価値観が逆の世界を知る‐カナダ留学 — 国際交渉の現場から (4)

気がつけば20年余 – 第4回

価値観が逆の世界を知る‐カナダ留学、トロント大学、1982年9月から1984年6月

カナダ留学は、私の人生で最初の大きな転機でした。この経験が無かったら、今わたしはここにいなかったと思います。

貯金をはたいて、足りない分は両親に借金し、奨学金だけでは不足する分の学費と生活費を作り、安い飛行機の切符を買い、カナダに向かいました。ニューヨーク経由でした。留学試験に落ちて気落ちする私を励まして下さった、元上司のKさんが、NTTニューヨークオフィスに転勤されておられたのです。

ニューヨークの空港には夜遅く着きましたが、 NTT オフィスのMさんが空港に迎えに来て下さっていました。日が暮れてからのニューヨークの空港が、どんなに用心を要する場所かなど、全く知らなかった、無知な私でした。

続きはこちらからどうぞ。

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中