30年ぶりに戻ったら (51) — 英文ビジネスレターに上達するためのたった一つの秘密

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【怒りのエネルギーを使いなさい】

英語で仕事をして30年。あらゆるニュアンスのビジネスレターを書けるようになった。ほんと、これも量稽古。

今日は、むかあ!とすることが2件あった。どちらも英語でやり取りする人が相手。

このまま黙って引き下がるような私じゃない。30年間、何度も布団被って悔し泣きしてきたオンナの意地が廃れるではないか。

引っ越しの保険会社に向かって、「この賠償金額のオファーは何事か。理由を説明せよ。」

契約書の更新をオファーしてきた某会社に向かって、「これは私の業績をないがしろにするということか?あなたの会社のポリシーに反するのではないか?」

ここで気がついた、私は怒ったときほど良い英文レターを書く。そうか、怒りってエネルギーなんだ。

ヨーロッパでは書いたもので仕事をする。そういうところでは、同僚同士の争いもメールのやり取りになる。怒りのメールが二人の間を飛び交うのだ。

英語はビジネスに適した言語とつくづく思う。思ったことを率直に書くほどよく伝わる。

わたしの日本語メールに「あ!キツイ!」と思われた方、お許し下さい。英語の脳で日本語を書いてるんです。😨

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:怒りはエネルギーだ。それをエンジンにして人生を肥やすこと。転んでもただで起きてはいけない。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specialising in cross-cultural management between Europe and Japan. Having lived in Europe for about 30 years, I'm back to Japan. Culture may be a stop factor in business. On the contrary, if you go beyond that, culture is a valuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ) 国際コミュニケーション コンサルタント。欧州で30年間、世界230か国以上の人々と仕事をして体得した本物の国際コミュニケーションのコツをお教えします。あなたの仕事が進みます、交渉が捗ります。無料相談(30分)はこちらからどうぞ → https://goo.gl/WpjQ7L

“30年ぶりに戻ったら (51) — 英文ビジネスレターに上達するためのたった一つの秘密” への 2 件のフィードバック

  1. いつも楽しくブログを拝読させていただいております。
    今回は日本では想定できない悪い条件での料金請求やオファーが来たのですね。引っ越しの保険会社に向かって、「この賠償金額のオファーは何事か。理由を説明せよ。」という下り、もう少し詳しく書かれた方がよいと思います。
    日本では通常考えられない金額の賠償金額が引っ越し保険に付加されたということかと思うのですが、条件がわるい保険なら変更すればよいので、それができない状況下でオファーが来て、それがお腹立ちの原因になったのではないかと文面からは読めます。お引っ越しで実際に損害が発生して、保険支払い金額が低すぎるということであれば、金額のたとえがなければどのくらいひどいか読者にはわかりません。いずれにしても、今回の投稿はハイコンテクスト過ぎて(背景理解を読者の理解力に頼りすぎて)私のような一見の読者にはインパクトのない記事であったことが残念です。
    気に触られたのでしたらお詫び申し上げます。

    1. わんださま、いつも拙稿をお読みくださってたいへんありがとうございます。
      また、この度は貴重な御意見をお書きくださり大変感謝しております。
      引っ越しで衣服が粗雑に梱包されたため、ひどいダメージとなりました。一着づつ写真を撮り、手間をかけて賠償を請求したのですが、そのような被害は賠償の対象にならないとかで、クリーニングの費用として少しの金額が払われました。衣類20着に対し日本円で1.5万円足らずです。
      これはその経験をもとに書いた文章です。けれども読み返すと確かにわんださんのおっしゃるように読者の方には前後の事情が全くわかりませんね。
      事情を書くと話が長くなり,読者には冗長かと思い一気に結論を書いたのですが、かえってわんださんをわけのわからない思いにさせてしまいました。折角お読みくださったのに、申し訳なくてたまりません。
      これからは、事情を簡略に書くにしても、読者の目で見て全体像がわかるように書きます。大切なことを教えて下さり、ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中