すべて可能ですーEverything is possible

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【私は自分の可能性の扉をあやうく自分で閉じるところでした】

Everything is possible (すべて可能です)

先日あるミーティングでこの言葉を久しぶりに聞きました。

私が何かに行き詰まって悶々としているとき、何度か友人や同僚から貰いました。

よく似た言い方で”Everything is negotiable”(何でも交渉次第よ)というバージョンもあります。

英語でもフランス語でも同じです。

そういわれる度に私は自分が如何に狭い思考の枠に囚われていたか、ハッと気付かされたものです。

スイスの永住許可申請の資格のことで州政府から断りの返事を貰ったときも、その言葉が出てきました。

それを言ったのは当時勤めていた会社の人事部長ウルスラです。もうだめかと絶望し、手も足も出ない思いに囚われていた私に彼女はそう言いました。そうして、「私が一緒に州政府の移民局に行ってあげるから、もう一度話をしに行きましょう」と言ってくれました。

え、外国人の居住ビザさえネゴ出来るの?
だってもう断り状を貰ってしまっているのに?

私は半信半疑でした。

私が永住許可証を手にしたのはその半年後です。

私は自分の可能性の扉をあやうく自分で閉じるところでした。

今世界中に、外国に住む必要があるのにビザのない人々が何百万人もいます。戦闘地域となったり、干ばつなどで食べ物が窮乏し住めなくなった故郷を離れ他国に来た難民と総称される人々です。

11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回ではその難民を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」

インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さんです。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
長坂さんはそんなドイツの人々をインタビューし「難民と生きる」という本に纏めました。

取材を通じて長坂さん御自身も変化したとおっしゃいます。それはどういう変化だったんでしょうか?

私たちも長坂さんとお話ししながら体験してみませんか?
難民は日本人にとってもよその出来事ではありません。アジアにも大勢います。
私たちはこの地球の課題にどう取り組めばいんでしょう?
ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になって下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんと対話しましょう。
定員20名ですが続々とお席が埋まっています。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

IMG_0326

************************************

広告

私が不法移民の一歩手前までいった話

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【なによりも怖かったのはこの国に居続ける法的資格を失うこと、つまり不法移民になることでした。】

平和に会社員ぐらしを続けて来た私のポストが削られた最初の体験は、2003年秋でした。当時もジュネーブに住んでいました。社内の他の部署を片端から当たりましたが、仕事は見つかりません。

その時に一番怖かったのは何だと思いますか?

失業することではなく、まして暮らしに困ることでもありません。この国に居続ける資格を失うこと、つまり不法移民になることでした。

その当時、私の労働ビザは1年毎に更改するもので、会社がその更新手続きをしていました。その会社がもう私の後ろ盾にならなくなったのです!私の当時持っていたビザは数ヶ月後に失効します。その後は3ヶ月スイスに滞在できますが、それは一時滞在の観光客のような身分です。

そしてその先は?居住する資格がないままスイスに居続ければ、それは不法移民です。

私は必死で仕事を探しました。ビザのない人を雇う会社はまずないので(コストがかかりますから)、当時の会社の中と国連機関の知人を当たりました。国連はスイスでは特別な地位を持っていて、国連で働く人のビザは認められるのです。

自分のその国に住む法的権利が無くなってしまうーー仕事がないよりもそちらの方が恐怖でした。

7ヶ月間必死で仕事を探して年が変わった翌年、幸運にも同じ会社内でポストを得ました。
この経験で、外国に住むためにはなにはなくても労働ビザが必要と骨の髄までわかりました。
今世界中に、外国に住む必要があるのにビザのない人々が何百万人もいます。戦闘地域となった故郷を離れ他国に来た難民と総称される人々です。

11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回では難民を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」
インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さん。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
長坂さんはそんなドイツの人々をインタビューし「難民と生きる」という本に纏めました。

取材を通じて長坂さん御自身も変化したとおっしゃいます。それはどういう変化だったんでしょうか?

私たちも長坂さんとお話ししながら体験してみませんか?

難民は日本人にとってもよその出来事ではありません。私たちはこの課題にどう取り組めばいんでしょう?
ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。
よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になってみて下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんと対話しましょう。
定員20名ですが続々とお席が埋まっています。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

IMG_0856

************************************

夫婦げんかに勝とうと思ったら黙ること

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【沈黙は全くの無】

多くの北米人にとって沈黙は全くの無です。それは全くの無関心の表現でもあります。
そこでこんなことが起きます。

その1
表題はカナダにいた頃の友人の友人の話です。
彼女、かなこさんとしましょう、は日本人、夫はカナダ人。夫と喧嘩して埒があかなくなると、かなこさんはひたすら黙るそうです。すると夫はその沈黙に耐えきれなくなり日本人の妻に降参するんだとか。

その2
カナダ留学を始めて間もなくのこと。教室で学生たちが次々と教授に質問します。わたしは「あーー」と傍観するだけでした😳

カナダに長く住み,当時は博士論文を書いていたようこさんにそのはなしをするとーー

「よしこさん、そういうときは何でもいいから手を挙げて質問するのよ。何も言わないでいると、あなたはバカなことさえ質問できない、本当のバカだということになるわよ」

沈黙には意味がない、全くの無、または完全な無関心、と考える人々のいることを、私はこうして知りました。

今、世界にはやむを得ず自国を出て他の文化の中に飛び込まねばならなかった人々が何百万人もいます。難民と呼ばれる人にとです。

11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回では難民を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」

インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さん。

ヨーロッパにたどり着いた難民を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民が大勢います。
長坂さんはそんなドイツの人々をインタビューし「難民と生きる」という本に纏めました。
取材を通じて長坂さん御自身も変化したとおっしゃいます。それはどういう変化だったんでしょうか?

私たちも長坂さんとお話ししながら体験してみませんか?
難民は日本人にとってもよその出来事ではありません。私たちはこの課題にどう取り組めばいんでしょう?ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になってみて下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

11月11日 土曜日

日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
お時間の許す方は放課後もそのままお残り下さい。長坂さんと対話しましょう。
定員20名です。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

************************************

IMG_0740

自分の国を出るということについて

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

*******************

【国を出るということにはそれなりの覚悟が必要です。だからこそ、何かの強制力で国を出なければならなかった人はどんなにか大変なめにあってきたのかと思うのです】

私が日本を出てパリに移り住んだのは1989年でした。同じ年の6月、中国では天安門事件が起き、ドイツではベルリンの壁が崩壊しました。

天安門事件の後、言論の自由を求めて国を出た中国のひとびとがいました。

またベルリンの壁があった時代、自由を求めて命がけで東ドイツから西ドイツに移った人々や、その途中で命を落とした人々も大勢いました。

私は自分の意志で日本を出たという、いってみれば平和な理由でしたが、理由がなんであれ自分の生まれ育った国を出た人々には常に共感を感じてきました。

外国に住むのは大変なことです。言葉も習慣も違う、家族も友人もいない環境にひとりで飛び込むんですから。

やむなく、もう自分の国に住めない色々な事情ができて、国を出る人々は何百万人もいます。それは一体どれほど大変な決意だったことかと思います。難民になりたくてなる人はいないのではないでしょうか?

できることなら、自分の暮らしをそのまま続けたかったんではないでしょうか?

11月のスイス発オンラインセミナー 地球市民塾 「世界と関わってきた人たちと話そう」シリーズ第5回では、そういう人々を支援する人々に焦点を当てます。

「自宅で難民と暮らすって?ー理解は経験から育つ」

インスピレーショントークはジャーナリスト、エッセイストの長坂道子さんです(写真)。

長坂道子さん

ヨーロッパにたどり着いたものの住む場所のない難民がドイツには大勢います。

その人々を支援しようと自宅に受け入れるドイツ市民もまた大勢います。

長坂さんはそんなドイツの人々をインタビューし「難民と生きる」という本に纏められました。

取材を通じて長坂さん御自身も変化したとおっしゃいます。それはどういう変化だったんでしょうか?

私たちも長坂さんとお話ししながら体験してみませんか?

難民は日本人にとってもよその出来事ではありません。私たちはこの課題にどう取り組めばいんでしょう?ドイツの人々の経験にヒントがあるかも知れません。

よかったら長坂さんの書かれたこちらの本もご覧になってみて下さい。
「難民と生きる」(新日本出版社、2017年3月刊行)

11月11日 土曜日
日本時間 18:00 – 19:30 /スイス 10:00 – 11:30
定員20名です。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

************************************

”私はフランス語を話します”とあなたも言いましょう

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

**************************

【ものごとの物差しは自分の中にある】

IMG_0742

カナダの国語は英仏語の両方ですが、言語圏は地域によってかなりハッキリ分かれています。
私の住んだトロントはほとんどの人が英語だけを話す街でした。それでもよく、「私はフランス語を話します」という英語人に出会いました。

ところがよく話してみると、「こんにちは」と言える程度ということが珍しくないのです。
なーんだ、大袈裟な、と初め私は思いました。単語を一つ知ってるだけじゃないの。それで話すと言えるの?

ところがカナダ社会をわかるにつれ、そういう考え方自体が私の思い込みだったと気がつきました。私は無意識のうちに上手なフランス語が話せなければ、人は「私はフランス語を話します」と言うはずがないと思っていました。

カナダでは違います。言葉であれなんであれ、物事の評価は自分が自分の物差しで測ればいいのです。自分が、「私は”こんにちは”とフランス語で言えるんだから、フランス語を話す」と思っているなら、そう言っていいんです。

その人がどれほどフランス語を話すかを確かめるのは、あなたです。

ものごとの物差しは自分の中にあるーー私にとっては天地が逆転するほどの発見でした。それまでの私は、基準をいつも自分の外に探していたんですから。

だからね、”私はフランス語を話します”とあなたは言っていいんです。自分の基準でそう思えれば。大事なのは、自分の基準を持つことです。

***************************
Made in Japan のオペラを世界へ!ーー 30年続く活動を支えた「思い」とは?
スイスから日本と世界を繋いでお送りするオンラインセミナー地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」第4回は今週の金曜日です。

落合良さんはSONYでの多忙なお仕事の傍ら、個人のプロジェクトとして、日本の古典や歴史にテーマとして日本で作曲されたオペラを世界に紹介して来られました。それも30年間にも亘って!

落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?
外国のオペラ歌手の演じる光源氏のでる舞台ってどんな?
どうぞビデオクリップもご覧ください。

10月6日 金曜日
日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
定員20名です。今、お席がどんどん埋まっています。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらへ
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/DqjsPX

************************************

私は英語がうまくありませんが、私の技術をわかるお客さんがいます

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

**************************

【難しい髪質のお客さんは美容師のカットの腕の善し悪しを知っています】

私はカナダ、フランス、スイスに住む間、いつも日本人の美容師さんを探してはヘアカットをお願いしていました。西洋人の美容師さんはどの街にも大勢います。けれども、私のこの硬い髪をカットできる人となると断然日本人なのです。

そのためカナダで貧乏学生だった頃でも、少し値段が高くても日本人の美容師さんのいるお店に行っていました。

カナダではようこさんという日本から移住した若い美容師さんにカットをお願いしていました。

髪を切って貰いながら、ようこさんの話してくれたことを今も良く覚えています。

「西洋人の髪の質はとても柔らかいので、最後にうまくセットするだけでカタチになります。美容師のカットの腕は余り関係ないのです」

「そのため、西洋人のお客さんは言葉の上手なカナダ人の美容師さんについてしまいます。カナダでは、お客さんは美容師と話をするのも楽しみにしているのですから、英語が彼女らのようには話せない私には付いてくれないのです。」

「けれども、硬いなど難しい髪質のお客さんは私を指名してくれます。難しい髪だと、美容師のカットの腕の善し悪しがでてしまうからです」

英語だけでギュウギュウ勉強していたその頃の私、日本語で気楽にお喋りできるカットの時間は大きな楽しみでした。

今、ようこさんはどうしているかな、お店を持ったかな、と時々思い出します。
****************************************
いよいよ今週金曜日です!

スイスから日本と世界を繋いでお送りするオンラインセミナー地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」第4回は落合良さんをゲストスピーカに迎えます。

Made in Japan のオペラを世界へ!ーー 30年続く活動を支えた「思い」とは?

落合さんは会社勤めのお仕事の傍ら、個人のプロジェクトとして、日本の古典や歴史にテーマを取り、日本で作曲されたオペラを世界に紹介して来られました。それも30年間にも亘って!
落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?

外国のオペラ歌手の演じる光源氏のでる舞台ってどんな?どうぞビデオクリップでご覧ください。
10月6日 金曜日
日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
定員20名です。お早めにお申し込み下さい。
詳しいプログラムとお申し込みはこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/QAgHsS

************************************

IMG_0301