英雄とならず者は同じ人?

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【英雄とならず者は同じ人?】

物事を反対側から見ると目からウロコの発見が色々あります。

最初にそれを学んだのは、カナダ東部の海洋州、ノバスコシアに行ったときでした。名前はもう忘れましたが、海に突き出た丘の上に要塞がありました。アメリカ「独立」戦争の際に使われたといいます。

そこにあった説明版を見てビックリ!

ヤンキー共が英国領カナダに攻めてきた。我々の祖先は勇敢に戦って彼らを撃退した。」(当時カナダは英国領でした)

ひゃーー!

その時まで私は、アメリカが英国から独立したのは偉大なできごとで、それを指導したジョージ・ワシントンは建国の英雄と思っていましたから。

闘った相手側から見ると、独立軍は国に反逆するならず者なんだ!
そういうこと、あなたの周りにもたくさん見つかりませんか?

自分とは異なる他者から視点を学ぶと、
世界はこんなに面白くなる!

住む国、価値観などの異なる様々な人と仕事をする場合、その違いは見逃すわけにはいきません。例えば商品や広告に対する消費者の好みは日本と違うと思って間違いないでしょう。日本で常識とされていることは一旦脇に置き、注意深く調べる必要があります。また、よくある日本人上司と現地人社員の意識のすれ違いの原因は、こういう互いの無意識に持っている「常識」の食い違いにあります。

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをあなた個人にお届けします。日本人のための国際交渉術、ヨーロッパで仕事をする苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けませんよ!

用意ができたら直ぐにお知らせしますので、どうぞご登録を!

IMG_0433
凱旋門、アオスタ、イタリア

*************************

 

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specialising in cross-cultural management between Europe and Japan. Having lived in Europe for about 30 years, I'm back to Japan. Culture may be a stop factor in business. On the contrary, if you go beyond that, culture is a valuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ) 国際コミュニケーション コンサルタント。欧州で30年間、世界230か国以上の人々と仕事をして体得した本物の国際コミュニケーションのコツをお教えします。あなたの仕事が進みます、交渉が捗ります。無料相談(30分)はこちらからどうぞ → https://goo.gl/WpjQ7L

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中