科学と現場の知との相互検証の重要さー福島原発事故から学ぶ/Critical importance of reality check – Lesson from Fukushima Nuclear Plant diaster

わたしは、科学・技術と人・社会とのギャップを見つけ、そこに橋を渡して、科学・技術が人の暮らす社会に役立てるようにすることにいつも関心を持ってきました。
I have been interested all the time in spotting a gap between the science/technology and people/society, and to bridge between the two.

 

今回の福島原発の危機に際し、一つ気付いたこと、それは科学と技術(エンジニアリング)とのあいだにもまたギャップがること、科学を真に役立たせる橋は、技術ではないかと。
Learning from various information on the present disaster of Fukushima nuclear plant, I have realised a gap between the science and engineering, and that engineering is the bridge that makes science to bring benefits to people and society.

 

ここに、私のそのことに気付かせてくれた記事を二編、ご紹介します。
Please share with me two major peaces of information that spotted what is not reported in major press.

 

一つは、福島一号原発を設計した技術者の記者会見録。3月16日、東京の外国プレス特派員協会主催で行われました。
The first is a note from the press conference of an engineer who designed the Fukushima Plant, held at the Foreign Press Club in Tokyo, 16 March.

 

この度の爆発は、津波で運が悪かった、だけではないと思いました。
It has become evident that the accident was not only because of this unexpected bad luck of Tsumami.

 

津波が来てもまだダメージを今より小さく抑える手だてはあったが、その考えが設計に組み込まれていなかった。今までの日本、惨事に至らなかっただけで、似た事例は沢山あったのではないでしょうか。
While there was means to reduce damage even g the most unexpected size of Tsunami, the idea of damage-minimisation was not included in the designing of the Nuclear Plant. I’d suppose that this case is not an isolated one, as this way of thinking is not really new to me in my experience in Japan, even though with various degrees of importance and risks.

 

The press is in Japanese. This conference may be reported in various overseas press.

 

二つめは、原発の現場を知る方が解説したビデオです。科学としての原子力と、現場の技術者の知との違い、また、今起きている原発事故の何をしっかり見て最悪の事態にそなえるべきかがわかり、同時にぞっとしました。
The second is a video clipping of Mr. Hirose, who has the first-hand experience of nuclear plants. His explanation has made me aware the difference between the nuclear science at laboratories and the knowledge of engineers on the ground, and what we should watch most  to be prepared for the worst. (The video is in Japanese.)

 

私たちは常に、机上の学問と現場の知とを相互に付き合わせ、相互にその結果をフィードバックしながら、学問とその現場での実現方法を鍛え上げていかなければならないのではないでしょうか。とはいえ、現実には、時間に迫られ、予算は限られている、ということは多くあると思います。けれども、そういったことに押し流されて妥協してはいけないことがあることを、今回の福島原発事故は証明したと思います。
We should keep improving theory on the desk and its practice on the ground through mutual check against each other. It does happen in reality that one must design an execution plan under pressure of limited time and budget constraints. The disaster of  Fukushima Nuclear Plant, however, clearly proved that there are things too important to compromise.

 

最後になりますが、被災された皆さまには心からのお悔やみとお見舞を申しあげます。
Last but not the least, please take my sincere condolence for those who were damaged by the horrible disaster.

 

皆さま、決して放射能に汚染されませんよう、ご無事でこのつらい時期を乗りきってくださいますように、心からお祈りいたします。
To everyone in Japan, I sincerely pray from the bottom of the heart that you will overcome this tough and sad period, without being polluted by radioactive.
広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中