ソーラー式基地局/Solar power for mobile networks worth investigation

Mr. I, a long-lasting friend of mine, has brought me an  interesting article in which Mr. Tsujimura, VP of NTT Docomo, Japan, had commented on the importance of revisiting the solar energy as a source of power for mobile telecommunications in disaster situation.

 

(引用)Quote

--停電で機能停止した基地局が多かった。ソーラー式基地局の本格利用の考えは?

Question: A large number of the base stations stopped functioning due to the power cut (at the disaster sites in Japan). What are your thoughts on using the solar power for base stations?

「太陽光の電力だけで基地局を維持するのは難しいが、バッテリーと組み合わせるなど検討の余地はある。強化していかなければならない分野だ」

Answer: It is an important subject for us to further investigate. While the solar power alone may not be sufficient to keep the base stations running, we could use it combined with other sources of power, such as batteries.

(引用終わり)End of Quote

通信も電力が無ければただのハコになった現代、ソーラー発電の実用的な有用性が納得されたということでしょうか。それをどう実行に移すか、これからも見まもりたいと思います。それは、今回の経験から学ぶということでもあります。
The comment above indicates a recognition of the solar power as an alternative source of power supply when the regular means of supply is cut in our days in which the electricity supply is indispensable for telecommunications network to function. I plan to keep eyes on how the company will integrate the solar power in the existing telecommunications network with interests. This ultimately means that we take lessons from the present disaster in the country.
基地局のことを私ももう少し調べてみました。日本のキャリアに基地局を納入したモトローラ社は、太陽光発電を山間部などで、電力のバックアップに使っているそうです。これは日本の話しです。基地局はエネルギーのインフラになれるかも知れませんね。すくなくともバックアップには。
In fact, the base stations by Motorola uses the solar power as a back up of power supply in remote areas in Japan. Base stations may become power stations if an efficient power generator is attached to them, at least to provide back-up power.
広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中