あの時いじめがなければ、今のボクはいなかった

あなたの職場の多様性を価値とちからに変える、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【信じるだけでエネルギーになります】

地球市民塾で、チョー現代的なSpoken ジャパニーズと美少女アニメへの深い傾倒ぶりで、終始私たち日本人の大人を驚かせてくれたスイスの青年ラユンさん。「あの時いじめがなければ、今のボクはいなかった」ーーかつてを振り返って彼はそう言います。

待って、そこのあなた!だからいじめはいいことなんだ、という意味ではないですよ。

彼は遂に学校に行けなくなり、自分への信頼をすべて失ってクリニックに入っていたとき、マンガに再会しました。その時彼を支えたのは、自分を力づけるマンガのストーリイでしたが、もう一つ。それはご両親が彼を絶対的に信頼してくれたことだったと言います。

仕事を三つ掛け持ちして自分と兄弟を育ててきたおかあさんと、既に離婚されて別々に暮らしていたお父さん。その2人ともラユンさんがマンガやアニメを大好きということを受け入れてくれたそうです。お父さんは、ラユンさんの部屋を、彼の集めた美少女のグッズで飾り付けてくれました。

ラユンさん、嬉しかったでしょうね。

誰かを信じること,その人の好きなことを、たとえ自分は好きではなくても受け入れること、わかろうとすること、そういう人がいるだけで、人はまた立ち上がる勇気が出てくるんですね。

いじめでなくても、人は生きて行けば辛いことはやって来ます。孤独に苦しむ日もあるでしょう。

もし私の周りのだれかがそういう日々を送っているのに気付いたら、その人を信頼し続けようと思います。

そしてあなたもお願いします。

その連鎖が世の中が暮らしやすくする力になる気がします。

**************************
ラユンさんの登場する回、「マンガがボクをここまで連れてきた」の動画をお分けします。投げ銭 5000円をお願いします。
お申し込みはメールでどうぞ:
宛先  kyoyou.kurisaki@gmail.com
件名欄に「2月17日 動画希望」とご記入ください。

thumb_IMG_3071_1024
スイス、のジャパン・マンガフェスティバルにて

 

*************************

広告

あなたの大好きだったマンガはなんですか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変える、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたの大好きだったマンガはなんですか?】

マンガが大好き!を力にして、人生を逆転したスイスの青年、ラユンさん。彼をゲストにお迎えした地球市民塾はチョー盛り上がりました。

テーマに合わせてドラエモンや猫の手、ウサギ耳をつけて御参加になった方もチラホラ。こりゃオンライン・コスプレだああ!

Reto 地球市民塾 2018-02

”ラユンさん、マンガの何があなたがどん底から立ち上がる力になったんですか?”

ラユンさん ”はい、それはマンガのストーリイです。マンガには、弱くて欠点だらけだった主人公が自分の力で立ち上がる話が出てきます。ジブリなんかもそうでした。弱かった主人公が自分を信じて立ち上がる。ボクはそういうストーリイを自分に重ねたんです。”

そう、やっぱり物語です。物語には力があるんです。

それで私も思い出しました。私もマンガに随分力づけられたんだと。

私もマンガが好きでした。でも両親がマンガの本を買ってくれない。「マンガなんか読んだらアカン」と言われて育ちました。だから友達に少女フレンドやリボンなどのマンガ雑誌を借りてこっそり読んでいました。

好きだったのは、リボンの騎士。手塚治虫の作品です。今読んでもテーマが現代的。女は領主になれないという男社会に無理を重ねながらも凛々しく生きるサファイア姫。そのモチーフに痺れました。同じ理由で私はNHK大河ドラマ、直虎にも注目していましたよ、はい。

リボンの騎士

「おそ松くん」に本気で笑い転げ、「白いトロイカ」では主人公と一緒に厳冬のロシアの野を駆け、「アタックナンバーワン」では試合運びに手に汗握り、、、。

きっとあなたにも大好きだったマンガがあるでしょう?

欲も得もなく,真っ直ぐな気持ちでマンガの世界にスコーンと入ってしまった私がいました。今思うと、自分の生き方には結構そんな影響が効いているんじゃないかと思います。

きっとあなたも。

あなたの大好きだったマンガはなんですか?

*************************

英語ぺらぺら信仰をぶっ飛ばせ!

あなたの職場の多様性を価値とちからに変える、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたのアクセントのある英語が、生きた英語です】

私は英語がうまく話せなくて、、とひるむあなた、お忘れ下さい。あなたは大丈夫です。😊

国際ビジネスで、国際会議で、私は英語が母語でないけれどもちゃんと仕事する人々を大勢見てきました。

その人たちの英語には母語のアクセントがあります。ケニヤ、インド、ドイツ、スペイン、韓国、中国、、、私の英語にも日本語のアクセントがあります。それが生きた英語です。

そこに必要なのは、自分の伝えたいことと、伝える意志、と思います。

英語は使っているうちに上達します。これは量稽古です。

英語で仕事を始めた時私の思ったことは、うまい英語を話そう、ではなく、相手に伝わる言葉を話そう、でした。どう話したら相手に自分の言いたいことをわかって貰えるか工夫しました。コレ!と思う言い方をノートに書きためたり、受け取ったビジネスメールをとっておいて、自分が書くときにその表現を使ったり。

英語を話すおかげで、今までにたくさんの友達を作ってきました。英語人だけでなく、私のような英語母語でない人たちが大半です。

スイスの青年、ラユンさん(写真)もそうやって日本語を身に付けてきました。今では彼には日本に大勢友人がいます。その上彼の日本語はわたしよりもチョー現代的です。😲

言葉は人生の幅を拡げてくれる。だから楽しい!

あなたもラユンさんに会いに来て下さい。

今の Reto

**************************************************

あなたもラユンさんに会いに来て下さい。


スイス発オンラインセミナー 地球市民塾

「マンガがボクをここまで連れてきた」

2月17日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 12:30
プログラムとお申し込みはこちらからどうぞ

☆ 今回は日本語と英語でセミナーを行います。
登場する私たちのだれもが英語のネイティブスピーカではありません。でも生きた英語です。

 

*************************

  • おなじテーマの人気記事はこちらです→
    • 日本がボクを苦しみの底から立ち上がらせたースイスのある青年 (1) https://goo.gl/gRKs7i
    • 日本がボクを苦しみの底から立ち上がらせたースイスのある青年 (2) https://goo.gl/8ez5gk
  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスのコツや気づき、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

文化には力がある

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【文化には力がある】

”在日本”という雑誌が日本で発行され中国で人気を集めているそうです。編集は日本に住んで30年ほどになる、毛さん。あなたの足下の日常を見つめることからお互いを理解する力が育つという考え方に、とてもとても賛成です。日本という外国に住む中国の人々の感じ方は、ヨーロッパに住む日本人の私にもわかるものがあります。

あなたも、あなたの日常を外国の人に伝えてみませんか?

************************

文化はビジネスにも働いています。目に見えないし、数字にもなりません。ところが日本人上司と現地人社員の意識のすれ違いの原因はこういう互いの「文化」にあることが大半です。だからこそ文化のセンサーは甘く見られないのです。

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人のための国際交渉術、ヨーロッパで仕事をする苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けませんよ!

用意ができたら直ぐにお知らせしますので、どうぞご登録を!

*************************

あなたが寝る間も惜しむほど好きなことはなんですか?

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【それはあなたに自信と力を与えてくれますか?】

私には寝床で少しの時間、本を読んでから眠る習慣があります。

ところが今読んでいる本はあんまり面白くて、眠りに落ちるのが勿体なくて!

「風と共に去りぬ」鴻巣友季子訳、新潮文庫版。友人からお借りした本です。

「うざったい」なんていう言葉の出てくるような現代語で訳されているんですが、それが大当たり!登場人物を見事に生き生きさせています。本を読みながら私はもう大きなスクリーンで映画を見ているような気持ちに。

今はまだ一巻目ですが、16歳の勝ち気なスカーレットの輝きもさることながら、彼女の育った南部の社会のありようがまた面白い。アメリカってこういう人たちが作って来たのかと。あの国にアイルランドの貧農の息子が一代で大地主になるチャンスのある、こんな時代があったのかと。

思えばこれほど眠るのが勿体ないほど面白かった本は「海の都の物語」(塩野七海著)以来でした。ふう、30年ぶりです。

あなたにとって、寝る間も惜しむほど好きなことはなんですか?

それはあなたに自信と力を与えてくれますか?

***********
自分とは異なる他者から視点を学ぶと、
世界はこんなに面白くなる!

今月の地球市民塾は、スイスの青年ラユン・ヒューリマンさんがゲストです(写真)。
マンガが好き!と思い出した時から人生をやり直したこと、日本語を独学してしまったこと、スイスのある山岳鉄道会社にマンガの主人公、”のぞみ”をマスコットとして採用するよう働きかけたことなど、ラユンさんはただのマンガ好きではありません。

違う視点から私たちにとっての「当たり前」を見直してみませんか?
あなたの悩みに、何か突破口が見つかるかも知れません。

スイス発オンラインセミナー 地球市民塾
「マンガがボクをここまで連れてきた」
2月17日 土曜日 日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 12:30
プログラムとお申し込みはこちらからどうぞ

☆ 今回は日本語と英語でセミナーを行います。
お手本ではありません。でも生きた英語です。
御自分やお子さんが英語の勉強をされている方、何を目指して英語を勉強するのか迷っておられる方、きっとご参考になると思います。

栗崎がラユンさんにインタビューして書いたブログはこちらです。よろしかったらお目を走らせてください。
日本がボクを苦しみの底から立ち上がらせたースイスのある青年 (1) https://goo.gl/gRKs7i
日本がボクを苦しみの底から立ち上がらせたースイスのある青年 (2) https://goo.gl/8ez5gk

Reto & Nozomi

 

*************************

英語のスピーチクラブで得票の多いスピーチとは?

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【磨くのは言葉だけではありません】

今日は私のジュネーブのクラブの例会で、ちょっと面白い体験をしました。

このクラブの例会には毎回4人のスピーカがいるのですが、今夜のチャンピオンを出席した人たちの投票で選びます。ちなみに会員の出身国は世界中に散らばっていて、メンバーの大半は英語が母語ではない人たちです。

私は今日その得票数を数える係を初めて担当しました。それでどういうスピーチに票が多く集まるか,よくわかりました。

絶対に強いのは、英語が母語でスピーチの内容に共感でき、構成も上手いスピーカです。これはもう悔しいけれど仕方ない。そんな人が今夜もチャンピオンになりました。

面白いのは、他の3人です。どの人も英語の語彙や、ボディーランゲージの表現力は英語母語者にはかなわない。けれどもそれぞれに自分の信条や、懸命に打ち込んでいることなどをテーマにしていて興味深いスピーチでした。投票結果にもそれが表れるんですね。チャンピオンほどではないにせよ、結構な数の得票がありました。

人はちゃんと見ているんですね。

きっと英語で仕事をする際にもおなじことが起きているんだ思います。磨くのは言葉だけではありません。

***********
自分とは異なる他者から視点を学ぶと、
世界はこんなに面白くなる!

今月の地球市民塾は、スイスの青年ラユン・ヒューリマンさんがゲストです(写真は福島の被災地に近い幼稚園を応援に訪れたラユンさん)。

マンガが好き、から人生をやり直したこと、日本語を独学してしまったこと、スイスのさる山岳鉄道会社にマンガの主人公、”のぞみ”をマスコットとして採用するよう働きかけたことなど、ラユンさんはマンガ好きという以上のものがあるようです。

違う視点から私たちにとっての「当たり前」を見直してみませんか?
あなたの悩みに、何か突破口が見つかるかも知れません。

スイス発オンラインセミナー 地球市民塾
「マンガがボクをここまで連れてきた」

2月17日 土曜日 日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 12:30

プログラムとお申し込みはこちらからどうぞ
↓  ↓  ↓  ↓
https://goo.gl/bhAamJ

☆ 今回は日本語と英語でセミナーを行います。
お手本ではありません。でも生きた英語です。
御自分やお子さんが英語の勉強をされている方、何を目指して英語を勉強するのか迷っておられる方、きっとご参考になると思います。

栗崎がラユンさんにインタビューして書いたブログはこちらです。よろしかったらお目を走らせてください。
日本がボクを苦しみの底から立ち上がらせたースイスのある青年 (1) https://goo.gl/gRKs7i
日本がボクを苦しみの底から立ち上がらせたースイスのある青年 (2) https://goo.gl/8ez5gk

福島のラユンさん

*************************

英雄とならず者は同じ人?

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【英雄とならず者は同じ人?】

物事を反対側から見ると目からウロコの発見が色々あります。

最初にそれを学んだのは、カナダ東部の海洋州、ノバスコシアに行ったときでした。名前はもう忘れましたが、海に突き出た丘の上に要塞がありました。アメリカ「独立」戦争の際に使われたといいます。

そこにあった説明版を見てビックリ!

ヤンキー共が英国領カナダに攻めてきた。我々の祖先は勇敢に戦って彼らを撃退した。」(当時カナダは英国領でした)

ひゃーー!

その時まで私は、アメリカが英国から独立したのは偉大なできごとで、それを指導したジョージ・ワシントンは建国の英雄と思っていましたから。

闘った相手側から見ると、独立軍は国に反逆するならず者なんだ!
そういうこと、あなたの周りにもたくさん見つかりませんか?

自分とは異なる他者から視点を学ぶと、
世界はこんなに面白くなる!

住む国、価値観などの異なる様々な人と仕事をする場合、その違いは見逃すわけにはいきません。例えば商品や広告に対する消費者の好みは日本と違うと思って間違いないでしょう。日本で常識とされていることは一旦脇に置き、注意深く調べる必要があります。また、よくある日本人上司と現地人社員の意識のすれ違いの原因は、こういう互いの無意識に持っている「常識」の食い違いにあります。

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをあなた個人にお届けします。日本人のための国際交渉術、ヨーロッパで仕事をする苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けませんよ!

用意ができたら直ぐにお知らせしますので、どうぞご登録を!

IMG_0433
凱旋門、アオスタ、イタリア

*************************