欧州交渉術 — 夢を叶えた一発逆転のメッセージ

あなたの国際ビジネスをご一緒に進めるパートナー、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【主張せよ、心を込めて】

夢が叶った!明日は5時に起きて取材に行く。

ここまで来るのに、紆余曲折があった。コレもまた交渉である。そして欧州ではこの手の交渉が日常茶飯に起きる。

スイスナンバーワンのビスケットメーカ、K社はスイスの優秀な家族経営の会社の一つである。前々からそういう会社にとってイノベーションとは何か、取材してみたかった。

そこで1月に取材を申し込んだ。ウェブサイトを調べると広報担当がなく、会社の代表e-mailのアドレスしか記載していない。そこで、会社の代表アドレスにメールを送った。

メールを送って2週間、なしのつぶて。取材を企業に申し込んでこんなに返事が遅いことも珍しい。

思いきって会社の代表番号に電話すると担当者は帰宅して不在という。

ここで引き下がれない。せっかく向こう側に人間を捕まえたのだ。こういう場合、闇に消えるようなメールでは埒があかないことは、今までの痛い経験から充分承知している。

「ではあなた宛てにでもう一度メールを送るから、明日は必ず担当の人に届けてください。」人はメールに名前が入ると責任を感じるようになるものだ。電話応対のマダムに、彼女の名前を件名に”Attention”として入れて、またメールを送った。

4−5日して受け取った返事には、心底ガッカリさせられた。

ただの断り。理由もなければ、他の日を提案するでもなかった。

この強い否定のトーンに、さすがの私も諦めかけた。いっそ今まで交換したメールを削除してしまおうと思った。本気だった。

しかし、1日考えて、やはり惜しいと思った。

私は前からK社に興味を持っていた。商品であるビスケットはサラリとした食感でバターの香りがほんのり鼻孔に残る。ウェブサイトに載せられた会社の歴史も、若いパン職人と彼が修業先で出会った村の娘との恋愛ストーリーがきっかけになっていて、なにやら人間くさい。こういう歴史を大切にしてウェブサイトの社史に載せるような会社は悪い会社ではないと思えたのだ。

そこでもう一度だけと思い決めてメールを書き直した。時間と労力の無駄になってもいい、後で後悔したくないというその気持ちだけがエネルギーだった。

そのメールには念を入れて、なぜこのインタビューはK社にメリットがあるのか、読んで直ぐわかるようにに書いた。それも平易な英語で。相手も私と同じ、英語人ではない。外国語を読む苦労はできるだけ減らし,私のいうことに耳を傾けて貰いたかった。

私の取材目的である寄稿先の雑誌は月に1万部発行されているという大規模なものであること、また私はスイス大使館商務部からも寄稿依頼を受けている人物であり怪しい者ではないことを書いた。自分が常々K社を尊敬していること、その証拠にK 社のビスケットの写真を載せたパワポを前に講演する私の写真も添付した。

26024395_1352052071607540_1212915700_o
国際競争力のあるスイスの中堅企業としてカンブリー社を例に説明しているところ(京都イノベーションセミナー)

私が日本のセミナーでは毎回そのビスケットを二箱スイスからカバンに詰めて持参して会場で参加者に食べて貰っていることも書いた。

これでダメなら、私がこの会社を嫌いになっても仕方がないと思った。それは私の覚悟だった。

まさかの一発逆転。

翌日昼過ぎに、会長のアシスタントから丁寧なメールが入っていた。

今まで散々手こずったのに、打って変わってこの速さ!

私のメールは会長に照会されたという。事情を知って会長は「業務多忙時とはいえ大変申し訳なかった。ついては今週の木曜日か金曜日のXX時においで頂けないか。」と言っているというではないか!

この予想だにしなかった急転が信じられなかった。

K社が人の気持ちの通じる会社だったことが嬉しかった。

木曜日の予定なら変更できる。先約の相手には丁重に言葉を尽くして事情を話し、そちらの約束は来週に廻して貰うことになった。

さあ、明日は私にとっては伝説だった創業家の3代目社長が出てきてくれる。諦めなくて良かった!私はその人に会いたかった。

彼から直接聞きたいことがある。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

学びのポイント: 今回の経験は、欧州で頻繁に起きる交渉ごとの一つだ。国際ビジネスでは誰もあなたの内心を察してくれない。自分の言いたいことはすべて言うべし。それが相手の 利益になることをわかって貰うこと。人は自分の利害を真っ先に考えるものだ。しかしそこには心を込めて。それは相手に伝わる。

*************************

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けません。

用意ができたらすぐにお知らせします!

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くんだろうか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスのコツや気づき、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

 

広告

あなたの英語の日本語アクセントは個性です

あなたの国際ビジネスをご一緒に進めるパートナー、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【自分が何者か、あらゆる機会を通してハッキリさせること】

国際ビジネスでは、あなたが何者かハッキリさせることが非常に大切です。曖昧では存在感が無いのです。

少し遠回りですが、こんな例をお聴き下さい。

私はいつもBBCラジオのポッドキャスティングを聴いています。運転しながら、ご飯の支度をしながら、ラジオはなにかしながら聴けるので便利です。

コレが面白い!

BBCは色々な国から直接ニュースを拾ってきます。ジュネーブの国連から直接取材したニュースも流します。

これは英語国の強みですね。悔しいけど、認めないわけには行かない。

なぜかというと、BBCのジャーナリストは世界中どこに行っても英語で直接取材できるからです。英語を話す人は、探せばきっと何処かにいます。取材する相手に英語を話す人がいなければ、英語の通訳のできる人が必ず何処かにいます。そういう人々の口から語られる現場の話には臨場感があります。それは生き生きした報道のために不可欠だと思うのです。

残念ですが、日本語にはそれは望めません。

もう一つ面白い事があります。通訳する人の話す英語には、取材先の地域の言葉のアクセントがあります。例えば、ロシアに行けばロシア語のアクセントの英語が聞こえてくるというように。それは、現場から立ちのぼる生の情報の香りとでもいうものですね。ラジオは耳だけが情報源です。だから言葉に付いた現場の香りも情報なんですね。

一度面白い事がありました。

何のニュースか忘れましたが、日本の方にインタビューしたときのことです。英語の同時通訳者がついたのですが、彼の英語には中国語のアクセントがあったんです 😳! 日本人が中国語のアクセントの付いた英語で話している情景を想像して下さい。日本人の同時通訳者を見つけられなかったんでしょうか?なんだか妙で思わず吹きだしてしまいました。

英語が流暢でなくてもいいのです。あなたの英語の日本語アクセントは自然なことです。それはあなたの個性の香りです。自分が何者か、あらゆる機会を通してハッキリさせること、それが国際ビジネスではとても重要です。

IMG_1932

*************************

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けません!

用意ができたら直ぐにお知らせします!

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くんだろうか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスのコツや気づき、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

 

心が先、言葉よりも

あなたの国際ビジネスをご一緒に進めるパートナー、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【そこには人と人との関係があるだけ】

“Entschuldigung(あの、済みません)” 後ろから遠慮がちな声がした。ベルンに着いて列車から降りようとしたときだった。それが自分に向けられた声だとは思わなかった。どころが、続いて”Hello”という声。思わず振り向くと男の人がニコニコして私に白い紙の手提げを差し出していた。

あ!私の忘れ物だった。今しがた訪問したKambly社の会長から頂いた、四季を描いた美しい化粧箱に入ったクッキーの入った手提げ袋 (写真)。😱

私は”Thank you!” と言って受け取ったが、その時きっとビックリした顔をしていたに違いない。😱😱

近くの座席に座っていた人たちも、ニコニコしている。「よかったねえ」と人の良さそうな顔に書いてある。

なんというものを私はうっかり忘れていたのか!乗り継ぎ列車の時刻に気をとられていて。
こうして私は声をかけてくれた親切な人々のおかげで助かった。

スイスだけでなく、ヨーロッパにいるとよくあることだが、人々は自分の言葉で私に話しかけてくる。私が何人か、何語を話すかなどと考える前に、いつもの自分のペースでまず声をかける。

私はそれが好きだ。

知らない人である私にも分け隔てなく接して貰っているようで。そこには遠慮も気遣いもない。人と人との関係があるだけ。

それがとても自然で気楽なのだ。

そして日本でもそれができたら、人々はひとり相撲をしなくて済む。そして肩の凝りは減るだろうなと思うのだ。

IMG_0459
化粧箱いりのビスケット、箱の絵は横井照子画伯の作品からとられている。

*************************

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい国際交渉のコツ、日本人の思い込みから来る苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けません!

用意ができたら直ぐにお知らせします!

*************************

  • 国内でもグローバル化の進む日本。そんな社会では一人ひとりの違いを価値に変えて仕事ができる人が必要です。そのような人々はあなたの職場を活気づけ成長させる人財でもあります。グローバル人材育成プログラムの詳細はこちらをごらんください
  • 外国の取引先と交渉がうまく進まない、それ以前に交渉までなかなかたどり着けない、どうやって自社商品の良さをアピールすれば相手の心に響くんだろうか?ーーそんなお悩みをお持ちですか?私たちがご支援します。
  • 私が30年間欧州で経験してきた日本人としての生き方と働き方、国際ビジネスのコツや気づき、ダイバーシティとイノベーション、などをテーマに講演、セミナー、執筆、取材を致します。

あの時いじめがなければ、今のボクはいなかった

あなたの職場の多様性を価値とちからに変える、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【信じるだけでエネルギーになります】

地球市民塾で、チョー現代的なSpoken ジャパニーズと美少女アニメへの深い傾倒ぶりで、終始私たち日本人の大人を驚かせてくれたスイスの青年ラユンさん。「あの時いじめがなければ、今のボクはいなかった」ーーかつてを振り返って彼はそう言います。

待って、そこのあなた!だからいじめはいいことなんだ、という意味ではないですよ。

彼は遂に学校に行けなくなり、自分への信頼をすべて失ってクリニックに入っていたとき、マンガに再会しました。その時彼を支えたのは、自分を力づけるマンガのストーリイでしたが、もう一つ。それはご両親が彼を絶対的に信頼してくれたことだったと言います。

仕事を三つ掛け持ちして自分と兄弟を育ててきたおかあさんと、既に離婚されて別々に暮らしていたお父さん。その2人ともラユンさんがマンガやアニメを大好きということを受け入れてくれたそうです。お父さんは、ラユンさんの部屋を、彼の集めた美少女のグッズで飾り付けてくれました。

ラユンさん、嬉しかったでしょうね。

誰かを信じること,その人の好きなことを、たとえ自分は好きではなくても受け入れること、わかろうとすること、そういう人がいるだけで、人はまた立ち上がる勇気が出てくるんですね。

いじめでなくても、人は生きて行けば辛いことはやって来ます。孤独に苦しむ日もあるでしょう。

もし私の周りのだれかがそういう日々を送っているのに気付いたら、その人を信頼し続けようと思います。

そしてあなたもお願いします。

その連鎖が世の中が暮らしやすくする力になる気がします。

**************************
ラユンさんの登場する回、「マンガがボクをここまで連れてきた」の動画をお分けします。投げ銭 5000円をお願いします。
お申し込みはメールでどうぞ:
宛先  kyoyou.kurisaki@gmail.com
件名欄に「2月17日 動画希望」とご記入ください。

thumb_IMG_3071_1024
スイス、のジャパン・マンガフェスティバルにて

 

*************************

あなたの大好きだったマンガはなんですか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変える、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたの大好きだったマンガはなんですか?】

マンガが大好き!を力にして、人生を逆転したスイスの青年、ラユンさん。彼をゲストにお迎えした地球市民塾はチョー盛り上がりました。

テーマに合わせてドラエモンや猫の手、ウサギ耳をつけて御参加になった方もチラホラ。こりゃオンライン・コスプレだああ!

Reto 地球市民塾 2018-02

”ラユンさん、マンガの何があなたがどん底から立ち上がる力になったんですか?”

ラユンさん ”はい、それはマンガのストーリイです。マンガには、弱くて欠点だらけだった主人公が自分の力で立ち上がる話が出てきます。ジブリなんかもそうでした。弱かった主人公が自分を信じて立ち上がる。ボクはそういうストーリイを自分に重ねたんです。”

そう、やっぱり物語です。物語には力があるんです。

それで私も思い出しました。私もマンガに随分力づけられたんだと。

私もマンガが好きでした。でも両親がマンガの本を買ってくれない。「マンガなんか読んだらアカン」と言われて育ちました。だから友達に少女フレンドやリボンなどのマンガ雑誌を借りてこっそり読んでいました。

好きだったのは、リボンの騎士。手塚治虫の作品です。今読んでもテーマが現代的。女は領主になれないという男社会に無理を重ねながらも凛々しく生きるサファイア姫。そのモチーフに痺れました。同じ理由で私はNHK大河ドラマ、直虎にも注目していましたよ、はい。

リボンの騎士

「おそ松くん」に本気で笑い転げ、「白いトロイカ」では主人公と一緒に厳冬のロシアの野を駆け、「アタックナンバーワン」では試合運びに手に汗握り、、、。

きっとあなたにも大好きだったマンガがあるでしょう?

欲も得もなく,真っ直ぐな気持ちでマンガの世界にスコーンと入ってしまった私がいました。今思うと、自分の生き方には結構そんな影響が効いているんじゃないかと思います。

きっとあなたも。

あなたの大好きだったマンガはなんですか?

*************************

英語ぺらぺら信仰をぶっ飛ばせ!

あなたの職場の多様性を価値とちからに変える、グローバルな日本人を育てる経験豊かなヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスにようこそ!
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【あなたのアクセントのある英語が、生きた英語です】

私は英語がうまく話せなくて、、とひるむあなた、お忘れ下さい。あなたは大丈夫です。😊

国際ビジネスで、国際会議で、私は英語が母語でないけれどもちゃんと仕事する人々を大勢見てきました。

その人たちの英語には母語のアクセントがあります。ケニヤ、インド、ドイツ、スペイン、韓国、中国、、、私の英語にも日本語のアクセントがあります。それが生きた英語です。

そこに必要なのは、自分の伝えたいことと、伝える意志、と思います。

英語は使っているうちに上達します。これは量稽古です。

英語で仕事を始めた時私の思ったことは、うまい英語を話そう、ではなく、相手に伝わる言葉を話そう、でした。どう話したら相手に自分の言いたいことをわかって貰えるか工夫しました。コレ!と思う言い方をノートに書きためたり、受け取ったビジネスメールをとっておいて、自分が書くときにその表現を使ったり。

英語を話すおかげで、今までにたくさんの友達を作ってきました。英語人だけでなく、私のような英語母語でない人たちが大半です。

スイスの青年、ラユンさん(写真)もそうやって日本語を身に付けてきました。今では彼には日本に大勢友人がいます。その上彼の日本語はわたしよりもチョー現代的です。😲

言葉は人生の幅を拡げてくれる。だから楽しい!

あなたもラユンさんに会いに来て下さい。

今の Reto

**************************************************

あなたもラユンさんに会いに来て下さい。


スイス発オンラインセミナー 地球市民塾

「マンガがボクをここまで連れてきた」

2月17日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 12:30
プログラムとお申し込みはこちらからどうぞ

☆ 今回は日本語と英語でセミナーを行います。
登場する私たちのだれもが英語のネイティブスピーカではありません。でも生きた英語です。

*************************

文化には力がある

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスは、こちらをご覧ください。

*******************

【文化には力がある】

”在日本”という雑誌が日本で発行され中国で人気を集めているそうです。編集は日本に住んで30年ほどになる、毛さん。あなたの足下の日常を見つめることからお互いを理解する力が育つという考え方に、とてもとても賛成です。日本という外国に住む中国の人々の感じ方は、ヨーロッパに住む日本人の私にもわかるものがあります。

あなたも、あなたの日常を外国の人に伝えてみませんか?

************************

文化はビジネスにも働いています。目に見えないし、数字にもなりません。ところが日本人上司と現地人社員の意識のすれ違いの原因はこういう互いの「文化」にあることが大半です。だからこそ文化のセンサーは甘く見られないのです。

ただいまメールマガジンの準備を進めています。メールマガジンではブログに書かないことをお届けします。日本人のための国際交渉術、ヨーロッパで仕事をする苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。他では聴けませんよ!

用意ができたら直ぐにお知らせしますので、どうぞご登録を!

*************************