紙の神様をあの場に呼び寄せた会話のエネルギー

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

***************************

【会話の力が紙の神様まで引き寄せた?】

9月の地球市民塾は、インスピレーショントークを広瀬晴子さんにお願いしました(写真)。広瀬さんは、UNESCO, UNIDOと国連機関の要職を務められた後、モロッコ大使に。それがきっかけで、今では日本の高知県で廃れかけている和紙を、古文書修復のためにモロッコに寄付する活動をするようになりました。

A000543855_01

今日も会話は和紙から、国際機関のキャリアから、縦横に勢いよく展開。その会話の勢いが巡り巡って宇宙に届いたんでしょうか?気がつくと会話の波の中から三つものアイデアの芽が!
面白い事にそのどれもが、和紙を巡るプロジェクトです。

まず、姫路の廣峯(ひろみね)神社の紙漉の信じ復活と紙守財団とを繋ぐアイデア。

二つめは丹波の黒谷和紙再生復興を支援する森下あや子さんが、広瀬さんの活動を知り一歩歩を進めました。

そして三つめは最後に発言されたはるさんの神戸に茶室を造り世界の人々の集う場にする計画に、紙漉のイベントを加えてはどうかというアイデア!

こうして地球市民塾は皆さんに気づきを学びを得て頂く場になったばかりか、今日のように人と人とを繋ぎ、その力と持っている気持ちが合わさって新しい動きを生む触媒にもなったようです。こういうことは私たちにとっては望外の喜びです!

参加された皆さんのお気持ちとエネルギーが、紙の神様をあの場に呼び寄せたんでしょうか?

(写真はChancy村から見るジュラの夕暮れ。私の瞑想の道でもあります。)

IMG_0280

***************************

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中