30年ぶりに戻ったら (52) — 日本て際限なくきめ細やか

目からウロコの理解と気づきが得られるビジネス英語のコーチングで
あなたに英会話の自信がつきます。
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【この手間を日本人は惜しまない!】

同じ日本人の私がこういうのもナンだなあとは思うが、時々「日本人て凄い!」と目を剥くことがある。

まず下の写真をご覧あれ。

ただの荷物タグ?日本ではそうかもしれない。しかし、こんなの私の知る限り、ヨーロッパじゃ考えられない。

先日羽田から神戸に飛んだとき。ラップトップをチェックインする旅行カバンの中に入れた。
神戸の空港で出て来た我がカバンを見てビックリ。いつのまにか、2枚意味ありげな紙がタグに追加されている。

1枚の紙には、「パソコンが入っているから取り扱いに注意せよ」ここまではいい。

2枚目を読んでビックリ😲。

「もしもあなたのパソコンが輸送中に何らかの毀損を受けていても当方の責任ではありません」

念には念を入れてある。そのために、荷物が私の手を離れてから2枚の紙(シール)を追加した人がいる。この手間を日本人は惜しまない!

パソコンをチェックイン荷物に入れられるかどうか、ヨーロッパの空港で混乱していたことがあった。

2017年夏のこと、ジュネーブ→アムステルダム→ロンドン ガトウィック→ジュネーブの旅をした。

出発点のジュネーブ空港ではいつもどおり何も聞かれなかった。私もそれがアタリマエと思って、マックをチェックイン荷物に入れていた。

ところが、アムステルダムの空港では、ダメと言われた。そんなこと言うのはあんたが初めてよ、と航空業界の常識をチェックインカウンターの係の人に教えても埒があかない。やっと閉めたトランクをチェックインカウンターの前で再びご開帳し、マックを取り出して機内に持ち込むバックパックに詰め替えた。ふう。😚

ロンドンからの帰路はアムステルダムで懲りていたので、もうこわごわだった。チェックインカウンターではトランクにマックが入っていることは何も言わなかった。寝た子を起こすな。
この食い違いは空港の問題か、路線によるのか、エアラインのポリシーによるものかは今もわからない。

とにかく、注意書きを2枚くっつけようと、重いマックをチェックインさせてくれるエアラインが私は好きだ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:人生はあなたが大雑把でも結構続いていくもの。視点を高く持とう。

IMG_0189

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

30年ぶりに戻ったら (51) — 英文ビジネスレターに上達するためのたった一つの秘密

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【怒りのエネルギーを使いなさい】

英語で仕事をして30年。あらゆるニュアンスのビジネスレターを書けるようになった。ほんと、これも量稽古。

今日は、むかあ!とすることが2件あった。どちらも英語でやり取りする人が相手。

このまま黙って引き下がるような私じゃない。30年間、何度も布団被って悔し泣きしてきたオンナの意地が廃れるではないか。

引っ越しの保険会社に向かって、「この賠償金額のオファーは何事か。理由を説明せよ。」

契約書の更新をオファーしてきた某会社に向かって、「これは私の業績をないがしろにするということか?あなたの会社のポリシーに反するのではないか?」

ここで気がついた、私は怒ったときほど良い英文レターを書く。そうか、怒りってエネルギーなんだ。

ヨーロッパでは書いたもので仕事をする。そういうところでは、同僚同士の争いもメールのやり取りになる。怒りのメールが二人の間を飛び交うのだ。

英語はビジネスに適した言語とつくづく思う。思ったことを率直に書くほどよく伝わる。

わたしの日本語メールに「あ!キツイ!」と思われた方、お許し下さい。英語の脳で日本語を書いてるんです。😨

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:怒りはエネルギーだ。それをエンジンにして人生を肥やすこと。転んでもただで起きてはいけない。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

30年ぶりに戻ったら (50) — 傘は日本文化だ

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたは傘立ての美に気がついていますか?】

傘は日本文化だ

日本の傘は世界一と思う。美しくて、丈夫で値段が手頃だ。随分色々な国に住んだり旅行したりしてきたが、こんなに傘の種類の豊かな国はない。

そして傘にまつわる作法と小物もまた日本独特。

先日、何十年ぶりに訪れた上野の都立美術館。入り口で建物と同じぐらい美しい傘立てを見て感動した(写真)。この現代美術館建築の粋を集めたような施設にさえ、というか、だからこそ、こんな見事な傘立てがある!パリのルーブルやオルセー美術館にこんな景色はなかった。
傘を持ってきた人は、個々に傘を預け、カギを手にして建物に入る。そのカギの作りは簡単で、きっと壊すのも簡単に違いない。なのに、カギを壊してここに置かれた美しい傘を盗む人がいないのだ、この国には!だから傘立てというものが存在できる。つくづく安全な国だと思う、日本は。

そして傘袋ーーこれは日本にしかない製品ではないか?

デパートの傘売り場で数々の傘袋を初めて見たとき、その美しさとつくりに感心したものの、誰がお金を出してわざわざ傘袋を買うのか、首をかしげた。

傘袋は長い傘(折りたたみ傘ではなく)のためにある。長い傘を持って歩くときは家を出る時から降っているときだ。いつ傘袋を使うんだろう?

先日朝から雨の降った日に長い傘を持って出て、傘袋の必要なわけがわかった。

日本は、というより、東京はという方がいいと思うが、電車に乗る時間が長い。そのうえ電車がいつも混んでいる。たとえ昼下がりの、ジュネーブならトラムががらがらに空く時間でさえ、あの長い総武線の電車のどの車両の座席も埋まっている。

混んだ電車に長時間濡れた傘を持って乗るとき、傘袋は重宝だろう。傘を傘袋にしまえば隣の人の衣服やバックを濡らさないよう気遣わなくてもいい。

こんな発想、ヨーロッパにはなかった。雨の多いというロンドンだって、こんな素敵な傘文化は見かけなかった。

何でも器用に美しく作る日本人が高温多湿な夏を何世紀にも亘って過ごして来たとき、こんな傘文化が育ってきたんだろうな。

皆さん、日本に来た外国のお友達には傘をお土産に勧めてあげるといいですよ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

2018-08-23傘立て

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:あなたがアタリマエと思って気づきもしないコトの中にあなたの持つものの価値があるかも知れない。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップがビジネスの障がいになっているエピソードなど、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ