携帯電話はパームトップPCに — MWC 2011 (1)

去る2月14-16日、バルセロナ(スペイン)で開かれた、モバイル ワールド コングレス Mobile World Congress (MWC)を訪問しました。

混み合う広大な会場。サムスンのギャラクシーに人だかり。

スマートホンとタブレットの発展、ネットワークは追いつきが急務

携帯電話は急速な進化を続け、スマートホンに姿を変えつつあります。それは、携帯電話機が可動パームトップコンピュータ、つまりネットと繋がったモバイル パソコンになり、移動通信サービスを提供する通信事業者はインターネットサービスプロバイダ(ISP)になるということです。今年は、iPadのようなタブレット端末の急成長と相俟って、携帯電話のパームトップコンピュータ化が急速に進んだことが昨年と比べての大きな変化でした。

スマートホンや、タブレット端末の真骨頂はデータ通信です。その能力にふさわしいビデオソフト、モバイルヘルスなど多種多様のアプリケーションと3D(三次元立体)画面などの新機能とが、互いに開発アイデアの提供、技術の供給という関係で刺激し合いながら、全体として、モバイルサービスを豊かにしていました。通信事業者は、LTE(Long Term Evolution, 携帯電話の高速なデータ通信仕様の一つ)の可能にする情報化社会の未来像を描こうとしており、方やモバイル産業のハード、ソフト、サービス企業(グーグル、ヤフーも含む)は通信サービス企業と競争、また連携し合って、モバイル通信の急速な変化を進めているということです。

多種多様なアプリを展示するグーグルの会場

同時に、通信事業者、ハンドセットメーカー、システムハウスによるアプリケーション市場の主導権をめぐる競争が目に見えるようになりました。それは、ネットワークインフラを提供する事業者にとっては、急増するデータ通信を支える大容量ネットワーク造りを迫られることを意味します。その問題を解決するフェムトセルなどを利用したソリューションが至る所で展示されていたこともまた今年の特徴でした。

新アプリケーションを生み出すのは人の情熱

スマートホンやタブレット端末を利用した、アプリケーションが無数に展示される中で、グーグルの広大なブースに展開される、アンドロイドのアプリケーションは質量ともに圧巻でした。

広い展示フロア、数多くのアプリケーション一つ一つにその開発者がつき、来場者に熱心に説明します。その多くは若い人たちで、アンドロイドのイメージキャラクターのついたTシャツというラフな服装。フロアの中央には滑り台、奥には健康ドリンクを作ってくれるジュースバー(写真 下左)!

従来のビジネスショウの常識を超えた発想がここにはありました。自由にタブレットやスマートホンを使って楽しもうよ!-そんなメッセージが会場の空気に満ちていました。

グーグルの展示場はセンスが群を抜いている。写真はヘルシードリンクのバー

また、展示ではありませんが、ブロガー専用タイムを設けたLG社の作戦も良いところを突いています(写真下。LG社、ブロガーオンリー タイムの看板。)初日の午後5時半から6時半まで、LG社のブースには、ビジネススーツでなく、ジーパンにセーターなど、ラフな服装の人々が大勢集まりました。 個々のブロガーの情報発信力はマスメディアより小さくても、ブロガーが無数にいる現在、LG社は彼らを束にしたブログの発信力に期待しているようです。ブロガーには、個人として自由にアイデアを伝える熱意があります。そこにはおのずと大規模なメインストリーム メディアと違った情報伝播力が生まれるのです。

ブロガータイム

本稿は通信興業新聞に連載されました。

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中