アクセシビリティーと国際標準 会議始まる。

今日、11月3日から、久しぶりにICT関係の国際ワークショップに参加しています。テーマは、”アクセシビリティーと国際標準の果たす役割”。技術標準化活動を行う、三大主要国際機関であるITU, IECISOの共催です。アクセシビリティーの中でも、身体障がい者が、日常使う様々な物品、建築物、携帯電話やウェブなどICTシステムを、何の支障もなく利用できるようにするために、技術標準化は何を目指し、なにを行うか、を取り上げて三日間議論します。

テーマが、技術と、人(身体機能に不便のある人々)とにまたがるので、双方の専門家が、世界中から集まっていて、私にとっては興味深い会議です。立場、日頃の活動領域の違う人々どうしの対話のなかから、私の目を開いてくれるような、きらりと光るヒラメキが舞い上がるのではないかしらと、ワクワクしています。

ひとつ残念なことは、ここに、日本のICT企業が一社も参加していないこと。通信キャリアも、メーカーもおられません。日本では、NTTドコモ社の出した、「らくらくホン」が、目や耳の不自由になったお年寄りに人気を博しているそうですが、それを語るのはフランス人の技術専門家。彼は、「らくらくホン」の実物を見たことがないので、話しに説得力を欠くのは仕方ありません。それでも、そういう話しが他の参加者には役立つのは、他の人々は彼よりもっと日本のことを知らないからです。

日本はー企業も個人もー日頃から積極的に、気前よく、かつ小まめに情報提供をしておかないので、こういう場面で、モノはあるけれども、人の顔のないクニになってしまいます。

ヨーロッパでは、アクセシビリティーについての欧州レベルでの法的枠組みは、既に3-4年前に整備されました。現在は、ICTの面でも公平なアクセスへの社会的関心が増え、EU加盟国やスイスでは、公的資金援助などのおかげもあり、いろいろな試みが始まっています。今回の会議では、それぞれの主催機関で扱う標準化のテーマが議論されることになっていまるが、それも、このような欧州での流れを受けてのことでしょう。”欧州は世論が固まった。では、世界に出て行こう”という時に、日本の専門家が入っていないのは、残念です。

同じアジアでも、中国、韓国の専門家は参加していました。彼らの世界を市場にしようとする意気込みが、きっとこういうかたちで現れているのですね。

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

“アクセシビリティーと国際標準 会議始まる。” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中