技術の先に人がいる。

東京電力の計画停電が始まった。そこに、地震被災者の避難所のある地域が入っていた。東京電力の社内の誰一人、机上の計画のその先に、生きている人がいるということを見ていなかったのか?企業として組織が大きくなった反面、人の感性や常識が、意志決定からこぼれおちていなかったか?現場の知を忘れ去っていないか?

こういう人がいる!日本にもまだ望みがあると思える。

地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。” (Jiji ドットコム, 2011年3月16日)

報道によると、この方は、18歳の時から原発の現場で仕事をされてきたという。現場の現実を知悉している方にちがいない。

きっと、彼のような人々に、日本の安全も経済発展も支えられてきたんでしょう。こういう人々の大切にされる日本になって欲しい。現場の知と、机上の知とが互いを鍛え合い、磨きをかけ合うことのできる日本に。

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specialising in cross-cultural management between Europe and Japan. Having lived in Europe for about 30 years, I'm back to Japan. Culture may be a stop factor in business. On the contrary, if you go beyond that, culture is a valuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ) 国際コミュニケーション コンサルタント。欧州で30年間、世界230か国以上の人々と仕事をして体得した本物の国際コミュニケーションのコツをお教えします。あなたの仕事が進みます、交渉が捗ります。無料相談(30分)はこちらからどうぞ → https://goo.gl/WpjQ7L

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中