変化を模索するITU — テレコムワールド ‘11に参加して — 欧州ICT社会読み解き術 (2)

10月にジュネーブで開かれた、ITU(国際電気通信連合)のテレコムワールド ‘11に参加した(写真 NTTグループと、日本コーナー)。これは、4年に一回、ITUが開く世界的イベントで、今年はその40周年に当たる。ここでは常に、その時々のテレコムの政策課題が議論され、近未来の技術が展示されてきた。

通信市場自由化の進行、インターネット、携帯電話が固定電話に取って代わる時代となるに伴い、ITUは時代に応じた役割を模索してきた。もともと通信キャリアと政策担当者の集まりであるITUは、通信技術標準化と料金などの国際通信制度が伝統的なコアコンピタンス(核となる強み)だった。しかし、通信の規制から公平競争のルール作りへ変化した政策担当者の役割り、電気通信政策の枠組みの外で誕生し、発展を遂げてきたインターネットを現実の通信市場に抱え、ITUの役割も変わらざるを得なかったのである。

展示から対話へ

現代は、SNS(ソシアルネットワーキングシステム)の隆盛に見られるように、個人がネットを介して知恵を持ち寄り、行動を、時にはイノベーションを生み出す時代である。携帯電話がパームトップコンピュータに成長するなど、ICTは個人の情報発信を飛躍的に容易にした。今回のテレコムには、そういう時代におけるITUなりの取り組み方が、いろいろな仕掛けとなって現れていた。

例えば、会場のフロアプラン。対話、ネットワーキングをしやすいよう、簡単な椅子とテーブルを置いたコーナーが展示会場の中央に幾つか設置してある。また、今までは、展示場と、フォーラム、ワークショップ会場が劃然と別れていた。フロアも違えば入場料も違った。今回は、それらが繋がっている。今回のキーワードの一つ、「コネクティビティー」を意識したかどうか、人とのネットワーキングや、展示される技術とフォーラムで生まれる知恵やビジョンを繋ぐことのできる環境が、そこにある。

ワークショップに行くと、参加者一人一人と名刺交換をするITUのスタッフがいる。今までこんな経験をしたことはなかった。ここに、イベントの後も、問題意識を共有する人々と繋がろうとする意志を感じる。

ワークショップの進行中には、スタッフがノートをとっている。そのノートは後日様々なプロジェクトに使うという。参加者をリソース、知恵の提供者として活用するその姿勢は、今流行のコレクティブシンキング(共同で考える)そのものだ(写真 会場に掲げられるキーワード、“外せない会話”)。

必要に迫られた人々に役立つICTとは?

WHO(世界保健機構)のブースは、eHealthをテーマにしていた(写真。eHealthチームのリーダー、JDさんと)。主に発展途上国で活動する多様なNGOを招いて展示とトークショウを行っていたが、マラリアの薬の管理(タンザニア)、エイズ患者の心のケア(南アフリカ)、など事実そのものに説得力があった。

WHO mHealth Pavillion, ITU 2011

こういうプロジェクトを見るにつけ、ICTが、医療、保健サービスの行き届かなかった僻地の人々や、その仕事に従事する人々に大きな便宜をもたらしていることに感心する。そして、成功しているプロジェクトには共通点があることに気付く。

一つは、あるプロジェクトに関わる人々や、組織がすべて参加し、共に働く仕組みがうまく機能していることである。ジュネーブ大学がWHOなどと共同で進める、アフリカ僻地で働く医療従事者の遠隔教育システムのプレゼンテーションの中で聞いた、こんな言葉が耳に残ったー“ICTシステムを現場で生かそうと工夫するうちに、それに関わる人々を包含するネットワークを作っていた。”

もう一点は、安価で、容易で、そのうえ、手元にあるICTを使うことである。たとえば、僻地にある現場からのデータインプットには今でもSMSが多用されている。発展途上国の場合、スマートフォンや、ブロードバンドは、普及率が10%にも満たないのが現実である。また、そういったサービスの受益者には、高齢者などICTに慣れていない人々もいる。そういう人々こそが、ICTの恩恵の必要な人々であり、そこでICTが役立つ為には、そういった受益者に手の届くシステムでなければならないのである。

変化を見まもりたい

今回のテレコムワールドを見て、ITUは、通信という抽象的な存在から、通信の中身に関心の対象を拡げつつあるように思えた。通信システムを使う側の組織や人々に近づき、eHealth,気候変動など、通信主導ではない様々な活動に参加している。それは奇しくも、「モバイルを核とした総合サービス企業」を目指すと宣言した、NTTドコモ社の方向とも軌を一にしているのではないだろうか。

その動きの中で、ITUは、発展途上国でのICTシステムに見られるように、先進国の我々が過去に置いてきたような技術を求められる場面にも遭遇しよう。今後、通信という伝統的な専門領域の縁辺を拡げる過程で、ITUはどのような付加価値を創っていくのか?今後のITUが、WHOなど、多用な国際機関と協働を進める中でどう変化するか、何を生み出して行くのか、経過を見まもりたい。

テレコム閉会にあったてのキャッチフレーズは、ITUの変化を鼓舞するかのようで象徴的だったーー“Manifesto for Change

掲載: NTTユニオン機関誌「あけぼの」2011年11月号

掲載原稿はこちらをご覧ください。

欧州はEU諸国だけにあらず — 欧州ICT社会読み解き術 (1)

欧州ICT社会の読み解き術 第一回欧州には、日本やアメリカとは異なる情報通信技術 (Information and Communication Technologies,ICT)サービスの発展形態がみられる。

例えば、欧州では大きなプロジェクトは多国間協力により、つまり国際的事業として進められる。そこに、文化の多様性が横糸としてからまる。主な言語だけでも30近くあるなど、欧州の文化は多様である。

政治的にも、欧州は一つの地域として、またEU(欧州連合、European Union)としてだけ見ることは出来ない。EUは、地域としての経済統合を目指してはいるけれども、国家の集合体でもある。その上、同じ欧州内には、スイス、ノルウェーなどEU非加盟の道を選択している国もある。そこに、国境を越えたモノ・ヒト・カネの往来という現実が加わる。

そこから生じるダイナミクスが、ICTサービスの形成、発展にも影響を与えるのである。

統治形態の違いはあれ、それぞれの国民が共通の言語を持ち、一国として機能している日本やアメリカには、このようなダイナミクスは見られない。

欧州は互いに陸上で国境を接した国家の集団であるから、歴史的にも、多国間協力はごく一般的に随所で行われて来た。鉄道、情報通信など、多様な技術の国際標準化もその必然の結果であった。それらは、政治的必要性ではなく、人と物の国境を越えた移動を円滑に行うための自然な要求なのである。

諸々のICTシステムの開発においても、多国間協力は活発である。ここで、欧州委員会(European Commission, EC)が資金を援助するプロジェクトはすべて、欧州内二カ国以上の共同プロジェクトであることが条件となっていることは興味深い。欧州では、ICTは、欧州全体の経済活動を向上させるために欠かせない手段として認識されているのである。

そのようなICTシステムの代表例として、epSOS(Smart Open Services for European Patients)という汎欧州パイロットプロジェクトを挙げよう。欧州では、国境を越えて医療サービスを提供するための、域内共通インフラ作りが行われている(European eHealth Project)が、epSOSはその一環として、2008年に始まった。予定期間は5年半、2011年9月現在でEU加盟国20カ国、非加盟国3カ国、計23カ国から、病院、薬局など、3,400に余る機関が参加している。

人が欧州内を移動すると、行政がその人々に供給する医療サービスもまた人に伴って移動する必要が生じる。epSOSの目的は、ある人が欧州内どこにいても、その人の病気や怪我の患者の医療記録、処方薬情報や処方箋を、必要な時に、欧州域内どの国からもアクセスできるシステムを作ることにある。つまり、EU加盟国をまたがって使用される電子処方箋(Electronic Prescription)の実用化である。そして、ICTはそれを可能にする技術である。

epSOSの画期的な点は、医療行政機構の異なる国、地域をまたがって、医療サービスを提供しようとするところである。これは、ICT技術だけの問題ではない。欧州でも、医療・薬事行政の仕組み、医薬品に関わる専門用語などは各国まちまちである。その違いを調整しつつ、行政面のソフトと、参加国の患者病歴、電子処方箋、電子投薬管理システム相互のインターオペラビリティーという、技術面のソフトとを統合させようという壮大な計画である。

epSOSの目指すところは、あくまでも「統合」であり、統一、標準化ではないことにも注目したい。例えば、スペインの薬事行政サービスを利用するAさんが、旅行先のドイツで、スペインの処方箋に基づき、ドイツの薬局でクスリを買うとする。ドイツの薬局では、Aさんの処方箋の記録を照会し、スペインの基準に従って、必要な分量の薬を販売するのである。

将来は、epSOSの一環として、欧州健康保険カードの統合、救急医療電話番号とサービス(112番)の地域内一本化なども計画している。

ここで、epSOSの参加国は、EU加盟国に限られず、隣接国にまで拡がっていることにも注目したい。スイスは既にEUの電子カルテプロジェクトに参加していることから、スイス人の専門家が主要メンバーとして議論に参加している。その他、ウクライナ、ロシア、トルコなどのEU隣接諸国も112番の採用などに参加、または参加を予定している。

つまり、「欧州」は、EUという政治の境界線で捉えてはいけないのである。経済統合を目指すEU諸国。そのEUと臨機応変に歩調を合わせる隣国諸国の姿には、EU非加盟ではあれ、EUという一大経済圏のもたらす規模の利益を上手に取り入れながらつきあう大陸諸国の共存する知恵を垣間見る思いがする。

掲載: NTTユニオン機関誌「あけぼの」2011年10月号

掲載原稿はこちらをご覧ください。

価値観が逆の世界を知る‐カナダ留学 — 国際交渉の現場から (4)

気がつけば20年余 – 第4回

価値観が逆の世界を知る‐カナダ留学、トロント大学、1982年9月から1984年6月

カナダ留学は、私の人生で最初の大きな転機でした。この経験が無かったら、今わたしはここにいなかったと思います。

貯金をはたいて、足りない分は両親に借金し、奨学金だけでは不足する分の学費と生活費を作り、安い飛行機の切符を買い、カナダに向かいました。ニューヨーク経由でした。留学試験に落ちて気落ちする私を励まして下さった、元上司のKさんが、NTTニューヨークオフィスに転勤されておられたのです。

ニューヨークの空港には夜遅く着きましたが、 NTT オフィスのMさんが空港に迎えに来て下さっていました。日が暮れてからのニューヨークの空港が、どんなに用心を要する場所かなど、全く知らなかった、無知な私でした。

続きはこちらからどうぞ。