30年ぶりに戻ったら (24) — 乾燥感覚がちがう

外国のビジネスパートナーとスイスイ仕事が進むようになる、目からウロコの理解と気づきが得られる異文化理解コーチング、外国企業との交渉を支援するパートナー、
経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【 もう乾いてる?】

日本で好きなことの一つは、晴れた朝、外に洗濯物を干すこと。ヨーロッパにこの楽しみはなかった。

短い時間で何でもカラリと乾く。

乾いた洗濯物の香りが好きだ。そういうとき、関東の日射しは強いんだと気付く。冬でも蒸し暑い夏でも。

私の住んだアルプスの北には、そんな日射しはまず無かった。洗濯物は室内で乾かした。空気が乾燥しているので、大判のシーツでもなんでも一晩でカラカラに乾いた。(アパートに乾燥機はあったが、使ったことはない)

ところがその乾燥という感覚に、母と私とでは違いがあるようだ。私が乾いた洗濯物を家に取り込むと、それを触ってみて母は「まだ充分乾いてない」と言う。

は?😳私の触覚では充分乾いてるんだけど。

湿度は高くても日に当てて洗濯物を干す関東地方と、空気は乾燥していても洗濯物は室内に干すアルプスの北との違いが、ここにある。

充分日に干した洗濯物は、高温多湿の日本では数少ない、ヨーロッパよりも乾燥したものの一つなのだ。

これはどちらが良い悪いという話ではありません。世界はこんなもんだということで。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント:人の主観は互いに比較の出来ないものの一つ。その違いはどこから来るのか、問いをこのように立て直そう。一層互いを理解出来るようになる。

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

 

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specialising in cross-cultural management between Europe and Japan. Having lived in Europe for about 30 years, I'm back to Japan. Culture may be a stop factor in business. On the contrary, if you go beyond that, culture is a valuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ) 本当に使えるビジネス英語の活用コンサルタント。欧州で30年間、世界230か国以上の人々と仕事をして体得した本物の国際コミュニケーションのコツをお教えします。あなたの仕事が進みます、交渉が捗ります。無料相談(30分)はこちらからどうぞ → https://goo.gl/WpjQ7L

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中