国際機関や国際会議で仕事する人は特別?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【仕事を進めるというその基本は日本と同じだと気がつきました】

私の経験では、特別なことはありません。日本でキチンと仕事が出来て、同僚から信頼の置かれる人は、国際機関や国際会議でもキチンと仕事ができると思います。

仕事の場所や環境が変わっても、仕事をするということの基本は同じです。

私はITU(国際電気通信連合、本部ジュネーブ)の会合に参加してこんな経験をしました。

私は、二つのワーキンググループ (WG) に入り、ある勧告(ITUの出す国際協力のベースとなる約束事)のテキストを作成する仕事に加わっていました。

会合は年に二回あるのですが、気がつくと一方のWGでは回を追う事に勧告案が着々と出来ているのに、もう一方の方ではほとんど進みません。

何が違うかというと、WG議長の仕事の進め方が全く違うのです。

進む方のWGでは議長が毎回の会議の前に勧告の文案を作成して、会期の終わりにはそのバージョンアップした修正案を作成しています。

進まない方のWGでは議長は毎回「参加の皆さん、意見書を持ってきて下さい。」と言うばかりです。だれも意見書を持ってこないので、会期の最終日になっても成果物はありません。

こういうことは、皆さんの日々の仕事の中でも起きるのではないでしょうか?

国際機関や国際会議で一緒に仕事をする人々は、言葉も文化も、議論の仕方も日本と違います。けれども仕事を進めるというその基本は日本でのそれと同じだと気付いた経験でした。

いよいよ今週は24日木曜日に津川清一さんをお迎えして「これから国際会議で活躍したい人へ」、続いて28日月曜日に西山哲郎さんの語るホットな「オックスフォード緊急報告」が開催されます。この二つのセミナーには同じ志が通っています。両方に御参加になると、1+1=10以上の効き目があります。お約束します!

お申込はお早めに!
*********************
オンラインセミナー地球市民塾 ーー
世界と関わってきた人たちと話そう
これから国際会議で活躍したい人へ
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/h34Bvd
オックスフォード緊急報告会 by 西山哲郎さん
8月28日 月曜日 日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/hTLCHB

★御注意★ どちらも個別のお申込みフォームをお使いくださいね♪ FBイベントページからお申込は出来ません。

**************************

IMG_0721

ヨーロッパは”おばさん”がチャーミング

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【大人が大人として振る舞っていると映った!】

まずこの写真をご覧ください。

Appenzeller bier

チューリヒで仕事の終わった蒸し暑い日の夕方、ジュネーブ行きの列車まで時間がありました。そこで駅構内のビアスタンドで白ビールを一杯飲んで一息ついた時のこと。

そのスタンドで出していたビールのコップ敷に目止まりました。アッペンツエルというスイス東部の州で醸造されるビール会社の作ったものらしい。

アッペンツエル地方の衣装でしょうか、民族衣装を着た男女が楽しそうに語らいながら、美味しそうにビールを飲んでいます。

そこに若い人がいない。描かれた5人の誰もが日本で言うと”おじさん”、”おばさん”といった感じです。

それで思い出しました。

パリでヨーロッパ生活を始めた頃の事、パリでは40代を過ぎた女性がチャーミングだと気がつきました。

彼女たちはなんというかこう、堂々としている。女性として一人前という雰囲気を持っている。それに比べると、20代、30代の女性はパリではまだ一人前の大人として見られていないような感じがしました。私の主観なんですけれど。

ウィーンに行くと大人として堂々としている女性の年齢はもっと上がり、50代にならないと大人の仲間入りをしないようです。繰り返しますが、そういう街の空気を私が感じたということで、誰かに聞いたわけではありません。

私の経験ですが、ヨーロッパではどこに行っても、日本で言う”おじさん”、”おばさん”という年代の人々が堂々としているのです。大人は大人として振るまっているように私の目には映りました。

*************************

オンラインセミナー地球市民塾 ーー 世界と関わってきた人たちと話そう
「国際会議で活躍したい人へ」  
いよいよあと4日  8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/h34Bvd

オックスフォード緊急報告会 by 西山哲郎さん
8月28日 月曜日 日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/hTLCHB

*************************

 

 

Ecole du ski! — わかって貰えた!

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【今も耳に残る”Ecole du ski!”】

皆さんにもきっと、誰かに自分をわかって貰えた!と思う瞬間があると思います。
そういうとき、とても嬉しくありませんか?

私にとって忘れられないその瞬間は、
“Ecole du ski!” “Ecole du ski!”(スキーがっこう!)
と口々に答える子供たちの声でした。

大学卒業前の春休み、父のお下がりの布製のリュックを背負い、ヨーロッパに一人旅に出ました。

スイスのアデルボーデンという村のスキー場に着いたときのこと、そこがどこだかは忘れましたが、周りに子供たちが大勢いて、フランス語で話していました。村の子ではなく、どこかから団体で来たような風情でした。

この村に来るまでの間、日本で習った標準ドイツ語の全く役立たないスイスのドイツ語圏で苦労してきたばかりだった私、自分の知っている言葉が聞こえて嬉しくなり、東京のアテネフランセで習った単語を総動員して話しかけてみました。

“Vous êtes en vacances d’hiver?”(あなたたち冬休み?)

そのときに返ってきたのが”Ecole du ski!”(スキーがっこう!)!

ああ、通じた!
私の言うことをわかってくれたのね!
スキー学校のことをフランス語でEcole du skiというのね!

*********************

オンラインセミナー地球市民塾 ーー 世界と関わってきた人たちと話そう
「国際会議で活躍したい人へ」
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/h34Bvd

オックスフォード緊急報告会 by 西山哲郎さん
8月28日 月曜日 日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
プログラムとお申込はこちらへ↓↓↓↓
goo.gl/hTLCHB

***********************

 

IMG_2837

“I don’t know”は息をつく言葉

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【あーーなんて気楽なんだろう!】

トロント(カナダ)に留学して間もない頃の事です。

私にとって人と話していて”ノー”と言えると知ったのと同じぐらい驚いたのは、”I don’t know”でした。

人と英語で話していて、時々こんなことを言うのです。
ー (私)あなた、今言ったそれ、どういう意味?
ー(友人)I don’t know.

それを聞いた初めはビックリしました!

だってあなた、自分が言ったことでしょう?それを”I don’t know”て、そりゃないでしょうが。

けれども、相手の感じ方は違うのです。聞かれたことに即答できなければ、I don’t knowと言っていいのです。

あーーなんて気楽なんだろう!

それまでは何かを尋ねられたら、生真面目に答えをウンウンいって探していたわたし。

そういうときに「わかりません」「答えられません」と言えたら、ホッと息をつけるではありませんか。

今では私も”I don’t know”を便利に使って、ひょいひょい会話のサーフィンを楽しむようになりました。

*********************
オンラインセミナー地球市民塾、世界と関わってきた人たちと話そうシリーズ

「これから国際会議で活躍したい方へ」
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 / マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30

グローバルビジネスの会議はすべて国際会議。違う国の人々が二つ以上参加すれば、それはもう国際会議です。

そういう場所で、どうやって仕事を進めていくの?
利害対立はどうやって乗り越えて行くの?
そういう場所で仕事をする日本人にはどんなことが必要なの?
どれほど英語ができればいいの?

ゲストの津川 清一さん から学んでみませんか。
オンラインですから、ネットがあればどこからでも参加できます。
ログインなど面倒な手続きは不要、安全で簡単です。

詳しい内容はこちらからどうぞ お申し込みもできます。

***********************

 

IMG_0742
ジュネーブで祝うカナダ・デー

外国に行かなくても、今英語を話せなくても、国際人になる練習はできる。どうやって?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【外国で仕事をしたい若い友人へ】

ひろしくん、将来は外国で仕事をしたいんだってね。それは素晴らしい夢!きっと実現するよ。

あなたには若さと未来という大きなチャンスがある。今は焦らないで、じっくり力を蓄えて。
今生きている場所でできることは沢山あるよ。

ー今の勉強を日々、トコトンやり抜く。学校を辞めた君にも、自分なりのやり方で勉強する方法はたくさんあるよね。
ー毎日3人の新しい人と話をする。新しい人に会えない場合は、既知の人3人と新しい話題で話す。
ーこれ!と思った人のところに出かけていき、話をしてくる。聞いてくるだけでもいい。
ー1日の終わりに日記を書く。3行で結構。自分との対話の時間をつくる。

要は視野を広く持つ、色々な人と会話をすることで、考え方の柔軟性を鍛え上げること。それは視野の広さ、経験や知識の引き出しの多様さや創造性に通じていくよ。

そういうことが心に壁を持たずに誰とでも、文化や性別、宗教、育ちなどの違いを乗り越えて仕事を進めていける人、つまりどこででも仕事の出来る人の基本だ。

私はきみを応援してる。

オンラインセミナー地球市民塾、世界と関わってきた人たちと話そうシリーズ,
次回のテーマは、国際会議です。
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30

グローバルビジネスの会議はすべて国際会議。違う国の人々が二つ以上参加すれば、それはもう国際会議です。

そういう場所で、どうやって仕事を進めていくの?
利害対立はどうやって乗り越えて行くの?
そういう場所で仕事をする日本人にはどんなことが必要なの?
どれほど英語ができればいいの?

ゲストの津川 清一さん から学んでみませんか。
オンラインですから、ネットがあればどこからでも参加できます。
ログインなど面倒な手続きは不要、安全で簡単です。

詳しい内容はこちらからどうぞ↓↓↓ お申し込みもできます。

**************************

IMG_0665
ジュネーブ旧市街、ホタテ貝の印は巡礼の宿の印だった。

 

一生懸命に生きるほどに、今が苦しい若い友人へ

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【国際会議は私の救いだった】

ひろしくん、きみは高校を辞めて一人で勉強しながら未来の道を模索しているんだってね。
まだ10代なのに、自分だけの生き方を歩み始めたなんて偉いね。

私はきみを見ていて、国際会議に出始めた頃の自分を思い出した。

あの頃私はカナダ留学から戻ったばかりだった。

いろいろな理由から会社を休職、奨学金が頼りだったから落第するお金もなかったことは前にも話したとおり。

今度こそ、良き会社員、良き組織人になろうと思って日本で再出発したのに、じきに息苦しさを感じるようになってしまった。

今思うと、あの頃私は若くて、周りの人々もろくに目に入らず、単純な考え方しかできなかったからかもしれない。

でも、あの頃なりに苦しかった。

そんな時、日本代表団として国際会議に出席する役目を上司から言いつかった。国際電気通信連合 (ITU) という、ジュネーブにある国連の専門機関だった。今でも若い私にその仕事を任せてくれた上司には感謝している。

もちろん、初めは訳がわからなかった。ジュネーブの街も初めて、国際会議も初めて。カナダに2年留学したので多民族の集まる場所には慣れていたし、また生来新しいことを知ることが大好きだったので、物怖じせずに色々な人と話が出来ることだけが取り柄だった。

今でも忘れられない、あの不思議な開放感は。
ジュネーブの街に着いたとたん、私は息を吹き返したように感じた。
ここでは、私は私でいられる!と思った。
ここでは、わたしは違うルール、違う価値観の中で生きていると思った。

ひろしくん、きみの生きる場所は世界にたくさんある。きみにとって生きやすい場所はきっとあるよ。

今は行動しながら、模索しながらそこを見つけるチカラを身につけて欲しい。若くて怖いものがないということは,チャンスだよ。

私はきみを応援してる。

オンラインセミナー、世界と関わってきた人たちと話そうシリーズ、次回のテーマは、国際会議。
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30

グローバルビジネスの会議はすべて国際会議みたいなものです。違う国の人々が二つ以上参加すれば、それはもう国際会議です。

そういう場所で、どうやって仕事を進めていくの?
利害対立はどうやって乗り越えて行くの?
そういう場所で仕事をする日本人にはどんなことが必要なの?
どれほど英語が出来ればいいの?

まずゲストの津川 清一さん から学んでみませんか。

オンラインですから、ネットがあればどこからでも参加できます。ログインなど面倒な手続きは不要、安全で簡単です。
詳しい内容はこちらからどうぞ↓↓↓ お申し込みもできます。

**************************

thumb_IMG_3493_1024
国際電気通信連合 (ITU) 会議場

初めての国際会議で学んだ言葉より大切なこと

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【国際会議で一目置かれる日本人とは?】

ジュネーブの 国際電気通信連合 (ITU) は私が初めて参加した国際会議の場所でした。国際会議1年生の私です。訳がわからなくて、無我夢中でドタバタしていました。

その時に日本代表団の中にOさんという方がおられて、私の参加した会議の副議長を務めておられました。

国際会議では、色々な国の人々がそれぞれの利害を代弁してルールにのっとりながらも、時にはかなりキツイ議論もします。

その中で、Oさんの周りには、いつも静かな空気が流れていました。

Oさんの英語は決して流暢ではありません。ゆっくり、一語一語、訥々と聞こえるぐらいのテンポで話されます。

お声も会議場の中では静かな方だし、口調はソフトです。

なのに、Oさんが発言されるとき、会議場がしーーんとなるのです。

さっきまで大声で発言していた人たちが一心にOさんの発言に耳を澄まします。

Oさんの発言には、聞くべき中身があり,訥々とした話し方なのに無駄な言葉は無いのです。
そういうOさんを壇上の議長席に見上げながら、私は学びました。

言葉じゃない、誠実さに裏打ちされた発言の中身が大事なんだと。

世界と関わってきた人たちと話そうシリーズ、第二回目のテーマは国際会議です。
8月24日 木曜日 日本 20:00 – 21:30 /
マレーシア19:00 – 20:30 / スイス 13:00 – 14:30
詳しい内容はこちらからどうぞ↓↓↓ お申し込みもできます。

グローバルビジネスの会議はすべて国際会議みたいなものです。違う国の人々が二つ以上参加すれば、それはもう国際会議です。
そういう場所で、どうやって仕事を進めていくの?
利害対立はどうやって乗り越えて行くの?
そういう場所で仕事をする日本人にはどんなことが必要なの?
ゲストの津川 清一さん (写真は会議場の津川さん)からこういう世界で粘り強く話し合い、合意を取り付けていく方法を学んでみませんか。
詳しい内容はこちらからどうぞ↓↓↓ お申し込みもできます。

会議場の写真
国際会議場の津川さん(中央左)

**************************