英語上達へのたった一つの道

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

*****************************

【仕事で英語を使うことになってしまって、いよいよ困っている友へ】

ぴーちゃん、そうか、それは困るだろうね。

じゃあ、フランス語圏に住んで英語で20ウン年間仕事してきた私の体験をシェアするね。

まだ東京で働いていた頃、留学したかったので仕事の後、評判の良い英会話学校に毎日1年通った。

カナダに留学した頃、貧乏学生だったので→「コースを落として落第すると奨学金を返済しなければならない。そのお金がない」→必死で勉強した。90分の授業に予習5時間(特に初めの頃は英語の文献を1ページ読むのに15分かかった)、復習3時間(授業をテープに録音し、全部聴き直した)、とかね。

パリで仕事を始めた頃→オックスフォードやら何やらを卒業した人々が同僚に大勢いた。英語の表現がうまくて私は舌を巻いてばかり。私は国際機関にふさわしい英語で話したり書いたりできない。→コレと思った人の発言をノートしてまねした、各国から貰うレターにあるこれは!という表現をノートして、”英語の言い方集”を作った。

今のチャレンジは、パブリックスピーチ、つまり人前で話す腕を上げたいと思っている。というのはスイスで研修講師などを英語でやるので。→地元のトーストマスターズクラブに入会して、積極的に色々な役割を引き受ける。おかげで英語のスピーチについて毎回学んでいる。

長い話をつづめて言うと、私の場合は動機に尽きる

最後に,何より大事なのは伝えたい何かを自分が持つことと、相手に興味を持つこと。この両方が大事だと思うよ。

ぴーちゃんならこの二つの大事なことを持っているから、あとはやってみることじゃないかしら。

IMG_3472
*****************************
広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中