のプロセスに大きな意味があるので、ケース学習の本を読んでもそのやり方や意義が身につかない、ハラ落ちするまでにはわからないことは簡単に想像できますよね。テニスの本を読むだけで、ラケットを手にしてボールを打たなければテニスの腕は上がらないのと一緒です。

そこで私は受講する皆さん全員にケース学習を実際に体験して貰いました。

ケースを元にしたディスカッションにもロールプレイにも、皆さんは熱心に取り組んでくださいました。会場いっぱいに、それぞれの登場人物になりきって気持ちを考える受講生の皆さんの生き生きと話し合う声が響いて、活気に満ちていました。

研修の終わりには、それぞれの方が多くの学びと気づきを得てくださったようです。最後のワークの後でホワイトボードに貼って頂いたポストイットにその思いが溢れ出るようでした。

こういうワークはひと思いに飛び込んで、脳みそに汗かきながらも楽しみながら取り組むのが、多くを学ぶコツです。

心を思い切って開くのです。

そこにドッとアイデアの元となる心と頭の栄養が流れ込んできます。その瞬間、思いもつかなかった閃きが生まれるのです。

そのダイナミズム!

これが会話のチカラ、場のチカラです。

こういう場では、お互いが先生です。つまり、参加者皆が教え会い、学び合うのです。同じケースを読んでいるのに感じ方、考え方の十人十色だということに気づき、驚く。その会話の中で、自分の脳が触発され、新しいことに気付いて行くプロセスそのものが学びになっているのです。

人は自分が考え抜いて得たことは決して忘れません。それどころか、会話を通じて考えを深める練習をしているようなものですから、次に別の問題にぶつかったときに考える用意が頭の中にできています。

一心に学ぶ気持ちに場所や年齢に関係がないという姿を目の前にした1日でもありました。

気持ちの良い夏の日曜日となりました。

IMG_0106
ベルンに行く列車の車窓に夏のスイスが広がります。

***************************

一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができるようになる研修プログラムを御提供しています 詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

口にした望みが叶うわけ

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【自分の望みは口にしよう。それは叶う】

私の背中を押したのはMクンの一言でした。
そして私は大変なチャレンジを引き受けることにしてしまいました!

*****************************

実はとてもささやかなことです。
でもわたしにとっては「えいっ!」という覚悟が必要でした。この私が来週のトーストマスターズクラブの例会で、Grammarian(英文法評価)を担当するんです。英語母語者の多いこのクラブで、Grammarianは私がずっと避け続けてきた役割でした。教科書はともかく、実際に英語を話すときには細かい点の精細さが私にはどうしても欠けます。だから、他の人のスピーチを聴いてその文法の評価するなんてとてもできないーーと。

この決心はその心の壁を破る決心です。

そんな覚悟をさせたのは、Mクンの一言でした。彼と他の用件で話していたのに、最後に関係ないひとことが出てきたのです。「ところで、来週の例会、GrammarianとGeneral evaluator (例会全体の評価者)の役がまだ空いてるよ」

私は例会に行くなら、何かの役を買って出ることにしています。ところが今度はスピーチを準備する時間もなく、どうしようかと思っていたところにこの一言。

はじめ、Grammarianはムリムリ、General evaluatorを引き受けようと思ったんです。
でも、General evaluatorは先月一回やったばかり。それもどうかな、うーーん。

今までGrammarianが決まってないのも何かの縁かも知れない。
では、私に何ができるだろう?
そうだ、文法の精密な評価はできないかもしれないけれど、私なりの視点からアドバイスができる。それだって、スピーカの役に立てるじゃないか。
じゃあ、その私なりの視点とは何?
例会まであと4日ある。その間に考えよう
ーーーと心が動いたわけです。

自分の望むことは何でも良いから言ってみることですね。
それは叶います。発せられた言葉は誰かの耳に入り、その人の心に届くから。
Mくんの言葉が私の心に響いたように。

IMG_3464