地球市民塾て何?– Zoom体験者インタビュー

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【地球市民塾て何?】

時々こう聞かれます。

あなたも聞きたかった?

丁度良い記事がZoom革命のウェブサイトに載りました! Zoom革命ライター、松谷 愛 (Ai Matsutani) さんが栗崎にインタビューしています。泥のついた言葉が生き生きしている一緒に録画もお楽しみ下さい。

【#14】グローバル人材育成コンサルタントの「栗崎 由子(くりさき よしこ)」さん

Logo_Zoom革命

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

スイスの老舗企業はなぜ変革に強いのか? — フリッツ・スチューダー社

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【自らを変革しチャレンジし続けることこそ伝統】

スイスにはもともと家族経営企業として出発し、その優秀な技術と製品で国際競争を勝ち抜いている企業が数多くある。家族経営というと伝統はあっても、内向きな社風を持つこじんまりした会社を想像する。ところがスイスではまさにそのような会社がイノベーションにチャレンジし、国際市場で存在感を示しているのだ。

家族経営企業の伝統と斬新な発想(イノベーション)とがどう相互に作用し、競争に勝ち抜く企業でいられるのだろうか?

続きはこちらへ

(ニュースレター 2018年8月号。スイス大使館、スイス外国企業誘致局)

写真2 Studer Logo

写真4 STUDER_Flow-Assembly

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (10) — なぜ日本の衰退の原因がダイバーシティから透けて見えるのか?

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【力尽くでムキにならないと
ダイバーシティはできない】

ここまでブレのない、本気で本音のダイバーシティに対する考えを聞いたことがなかった。日本にもこんな経営者がいらっしゃるのだ!嬉しくなった。
興奮が醒めないうちに、私の主観で拾った要点をシェアします。(御注意、長文です)

先日カルビー会長兼CEO、松本晃さんのお話しを、リーダーシップ111(ワン・ワン・ワン)の会合で伺いました。

・ダイバーシティは会社の成長に不可欠。しかし私はフェミニストではない。
・ダイバーシティ推進は誰かの既得権益を奪うことになる。抵抗があるのは当然だ。だから力尽くで進めるしかない
・まず会社の文化を変えることから始めた。○「おはようございます」、×「お疲れ様」、全員「さん」付けで呼ぶ
・時代は変化した。かつての成功モデルだった「高学歴、高齢、男性」によるマネジメントは通用しない。「工業製品、大量生産、偏差値教育」は通用しないのに、日本は今でもそれを続けている。国の弱体化の原因だ。
・変革とは既得権を奪うこと。私は率先してそれを捨てた。人事権、個室、接待費ect.
・経営とはすべてのステークホルダーを喜ばせることだ。優先順位は、①顧客と取引先、②従業員とその家族、③地域社会、④株主
・経営を優しい言葉で言うと、世のため人のために(必要条件)、儲けること(十分条件)
・何を変えたか?仕組み、組織、人の順に変えた。まず社員にカルビー60年間の棚卸しをして貰った;①良いことだから続けること、②良いことだが出来ていないこと、③無駄だから止めること。
・古いものをまず捨てよ。それを温存したまま改革は出来ない。例えば就業規則を廃棄した
・ダイバーシティ推進委員会を社内に作った。2年交替、全員参加
・初の女性地域事業部長が誕生したとき、彼女に一つだけ命令した「4時に退社せよ」。他の社員も、女性から始まってその例に倣い始めた
・このように改革は上からでないと進まない
・ダイバーシティは企業成長のエンジンだ
・働き方の改革と同時進行が必要だ。長時間働けばモノを多く生産出来る時代は終わった
・「働く」とは何か?ーーあなたのクライアントは誰か?あなたのクライアントの抱える問題は何か?あなたはその問題を解決しているか?働くとはそういうことだ。それをしていないなら、あなたは働いていないのだ
・会社は社員に成果を求めている。社員の時間を奪うことではない。会議は不要。在宅勤務でもよい。成果が出ればよいのだ
・会社とは魅力的な人を作るところだ。そういう人々は良い仕事をする。すると会社は儲かる
・あなたのリーダーシップが会社を強くする
・リーダーシップには正解がない。決めてその通り実行するべし。うまく行かなければ、やり方を変えればよい
・強いリーダーの要素;伝える、決める、逃げない(結果に対して責任を取る)
・社員への感謝、認めること(賞賛すること)、報酬の三つのバランスが大切だ
・カルビーの「夢経営」について、これは積み上げではない。夢を持つこと!夢は持たないと実現しない
・仕事に男女差は全くない
・ダイバーシティの必要な理由を、社員に何度も丁寧に説明した。3−4年かかった。
・決して考えを変えない人はいる。そんなものだと思って進めよ
・女性登用の成果が出ると、人はそれを認め始める
・女性は昇進を望まない、登用する人材がいないというのはウソ。アサインすればよい
・カルビーでは女性役員の登用から始めた。(下から積み上げではない)。登用して育たなければ役員から外せばよい。その点は男女とも同じことではないか?
・私は成果主義だ。時間も金も無駄に使わない。通勤時間は無駄だ。給料は投資、社員成長の源泉だ
・私は経営者としてダイバーシティを進めないと会社が弱くなるのでやってきた。組織が存続するのは従業員とその家族のために必要だ
・女性は人口の半分だ。女性を活用しなくて会社はやっていけない。ゴルフするのに、右手だけで打てますか?
・ダイバーシティとしてなぜ女性に主眼をおくのか?それは女性が充分に使われていないからだ
・性差は当然ある。均質な集団に異物の入るやりにくさはある。それを乗り越えなければ経済は成長しない。会社も成長しない。顧客、社員、地域社会、株主に対し責任を果たせない。
・現在カルビーは59点までは行った。改善点はある。しかし合格点までは行ったかなと思う。

IMG_1932
ヨーロッパのダイバーシティ、「あなたは何人?」と言う質問が意味を持たない

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:企業や、組織にとってのダイバーシティ推進とは一人一人の個性を生かす経営を意味する。ダイバーシティ推進は、すでに煮詰まり日本経済衰退の原因となっている同質社会を変え、新鮮なエネルギーを吹き込むために必須の方向だ。

*************************

お待たせしました!

近々無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くのか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスにひそむ見えない文化ギャップ、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

「私たちは新しいことにチャレンジし続けなければならない」

あなたの国際ビジネスをご一緒に進めるパートナー、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【アンテナが高いのです】

スイス🇨🇭でいつも驚かされるのです。

こじんまりした町にも、一見保守的に見える古い会社にも、そういうことを本気で考えて、実行に移す人々がいる。政府に頼るでなく、外国の大企業のコピーをするでなく。

これは一体どこから来るんでしょうね?

今日、シオンという小ぶりで歴史のある町を訪ねました。スイス一のバス会社、ポストバスが自動運転テストを行なっているシャトルバス(写真)に取材して、そんなことを考えました。

同様のことを、スイスの国営国際情報発信プラットフォーム、スイスインフォに取材したときにも感じました

小さい国なのに、人口は800数十万とヨーロッパの中でさえ少ない方なのに、それぞれの立ち位置から将来を見通している人々がいる。そのうえ、外国発のアイデアだろうと何だろうと、広く世界を見ている。アンテナが高いのです。

それがスイスのイノベーション力の源泉ではないかと思います。

SmartShittle Sion 2018

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: 自分の立ち位置に足を踏ん張って、常にアンテナを高く張ろう。それがあなたのイノベーション力を強める。

*************************

お待たせしました!

無料メールマガジンを発行します。この無料メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもありますが、それも栄養満点だからこそ。他では聴けません。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くんだろうか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスのコツや気づき、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

クルマの未来は見えたか?ージュネーブモーターショウ私的感想

あなたの国際ビジネスをご一緒に進めるパートナー、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

今回は、文化ギャップに関係のない話題です。

【モノだけ見る時代は終わっている】

今年のモーターショウも華やかだった。エレガントなマセラーティ、素敵なフェラーリもいつも通り。うっとり、、。

IMG_0470

で、それで何?

未来が見えない。

無人運転車の展示は一社だけ。

IMG_0476
Navya社のオトノム・キャブの広々した車内。無人運転車の草分けだ。

今世界をときめかせているテスラも、クルマをシェアド・エコにミーに取り込んでいるウーバーも来ていない。

クルマをサービス産業に変えようとしているGoogleも日本のSBドライブも姿が見えない。

きらめく新車の並ぶショウ、そのいつも通りの華やかさの後ろで進んでいる未来への動きが見えない。

今、クルマは個人の持ち物からシェアする公共財に変わって行っている。その動きは世界の各地で進行している。

そこにないものを見たい。そこでは小さな存在でしかないものの変えて行く、未来の都市交通を見たい。

イノベーションの芽は、気付く人にしか見えない。

10年後、今あるクルマのメーカーのうち何社が残っているだろうか?

(声をひそめて)フォーミュラ・ワン カーの中でクルマに酔いました😰。ルイ・ハミルトンのテストドライブに一緒に乗るというシミュレーションがありました。あのシルバーストンのサーキットですと?

喜んでいそいそ乗り込んだまでは良し。

動き始めてビックリ!フォーミュラ・ワン カーて乗り心地悪いのなんの。カーブでは右に左にお尻がズズーーーと滑っていって、ひゃーー!

フォーミュラ・ワンはテレビで見るのが一番です!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: 日々センサーを張るべし。小さな変化、密やかな萌芽は大きな変化の前触れかも知れない。

*************************

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けません。

用意ができたらすぐにお知らせします!

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くんだろうか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスのコツや気づき、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

欧州交渉術 — 夢を叶えた一発逆転のメッセージ

あなたの国際ビジネスをご一緒に進めるパートナー、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【主張せよ、心を込めて】

夢が叶った!明日は5時に起きて取材に行く。

ここまで来るのに、紆余曲折があった。コレもまた交渉である。そして欧州ではこの手の交渉が日常茶飯に起きる。

スイスナンバーワンのビスケットメーカ、K社はスイスの優秀な家族経営の会社の一つである。前々からそういう会社にとってイノベーションとは何か、取材してみたかった。

そこで1月に取材を申し込んだ。ウェブサイトを調べると広報担当がなく、会社の代表e-mailのアドレスしか記載していない。そこで、会社の代表アドレスにメールを送った。

メールを送って2週間、なしのつぶて。取材を企業に申し込んでこんなに返事が遅いことも珍しい。

思いきって会社の代表番号に電話すると担当者は帰宅して不在という。

ここで引き下がれない。せっかく向こう側に人間を捕まえたのだ。こういう場合、闇に消えるようなメールでは埒があかないことは、今までの痛い経験から充分承知している。

「ではあなた宛てにでもう一度メールを送るから、明日は必ず担当の人に届けてください。」人はメールに名前が入ると責任を感じるようになるものだ。電話応対のマダムに、彼女の名前を件名に”Attention”として入れて、またメールを送った。

4−5日して受け取った返事には、心底ガッカリさせられた。

ただの断り。理由もなければ、他の日を提案するでもなかった。

この強い否定のトーンに、さすがの私も諦めかけた。いっそ今まで交換したメールを削除してしまおうと思った。本気だった。

しかし、1日考えて、やはり惜しいと思った。

私は前からK社に興味を持っていた。商品であるビスケットはサラリとした食感でバターの香りがほんのり鼻孔に残る。ウェブサイトに載せられた会社の歴史も、若いパン職人と彼が修業先で出会った村の娘との恋愛ストーリーがきっかけになっていて、なにやら人間くさい。こういう歴史を大切にしてウェブサイトの社史に載せるような会社は悪い会社ではないと思えたのだ。

そこでもう一度だけと思い決めてメールを書き直した。時間と労力の無駄になってもいい、後で後悔したくないというその気持ちだけがエネルギーだった。

そのメールには念を入れて、なぜこのインタビューはK社にメリットがあるのか、読んで直ぐわかるようにに書いた。それも平易な英語で。相手も私と同じ、英語人ではない。外国語を読む苦労はできるだけ減らし,私のいうことに耳を傾けて貰いたかった。

私の取材目的である寄稿先の雑誌は月に1万部発行されているという大規模なものであること、また私はスイス大使館商務部からも寄稿依頼を受けている人物であり怪しい者ではないことを書いた。自分が常々K社を尊敬していること、その証拠にK 社のビスケットの写真を載せたパワポを前に講演する私の写真も添付した。

26024395_1352052071607540_1212915700_o
国際競争力のあるスイスの中堅企業としてカンブリー社を例に説明しているところ(京都イノベーションセミナー)

私が日本のセミナーでは毎回そのビスケットを二箱スイスからカバンに詰めて持参して会場で参加者に食べて貰っていることも書いた。

これでダメなら、私がこの会社を嫌いになっても仕方がないと思った。それは私の覚悟だった。

まさかの一発逆転。

翌日昼過ぎに、会長のアシスタントから丁寧なメールが入っていた。

今まで散々手こずったのに、打って変わってこの速さ!

私のメールは会長に紹介されたという。事情を知って会長は「業務多忙時とはいえ大変申し訳なかった。ついては今週の木曜日か金曜日のXX時においで頂けないか。」と言っているというではないか!

この予想だにしなかった急転が信じられなかった。

K社が人の気持ちの通じる会社だったことが嬉しかった。

木曜日の予定なら変更できる。先約の相手には丁重に言葉を尽くして事情を話し、そちらの約束は来週に廻して貰うことになった。

さあ、明日は私にとっては伝説だった創業家の3代目社長が出てきてくれる。諦めなくて良かった!私はその人に会いたかった。

彼から直接聞きたいことがある。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: 今回の経験は、欧州で頻繁に起きる交渉ごとの一つだ。国際ビジネスでは誰もあなたの内心を察してくれない。自分の言いたいことはすべて言うべし。それが相手の 利益になることをわかって貰うこと。人は自分の利害を真っ先に考えるものだ。しかしそこには心を込めて。それは相手に伝わる。

*************************

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けません。

用意ができたらすぐにお知らせします!

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くんだろうか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスのコツや気づき、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

 

ダイバーシティ、対話、イノベーションはグローバル社会と繋がっている

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【人は新しい視点を知り視野を広げながら、考え方を変えていく】

Zoom(ズーム)というビデオコミュニケーションシステムが急速に利用者を増やしている(zoom.us)。「Zoomオンライン革命!」(秀和システム、2017年10月出版)の著者、田原真人(たはらまさと)さんは、Zoomがコミュニケーションや、ひいては人と人との関係に革命的な変化を生み出すと予想する。たった一つのICTシステムがなぜ、どんな変化を起こすのか?ICTで人の心は本当に繋がれるのだろうか?田原さんにお話しを伺った。

そこから見えてきたのはここでもまたダイバーシティ、対話、イノベーションは繋がっているということだった。そこでは対話が違いを乗り越え、それぞれの人が思い込みを乗り越えて新しい視点、1人では思いつけなかったアイデアを得る媒介となる。

そう考えるとき、文化や人種、言語、宗教、習慣など人の持つ様々な違いもまたダイバーシティを豊かにし、ということはつまり発想の生まれる畑の土を栄養豊かにする要素となる。この点で、ダイバーシティ、対話、イノベーションはグローバル社会と見事に繋がることになる。

一つのICTシステムに過ぎないZoomがなぜ人と人との関係のあり方を変えるほどのインパクトを与えるのか?

栗崎による田原さんのインタビューをご覧ください。

 

ダイバーシティとイノベーションの繋がりを体感し、あなたの仕事に落とし込んでみませんか?

【12月23日、スイスが京都でスポットライトに!】
スイスのイノベーションとダイバーシティをテーマにしたワークショップが開かれます。
「スイスでは、ダイバーシティがどのようにしてイノベーションを生み出してきたのか?」に焦点を当て、「イノベーションを生み出し続けるスイス式ダイバーシティ」を、ヨーロッパ流の対話のワークショップを通じて体感していただきます。
会場 京都インパクトハブ
プログラムとお申し込みはこちらです

【今年を生き生きした学びで締めくくりませんか? 実際のケースにグループで取り組みながら対話を通じて人が誰でも持つ思い込みを外していきます】

ケースを多面的に考えたり、ロールプレイングをしながら、考え方、立場や文化的背景の異なる人々の知恵を合わせて問題を解決する能力を養えます。
会話を通して学ぶので楽しく考えを深められます。

放送大学 一般公開 ダイバーシティ ケース学習研究会 4回シリーズ日時 12月 9,10、16、17 日の第3時限(14:10—15:35)
会場 放送大学東京文京学習センター 講義室12,丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩3分
費用 無料
定員 25名

詳しいプログラムやお申し込み方法みついては、こちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
Facebook イベントサイト

************************************