自分にできることをするということー日本の惨事/ What it means to do what I can do – Diaster in Japan

先輩のMさんから送られてきたビデオ。涙が止まりませんでした。

Mr. M has sent me the two video links. Burst into crying.

*********************************************************************

Please listen to <<We are the world>>を聞いてください。

(ボリュームを下げて!!)With a low volume!

http://www.youtube.com/watch?v=IxUsgXCaVtc
(日本version)Japanese version
http://www.youtube.com/watch?v=xy1gp3F5NhY
(マイケル・ジャクソンも参加)With MJ

******************************************************************

日本をおそった地震、津波。続く原子力発電所の爆発。放射能汚染の危険。何万人もの人々が、一瞬にして命を、家を、家族を、すべてを失っている。

The level 9 earthquake, monstrous Tsunami followed by explosions of the nuclear plants. Increasing risk of pollution of the radioactive. Thousands of thousands of people lost lives, houses, families, all they had in life in a moment.

私に何ができるか、ずっと考えていました。今、このビデオを見てわかりました。

Have been thinking of what I can do to help. Now I know what I should do, watching the videos.

人は、自分にできることをして、他の人の力になろうとしている。言葉のある人は言葉で、歌の好きな人は歌で、段ボールを手にしている人は段ボールで。

People are trying to help others by doing what they are good at — by words, by singing, and by offering a paper carton to people freezing on a platform to wait for a train.

私の得意は、調査して見えなかったものを見えるようにすること。なかでも人と技術の間にあるギャップを見つけ出し、そこに橋を渡すことが私の喜びです。

What I’m good at is to reveal hidden facts by means of research. Especially, I like building a bridge over a gap between people and technologies so that people benefits from technologies.

私のテーマは決まりました。折しも今、ジュネーブ大学でCSR(企業の社会責任)をテーマに論文を書こうとしています。この機会に、日本と世界の人々が二度とこんな目に遭わないよう、技術を人のための安全に生かせるよう、このテーマで調査して、発表しようと思います。

I have decided the theme I am investigating. Coincidentally, I am writing a thesis for the CSR (Corporate Social Responsibility) which I am taking at University of Geneva. Taking this opportunity, I will undertake research on this theme so that no one in Japan and in the world would not take horrible consequences of the mis-management of technologies, and so that one could benefit from technologies.

いずれこのブログでもテーマと調査結果をご紹介しますね。その日まで、少々お待ちくださいませ。

I look forward the day when I’ll post the theme and results of the research on this blog to share it with you.

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

“自分にできることをするということー日本の惨事/ What it means to do what I can do – Diaster in Japan” への 2 件のフィードバック

  1. 松本慎二です。
    ジュネーブ大学での研究は興味あります。今後の進展をフォローさせていただきます。また、これは社会人のリカレントでしょうか?どのような条件で入学できるのでしょうか?経済的負担はどれぐらいでしょうか?期間は?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中