ソーラー式基地局/Solar power for mobile networks worth investigation

Mr. I, a long-lasting friend of mine, has brought me an  interesting article in which Mr. Tsujimura, VP of NTT Docomo, Japan, had commented on the importance of revisiting the solar energy as a source of power for mobile telecommunications in disaster situation.

 

(引用)Quote

--停電で機能停止した基地局が多かった。ソーラー式基地局の本格利用の考えは?

Question: A large number of the base stations stopped functioning due to the power cut (at the disaster sites in Japan). What are your thoughts on using the solar power for base stations?

「太陽光の電力だけで基地局を維持するのは難しいが、バッテリーと組み合わせるなど検討の余地はある。強化していかなければならない分野だ」

Answer: It is an important subject for us to further investigate. While the solar power alone may not be sufficient to keep the base stations running, we could use it combined with other sources of power, such as batteries.

(引用終わり)End of Quote

通信も電力が無ければただのハコになった現代、ソーラー発電の実用的な有用性が納得されたということでしょうか。それをどう実行に移すか、これからも見まもりたいと思います。それは、今回の経験から学ぶということでもあります。
The comment above indicates a recognition of the solar power as an alternative source of power supply when the regular means of supply is cut in our days in which the electricity supply is indispensable for telecommunications network to function. I plan to keep eyes on how the company will integrate the solar power in the existing telecommunications network with interests. This ultimately means that we take lessons from the present disaster in the country.
基地局のことを私ももう少し調べてみました。日本のキャリアに基地局を納入したモトローラ社は、太陽光発電を山間部などで、電力のバックアップに使っているそうです。これは日本の話しです。基地局はエネルギーのインフラになれるかも知れませんね。すくなくともバックアップには。
In fact, the base stations by Motorola uses the solar power as a back up of power supply in remote areas in Japan. Base stations may become power stations if an efficient power generator is attached to them, at least to provide back-up power.
広告

科学と現場の知との相互検証の重要さー福島原発事故から学ぶ/Critical importance of reality check – Lesson from Fukushima Nuclear Plant diaster

わたしは、科学・技術と人・社会とのギャップを見つけ、そこに橋を渡して、科学・技術が人の暮らす社会に役立てるようにすることにいつも関心を持ってきました。
I have been interested all the time in spotting a gap between the science/technology and people/society, and to bridge between the two.

 

今回の福島原発の危機に際し、一つ気付いたこと、それは科学と技術(エンジニアリング)とのあいだにもまたギャップがること、科学を真に役立たせる橋は、技術ではないかと。
Learning from various information on the present disaster of Fukushima nuclear plant, I have realised a gap between the science and engineering, and that engineering is the bridge that makes science to bring benefits to people and society.

 

ここに、私のそのことに気付かせてくれた記事を二編、ご紹介します。
Please share with me two major peaces of information that spotted what is not reported in major press.

 

一つは、福島一号原発を設計した技術者の記者会見録。3月16日、東京の外国プレス特派員協会主催で行われました。
The first is a note from the press conference of an engineer who designed the Fukushima Plant, held at the Foreign Press Club in Tokyo, 16 March.

 

この度の爆発は、津波で運が悪かった、だけではないと思いました。
It has become evident that the accident was not only because of this unexpected bad luck of Tsumami.

 

津波が来てもまだダメージを今より小さく抑える手だてはあったが、その考えが設計に組み込まれていなかった。今までの日本、惨事に至らなかっただけで、似た事例は沢山あったのではないでしょうか。
While there was means to reduce damage even g the most unexpected size of Tsunami, the idea of damage-minimisation was not included in the designing of the Nuclear Plant. I’d suppose that this case is not an isolated one, as this way of thinking is not really new to me in my experience in Japan, even though with various degrees of importance and risks.

 

The press is in Japanese. This conference may be reported in various overseas press.

 

二つめは、原発の現場を知る方が解説したビデオです。科学としての原子力と、現場の技術者の知との違い、また、今起きている原発事故の何をしっかり見て最悪の事態にそなえるべきかがわかり、同時にぞっとしました。
The second is a video clipping of Mr. Hirose, who has the first-hand experience of nuclear plants. His explanation has made me aware the difference between the nuclear science at laboratories and the knowledge of engineers on the ground, and what we should watch most  to be prepared for the worst. (The video is in Japanese.)

 

私たちは常に、机上の学問と現場の知とを相互に付き合わせ、相互にその結果をフィードバックしながら、学問とその現場での実現方法を鍛え上げていかなければならないのではないでしょうか。とはいえ、現実には、時間に迫られ、予算は限られている、ということは多くあると思います。けれども、そういったことに押し流されて妥協してはいけないことがあることを、今回の福島原発事故は証明したと思います。
We should keep improving theory on the desk and its practice on the ground through mutual check against each other. It does happen in reality that one must design an execution plan under pressure of limited time and budget constraints. The disaster of  Fukushima Nuclear Plant, however, clearly proved that there are things too important to compromise.

 

最後になりますが、被災された皆さまには心からのお悔やみとお見舞を申しあげます。
Last but not the least, please take my sincere condolence for those who were damaged by the horrible disaster.

 

皆さま、決して放射能に汚染されませんよう、ご無事でこのつらい時期を乗りきってくださいますように、心からお祈りいたします。
To everyone in Japan, I sincerely pray from the bottom of the heart that you will overcome this tough and sad period, without being polluted by radioactive.

自分にできることをするということー日本の惨事/ What it means to do what I can do – Diaster in Japan

先輩のMさんから送られてきたビデオ。涙が止まりませんでした。

Mr. M has sent me the two video links. Burst into crying.

*********************************************************************

Please listen to <<We are the world>>を聞いてください。

(ボリュームを下げて!!)With a low volume!

http://www.youtube.com/watch?v=IxUsgXCaVtc
(日本version)Japanese version
http://www.youtube.com/watch?v=xy1gp3F5NhY
(マイケル・ジャクソンも参加)With MJ

******************************************************************

日本をおそった地震、津波。続く原子力発電所の爆発。放射能汚染の危険。何万人もの人々が、一瞬にして命を、家を、家族を、すべてを失っている。

The level 9 earthquake, monstrous Tsunami followed by explosions of the nuclear plants. Increasing risk of pollution of the radioactive. Thousands of thousands of people lost lives, houses, families, all they had in life in a moment.

私に何ができるか、ずっと考えていました。今、このビデオを見てわかりました。

Have been thinking of what I can do to help. Now I know what I should do, watching the videos.

人は、自分にできることをして、他の人の力になろうとしている。言葉のある人は言葉で、歌の好きな人は歌で、段ボールを手にしている人は段ボールで。

People are trying to help others by doing what they are good at — by words, by singing, and by offering a paper carton to people freezing on a platform to wait for a train.

私の得意は、調査して見えなかったものを見えるようにすること。なかでも人と技術の間にあるギャップを見つけ出し、そこに橋を渡すことが私の喜びです。

What I’m good at is to reveal hidden facts by means of research. Especially, I like building a bridge over a gap between people and technologies so that people benefits from technologies.

私のテーマは決まりました。折しも今、ジュネーブ大学でCSR(企業の社会責任)をテーマに論文を書こうとしています。この機会に、日本と世界の人々が二度とこんな目に遭わないよう、技術を人のための安全に生かせるよう、このテーマで調査して、発表しようと思います。

I have decided the theme I am investigating. Coincidentally, I am writing a thesis for the CSR (Corporate Social Responsibility) which I am taking at University of Geneva. Taking this opportunity, I will undertake research on this theme so that no one in Japan and in the world would not take horrible consequences of the mis-management of technologies, and so that one could benefit from technologies.

いずれこのブログでもテーマと調査結果をご紹介しますね。その日まで、少々お待ちくださいませ。

I look forward the day when I’ll post the theme and results of the research on this blog to share it with you.

技術の先に人がいる。

東京電力の計画停電が始まった。そこに、地震被災者の避難所のある地域が入っていた。東京電力の社内の誰一人、机上の計画のその先に、生きている人がいるということを見ていなかったのか?企業として組織が大きくなった反面、人の感性や常識が、意志決定からこぼれおちていなかったか?現場の知を忘れ去っていないか?

こういう人がいる!日本にもまだ望みがあると思える。

地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。” (Jiji ドットコム, 2011年3月16日)

報道によると、この方は、18歳の時から原発の現場で仕事をされてきたという。現場の現実を知悉している方にちがいない。

きっと、彼のような人々に、日本の安全も経済発展も支えられてきたんでしょう。こういう人々の大切にされる日本になって欲しい。現場の知と、机上の知とが互いを鍛え合い、磨きをかけ合うことのできる日本に。

四輪の携帯電話、モジュルゴ / MODULGO, Mobile phone with four wheels — Geneva Motor Show 2011 (2)

モジュルゴについて、INDUCT社(フランス)、開発チームのマックスさんから詳しいお話を伺いました。

I have talked to Max, who is a member of the MODULGO development team of INDUCT (France).

モジュルゴは、そもそも都市内で、人々がクルマをシェアして利用することを目的に作られました。ロボット機能を持たせた専用駐車場と、その駐車場からの出入りをクルマが無人で行なうことが、モジュルゴのユニークな点です。

The underlying concept of MODULGO is an urban vehicle for shared use. MODULGO is unique in a sense that it is not a car alone but a system coupled with a dedicated parking. Why dedicated parking? Because the parking is a robot!  The parking controls the cars to go out to users and to park automatically when they are returned.

Front
Side with Max

モジュルゴは、小型の電気自動車です。中は三席。二席では不十分だが3席あれば対外の用は足りるという考え、また、三席にしておくと必要に応じて二席、四席への作り変えが容易だからだそうです。

MODLGO is a small electric vehicle with three seats. The development team have thought that two seats were not enough, but that three will do. In addition, it is easy to modify inside of the car to be four-seater to allow more passengers, or two-seater to allow space to carry things.

まず、利用者が専用駐車場に行くと、モジュルゴが、隙間無く並んでいます。普通なら30台入るスペースに、モジュルゴなら100台入るそうです。なるほど、三倍以上の省スペースですね。

The user will see in the dedicated parking MODULGO parked right next to each other. Parking lot for 30 regular cars could take 100 MODULGOs, as they are parked with the minimum space.

利用者は、駐車場の入り口で、持参の携帯電話機や駐車場に備え付けられたパッドを使って、クルマを呼び出します。すると、人が車を取りに行くことなく、クルマが自動的に利用者のところにやって来ます。まるで、SFのようですが、その秘密は駐車場に備え付けられたセンサーとアルゴリズム装置です。つまり、駐車場自体がサーバーを持ち、クルマを制御するロボットなのです。

The user calls a car using his/her own mobile phone or a control pad attached to the parking. The car comes to you alone without a driver. It is SF world! The secret  of the intelligence of the parking is sensor and algorithm. By these, the parking control the cars when they go out and come back.

走行中は、モジュルゴ自体がスマホになります。ホットスポットのWiFiなどを経由して、クルマが直接ネットに接続されるのです。車内でモバイルホンを使う必要はありません。

On the road、MODULGO itself is a smart phone! The car is directly connected to the Internet via WiFi in hot spots over the city. No need to use mobile phones in the car.

充電には、インダクション技術が使われます。非接触、つまりクルマと電源をコードで繋ぐ必要が無いので、充電設備を作ることが容易だからです。クルマがインダクションマットの上に乗ると、家庭用の220ボルト電源でも15秒で充電できるそうです。

Induction technology is used for battery charging. Being free from physical connection, there is no need to connect the car via power cord. The car simply go on the induction mat, and get the battery charged to full in 15 seconds with a regular electricity system (220v).

利用者は、あらかじめモジュルゴ利用を契約することを想定して作られています。街の住人の他、旅行者が日を決めて利用することもできます。

MODULO system is designed for users with subscription. People in a city can use the system and travelers could use it, too, upon subscription for 2 days or one week, etc.

モジュルゴは2012年の実用化を目指しています。INDUCT社は既にフランスの幾つかの地方自治体と導入可能性を検討しているとか。

It is planned to introduce MODULGO in the market place in 2010. INDUCT has already been discussing with some municipalities in France.

また、モジュルゴに先立ち、フランス西部の保養都市として名高いラロシェルでは、GPS, GPRSを使った無人の小型バス、サイバーゴ、が2012年から利用されることになっています。ここでもセンサー技術が活用されています。無人自動車の技術が更に磨かれれば、目の不自由な人が運転できる自動車も夢ではありません、とマックスさんは語ってくれました。

CYBERGO, a un-humanned smalll bus and MODULGO’s elder sister, will be carrying passengers on the pedestrian road in La Rochelle from 2012. The vehicle is equipped with sensor,  GPS or GPRS. Max explained that it was not a dream to develop a car for people with disabilities with eyes, if we shaped up technologies and know-how used on the un-humanned bus.

CYBERGO

モジュルゴが市民生活に活用される社会とは、どんなものでしょうか?ちょっと考えてみました。

What kind of society it could be where MODULGO will be a part of citizens’ daily life?

私が思い描くに、そこではきっと、自動車と通信、情報技術が見事に融合して社会インフラを形成していると思います。現代では、私たちにとって電話と自動車とは違う技術ですし、利用する人はそれぞれの使い方を知らなければなりません。けれども、将来は、一つのシステムを構成する幾多の技術の垣根が無くなるっていくでしょう。そのインフラを支えるいろいろな技術はすっかり融合し、人に気付かれないほどになっているのではないでしょうか。

I’d imagine that in, such a society, we do not recognise that we are hopping from one technology to another, such as from mobile phone to talk, to a driving seat of a car to move around. For us, mobile phones and cars are distinctly different technologies, and we have to know how to use them individually. That said, in the future, these technologies would be integrated and may ultimately merge with each other. In such a society, we may not notice different technologies behind our lives.

携帯電話に観察の軸足を置くと、形態電話の利用者は自動車の内と外とを区別することなく、つまりシームレスな感覚で電話を使えるということです。シームレス、楽しい、エコ ーーこれらがこの先10年のキーワードに並ぶでことでしょう。

Put eyes on mobile hones, users may use telecommunications without recognising if s/he is in the car or not. In other words, users can seamlessly use mobile phones. Seamless, Ecological and Fun — these would be the key words of the forthcoming ten years.

携帯電話とクルマの融合? / Mobile communications merged with automobile? — Geneva Motor Show 2011

昨日から恒例のモーターショウが始まりました。今日のプレスデー、わたしも会場に行ってきました。

I went to the Geneva Motor Show today, a press day, benefitting from a Press Badge I’ve got.

Geneva Motor Show

携帯電話は、自動車産業でどう受け入れられ、発展しているのか?ーそういう目で、今年のモーターショウを見て来ました。

What is the current positioning of the Mobile Communications approached from the automobile community? — This was my theme of the visit this year.

ずっと以前、NTT市場開発室で「見習い」という身分だった頃、わたしは当時開発されたばかりの「自動車電話」の市場調査を担当しました。年月が経ち、2月のMobile World Congress (MWC)では、携帯電話の王国を垣間見たけれど、自動車産業という別の王国では、携帯電話は今どこに位置づけられているんだろう?

A long time ago, when I was a trainee at the Head Office of NTT Market Strategy Department, I was assigned to do a market research of “Car Telephone”, which was the ancestor of today’s  mobile phones. Years after, I looked at the Kingdom of mobile phones at Mobile World Congress (MWC) in February. Switching my eyes to the automobile industry, where are mobile phones located in relation to the evolution of cars?

Audi, BMWでは、Bluetoothを介して、運転者の手持ちのiPhoneと繋がる車内情報システムの搭載されたクルマを提案していました。

I found two constructors, Audi and BMW. They exhibited beautiful cars equipped with the information systems connected with an iPhone of the driver via Bluetooth!

たとえばAudi 8。運転席のスクリーンは、もう普段見慣れたスマートフォンと大差ないほど。そうか、車内でも利用者にとっては違和感なしにスマホを使い続けられるわけですね。その操作はタッチパネルから、手書き文字を入力。先日、MWCで見て来たスマホの便利さが、既に備わっているかのよう。着信した電話の応答は、電話機から自動的に切り替わる、車内据え付けのマイクとスピーカから行います。運転者は、iPhoneを手にする必要はありません。これなら、携帯電話によって運転中の注意が逸れることもだいぶ減るでしょう。

For example, Audi 8. The screen attached to the console is almost the same as a smart phone. This means that a smart phone user continue enjoy the same phone environment in and outside the vehicle. A small touch panel is installed to input command in the phone or navigator. It’s done by hand-writing. No need to select alphabet any more. The whole system is as smart at the smartest phones I saw at MWC. Receiving calls on your iPhone is automatically switched so that you can respond without interrupting driving from a microphone and speakers installed in the car. Looks like disruption is largely reduced.

Console of Audi 8
Audi 8

けれども、イノベーションという観点から見ると、これが一番!

But, the number ONE as an innovation is this one!

MODULGO

四輪の携帯電話?!ジュネーブ モーターショウで発見。携帯電話でコントロールする都市用無人車, MODULGO

Four (4) wheels mobile phone, MODULGO!? An urban electric vehicle that moves by itself.

ここには、発想の転換があります。AudiやBMWは素晴らしかったけれど、既存の携帯電話をクルマに付加するというアイデアですから、電話自体の機能に変化はありません。この小さなブースにあったフランス生まれのMODULGOは、クルマが携帯電話をとM2M (Machine-to-machine) 通信を行って、制御されるのです。

I see an innovation in this small car. While Audi and BMW are well thought through, the essential idea is to attach an existing phone to a car. In contrast, this French-born small MODULGO is an integral part of mobile communications in a sense that the car is controlled by a mobile phone as M2M (Machine-to-machine) communications.

現在の携帯電話は、誕生したときは、まず自動車搭載用電話として市場に出ました。けれども、クルマとは全く違う進化を遂げた現在、携帯電話と自動車が再び一体となるには今少し時間がかかりそうです。その中で、MODULGOは、M2Mコミュニケーションを入り口に、両者の融合するひとつの可能性を示唆していると思いました。

Today’s mobile phones were originally “Car phones”, phones attached to cars. Having walked through different evolution paths, automobiles and mobiles phones would need some time before being merged again. In such an slow progress, MODULGO shows us a possible avenue for the merge via M2M communications.