外国に住みたい、外国で働きたいあなたへ

あなたの職場の多様性をグローバルな価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【それは外国語ではありません】

個人として外国に住んで働く場合、まっさきに準備しておくべき一番大切なコトはなんだと思いますか?留学ではありませんよ。「働く」です。

住む家、その土地の言語、就職先ーーノーノー!

就業ビザです。

外国の大学で勉強したから、そのまま引き続き仕事を得て働く道を選ぶ人もいるでしょう。それは可能です。けれども学生としてのビザと就業ビザは全く別物ですから、新たに就業ビザを取る必要があります。

そういう私ですが、実は最初にリストラでポストを削られるまで、ビザで苦労したことはありませんでした。いつも就職先ありきだったので、会社がビザを申請し取ってくれたのです。

それが甘かったと気付いたとき、当時持っていたビザが切れるまで半年しかありませんでした。2009年、リストラで私のポストが無くなり、会社を辞めなければならなくなったときです。

組織の後ろ盾のない個人にとって就業ビザを取るために半年しかないということは、取得ほぼ不可能を意味しました。

わたしにとって、失業するよりも、ビザが切れて不法移民になることの方がずっと恐怖となりました。

そこで私は、まず社内で仕事探しをしながらビザがとれなかった場合に備えて色々行動し始めました。その行動とは、、、?

この続きは飛び立つ人の準備講座、第4回でお話ししました。
↓ ↓ ↓  ↓
https://goo.gl/7EsTiA

************************************

 

 

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。約30年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日本発グローバル人材を育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中