ホーフステッド教授

ホーフステッド先生にお目にかかるために、プラハに行ってきました(Geert Hofstede)。

先生はプラハ経済大学で名誉博士号を受けられたのです。そのセレモニーにゲストとして参加したのです。

prg-hofstede_ceremony-1
名誉博士号を受けられたホーフステッド先生(中央)

プラハには正味25時間の滞在でしたが、行って良かった!多くの収穫がありました。

先生の御本も読み、先生の理論を学ぶために一週間の研修にも参加し、YouTubeのビデオも何本も見ました。なにせ、異文化マネジメントでは世界一の大先生ですから。

けれども、実際にご本人にお目にかかるに如くは無し。セレモニーの翌朝、朝食を摂りながら、異文化マネジメント コンサルタントの仲間たち5人と直接にお話しを伺える幸運!ノーベル賞級の濃い学びの時間でした。

研究に対する真摯な態度、飽くなき探求心、緻密な思考。いつでも学んでいる、この方は!

そして、暖かいお人柄。お心が柔らかくてユーモアがあって。

やっぱり、リアルが必要です。少々の無理をしてでも、リアルで人に会うのが一番です。

ホーフステッド先生に実際にお目にかかり、多くの疑問が、一度に氷解する快感を楽しみました。

thumb_prg-hofstede-2016-10-08_1024

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specialising in cross-cultural management between Europe and Japan. Having lived in Europe for about 30 years, I'm back to Japan. Culture may be a stop factor in business. On the contrary, if you go beyond that, culture is a valuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ) 国際コミュニケーション コンサルタント。欧州で30年間、世界230か国以上の人々と仕事をして体得した本物の国際コミュニケーションのコツをお教えします。あなたの仕事が進みます、交渉が捗ります。無料相談(30分)はこちらからどうぞ → https://goo.gl/WpjQ7L

“ホーフステッド教授” への 2 件のフィードバック

  1. 私はマイクロ無線の技術屋なので、ダイバシティと言われると、てっきりマイクロウェーブ通信の多重ルート送受信の事かと思いました。高度な無線通信の技術ですが、意味的には相通ずる所もあります。ホフステド先生のお話も良く解りますが、栗崎さんの論理学的思考の精密さにも驚いています。どちらかと言うと工学的ですから。

      1. 米岡様、コメントをありがとうございます。そうでしたね、無線の世界でダイバーシティというコトバは使われると伺ったことがあります。文化であれルート多重であれ、ダイバーシティは何かの強さ、粘り強さ、何かがすぐにこわれないための源泉だということは共通ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中