30年ぶりに戻ったら (30) — 現金と〒 その2

あなたがなぜ外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事を進められないのか、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【なんて安全な国!】

日本では現金を郵便で送れるんだ!

別に新しいことじゃないんだけど、30年間日本から離れている間に忘れていた。

現金書留というサービスのあることも忘れていたが、もっと根本的に忘れていたのは、現金をーーコインもOKーー紙の封筒に入れて郵送できるという、そういうことが何十年間たっても可能な、この国の社会のもつ人への信頼感覚だ。それも相当に揺るぎない信頼感覚。

そんなことヨーロッパでは、もとい、私の住んだフランスやスイスでは考えられない!封筒に現金を入れて郵送することはどちらの国でも禁じられている。

そのかわり、と言って良いだろうと思うが、日本には人を信頼していいかどうか,客観的に判断するシステムがないのではないか?やたらめったら人を信頼するか、または疑うか、どちらかしかないのでは?つまりその中間がない。

その結果、無意識の信頼を受け付けないシステムの中に入ると、膨大な量の書類に、私本人が手書きでよく似た同じことを何度も記入し、その度に印鑑を押すことになる。マイナンバーカードやネットバンキングの申し込みのように。やたらめたら人を疑うように、システム自体が作られているのだ。そこには、この線をクリアしたらあなたを信頼することにしよう、というほどほど感覚がない。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:ほどほどという感覚は生きていく知恵だ。なんでも完全、完璧が良いといつのまにか思っていませんか?

IMG_2119

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specialising in cross-cultural management between Europe and Japan. Having lived in Europe for about 30 years, I'm back to Japan. Culture may be a stop factor in business. On the contrary, if you go beyond that, culture is a valuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ) 国際コミュニケーション コンサルタント。欧州で30年間、世界230か国以上の人々と仕事をして体得した本物の国際コミュニケーションのコツをお教えします。あなたの仕事が進みます、交渉が捗ります。無料相談(30分)はこちらからどうぞ → https://goo.gl/WpjQ7L

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中