30年ぶりに戻ったら (64) — 100円ショップは、やっぱり驚きの宝庫

もうビジネス英会話におどおどしない!
あなたに合わせた個人レッスンを御提供します。

*******************

【品物もさることながらサービスも凄い】

これで100円!?

100円ショップは、やっぱり驚きの宝庫だ。

多種多様な品質の良いものがたった100円で売られていることが既に驚き!😲ヨーロッパでは考えられない。

製造した会社名を見ると関東、四国や近畿地方など、日本のあちこちで生産されていることがわかる。日本には、小さくて便利で高品質な製品を作る、私の知らない会社が無数にあるんだろうな。

私の住んだフランスやスイスにはそういう製品もお店もなかった。

似たものは敢えて言えば無印良品だった。パリやロンドンで無印良品が、ライフスタイルを売ります!という顔をして店を構えていた。

日本でも同様だろうが、しかしそこにはチープシックというコンセプトを感じる。ヨーロッパの無印良品の値段はチープではない。商品を遠路日本から(中国もあるか?)輸入するのだから仕方ないことだ。ということは、無印良品は”シンプルな高級ライフスタイル”を売っているのだ。

こうしてところ変われば,コンセプトも変わる。

100円ショップに話を戻す。

驚くのはその製品だけではない。そのあり方自体が驚きだ。

店内は清潔、明るい照明の下、商品は分かり易く整然と並ぶ。今日は庭にチューリップを植えようと移植ゴテを買ったが、それをプラスチックの袋に入れて,丁寧に袋の口をセロハンテープで閉じて、持ち手をくるくるっと廻して持ちやすくして渡してくれる。そのうえ、お店の人は「またおいで下さい」と言って頭を下げて私を送り出してくれる。私は108円払っただけというのに。

このサービスの質の高さ。何でも100円の量販店とはとても思えない。これが私の住んだアジアやヨーロッパなら安い物を売る店には値段に見合ったサービスがあった、というか、サービスの質は期待できなかった。

だけどね、心配になる。サービスにもコストがかかっている。それも込みで何でも一個100円?

どういうビジネスモデルなんだ?

そんなことを考えながら、私は100円ショップで日本の社会見学をする。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:日本のサービスの質は世界的に持ても高い。高級店だけでなく、国中に浸透している。その反面、どこかで誰かだ何かの形でそのコストを負っているにちがい無いのだが。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (63) –やっぱりムッとして、それが懐かしいスイス

もうビジネス英会話におどおどしない!
あなたに合わせた個人レッスンを御提供します。

*******************

【お客様は神様じゃない】

先日見慣れない差し出し人からメールが届いた。あやしげなハッカーか?と思ったが、メールアドレスを良く見ると、私がスイスで使っていたU銀行のアドレスのようだ。

今頃なに?と思ってメールを開けると、なつかしくも腹立たしいスイスの香りが立ちのぼってきた。

「あなたは私たちの銀行にお問い合わせになりましたね。つきましてはこの番号に電話してください○○(スイスの電話番号)。」

これこれ、これですよ!

スイスでは、というよりおそらくヨーロッパではどこでも、お店や会社がお客に電話をかけさせるのだ。

日本ではあり得ないのではないか、こんなこと?日本では「お客様は神様」であるぞ。

30年に亘る欧州生活でたいがいのことには慣れた私だが、自分が用事があるのにお客に電話をかけさせる、それを言って平気でいる精神にはいつも嫌な感じを受けていた。しかも今回は国際電話だ。こういうところ、私も結構頑なな日本人なのかもしれない。

腹立たしいからメールでこう言ってやった。

「御連絡をありがとう。では、XX-XXX番(私の電話番号)に電話してください。なおこちらの時間はスイスより8時間進んでいますから注意されたし。」

翌日そのメールの差し出し人氏から電話がかかってきた。そして要件はすんなり終わった。

ほらね、スイス人だって言えばわかるのだ。

だけど、どうして人に言われないと自分からお客に電話してこないのか?

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:世界に名だたるスイスの銀行の顧客サービスがこうなのだ。日本のサービス業の人々ももっと大らかでいいのではないか?その方がお互い楽ではありませんか?

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (76) — バレンタインデーは女性にプレゼントを–え?!

もう英会話におどおどしない!
あなたに合わせた個人レッスンを御提供します。

*******************

【プレゼントするのは男性から女性へ】

ヨーロッパ生活を始めたのは3月のパリだった。

何かと勝手の違うパリの暮らしにもやっと慣れてきた翌年2月、バレンタインデーが来た。

ここでビックリ!

同僚のティムが、今日は妻に赤いバラを買って帰るという。他の同僚たちの中にも、妻をディナーに招待するなんていう人もチラホラいたが、プレゼントするのは男性の側だった。また、特段特別な日というほどのことも無かった。

職場の人々や街中をしばらく観察してみてわかった。
ーバレンタインデーには、男性から女性に愛情を表現する(これも、そうしたいひとはする、という程度。町中大騒ぎなんてあり得ない)
ーチョコレートとは全く結びついていない

ひるがえって、30年ぶりに日本で迎えるバレンタインデーの季節。街に出るとデパートのコンコースに一流メーカのチョコレートの出店が並んでいる。赤やピンク色を中心とした美しいパッケージ。これはどう見ても、女の子の好みだ。

そう、日本ではバレンタインデーはヨーロッパと逆転している😳。

私の住む地区は市内でも最も高齢者比率が高い。それでも近所のスーパーには、赤やピンクの包装紙に綺麗にくるまれたチョコレートのワゴンがでている。

ここにもやっぱり買う人がいるのかなーー?

私も日本にいた頃は、そうしたっけな。昼休みに銀座にひとっ走り。チョコレートを買って、一緒に仕事をする周りの男性の先輩方に配った。意中の人にあげるといより、どちらかというとお中元やお歳暮のミニ版ような気持ちだったな。小さな暮らしのアクセントというか。

ところで、私は本当にその名を持つ村に行ったことがある。Saint-Valentin (サン バランタン)村。ボージョレワインの生産地帯のその村に、ジュネーブから日本人会の仕立てたバスで行ってきた。

この村では、Saint-Valentin という名を村おこしに使っているようだ。

しかもここには2月14日という名のレストランまである。高級レストランで、オーナーもシェフも日本人とか。私もここでランチとワインを堪能した。

その後、この話には思わぬ落ちがあることがわかった。

なんと、九州は熊本県球磨郡相良村がSaint-Valentin 村と姉妹都市なのだ。

あの山深い球磨郡にある村が、なぜ?

これも村おこし策のようだ。その上相良村には、Saint-Valentin 村の在日事務所まであるという。

日本の村も頼もしい。東京に頼ってないで世界に目を向けるとは、あっぱれ!😃

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:世界はいろいろ。今日は視野をグーンと広げる日に!新たなアイデアが湧いてくる。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

30年ぶりに戻ったら (62) — 5年は安泰?

もう英会話におどおどしない!
あなたに合わせた個人レッスンを御提供しています
私たちのサービスは、こちらをご覧ください

*******************

【そこまでやるの、スイス?】

11月に入ったある日、スイスで使っていた医療保険の会社から請求書が届いた。(註:スイスでは医療保険は各自がプライベートの保険会社を利用する。日本のような国の運営する医療保険制度は無い。)

その上、良く見ると請求日は今年の10月だが,請求対象となる医療サービスを受けた日付けは2017年6月!(下の写真を見て!)😱

え?この保険会社との契約は正式に終了したはずだけど?

必要な書類に記入して、私がスイスを離れたという証拠書類も送ったのになぜ?

すぐに保険会社にメールを書いた:「私と御社との契約は○○日地づけて終了している。従ってこれはあなたのミスと思われる。この請求書をキャンセルせよ」

驚くべき返事がすぐに来た。

「スイスの法により、保険会社は契約終了後5年間は未払いの料金を請求する権利があります。従って今回の請求書はあなたがお払いください。」
私は言葉を失った。😲

「5年も!」、、しかしネゴの余地はない。その週末にインターネットバンキングで支払い手続きを済ませた。せめてもの幸運はスイスの銀行口座を閉める前だったことだ。

こうしてスイスの保険会社は法律でガッチリ守られているんだろう。

ちなみにこの1年半前にさかのぼる請求書の原因は、私の家庭医マリオン先生の請求漏れだと私は睨んでいる。彼女は最近オフィスを移ったのだが、その時に一斉に過去の会計帳簿を見なおしでもしたか。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:あなたの常識は他の国では常識では無い。しかし、あなたには納得いくまで相手に食い下がる権利がある。

1年遅れの請求書

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けませんよ。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ